2018年 01月 01日 ( 1 )

あけましておめでとうございます

紅白歌合戦が終わり、「ゆく年くる年」を観ながら着替えして、二年参りに向かおうと玄関を出て空を見上げれば…
c0187298_2210153.jpg

少しくらいの風なんてまったく気にならないほどの“快晴”です
c0187298_2210582.jpg

そのせいか、神社には多くの参拝者がお祓い~お神酒~おみごくを列をなして待っています
c0187298_2210414.jpg

今年も健康でよい年になるように…
c0187298_22111039.jpg

二年参りというのは一般的には初詣として大晦日の深夜0時をまたがって参拝するることだと思っていましたが、実はここ数年は町内会役員等として、いったん家に帰り、6時にまた神社に上がり、歳旦式という元旦の祭事で改めて参拝していて、こういうのも二年参りというようです
c0187298_2213825.jpg

例年この時間帯に参拝にみえる方も多いのですが、今日は強い雨風でそれほどでもなかったですね
c0187298_22125095.jpg

篠笛同好会のNさん(左・篠笛)と“お師匠さん”のTさん(右・太鼓)が楽人を務めます

お御籤を引いたら大吉で、気になる「病気」では「精神の安定第一」とありました
一緒にお参りしていた氏子総代からは「これで今年の運を使い切ったな」とからかわれましたが、なんのその!
気持ちにも体にもゆとりを持っていきたいと思います

夕方は“お雑煮満腹対策散歩”の途中に日前神社へのお参りしました
c0187298_22141574.jpg

ここには古登比良神社が合祀されているのは知っていましたが、こうして錨が納めてあることには今日はじめて気がつきました
c0187298_22143952.jpg

それも道理で、古登比良=金刀比羅宮は海上交通の守り神として信仰されているわけで、日前神社のある地区は名立小泊という昔からの漁師町なんです
c0187298_2215257.jpg

ただ、近年は漁師が減少していて、今は4,5艘での生業のようです

最後のお参りは1949年(昭和24年)の機雷爆発事件による犠牲者を祀る慰霊塔やこうした惨禍が二度と起きないようにとの願いを込めて建立した「平和をまもる」碑です
c0187298_22154969.jpg

今年こそ平和な年になりますように…
[PR]
by mm-nadachi | 2018-01-01 22:16 | 名立に生きる | Comments(0)