東日本還暦軟式野球大会②~少しだけのついでの楽しみ~

雨音で目が覚めて開けっ放しにしてあった窓を閉め終わって時計を見たら4:30でした
これで早朝農夫はなし
「ラッキー!」とばかりに即寝です

ということで久々に午前中に灘立農園に向かいます
いつの間にか周辺の彩りが変わっています
ススキと…
c0187298_20504780.jpg

稲穂です
c0187298_20511297.jpg

ただ、雨上がりの畑はとんでもなく蒸していてあっという間に汗でビショビショになります
そして夕方にもサラーっとひと雨でした

こうしてひと雨ごとに秋が近づいてきてるのでしょうね
でも、そう思うと勝手なものでなんか“夏の忘れもの”がないかとちょっと不安(?)になります
そんな意味から東日本還暦軟式野球大会は2012夏のいい思い出になることでしょう
それは3位という結果もそうですが、私には野球とサックスの“二足のわらじ”の4日間でした

24日(金)AM母の介護担当だったのでひとり遅れて14:00直江津駅発⇒18:00太田駅着~太田市泊
25日(土)9:00開会式~(1時間以上遅れて!)11:40第一試合対「箕郷還暦」戦
 
ここまではお知らせしてあったとおりですが、予定では第一試合が終わってすぐに太田市を離れるつもりでした
それが見事な逆転勝ちでテンションが上がりすぎたせいか試合後もなかなか興奮がおさまらず、お昼のお弁当を食べながら…350缶をいただきながら…写真を撮りながら…みんなとワイワイやっていて気がつけば予定の時間をとっくに過ぎてます
c0187298_2054381.jpg

もちろん開始時間が遅れたので13時前の電車はいうにおよばすどうにもその次の電車も無理となかばあきらめつつマイクロバスに乗り込んだんですが「もしかしたら…」の微妙な時間です
なのでホテルに着いて2泊目となるメンバーに「明後日また来ますのでがんばって!」とエールを送りつつ36℃の中、駅に走ります
んが、タッチの差でその電車は発車したばかりです
ここでまた汗が一気に噴き出します

ところで「そんなに急いでどこへ行く?」です

実は太田市周辺は初めての場所でもあり(お得意の)“ついでの楽しみ”にわたらせ渓谷鉄道に乗ってみようと思っていたんです
c0187298_2102815.jpg

             *車体に描かれているマスコットキャラクターのシカくん

ただ、太田駅からはわたらせ渓谷鉄道の終着間藤駅までは早くても2時間もかかってしまい、そうなると名立駅着は最終の22:38になってしまいます
でも、「せっかくなのでがんばって…」と思ってましたし、楽しみにもしてました
そこでとりあえずは近くまで(?)ということで相老駅に向かいます
c0187298_2056987.jpg

間藤駅に向かうにはここでわたらせ渓谷鉄道に乗りかえればいいですが、そうしたらどっかにもう一泊です
なので今回は(逆方向の)桐生駅までの2駅という短い時間でしたが、それでもレトロな電車で少しだけわたらせ渓谷鉄道の雰囲気を味わってくることができました
c0187298_20563611.jpg


そうそう
この大会は実は「太田市長旗争奪兼東日本還暦軟式野球大会」となっていて毎年この太田市で開催されていますので今度参加するときにこそゆったりとわたらせ渓谷の豊かな自然を満喫したいと思います
c0187298_20571246.jpg

              *桐生駅を発車したわたらせ渓谷鉄道

こんなふうにちょっとだけのついでの楽しみをして名立駅にはやっぱり最終電車でした
c0187298_20591693.jpg

[PR]
by mm-nadachi | 2012-08-30 21:05 | 野球 | Comments(0)


<< 二百十日の百日紅 東日本還暦軟式野球大会①~還暦... >>