話は長くなりますが、農夫のちサックス吹きのちランナーのち自転車乗り④~右往左往の信濃路~

こんばんは

今日も雨でしたね
寒いのはかまわないけどいい加減やんでくんないかな~と思いつつ、今日は車庫の中での豆穀きの続きです
c0187298_22341131.jpg

こーして毛糸の帽子やカッパ着ての作業ですが、今日の寒さでは1時間がいいとこで、途中でホットコーヒー飲みながらなんだかんだで午前いっぱいかかってしまいました

明日もあまり期待できそうもない空模様ですが、こーなったらせめて土曜日の米山登山だけは…というとこですが、なんと台風14号接近中!?
前門の雨、後門の台風、そして左のクマと右のイノシシ!?
なんの、負けてたまるか!?

前置きというかボヤキが長くなりましたが、さて連載も今日が最終回です

さて、なんでラン大会にまで自転車を持って行ったかなんですが、桧原湖一周以来2週間も乗っていなかったし、なんたって《やっぱ軽井沢は自転車で…!》というミーハー心理だったんですが、寒かったし、またランでなんとなくこれが軽井沢のまちか…って感じもあったのですぐに国道18号に向かいました

そーはいっても追分宿や堀辰雄文学記念館、旧中山道くらいには寄って帰ろうと思っていたのですがそれがまたいつもの“事前準備不足症候群”が発症して、気がついたらもう旧中山道への入り口でした
c0187298_22351892.jpg


通行量の多かった18号から閑散とした旧中山道に入ってヤレヤレという気持ちになったのはいいんですが、下り坂ってこともあり冷たい風がビュンビュン顔にあたります
うー寒!!

ただし、この後も「⇒小諸」の道を進んでいったら「⇒佐久」になったりで、その分信濃路をいろいろ走れたと思うことにして、ようよう小諸に戻って訪ねたところがここです
c0187298_22354655.jpg


これは島崎藤村が小諸に住んでいたときに夫婦して使っていた「藤村ゆかりの井戸」ということが案内板にありましたので、記念にと水筒に入れて持ち帰ってきたのですが、残念ながら今は飲めない!とのことでした
c0187298_22532349.jpg


実は島崎藤村は私の大学のすご~いすご~い昔の先輩(?)で、かといって藤村の作品はあまり読んではいない後輩なんですが、こーして藤村の名前を見るとやっぱついついって感じの“同窓会”でした

そして、自転車を車に積んで一路“信濃路から越後路へ”というとこでしたが、知らずに通り過ぎてしまった追分宿の代りに海野宿に立ち寄ってから帰ってきました…とさ
c0187298_22364565.jpg

解説《海野宿》
「寛永2年(1625年)北国街道の宿駅として開設され、延長650m、享和年間には旅籠が23軒、伝馬屋敷が59軒もあった」とかで、今も「両側の格子戸の家並みは宿場時代の建物と明治以降の建物がよく調和しながら時代を超えて残されていて」、重要伝統的建造物群保存地区や日本の道100選地区に指定(選定されています

そうそう

家に着いて自転車を降ろしたらなんと後輪がパンクしてました!?
走っている途中でなくてよかったと思う反面、早く修理を覚えないと…
ってこんなこと前にも書いたことがあったな~
[PR]
by mm-nadachi | 2010-10-28 22:32 | 自転車 | Comments(0)


<< 急告!再びの《米山に行こう!》 秋よ早く戻れ!! >>