《グランフォンド糸魚川2010へのチャレンジ⑪》~福島見聞記②を兼ねて~

こんばんは

GFIから早いもので10日が過ぎました

平日はブドウ園のアルバイトをしながら週末には農夫、そして時間があれば自転車やラン、といったようにまたいつもの暮らしに戻っています
でも、昨日から“連載中”の福島行きもあったりして、「落ち着いた忙しさ」にはもう少し先のようです

そんな中、昨日、ゴチャゴチャの部屋の中から「グランフォンド糸魚川2010 あなたの勇姿をインターネットで見られます!」のチラシを探しだして、早速アクセスしてみました

スタート⇒コース途中⇒ゴールと何ヶ所かでゼッケン№722の情けない姿(私の場合は“勇”は不要です!)が映し出されていました
どこがどうだというのは難しいですが、自分の描いていた“勇姿”、自転車と体(と気持ちもかな?)が一体になり、どこにも力みがなくゆるやかに、でも、力強く…そんなイメージにはほど遠く、全体的に硬い感じだし、脇も甘いし…ってことがよ~くわかり、ガックリでした

それでもよかったら見てやってください
①検索サイトなどで“オールスポーツ”と検索
②「キーワードで探す」に 68479 を入力(パスワードは不要)
③「ゼッケン番号で探す」に722 を入力するとそこに…!!

で、よかったら感想をお聞かせください

***********************************

ここから《福島見聞記②》~楽しさ満載の裏磐梯~に場面転換です

***********************************

そんな勇姿を引っさげて(?)、相馬からの帰りに桧原湖一周をしてきました

桧原湖は裏磐梯高原にありますが、その近くには五色沼もあって、この日もこの自然豊かな景観を楽しみに、でも紅葉にはまだ少し早かったんですが、多くの観光客が訪れていました

昨年の夏に走った猪苗代湖は一周約62kmでしたが、桧原湖はなんと(!?)ちょうどその半分の約31kmです

遊覧船発着所近くの駐車場から“湖周りの鉄則”の反時計周りでスタート
自転車で走るには十分の広さの遊歩道もありますが、車の通行もあまりないので車道を走ります
前半の最北部まではほとんどアップダウンや急なカーブもないので湖面を眺めながらゆっくりと進みます
c0187298_20291496.jpg


でも、後半に入ると道が狭くなったり路面も少し荒れていたり、またカーブもちょっときついところもあり慎重に…

と、とある駐車場で何台かの車が止まっていたので私も休憩です
そこで見かけたのが101010ブログ写真③の足跡です
もうおわかりかと思いますが、これは桧原湖と磐梯山を一望できるビューポイントだったんですね
そこで撮ったのがこれなんですがあいにくの雲でしたが、でもこれも風情があっていいですね
c0187298_20295459.jpg


この辺から急にアップダウンが続くようになりましたが、なんたってGFIの何本もの激坂を走った後なので全然平気!とまではいかないまでも楽しみながら坂を上ります

そして次の休憩所が道の駅「裏磐梯」です
c0187298_20304219.jpg

そこではこうして地場産野菜が販売されていて多くの方が買い求めていましたが、まさか自転車で白菜や大根をかついでいくわけのもいかず、私が買ったのが101010ブログ写真④のニンニクだったのです
このニンニクをデイバッグに入れて、残り10km、この周回で最大最長の上りを越えるとゴールです

この裏磐梯エリアではこの自然環境をいかして春夏秋冬いろいろなイベントが開催されているようです
私的には春の桧原湖一周ファミリーサイクリング大会、夏のジャズフェスティバル、来年参加してみようかな~という秋の裏磐梯スカイバレーヒルクライム「日本百名山のひとつ、磐梯朝日国立公園西吾妻山に自転車で挑む!距離約16km、標高差580mの一大連峰の頂「白布峠」を舞台に湖と裏磐梯高原を望みながらみんなで参加しよう!」、そして冬には(一度はやってみたいと思っている)ワカサギ釣りがあります

まさしく「会津磐梯山は宝の山よ~」と歌われているとおりですね

で、次回はその“宝”に関連した見聞記③をお送りします

*****************************************

とここでメール着信があって…

===========================================================

   ◇◇ 東京マラソン2011 抽選結果(落選)のお知らせ ◇◇

===========================================================

自転車乗りの農夫 様
受付番号:100×××

このたびは東京マラソン2011にご応募いただき誠にありがとうございました。
お陰様をもちまして定員を大幅に上回る申し込みがあり厳正なる抽選を行いましたところ、誠に残念ながら今回はご意向に沿えない結果となりました。

===========================================================

正直「あーあ」という気持ちと「ヤレヤレ」という気持ちが半々です

さて、そんじゃ次の楽しみを探さなきゃ…
[PR]
by mm-nadachi | 2010-10-13 20:14 | 自転車 | Comments(0)


<< 福島見聞記③~あなたの“たから... 福島見聞記①~相馬と金次郎さん... >>