ゆとり旅行➃~信州を巡る②大王わさび農場~

これまで何度も安曇野を訪れていたのに、穂高神社、そして次に向かった大王わさび農場はなぜか初めてだったのです
なのでどこまでも広がるわさび田をイメージしていたのですが…
c0187298_22412899.jpg

どこを見渡してもこんな光景ばっかりです
おそらく直射日光がワサビに当たらないようにするための寒冷紗なんでしょう

それで、先日訪れた糸魚川市のわさび園はどうだったか…と思ったら、やっぱりハウスの中でも寒冷紗がしてありました
c0187298_22415713.jpg

なかなか繊細な作物なんですね

そんなわけでちょっと当てが外れた気持ちだったんですが、それでもちょうど収穫作業をしているオニーさんを見かけることもできましたし
c0187298_22425785.jpg

わさび農場横を流れる川では、水車・道祖神・クリアボートという、これ以上はないという観光っぽい光景にも出会えました
c0187298_2244893.jpg

そして、わさびソフトです
c0187298_22434542.jpg

            *みなさんも賞味されたようですね

これはややわさびの風味が少なく、もう少しわさびっぽいほうがいいな~と思いながらもペロッとなめてしまったのでした
[PR]
# by mm-nadachi | 2017-06-30 22:46 | 旅行 | Comments(0)

ゆとり旅行③~信州を巡る①思いがけずの碌山美術館~

2日目のスタートは穂高神社です
c0187298_21312428.jpg

信州の“山の中”なのに「古代北九州で栄え、6世紀頃に安曇野に移り住んだとされる海人族安曇氏が祖神である穂高の神様を祀った古社」であることから、海神・航海守護の神様、交通安全の守護神として信仰を集めているようです
c0187298_21321176.jpg

これは年に二度行われる大祓のうち、6月に行われる「夏越(なごし)の祓い」というもので、「身についた半年間の穢れを祓い、無病息災を祈るため、茅や藁を束ねた茅の輪(ちのわ)を神前に立てて、これを三回くぐる」というものなんですが、みんなで説明書を読みながらワイワイやってきたので、ご利益があるかどうかははなはだ疑問…だと思っています

神社の中には道祖神も祀られています
c0187298_21335424.jpg

なんでも安曇野には約500体を超える道祖神が祀られているとか…
ゆとり旅行が無事に進むようお祈りしました

そして、穂高神社を散策するみんなと別れ、駆け足で向かった先は、大好きなホタルフクロが咲いている…
c0187298_21345786.jpg

碌山美術館です
c0187298_21351124.jpg

穂高神社入り口で「⇒碌山美術館0.5㎞」の表示を見かけ、「えっ、こんなに近くに…」と“矢も楯もたまらず”やってきました
碌山美術館は4回目くらいでしょうか…
いつきても森閑とした雰囲気に気持ちが安らぎます
c0187298_213532100.jpg

でも、その気分にひとり浸ってみんなを待たすわけにはいきません
さっ、駆け足で戻りましょう!

そうそう
昨日、灘立農園近くでもホタルフクロを見かけました
c0187298_21385457.jpg

でもまだホタルは見てないな~
[PR]
# by mm-nadachi | 2017-06-29 21:36 | 旅行 | Comments(0)

ゆとり旅行②~立山黒部アルペンルート②「黒部の太陽」を観たのは高校生のころだった~

ゆとり旅行を含め、今朝は4日ぶりの早朝農夫でした
まだトマトが生らないのでキュウリしかなく、ちょっとものたらない灘立農園レストランです
c0187298_21495882.jpg

そんなことより旅行中でも話題になったイノシシ被害がないか、いくら電気柵を設置したとしても正直なところ不安でしたが…
c0187298_21512211.jpg

やれやれで、トウヤの収穫に汗を流しました
c0187298_21514579.jpg

      *サツマイモも無事です!

さて、ライチョウにお別れし、室堂(標高2,450ⅿ)から立山トンネルトロリーバスに乗り、約10分で大観峰(標高2,316ⅿ)に向かいます
c0187298_2153982.jpg

あれっ?
室堂がいちばん高いんですね
雪が残ってるわけです

大観峰の名のとおり、展望台からはこれから向かう黒部湖や後立山連峰が一望できます
c0187298_2153402.jpg

この後、立山ロープウエイ~黒部ケーブルカー(黒部平・標高1,828ⅿ)と乗り継いで、ようよう黒部湖(標高1,455ⅿ)・黒部ダムに到着です
c0187298_21542416.jpg

c0187298_21544640.jpg

ちょうどこの日(6月26日)が観光放水の初日で、なんともラッキー&大迫力な光景でした
c0187298_2155333.jpg

c0187298_21551997.jpg

           *放水がつくった虹です

周辺を1時間ほど散策し、最後に関電トンネルトロリーバスで長野県に入り、終着駅の扇沢駅(1,433ⅿ)に到着したのが午後4時
c0187298_21564588.jpg

約6時間の立山黒部アルペンルートでした
c0187298_2157897.jpg

立山駅から扇沢駅まで6つの交通手段を乗り継ぎ、そのたびに階段を下りたり上ったり…
室堂と黒部ダムでは少し歩かなければいけませんでした
c0187298_21572883.jpg

        *右端は老人クラブ連合会事務局のIさん。お世話になりました

13人の参加者のうち3人は杖を使用してますし、そのほかの参加者にも決して身体的には楽な行程ではなかったと思いますが、壮大な景観の中でしっかり“ゆとり”を得ることができたのではないかと思います
[PR]
# by mm-nadachi | 2017-06-28 22:04 | 旅行 | Comments(0)

ゆとり旅行①~立山黒部アルペンルート①ライチョウがいた!~

名立区には4つの老人クラブがあって、毎年この時期に4クラブ合同の旅行に出かけていて、その名を“ゆとり旅行”と…
ということで、今年が初参加の“ゆとり”(だったかどうか…)旅行記をお楽しみください

❖初日:6月26日(月)
名立を早朝に出発し、北陸自動車道を走り、9:30に富山地方鉄道立山駅(標高475ⅿ)に到着
c0187298_20562628.jpg

ここからケーブルカーで美女平(標高977ⅿ)まで上ります
c0187298_20565112.jpg

美女平からは立山高原バスで約50分
11時過ぎに室堂(標高2,450ⅿ)に到着
雪の壁(雪の大谷)はこの時期でもまだまだそびえ立ってました
c0187298_20575625.jpg

        *バスや雪壁際の人と比べると高さがわかるでしょうか…

その後、ぶらぶら散策してたら…
c0187298_20593813.jpg

ライチョウです!
生で見るのは初めてのことであたふたと望遠レンズに取り換えて撮りました
ところが彼(!)はいっこうに岩場から動こうとしません
c0187298_2104117.jpg

こうして次から次へと「わー」とか「きゃー」とか言いながら撮っていても“知らん顔”です
立山自然保護センターの担当者にお伺いしたところ「人間には恐怖心はないんです。あれは縄張りを護る・見張るために立っているんです」とのことで、ちなみにオスのようです
4回目くらいの室堂ですが、お天気にも恵まれ、初めて“雪の大谷”やライチョウを見ることができ、ここまではまずまずの“ゆとり”でしたが、さて、この後はいかに!?
[PR]
# by mm-nadachi | 2017-06-27 21:03 | 旅行 | Comments(0)

雪月花歓迎&アジサイコンサート

えちごトキめき鉄道のリゾート列車“雪月花”の運行開始から1年2ヶ月
冬期間を除き、今でも(?!)名立駅に停車しています
そこで今年度初の歓迎イベントを行いました

昨年は直江津から糸魚川への途中で停車していましたが、今年はその逆で糸魚川から直江津に向かう途中の約10分間です
名立駅到着が14:19なのでそれまでアジサイコンサート①としてキラキラ合唱団の歌声で楽しんでいただきます
c0187298_1920684.jpg

雪月花到着前にキラキラ合唱団とSBSEとのジョイント演奏の初(!)音合わせです
c0187298_19213019.jpg

雪月花の到着と同時に「さくらさくら」と「朧月夜」をSBSEの演奏で合唱
c0187298_1922329.jpg

さくらや菜の花の歌は季節外れかと思っていたのですが、考えてみれば雪、月、そして花です
その後のSBSEの「ビリーブ」も含め、乗客のみなさんからは楽しんでいただけたのではないかと思っています
c0187298_19223850.jpg

それよりも…というか、お出迎え・お見送りしてもらった参加者からは「私も乗りたいわ~」という声が多く、「それじゃ横町いきいきサロンで貸切っていきますか?!」という話に…なりそうな雲往きで、さてさてどうしようかな…

お見送りした後は待合室に戻ってアジサイコンサート②のSBSEの演奏を聴いていただきました
c0187298_1923285.jpg

今年もこんな感じでいろんなイベントを開催し、みなさんと一緒に楽しみながら名立駅を明るくしていきたいと思っています
[PR]
# by mm-nadachi | 2017-06-25 19:23 | 名立駅マイ・ステーション作戦 | Comments(0)