<   2016年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

津和野散策④~浅見光彦も買った「源氏巻」~

帰りの電車時間まで1時間を切り、ようよう安野光雅美術館に向かいます
c0187298_2050677.jpg

   *乙女峠を下ったところから美術館が見えます

おっと、その前にお土産を買いに行きます

「津和野殺人事件」で浅見光彦も買ってますし、散策しているときにあちこちのお店で見かけた「源氏巻」です
「どのお店で…」と考えましたが、こんなときは地元の方に教えてもらうのがいちばんと、お昼をいただいた駅近くの食堂から竹風軒というお店を紹介してもらい購入しました

それにしても源氏巻なんて、素敵なネーミングですよね

「名前の由来は、幕末に藩の御用菓子司が銘名を頂くため、このお菓子に紫色の餡を詰め込んで、藩主に進上した。この際、藩主の妻が紫色の餡に感動し、『源氏物語』の「若紫」に出てくる和歌「手に摘みていつしかも見ん紫の根に通ひける野辺の若草」を詠んだ。それにあやかって「源氏巻」と名付けられたとされる。」とあります
c0187298_20514135.jpg

      *竹風軒のホームページから

やわらかな甘みがあり、とってもおいしゅうございました

さて、待ちに待った安野光雅美術館…のはずだったんですが、さほどの感激がないのです
c0187298_20524346.jpg

これまでなんどか展覧会等で生の絵を見たこともあるせいなのか、津和野散策があまりに新鮮だったせいか…ともあれ淡々と館内を見て回ります

こうしておおよそ4時間の津和野散策を終え津和野駅からスーパーおきに乗り、新山口駅に向かいます
c0187298_20532091.jpg

JR山口線っていうとSLやまぐち号が運行されていますが、これは冬期間を除く週末等の運行なのでもちろんこの日は走っていませんが、駅前にはÐ51型194号が展示されていました
c0187298_2054951.jpg

昭和14年3月の製造で、東北本線や信越本線などで205万kmを走った後、昭和46年から2年間ほど山口線を走っていたようです
信越本線ってことは新潟県内でも走っていたのかな?

そんなこんなで津和野駅を発ったのですが…
[PR]
by mm-nadachi | 2016-10-31 20:55 | 旅行 | Comments(0)

津和野散策③~赤いトンネル~

さて、そろそろ「津和野殺人事件」の舞台へと向います

『山陰の小京都・津和野、ここで隠然たる勢力を誇る旧家・朱鷺家には、ある秘密が隠されていた。一族をめぐる連続殺人!名探偵・浅見光彦は、「赤いトンネル」の記憶に呼び寄せられたと語る樋口母娘と出会い、ともに奇怪な陰謀に巻きこまれていった…。連続殺人の謎と意外な犯人像!?』

これは光文社文庫「津和野殺人事件」のカバーから引用したものですが、この中にある「赤いトンネル」とは…?!

それは日本五大稲荷の一つである太鼓谷稲荷神社の1,000本の朱色の鳥居が参道に連なっている様を表現したもので、「赤いトンネル」の下、おおよそ250段くらいの石段を上り切ったところに本殿がありました
c0187298_132958.jpg

c0187298_13293330.jpg

稲荷神社といえば…今年の3月、奈良の叔母の葬儀の帰りに寄った京都・伏見稲荷神社(写真下)でも同じ光景を目にしたことを思い出しました
c0187298_13295598.jpg

城址~神社の次は…教会です

ここも「津和野殺人事件」の舞台になっていて、長崎浦上のキリスト信徒を改宗させるために津和野藩に預けられ、そして殉教した多くの信徒を追悼する乙女峠マリア聖堂です
c0187298_13304080.jpg

“峠”という名からかなり上るのかと思いましたが、駐輪場から坂道を5分ほど歩けば、静謐な林の中にひっそりとマリア聖堂が建っています
c0187298_13302215.jpg

津和野にこんな痛ましい歴史があったことはこの地を訪れて初めて知りました
c0187298_133165.jpg

そういえば殿町にはカトリック教会もあり、城下町に教会とは異な感じもしましたが、山陰の小京都と称される落ち着いた町並みにこともなげに調和していました
c0187298_13313159.jpg

[PR]
by mm-nadachi | 2016-10-29 13:32 | 旅行 | Comments(0)

秋深しいつまで続く獣戦

先週から九州旅行~還暦野球~老人クラブ旅行と続き、ほとんど農夫する時間がなく、今日は秋晴れにも恵まれ、久々の終日農夫でした
c0187298_19571683.jpg

        *玄関先の大文字草です

サケの遡上に備えて、やな場づくりが始まりました
c0187298_1957486.jpg

今年はサケの遡上が遅い…とか聞きましたが、毎年この風景は秋が深くなりつつあることを教えてくれます
c0187298_19583815.jpg

今日の畑仕事はサトイモ起こしとイチゴの植え替えです
c0187298_1959345.jpg

サトイモは天日で乾かしてから持ち帰ります
c0187298_19592172.jpg

先日植え替えたばかりのイチゴの畝までイノシシに掘り返されていて(怒!)、今日のも入れて周りを網で囲いました
c0187298_19594539.jpg

大根や白菜、キャベツなどの青物や葉物に被害がないのはやれやれですが、果たしていつまで安穏としてられるか…
c0187298_200413.jpg

c0187298_2002091.jpg

c0187298_2004323.jpg

以前は「畑仕事は草との戦い」と言われたものですが、今は獣です
草とは“仲良く”やってますが、獣は絶対に許さない…のです!
[PR]
by mm-nadachi | 2016-10-27 20:03 | 灘立農園 | Comments(0)

津和野散策②~いつか見た町並み~

津和野に着いたときは曇り空でもあり、自転車に乗ってると前日までの九州の暖かさに慣れた身体には風がちと冷たく感じます

まずは「道沿いの掘割にはしょうぶが咲き、錦鯉が群れて…」る殿町に向かいます
c0187298_16331869.jpg

この時期ですのでもちろん菖蒲が咲いてるはずもなく、ちょうど来年のために菖蒲の茎を短く刈りとっているところでした
c0187298_16334663.jpg

「錦鯉はどこ…」と掘割を覗けば、なんと濁ってるではありませんか
c0187298_16343352.jpg

「濁ってますね」
「昨日まではきれいだったんだけどね~。上流での工事のせいで今日は濁ってると思うんだけど…」

「あちゃー」としか言いようのない津和野散策のスタートです

次に向かったのが津和野城址ですが、まずはリフトで山頂まで上ります
c0187298_16354216.jpg

       *リフト山頂駅です

そこから約15分くらいケヤキやカエデ、そして松林の中の山道を歩きます
c0187298_16362199.jpg

途中には「クマの生息地なので…」という看板が立ってます
私の前後にはだれもいないし、「こんなことならクマ除け鈴を持ってくるんだった…」と思ってもどうしようもなく、今、SBSEで練習している『明日があるさ』を歌いながら城址を目指します
c0187298_16372026.jpg

山城ではあったものの明治初期の解城まではいくつかの建物もあったようですが、今は石垣だけに往時の名残りを見ることができます
c0187298_16365026.jpg

城址から見下ろす津和野の町並みです
c0187298_16373472.jpg

山裾に沿って津和野駅に向かうJR山口線の電車です
c0187298_16385192.jpg

こんな景色をどこかで見たことがあるような…
そうです
安野光雅の絵でなんども見かけたことのある津和野の景色なんです

さて、安野光雅美術館に行くまでもう少し散策を続けます
[PR]
by mm-nadachi | 2016-10-26 16:39 | 旅行 | Comments(0)

津和野散策①~始まりは安野光雅~

昨夜遅く2泊3日の遠出から帰ってきました
毎年一度集まる旧知の会が今年は別府であり、(得意の!)ついでの楽しみで国東半島と津和野を回ってきました
なので時系列的には別府から始めなきゃいけないんですが…津和野からにします

前回のブログに『カバンの中に「津和野殺人事件」を入れて…』ってあったのを覚えていますか?
この「津和野殺人事件」の著者は言わずと知れた内田康夫ですが、私にとっての津和野は安野光雅です
安野光雅が生まれ育った津和野に美術館ができたことを知り、いつかは…と、ずっと思っていました
でも、津和野はやっぱり遠く、なかなかその機会がなかったんですが、今回の別府行きにあわせて、ようやくの念願成就です

2泊目の別府のホテルを5:30に出て、別府駅6:06発の特急ソニックに乗り、小倉駅、新山口駅と乗り換え、約4時間かけてようようの津和野駅です
c0187298_22115943.jpg

    *これぞベップです
c0187298_228151.jpg

    *JR九州の特急はスマート、かっこいいですね
c0187298_2294625.jpg

*新山口駅前で山頭火に遇いました『まったく雲がない笠をぬぎ』
c0187298_22102427.jpg

    *津和野駅到着

駅前のお土産店で自転車を借り、4時間の津和野散策に出かけます
c0187298_22131523.jpg

ということで、それは明日以降の(久々の)シリーズものでお楽しみください
[PR]
by mm-nadachi | 2016-10-22 22:14 | 旅行 | Comments(0)

旅立つ農夫、(ほぼ)憂いなく…

最近になってようやく秋晴れが続くようになり、また、明日からの遠出を前に一気呵成の農夫です
c0187298_2125415.jpg

自家播種の苗がまだ小さいのでホームセンターで購入した4種類(各50本)のタマネギの苗を植えました
c0187298_2135863.jpg

        *自家播種の苗ですが、定植はも少し先ですね
c0187298_2132532.jpg

降雪前の憎っくきイノシシの侵入を防ぐために網をかけました
c0187298_21104236.jpg

ネギは(おそらく)最後の土寄せです
c0187298_2154539.jpg

        *左:土寄せ後  右:土寄せ前

ついでに(?)イチゴの植え替えです
c0187298_2163769.jpg

このほかニンニクも植え付けましたし、ソラマメもポット播種して…
c0187298_2171964.jpg

これで(ほぼ)心おきなく旅立つことができそうです
カバンの中に『津和野殺人事件』を入れて…
c0187298_2174399.jpg

いつの間にかリンドウが咲いていました
[PR]
by mm-nadachi | 2016-10-18 21:08 | 灘立農園 | Comments(0)

銀杏匂う秋祭り

相変わらずすっきりしない天気が続き、農夫としてはなかなか予定どおりに畑仕事が進まなくて困ります
そんな今日は朝から秋晴れの絶好の農夫日和…なのに江野神社の秋祭りです
c0187298_2229513.jpg

そんなこと言ったら神さんの逆鱗に触れちゃうかな?
c0187298_22301220.jpg

     *銀杏特有の匂いが秋を感じさせます

祭典が終わり、神楽が奉納されます

【獅子】
c0187298_22312812.jpg

途中で中休みを入れて、全部で8つの神楽を楽しむことができました

【海幸】
c0187298_22321822.jpg

あらっ、篠笛同好会のH会長が太鼓を叩いています
c0187298_2234111.jpg

見てるのと違い、やっぱり難しそうですね

【国造り】
c0187298_223316100.jpg

平日の、しかも秋晴れということでしょうか…参拝者は少なかったですが、お神酒をいただきながらゆっくりと過ごすことができました

実は午後から農夫の予定だったんですが、お神酒をいただきすぎてしまい、明日以降にがんばることにします
[PR]
by mm-nadachi | 2016-10-13 22:35 | 名立に生きる | Comments(0)

輪廻の恵み~海と山と川~

すでにお知らせしたように名立駅MS作戦は今年で5周年ですが、山海クラブは50周年にあたり、昨日はその他の3地区の老人クラブと合同で50周年記念事業を行いました

「山海クラブ50年の歩み」を町史や広報で調べていたら、山海クラブの発足総会は昭和41年(1966年)9月15日で…
といってもなんのこっちゃと思うでしょうが、この日はなんと(!)この年に新しく国民の祝日に制定された「敬老の日」で、敬老の日に老人クラブ発足式とは出来すぎですが、ともあれ50年なんです
ちなみに当時の会員は156名、会費は月額30円だったそうで、今年の会員69人、会費は年額2,000円とは隔世の感…ってちと大げさですかね

ということで今年の名立区老連輪投げ大会は「50周年記念大会」と冠をつけましたが、内容に変わりがあるわけでなく、いつものように「それ!」「入れ!」「ダメか…」との声が飛び交う中でにぎやかに進みます
c0187298_21265599.jpg

結果は今年も(と言ってはなんですが…)山海クラブAチームが優勝、Bチームが2位で、来月の上越地区大会進出が決まり、やれやれです
c0187298_21271181.jpg

c0187298_21273425.jpg

午後は「記念の集い」です

50周年に合わせて、名立の来し方を振り返ってもらおうと旧知の学芸員のKさんから「海と山と川~自然の恵みとそこに生きた人々~」という演題で講演していただきました
c0187298_21275417.jpg

名立の大イナバ遺跡から出土された縄文時代の有孔鍔付土器や日本海・名立海底遺跡(初耳でした!)から引き揚げられた珠洲焼甕などを紹介しながら、「幾千年も前から自然の豊かさは形を変えてはいるが輪廻しており、その意味からはいつの時代も自然の恵みを私たちは享受している」と…

農夫をしているとそのことに気づかされることも多いんですが、「感じ続ける」ことが大切なんでしょうね

講演の後は華やかに民謡演奏です
c0187298_21281341.jpg

老人クラブの活動がこの先どのように進んでいくかまったく楽観できる状況ではありませんが、これからもみなさんとがんばっていこうと…
c0187298_2129189.jpg

それにしても“諸先輩”の元気のよさといったら…
[PR]
by mm-nadachi | 2016-10-08 21:29 | 山海クラブ | Comments(0)

この指とまれ!

新潟県に台風上陸…ってどっかおかしい感じですが、それもそのはずで今までそんなことはなく、昨夜の台風18号が初めて…とか報じられていました
でも、その前に温帯低気圧になって“寝てる間に”通り過ぎていってくれました

そこで今日は台風一過の秋晴れの下で農夫を…と思っていましたが、朝からずっと雨~重たい曇空です

ということで気分転換に台風が来る前の灘立農園がらみです

コスモスもそろそろでしょうか…
c0187298_1555183.jpg

この指とまれ!
c0187298_15552162.jpg

まさか!?
干している手袋に赤とんぼがとまったんです
c0187298_15564151.jpg

サトイモをひと株だけ起こしてみました
なかなかの出来ですね
これで大根が大きくなればサトイモと大根の味噌汁…
うーん、待ち遠しい秋の食いしん坊です

そうそう
久々に直江津の三八市へ行ってきました
c0187298_1557749.jpg

夏野菜も終わり、秋冬野菜にはまだ…という端境期の、しかも平日ということなんでしょうか、以前に比べて出店数も、そしてお客さんもずいぶん少なくなっています
c0187298_15573583.jpg

こんな路地にも所狭しとおばちゃんたちが野菜や苗を並べていたのですが、みんなどこ行ったんだね
[PR]
by mm-nadachi | 2016-10-06 15:58 | 灘立農園 | Comments(0)

2016駅からウオーキング~有間川駅へGO!~

先週は新聞でもテレビでもネットでも、とにかく毎日つぶさに天気予報をチェックすることが多く、それにはもちろん理由があって…

①ume さん田の稲刈り
②LLの還暦野球全日本大会
③駅からウオーキング

①はすでにお知らせしたとおりですし…
②は昨日、前橋市で試合しましたが、そのことについてはしばらくアップする気にもなれず(!)…

ということで、③です

今年で4回目の駅からウオーキングはこれまで毎回秋晴れだったんですが、先週の週間予報では「今年はだめかな…」と暗~い気持ちになっていました

ところが「天は我を見放さず!」てなもんで、ごらんの晴天になり、名立駅前を颯爽と走り去る糸魚川グランフォンド参加のみなさんたちもきっと同じ気持ちだったでしょうね
c0187298_21183059.jpg

c0187298_21192046.jpg

     *スタッフも清掃そっちのけで声援を送ります
c0187298_21211448.jpg

そんなこんなで総勢50名でトキ鉄に乗り込んで、東隣の有間川駅に向かいます
c0187298_21214416.jpg

c0187298_21221123.jpg

温かみのある木造駅舎の有間川駅
c0187298_21231529.jpg

国道8号脇のコスモスはちょうど見ごろです
c0187298_21234839.jpg

旧北陸線跡の久比岐自転車道でラジオ体操してからいよいよウオーキングのスタートです
c0187298_21243599.jpg

c0187298_2125916.jpg

外観は往時のままのトンネルを抜けます
c0187298_21264255.jpg

今回の最年少(保育園年長)のAちゃんも元気に歩いています
c0187298_21255243.jpg

今回も不動滝前で休憩、そして写真撮影…さて、もう半分だ!!
c0187298_21274249.jpg

名立に入り、1949年(昭和24年)3月に発生し、多くのこどもたち(小中学生42人)を含む63名の尊い命が奪われた名立機雷爆発事件の関連個所を回ります

供養塔と「平和をまもる」碑
c0187298_21285196.jpg

「機雷爆発の地」石碑と地蔵尊(石工だった父が彫ったものです)
c0187298_21303411.jpg

名立区外から参加された約20名のみなさんからは特に深い関心を抱いていただいたようでした

こうして約5キロ、2時間、1万数千歩のウオーキングを終え、ゴールの名立地区公民館でお昼になります
c0187298_21311752.jpg

これで筒石駅ルート、有間川駅ルートともそれぞれ2回のウオーキングが終わったわけですが、事務局としては「さて、来年はどうしっかな…」と(毎年のように)思案しながらも(今年も)美味しくつみれ汁をいただいてきました
[PR]
by mm-nadachi | 2016-10-02 21:31 | 名立駅マイ・ステーション作戦 | Comments(0)