<   2015年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

桃栗3年、キウイも3年…とか

灘立農園には何種類かの果樹があって、でも、花は咲けども実が生らない桃とか…
c0187298_1585665.jpg

気がつけばすでに落果して虫の餌食となっている栗とか…
c0187298_1592082.jpg

そんな中でろくな手入れもしないのに毎年実をつけ、軟らかな食感と甘酸っぱい食味が楽しみなのがキウイフルーツです
c0187298_1594942.jpg

以前にも書いたことがあったと思いますが、このキウイの木をいつ植えたのか…それは20以上も前なのは確かですが、ともかくそんな昔のことなんです
c0187298_15103877.jpg

この間の手入れといっても冬の剪定くらいなもんで施肥したことあったっけな~…てな具合です
おまけに支柱にしてあった単管が腐り、今年は半月板手術で剪定もできず、それはもう見るも無残な棚になっています
c0187298_1511866.jpg

んが…今年はなぜか豊作なんです!
今日もありがたく収穫してきました

話が前後しますが、先日「キウイ剪定講習会」なる情報があり、参加者が少なかったらどうしよう…と思いながら出かけたところ、なんと20人を超える参加者です
c0187298_15121796.jpg

こんなにキウイ愛好家(!?)がいたの…です

早速、みんなでキウイの棚下に潜り込み、県の農業改良普及指導員から剪定方法を学びます
c0187298_15124013.jpg

ただ、このキウイは奔放に生長してきたようで樹姿(枝)が四方八方に伸びていて、「これも…あれも…」とノコギリでジョキジョキ、ハサミでチョッキンチョッキンです
c0187298_15131577.jpg

そのたびにこの木を管理している方が「それくらいで…」と嘆願調になります
そうなんです
剪定してるのを見てると「え~!?」っと思うほど切りつめますもんね
c0187298_15151721.jpg

そのうちに雨になってきて、公民館での座学になります
c0187298_1514527.jpg

みなさんの質問の鋭いこと…専門的なこと…驚きです
みなさん…真剣です

できれば剪定の仕方をもっと知りたかったんですが雨には勝てず、でも、そのおかげで参考になることもいくつか知ることができました
・施肥は窒素肥料をキウイ1本につき20㌔一袋くらい…
・毎年石灰を撒く…
・キウイの木の“寿命”は20~30年間…

この日の講習を活かすも活かさないも、まずは崩れ落ちた棚の復元、そしてキウイの棚上げです
でも、それは来春の雪消えを待ってから…にしましょう

ついでなので灘立農園のほかの果樹を紹介(?)します

毎年干し柿が楽しみな…柿
c0187298_15165468.jpg

今年初めてジャムを作ったカリン
c0187298_15171497.jpg

そうそう、梅もあります
c0187298_17222177.jpg

みんな、しっかりと根を張ってますね

さて、ここまで長くなったついでに…

昨日からミゾレとかアラレとか、とにかく荒れ模様な天候なんですが、そうなるとそろそろ冬野菜の収穫を…ということで、今日はまずは白菜です
でも、ぬかるだ山道に一輪車のバランスをくずし、下の田んぼまでスッテンコロリン、いや、白菜が…です
c0187298_15182567.jpg

そして、家に戻って(一緒に参加したキウイ講習会後にumeさんから作ってもらった)軒下の棚に白菜をしまいます
c0187298_15185355.jpg

c0187298_15191570.jpg

            *下にぶら下げてあるのはニンニクです

明日からも「晴れたら畑」という「シンプル・イズ・ベスト」な“ライフ・スタイル”でいけたらいいけど、さてさてお天気はどうなんしょうね…
[PR]
by mm-nadachi | 2015-11-28 15:20 | 灘立農園 | Comments(0)

小春日和の新嘗祭

今日は新嘗祭です
イチョウの葉が散り始めている江野神社でも10時から斎行されました
c0187298_2195840.jpg

猫がボンネットの上で日向ぼっこするくらいの“小春日和”です
c0187298_21101892.jpg

でも、さすがにこの時季は打ち寄せる波も強く…
c0187298_21104111.jpg

そんな中を健気に遡上するサケを母娘が眺めてます
c0187298_2111418.jpg

神社に上がる前にちゃちゃちゃと灘立農園に向かいます

雪の下で越冬する野菜たちはちと生長しずぎかな…って具合です
c0187298_21113860.jpg

           *タマネギ
c0187298_2112692.jpg

           *三月菜と五月菜
c0187298_21123422.jpg

           *ニンニク

ネギやカリフラワーなんかはそろそろ収穫ですが、明日からは小春日和は期待できないようです
c0187298_21135398.jpg

c0187298_2114824.jpg

c0187298_21142884.jpg

それもそのはずで、今日は“小雪”なんですもんね

あらあら
相方さんは野菜はそっちのけでキウイフルーツの棚に潜り込んでます
c0187298_2115314.jpg

新嘗祭は新しい穀(稲)の収穫を祝い,翌年の豊穣を祈願するものですが、まだ収穫が終わっていない灘立農園の新嘗祭はもう少し先になりそうです
[PR]
by mm-nadachi | 2015-11-23 21:15 | 灘立農園 | Comments(0)

いきサロ&MS作戦ジョイントイベント~いきサロ6周年記念名立駅小春日和コンサート~

長たらしい表題ですが、つまりはそういうことです
6年前の12月に開設した横町いきいきサロンは8月を除いて毎月開催してますので、今日で66回目(!)になります
そして、名立駅でのイベントも4月の「トキ鉄開業1ヶ月記念さくらまつり」以降やっていなかったこともあり、そんじゃ久々に…と相成ったわけであります

「あと3年ちょいでの100回目のサロンをみんな元気に迎えましょう!」ということで今日も体と頭を使った(これが大変なんです!)体操から始まります
c0187298_20135775.jpg

その後はプランターに来春用のチューリップ球根を植えてもらいます
c0187298_20142369.jpg

そして、コーヒー、ココア、お茶からお好きなホット・ドリンクを手にして、お待ちかねのコンサートの始まりです
c0187298_20145897.jpg

まずは参加者のみなさんの招福とともに厄病退治や悪魔払いとして獅子舞を演じてもらいました
c0187298_20152098.jpg

ご記憶にありますか?
演ずるのは3月14日のトキ鉄開業イベントのオープニングでも演じていただき地元のNさんです

その後、我らがSBSEの演奏です
c0187298_2016795.jpg

「威風堂々」から始まり、アンコール曲の「翼をください」まで6曲を演奏した後、SBSEからの“クリスマス・プレゼント”として「アベ・マリア」を演奏しました
c0187298_20175598.jpg

昨年まで開催していたクリスマス・コンサートを今年は行わないので…ひと月早いXmasプレゼントというわけです

こうしてみなさんから楽しんでいただいている間に隣の部屋で準備していた芋煮が完成!
c0187298_20182236.jpg

みんなで「いただきま~す!」
c0187298_20192869.jpg

c0187298_20212054.jpg

      *スタッフとボラのみなさんも「ふーふー」「おいしいね~」

「名立でだれもがいつまでも元気に、安心して暮らすことができるように…」との思いで始めた横町いきいきサロンの“後を追うように“その翌夏に名立駅MS作戦が始まったのです
あっという間の6年間でした
この間、多くのみなさんからお手伝いをいただきながら一緒に取組んできました
c0187298_2021388.jpg

今日も先日の「駅からウオーキング」に参加してくれた方も参加してくれました
こうして一人ずつでも輪を広げ、歩みはのろいかもしれませんが決して止まることのないようにこれからも…です
[PR]
by mm-nadachi | 2015-11-22 20:22 | 横町いきいきサロン | Comments(0)

マメに暮らそう!

今日も朝から雨です
それでもぬかるむ足元に気をつけながら白菜やネギなどを少し穫ってきました
白菜は今冬初のキムチづくりに、そして、ネギもキムチには欠かせないのはもちろんですが、22日の名立駅小春日和コンサートの芋煮に使うんです
これに大根を加え、こんなふうにいよいよ冬野菜トリオの出番が増えてきました

でも、その前に豆類の片づけです
c0187298_2317891.jpg

真ん中のお盆には大豆とトラマメが混在していて、不良品やゴミなどを取り出しながら、それぞれの箱に分けていきます
c0187298_23173176.jpg

お盆で選り分けるときのガラガラという音で新くんが寄ってきて、お手伝いです
c0187298_2317541.jpg

彼と一緒に畑仕事できる日はくるのかな~
c0187298_23181566.jpg

そんなこんなで大豆が4.5㌔、トラマメが2㌔の収穫でした
c0187298_23184961.jpg

大豆は味噌や豆腐にして、トラマメは煮豆にして…ありがたくいただくことにします
[PR]
by mm-nadachi | 2015-11-19 23:19 | 灘立農園 | Comments(0)

カリン・ジャム作り バージョンⅡ~果実ジャム~

最近は雨の日が多くなってきました
こんなときはせいぜい灘立農園産物による加工品作りに精を出し…ということで、カリン・ジャム作りバージョンⅡは果実を使って作ります
c0187298_1812042.jpg

今回は2ヶのつもりでしたが、1ヶは割ってみたら果実が黒くなり始めていたので残り1ヶだけでやってみます

まず6分割してから芯の“わた”を削り、皮をむきます
c0187298_1814676.jpg

カリンは実も皮も結構固いので注意しながら…実のほうは薄く切っておきます
c0187298_1821230.jpg

わたと皮だけを煮てエキスを抽出します
c0187298_1823177.jpg

その間に薄く切った実の半分くらいをフードプロセッサーで粗挽きしておきます
c0187298_1825030.jpg

10分ほど煮た汁を濾し、そこに砂糖を加えよく溶かせます
c0187298_183186.jpg

そこに実を加えて、さー、いよいよジャムに向けて最後の煮込みです
c0187298_1833562.jpg

30分くらい煮込んでいるとようやくジャムっぽさが出てきます
c0187298_1835041.jpg

味や食感は「まー、何と申しましょうか…」なので、これもパン食よりもヨーグルト向き…かな
c0187298_184876.jpg

ともあれこうして2種類のカリン・ジャムができました

ジャム作りもそうですが、豆腐やコンニャクを作るときにも思いますが、よくもまーこうしたことを考えてくれたものと先人に感謝です
ありがたくいただくことにします
[PR]
by mm-nadachi | 2015-11-18 18:06 | 灘立農園 | Comments(0)

冬を越すために…

玄関先にオヤジさんの残してくれた五葉松があります
c0187298_220191.jpg

今日は冬囲い日和です
c0187298_2204922.jpg

といっても毎年お願いしていて…その間、私は農夫です

10月28日に播種したソラマメが定植適期になりました
c0187298_21511419.jpg

先日までニンジンとナスが植わっていた畝に肥料、石灰をまいて、ちゃちゃちゃと即席畝づくりです

“ものの本”によれば「植えつけ1週間前までには石灰や肥料などをまいて畝たてしておく」とありますし、もちろんそうあるべきなんでしょうが、典型的なA型の前農園主のまささんでさえ耕運する横で「今か今か…」と待ちわび、耕運したすぐ後から畝たてをして播種や苗植えをしたくらいで…
灘立農園はまささんから見よう見真似で引き継いできたわけですが、こんなとこまで真似なくてもいいのに…ね

雪が降り積もるころまでに活着してしっかり冬越しをして…春にはまた勢いよく生長してくれるよう、畝の周りに風除けの網を廻らせます
c0187298_21525421.jpg

この時期は大根や白菜、ネギなどの収穫にはちと早いので果樹にも冬越し作業です

ブルーベリーの株回りをスコップで起し
c0187298_2153326.jpg

肥料と(酸性土壌維持の)ピートモスを施してから埋戻します
c0187298_21535233.jpg

こんなことしてるとあっという間に4時です
このころには薄す暗くなり、風が冷たくなってきます

シイタケをいただいて帰ることにします
c0187298_2156453.jpg

また明日…
[PR]
by mm-nadachi | 2015-11-16 22:01 | 灘立農園 | Comments(0)

カリン・ジャム作り バージョンⅠ~煮汁ジャム~

雨の降る日が多くなって、朝夕は床暖のお世話になる季節になってきました
そろそろインフルエンザの予防接種もしなければ…と思っていますが、自己治療策(?)としてカリン・ジャムを作ることにしました

カリンの効能、というか“薬効”については今さら…でしょうが、咳止めをはじめ、風邪の諸症状や疲労回復などがあります
特に『果実の中にある褐色の種子に含まれるアミグダリンがアルコールに漬けたり(焼酎漬け)、熱を加えると加水分解してベンズアルデヒドに変化し、咳止めとしてすぐれた効果を発揮』するそうで、へー、果実よりも種に効能があるなんて…ね

御託はこのくらいにして、さて初のカリン・ジャム作りスタートです

初回なので失敗してもいいように(いいわけはないんですが…)1ヶ約450グラムだけでやってみます
c0187298_1083828.jpg

4つに割ってからザクザクと薄切りして
c0187298_109185.jpg

果実は変色しやすいということで30分ほど食塩水に浸します
c0187298_109338.jpg

          *ご丁寧にラップもかけて…

その後、水をきってからひたひたの水で煮ます
c0187298_10103024.jpg

これもまた30分くらいでザルで濾して鍋にあけます
c0187298_10104921.jpg

ここに白砂糖を加えて、初め強火~煮立ったら中火で煮込んでいきます
c0187298_1011201.jpg

そーすると、あーら不思議…少しずつ赤い色が濃くなってきます
20分後
c0187298_10202266.jpg

35分後
c0187298_101403.jpg

そして、火を止めた1時間超後にはこんなに鮮やかに…
c0187298_10151381.jpg

これを耐熱ビンに入れると…こんな少しにしかなりませんでしたが、カリンのエキスが濃厚に残るジャム、というよりはゼリーっぽい感じです
c0187298_10153480.jpg

なので、喉が痛いときになめたり、ヨーグルトにかけたりしながら“健康家族”を目差したいと思います

そうそう
「煮詰めた実は?」と思われる方のために…
その実をまた砂糖で煮詰めて、ケーキなどのお菓子づくりに使えるそうです

ただ、これまで作ったことのあるブルーベリーやイチゴ、ウメなどのジャムは果実そのものをジャムとして食するもので、今回のように煮汁だけでジャム(にはなりませんでしたが…)を作ることは初めてのことでした
そんなふうに思いながらネットで検索していたら、果実を使うジャム作りの方法を教えてくれるブログがありました

ということで近々再度、というかこれぞ(?)というカリン・ジャム作りに挑戦です
[PR]
by mm-nadachi | 2015-11-15 10:17 | 灘立農園 | Comments(0)

桃栗3年シイタケ3年?

umeさんちのマリモです
c0187298_2251744.jpg

寒くなってきて、どうやらここに落ち着いた…とか
c0187298_22513113.jpg

気持ちよさそうですね~

ということで今日は彼んちの林でキノコのほだ木にする木の伐採です
c0187298_22521550.jpg

              *林への途中、干し大根が初冬の日差しを受けていました

今までほとんど管理してなかったらしくいろんな種類の木が茂ってますが、ほだ木に適したコナラやサクラ(と思しき木)を切ります
c0187298_22534854.jpg

とはいえ、ほどよい太さがありますし、“ほどよい”といっても小型チェーンソーではなかなか大変そうです
c0187298_22545294.jpg

そうです
木こり役はumeさんで、私は彼の補助や下草刈り程度で、田植えや稲刈りと同じパターンです…ね

で、なぜ二人でこんなことやってるかといえば…ですが、彼の家では以前キノコを作っていたことがあったんですが、そのときはお父さんがやっていたので、久々に、そして彼としては初めてやってみようか…ということですが、やはり“ひとり木こり”は大変だ…ということでの応援です

そして、私も5,6年前からシイタケやナメコなんぞを作っていて、今年は昨春にコマ打ちしたシイタケが少しずつ採れ初めていますが、ナメコのほだ木用に少し分けてもらおうかな…ということで共同作業です

ただ、今日の作業は8本くらい切り倒すだけで、来春に1㍍くらいのほだ木サイズに“玉切り”してから駒打ちします
それから2,3年してようやくキノコが採れるんですが、それもつかの間(?)、ほだ木は5年くらいしかもたないので、その間隔で更新する必要があります

「じゃ、今度は5年後のちょうど70歳のときだし、キリよく75、80歳の15年計画でやるか…」
「お前、そんなに生きるつもりか…」
「そのくらいは生きたいよ。そのためにもそんな目標があればいいじゃん」

来年1月に同じく65歳を迎える二人の会話です

午後は灘立農園で本職です
ブルーベリーやイチジク、キウイフルーツ、柿、カリンなどの畑の草刈りをしながら、かなり放任状態だったのでちゃんと手入れしてやらなきゃ…と、反省しきりの農夫でした
c0187298_22573929.jpg

カリンはジャムにして、ありがたくいただくことにします
[PR]
by mm-nadachi | 2015-11-12 22:58 | 灘立農園 | Comments(2)

第55回名立区駅伝大会④~祝・歴代最高順位!~

久々に雨が上がりました
でも、数日来の雨で川はご覧のとおり濁水ですが、そんでもサケは上がってきているみたいで、ようやくの“帰省”を味わう間もなくサケ組合の人たちが投網です
c0187298_23375141.jpg

でも、こっちはまだ雨が続いています
というかますますひどくなってきているようです

4区から5区へ…そろそろ前半の“貯金”がアブナクなくなってきました
Nさん⇒Mさん
c0187298_23391073.jpg

Oさん⇒Mさん
c0187298_23393245.jpg

そんなこんなのうちに、高速駅伝もいよいよ最後の6区アンカーです
c0187298_23395477.jpg

            *二人だけ参加の女性がともにアンカーの重責を担います

Mさん⇒Mさん
c0187298_2341523.jpg

Mさん⇒Mさん
c0187298_23412162.jpg

街中の走りっぷりをカメラ片手に追っかけていたら「おやー、今年は走らんのかね?!」とか「がんばれー!」とか多くの激励やら声援をいただきました
でも、もう走れないのですよ…トホホ
c0187298_2342079.jpg

c0187298_2342192.jpg

そんな感傷に浸っているうちに(とっとと)無事にゴールしてました
№46ぬくりんチーム38位!
c0187298_23425657.jpg

№45社協マンチーム42位!
c0187298_23433492.jpg

これまでの最高の順位…だそうです!
おめでとうございました!
c0187298_23441856.jpg

この後の打上げのにぎやかそうな(私は欠席なので…)写真もありますが、それは…やめときましょう
みんな、おつかれさまでした
[PR]
by mm-nadachi | 2015-11-11 23:44 | 名立に生きる | Comments(0)

第55回名立区駅伝大会③~雨ニモ負ケズ襷をつなぐ~

今日もよく降る雨でした
冬のはじめ、立冬から小雪のころの時雨を『液雨』というそうです
初めて知りました

あの日も雨でした
ただし、大会が終わったら上がってしまいましたけどね…
そんなこんなでランナーはもちろんのこと、社協チームのサポーターも大変だったと思います
そんな中で撮ってくれた貴重な(!)写真が集まりました
それでは社協チームの「激走劇場」の始まりです

おっと、その前に第1区にちょっと戻ります
先日「初出場」として紹介したSさんですが、その後の情報で「高校2年生なのですが、一昨年、中学生のときに参加して」たんですって…
c0187298_23262364.jpg

この凛々しい姿、高校2年生に見えます?!

でも、それで驚いていてはいけませんのです
この“高速駅伝”の、しかも花の1区で彼はなんと4位の好成績だったんです
そして、もう一人のTさんも区間20位と、社協チームとしてはこれ以上ない好スタートを切りました
c0187298_23271678.jpg

          *その二人を待つ2区のふたり

Sさん⇒Mさん
c0187298_23274640.jpg

Tさん⇒Wさん
c0187298_2328351.jpg

激走ぶりとはまったく関係ないけど…周りの紅葉がいい感じですね~

2区から3区へ…の写真はなくて、これは3区から4区へのリレー模様です
“世界の”Aさん⇒Oさん
c0187298_23283384.jpg

その前に襷を渡したSさん(左)と1,2区ランナーが応援&サポートに駆けつけています
c0187298_2329737.jpg

ここまで、社協マンチーム(ゼッケン45)は24位、ぬくりんチーム(ゼッケン46)は16位と大大健闘の前半3区間です
さて、後半はいかに!?
[PR]
by mm-nadachi | 2015-11-10 23:29 | 名立に生きる | Comments(2)