<   2014年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

今年もいきいきと…

実質的には5年目に入った横町いきいきサロンも昨日が2014年の初回です
ここしばらく参加者(利用者)が二ケタになっていなかったのですが、今回は12人
そのほか、運営委員、ボランティア、そしてちびっこたちも含めて総勢24人です

まずは軽く体操
c0187298_17132584.jpg

立ってる人も座っている人も…自分の体調や身体状態に合わせて体を動かします

体操の後は1月=新年会ということで日本舞踊で華やかにオープン(!?)です
c0187298_17135258.jpg

その後は老若(?)入り交ざってのカルタとり大会
c0187298_1714121.jpg

保育園から借りてきたカルタなのでチビッコたちにはお馴染み(?)です
そのうえ身軽さからもちびっこたちに敵うわけもなく、圧倒的に「若」年層の勝利!

でも、お手玉はバーチャンのあざやかな手さばきを眺めるだけです
c0187298_1715857.jpg

おっと、こっちでは花札の指南が始まってます
c0187298_17154765.jpg

            *「それ、もう少し出すの待っとれ…」

そんなこんなで新年を楽しんだ後でみんなでお弁当です
c0187298_17164252.jpg

こうして今年もその名のとおりに“いきいきと”した笑顔いっぱいの横町いきいきサロンになるようにがんばっていきたいと思っています
c0187298_17172563.jpg

[PR]
by mm-nadachi | 2014-01-27 17:17 | 横町いきいきサロン | Comments(0)

『決戦下の高校生 苦闘の手記』を読んで…

1月23日
『一日中快晴。暖かく、雪は山には殆ど見えず、実に恵まれた寡雪の冬だ。大寒というのに春の如くぽかぽかだ。』

1月24日
『朝はとても暖かく、まるで3月のようだ。日中は曇天でやや小雨模様』

これは昭和21年(1946年)…ということは68年前の1月23日と24日の名立村(当時)西蒲生田(このあたりでは「にしかもだ」と言います)の冬模様を記したもので、この「日記」を書いたのが当時東京から西蒲生田に来ていた竹島秀太さんです

竹島秀太さんは昭和3年4月、竹島家の5男として生まれ、昭和20年6月に旧制静岡高校に入学します
その年の8月、終戦とともに父の出身地である西蒲生田に来ますが、間もなく闘病生活(肋膜炎)に入ります
そして、昭和22年2月19日東京の自宅で18歳で亡くなりました

『決戦下の高校生 苦闘の手記』は竹島秀太さんの弟である竹島正義さんが昨年7月、「雄志空しく18歳で夭折した私の兄、竹島秀太の昭和20年終戦前後ほぼ1年間の記録」であり、「病気と必死に戦いながら、この世に生きた証を残すべく懸命に書き残した兄の思い」を「後の世代に残す必要がある」として発行されたものです
c0187298_15583368.jpg

先日、友人から「名立のことが出ているよ」と教えられて読んでみました

冒頭にもあるように、昭和20年8月に西蒲生田に来てからはもちろんのこと、静岡高校入学以降の「尞の食糧事情の悪さ、空襲、勤労動員等のため、勉学の意欲が衰えていく」中での名立、西蒲生田への思いが切々と、ときには狂おしいほどに記されています

昭和20年7月3日(火)
ホームシック
ここ連日、東京のこと、名立の父母を思い、ここの勉強のつまらなさと食糧の乏しさを考え合わせる度に、田舎へ帰りたくて堪らない
(中略)
ともかく、父母在ます家郷へ行って充分な飯を食べたい。嗚呼、麗しき名立の海、蒲生田の山、直江津の海水浴、尽きぬ思いはあれど、今はかなわぬわが身なり。

同年7月20日(金)
望郷の念切なり。思えば、先月の本日なり。母と二人して日本海岸を歩きしは。遠き海原より寄する白き波、紺碧の水、照りつける太陽、緑に映ゆる山々、母と共に自然を眺めて楽しき一時を過ごせり。苦心して求めしさばの塩焼きと赤飯、忘れられぬその味。杉の薪拾い。

同年7月31日(火)
嗚呼、想い起す、父母の在ます故山、稲実り、鮮魚はねる名立町。想いは唯故山に走る。

名立、西蒲生田を思う心底にあるのが「決戦下の苦闘」ですが、そのことについてはその時代の後に生まれた私が語れるものではなく、「あとがき」で竹島正義さんが記しているように多くの“若き人々”から読んでもらい、感じてもらえたらと思います
c0187298_15591464.jpg

(*本書は三省堂書店から1,200円(税抜)で発売されていますし、上越市立高田図書館及び直江津図書館にも配架してあります)

これが今日の西蒲生田の上に広がる青空です
c0187298_1603499.jpg

c0187298_15574429.jpg

18歳の竹島秀太さんも68年前にはこのような澄みきった青空を見上げていたのでしょうね
[PR]
by mm-nadachi | 2014-01-24 16:02 | 名立に生きる | Comments(2)

大寒を生きる

さすが大寒(!?)で、いつもは雪の少ないわが家の前の道路にも今朝は除雪車が入ってきました

とはいえ、それほどの積雪でもなくグランドでは近くの保育園のちびっこたちが雪だるまをつくったり、鬼ごっこしたり…楽しそうです
c0187298_18294727.jpg

c0187298_18301131.jpg

でも、お弁当配達先のSジーちゃんは一人暮らしなので除雪も大変です
c0187298_18302834.jpg

夕方、ランニングに出たら親戚のSちゃんがなんか作ってます
c0187298_18304690.jpg

雪ウサギだそうです

こんな雪だるまが並んだ玄関先もありました
c0187298_18311977.jpg

雪に遊び、雪に耐え、雪に走る農夫…

それぞれの大寒です
[PR]
by mm-nadachi | 2014-01-20 18:32 | 名立に生きる | Comments(0)

雪ニモ負ケズ…デモヤセズ

まだ明けやらぬ中を6:59発直江津方面行き列車が名立駅に入ってきます
c0187298_21411672.jpg

今日は朝から雪です
c0187298_21414150.jpg

お弁当配達で奥山に向かいますが、家々が雪の中に霞んでいます
c0187298_21421288.jpg

「朝いちどやったんだけどそれからまたこんなに積もってさ…」と今日2回目の除雪とのことです
c0187298_21423164.jpg

雪は午後になっても降りやまず、なので日課のランニングに車で5分のところにある“専用コース”に向かいます

ここは(旧)北陸本線跡地⇒(現)久比岐自転車道の大抜トンネル(全長391㍍)です
c0187298_21425949.jpg

自転車ではよく通るコース(トンネル)ですが、こうしてランでこの中を走るのは久しぶりです
ここなら雨も雪もまったく関係ないですし、おまけにだ~れもいないので、まったくのマイ・ペースで(ヨロヨロ&ヨタヨタと)走ってもだれにも迷惑をかけることはありません
c0187298_21432465.jpg

ただ、照明が点いているとはいえやっぱりトンネル内は微妙に陰気っぽくて、ちと怖いです
なので今度はラジカセでも持っていって少し気分を盛り上げて走ろうかな~と思ってます
c0187298_2148216.jpg

こうして雨ニモマケズ雪ニモマケズにランしてても…やせません
トホホです
[PR]
by mm-nadachi | 2014-01-17 21:43 | ラン | Comments(0)

今朝の名立駅から明日の名立駅を思う

今朝は私がストーブ当番です

7時すぎはちょうど“客足”が途絶える時間帯です
c0187298_18115950.jpg

7時24分発直江津方面行きです
c0187298_18131925.jpg

今朝はうっすらと雪化粧です
c0187298_18134644.jpg

7時25分くらいには糸魚川行きの高校生たちがストーブを囲みます
c0187298_1814330.jpg

少しはマエダマも見てくんないかな~

先日からこんな貼り紙がしてあります
c0187298_18142119.jpg

今まで券売機で買えた近距離の切符も買えなくなってしまい、高齢者やチビッコたちが戸惑わなければいいのにな…と思います

昨年4月に公表された(来年4月以降運行する)新会社の経営基本計画の『駅の管理等』には「切符販売機器については、利用しやすい新規機器を導入します」とありますが…

そして、そもそもの駅管理については「現行JRの管理体制を基本に、利用状況を勘案し一部の駅の直営化を含め要員体制や窓口営業時間について検討します」とありますが、その後具体的な“管理体制”については示されていません

まだ一年あるから…なのか
あと一年しかないのに…なのか

来年4月の北陸新幹線開業に向けてのさまざまな取組みが進められている一方、現実(=現場)はこうした状況です
c0187298_18192338.jpg

                  *7:33発糸魚川行きです

でも、明日もストーブを点けに行くことにします
[PR]
by mm-nadachi | 2014-01-16 18:15 | 名立駅マイ・ステーション作戦 | Comments(0)

マエダマがくれた青空

昨夜はわが家でいきいきサロンの運営委員会…のはずが、あんころ餅にきな粉餅に、あら、おろし餅まで作ってます
c0187298_20324352.jpg

実は小正月のマエダマ飾りを作るのが本来の目的で、これはいわば“ついでの駄賃”です
c0187298_20331548.jpg

でも、いきサロ実行委員会でマエダマ作りってのも合点がいかないかもしれませんね

それはこちらをご覧あれ
c0187298_2033456.jpg

マエダマの木を担いでどこへ行く?
ここです
c0187298_2034883.jpg

名立駅待合室に飾ります
c0187298_20342886.jpg

今年は餅と大判小判など定番の飾りのほかに縁起ものとしてフグ(福)や(めで)タイ、そしてトッキッキの紙風船もぶら下げてみました

そのおかげでしょうか?
c0187298_2034549.jpg

名立の奥山の澄みきった青空です
[PR]
by mm-nadachi | 2014-01-15 20:35 | 名立駅マイ・ステーション作戦 | Comments(0)

一人ひとりの名立駅

先日、東京事務所勤務のころに知り合った名立出身のKさんから「名立駅のみんなの本だなに…」と、一冊の本が送られてきました
c0187298_2133353.jpg

この本は「JR西日本金沢支社が北陸線全線開通100周年を記念し、今年実施したエッセーコンテストの優秀作を掲載した」もので、「到着を待ちわびて何度も「いまどこ?」とメールを送ってくれた亡き母とのやりとり(*最優秀賞作品)、毎週末に単身赴任先から乗って帰る寝台特急「北陸」で過ごす夜の思いなど、数々のドラマ(*100作品)が収められて」います

恥ずかしながら…というか、残念ながら…というか、このエッセイコンテストのことは知らず、そして、この本についてもKさんからの連絡で初めて知りました
コンテストのことを知っていたら応募したのにな~と思いながらページをめくると、北陸本線を舞台にした100通りの思い出というか物語が綴られています

私の場合はやっぱり高校時代の3年間の通学の思い出…かな~
それとも大学入試に失敗し、浪人生活を送るために東京に向かう名立駅ホーム(*旧名立駅)で初めて見た父親の寂しげな顔…かな~

今年ももうじきアンちゃんやオネーちゃんたちが名立駅から進学、就職などでいろんなとこへ向かうことでしょう
それとも直江津駅まで車で送ってもらって名立駅が旅立ちの駅にはならないのかもしれませんが、彼らにとっての北陸本線や名立駅の思い出って訊いてみたい気がします
そうだ!
「一人ひとりの名立駅」ってやってみようかな~

それはともかく、「一人ひとりの北陸本線」とともに、久々に「みんなの本だな」に図書館のリサイクルブックからの30冊(写真左)と軌楽庵さんから寄贈(今回で4度目!)の28冊(写真右)を配架してきました
c0187298_21361981.jpg

Kさん、軌楽庵さん、ありがとうございました!
[PR]
by mm-nadachi | 2014-01-12 21:36 | 名立駅マイ・ステーション作戦 | Comments(0)

雪下に恵みあり

「白菜がなくなったんだけど…」
ということで、青空だったこともあり、雪を踏みしめ灘立農園です
c0187298_2026544.jpg

畑は長靴が埋まりきらない程度の積雪でしたので、すぐに白菜の畝もわかります
c0187298_20263227.jpg

雪下から掘り出すとシャキっとした、みずみずしさいっぱいの白菜です
c0187298_20265211.jpg

白菜20ヶのほかに大根も少し穫ってちょっとご満悦のようです

農園の帰りにKさん家に穫ったばかりの白菜を届けます
梅のつぼみはまだまだちっちゃくて…
c0187298_2034452.jpg

明日も雪のようです
[PR]
by mm-nadachi | 2014-01-12 20:34 | 灘立農園 | Comments(0)

天気晴朗につきツララ垂れる

昨夜の天気予報では「10年に一度の寒波!」とかでしたが、それほどでもなく今日はこんなに青空です
c0187298_043297.jpg

なのでみなさんにちょっとだけ新年のごあいさつ代わりの青空のおすそ分けです
c0187298_052816.jpg

c0187298_054898.jpg

でも、寒かったですね
軒下にはツララです
c0187298_063546.jpg

なのに?
なので?
…どっちか自分でもよくわかりませんが、昨日まで6日連続で自己記録更新中だった夕方ランは中止です

そして、冷え込んだ夜には5回目となる篠笛講座です
c0187298_091769.jpg

3月末の発表会の概要も決まり、みんながんばって…今回も小神楽に挑戦です
[PR]
by mm-nadachi | 2014-01-11 00:10 | 名立に生きる | Comments(0)

2014びくびくの初乗り

青空の一日でした
なので…まずは灘立農園です
畑にはほとんど雪はなく、相方さんはニンジンを穫ってます
c0187298_19593352.jpg

陽当たりのいい土手にはフキノトウが出ています
c0187298_200222.jpg

でも、日陰ではうっすらと雪が残っています
c0187298_2001988.jpg

午後は今年の自転車初乗りで能生白山神社まで…の予定で走り始めましたが、久比岐自転車道にも雪が残っていて、しかもどうにも凍っているようなので、急きょ国道8号を走ることにします
c0187298_2014743.jpg

          *8号からトットコ岩はすぐそこです

昨年は春先からは母の介護や看護で自転車輪行には行けず、その後もなんだかんだでほとんど乗ることがなく、なのでこうして国道を走るのは本当に久しぶりで、おまけに道路脇には消えずに残っている雪もあって、能生マリンドリーム(MD)までのわずかな距離でしたがかなりの緊張でした

能生MDから白山神社までは5分もあれば行けたのですが、国道を走る気がせずMDから引き返します
その途中、藤崎(とうざき)観音堂に寄りました
c0187298_2024245.jpg

藤崎には母の実家があり、新年のあいさつに行けば必ずこの観音堂にお参りするのが母の慣わしで、今年からは私が代参(?)です

もう一ヶ所お参りを…
白山神社で家内安全や輪行安全(?)ほかもろもろのお参りをする予定ができなかったので、自転車道脇にある水嶋磯部神社(筒石)に詣でました
c0187298_204736.jpg

筒石は漁業が盛んであり、その氏神様なのでしょうか、「大漁祈願」と「海上安全祈願」の幟が立っていました
c0187298_2042732.jpg

こうして2014年初乗りは無事に終わりましたが、そういえば毎年この時期は関東へ輪行遠征していたのです
ということで今年もできれば今月内に…と現在計画策定中です
それまでに『腹八分&間食夜食禁止&週5日ランで5㌔減量!』をノルマにしてその日を迎えたいと思ってます
よし、やるぞ!
[PR]
by mm-nadachi | 2014-01-07 20:05 | 自転車 | Comments(0)