<   2013年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

風邪みたいな一週間

考えてみれば今週は11月の最終週です
雪にはなりませんでしたが寒い一週間でした
そのせいでもないのでしょうが先週末からの風邪(たぶん?)がなかなか治りません
インフルエンザの予防接種もしたのにな~
とはいっても寝込むほどでもなく、金曜日なのでマスク姿でお弁当配達です

名立の里山は落葉が進み、すっかり冬模様です
c0187298_17311438.jpg

紅葉から干し大根にバトンタッチ
c0187298_17313742.jpg

ずっと向こうの山々は雪化粧です
c0187298_1732823.jpg

来週も10℃前後の予報です
みなさんもくれぐれも風邪にご用心ください
[PR]
by mm-nadachi | 2013-11-29 17:33 | 名立に生きる | Comments(0)

神社な週末

昨日、11月23日は勤労感謝の日ですが、江野神社では私たち氏子総代のほか、町内会長、そして「収穫に感謝する」という意味から農家組合長などが参詣しての新嘗祭の神事が行われます
c0187298_2193528.jpg

神事の後は囲炉裏であぶったスルメをつまみにお神酒をいただきます
c0187298_21101476.jpg

地域によっては新嘗祭まで新米を口にしない風習も残っている…とか
わが家ではいつになるのやら…

そして、今日は神社拝殿の冬囲いです
c0187298_21105450.jpg

昨年は初めてのことでもありかなり手間取った記憶があるんですが、今春の囲い外しのときに柱や防風シートに番号を付けておいたので今日はスムースに作業が進みます
c0187298_21111559.jpg

それでも1時間半かけてようやく終了です
c0187298_21113640.jpg

周りのイチョウも半ば落葉して冬間近を思わせます
c0187298_21115850.jpg

神社の帰り、名立川ではあいにくの雨になりましたがサケまつりがにぎやかに行われていました
c0187298_21121873.jpg

[PR]
by mm-nadachi | 2013-11-24 21:11 | 名立に生きる | Comments(0)

秋から冬への移ろい

11月も残り10日
そんなわけで毎日くるくる変わる空模様に“お伺い”をたてながらの日々です

昨日は社会福祉協議会のお弁当配達ボラでした
先日もお知らせしたように名立の奥々山、つまりずーっと向こうの山はもう白くなってます
c0187298_22243120.jpg

「紅葉もそろそろかな~」と思っての帰り道、今秋ぴかいちの紅葉を見つけました!
c0187298_2225040.jpg

そして、今日は一瞬の晴れ間に“もっけもの”のネギの穫り入れをしてきました
c0187298_22253910.jpg

          *奥では相方さんが大根を洗ってます

今年の作付畑が粘土質(が強すぎた)だったせいかずいぶん貴重なネギになってしまいました
なので、こうしてこうして天日干ししてから大切に美味しく食させてもらいます
c0187298_22262836.jpg

          *奥ではあまりの風の強さに風車が止まってます

うーん、野菜作りは難しい…
でも、やっぱり楽しい…な
[PR]
by mm-nadachi | 2013-11-19 22:30 | 名立に生きる | Comments(0)

名立篠笛講座開講!

昨日は久々の青空で、そうなれば問答無用に農夫です
すっきりした青空ですが畑は雨上がりのギチャギチャで、サトイモ起こしとはいえ、まるで(テレビで観るような)レンコン掘りのようです
サトイモはちゃんと乾かしてから保存しないと腐ってしまうので、今日はイモにへばりついている土やヒゲ(根)を取り除いて、明日はお天気のようなので天日干しです
c0187298_2335226.jpg

昨日、柿崎方面から仰ぎ見た米山です
c0187298_2336032.jpg

つい一週間前にはあんな紅葉だったのに白いもんが見えます

そうそう
先日の野田コースは6.35㌔でした
道理で「腹減って、疲れた~」わけですね

これが今日、お弁当配達で向かった名立の奥山の雪模様です
c0187298_23374755.jpg

先日、わが家の周りではアラレでしたが、このあたりはちゃんと雪なんですもんね
さすが15㌔の違いって“ダテじゃない”ですね

そんな寒い日の夜は炬燵に入って…いればいいのに、この集まりはなんでしょう?
なんか固そうな雰囲気ですね
c0187298_23381451.jpg

でも、なんか手元に長いもんが…
c0187298_23384343.jpg

1時間もしたらみんな笑顔で…
c0187298_23391534.jpg

これは…今日は名立篠笛講座開講式・第1回講座だったんです

『名立区において篠笛を吹くことができる人を育て、篠笛演奏を通じて音楽に親しむとともに、上越市の無形指定文化財である祇園祭での演奏(楽奏)や名立区に伝承される芸術・文化に触れることを通じ、名立区の地域の宝を次代へ引き継ぐ』ことを目的に来年3月まで計10回の講座を予定しています

ちなみに私はこの講座を主催する名立篠笛同好会の事務局兼受講者なので進行したり、篠笛吹いたりの2時間でした
今日は初回ということで篠笛の構え方、指の押さえ方、音の出し方…などの基礎練習でした
篠笛ってサックスとはなにからなにまで違う楽器ですが、なんか不思議に違和感なく吹くことができましたし、それなりの音も出てたようです
これってひょっとしてサックス効果!?
「音が出るか心配だったけど、ちゃんと音が出て安心しました。これからもがんばって練習していきたいと思います」っていう、受講者の感想に同感しながらもそんなこと考えてました

その反面、「一日5分でもいいから毎日練習を続けてください」という、長年“楽人”として篠笛を吹き、この講座の講師をしている同好会のI副会長の言葉になぜか篠笛ではなく怠けっぱなしのサックスを思い出してしまったのです
そうだ!明日はアンサンブル・レッスンなんだった…
[PR]
by mm-nadachi | 2013-11-15 23:44 | 篠笛を吹く | Comments(0)

1年半ぶりの米山登山③~あー疲れた…~

この日は初めてのコースでしたのでスマフォのGPSで距離とか標高差とか調べるつもりがすっかり忘れていて、なので、帰り(下山)はしっかりオンしてから下り始めます
c0187298_23545773.jpg

紅葉は同じコースでも上りと下りではまた装いが違って…でも、どっちもきれいですけどね
c0187298_014956.jpg

その中でもブナ林にはただただ見とれるだけです

松之山のスラーっとした美人林とは対照的に日本海からの強風に長年耐えてきた雄々しさの美しさです
でも、中にはこうして風(または雪か?)で倒れたままコースをふさいでいる大木もあります
c0187298_23565177.jpg

ここまでなるには何(百?)年かかったんでしょうか?
そんな思いでしばし休憩です

上りに慣れた脚には下りはかなりのきつさでした
c0187298_23572862.jpg

              *ブナの根(株)が自然の足場になっています

そして、落葉が登山道を覆っているので下り(もちろん上りもなんですが)では足を滑らせてしまうことが多く、それだけならまだしも何度となくスッテンコロリンしてしまいました
尾根は狭いところでは1㍍くらいの幅しかなく、場所が悪ければ一気に谷底へ…です
なので坂ではことさらユルユルした歩みになり、結局上りとわずか30分しか違わない2時間半でようようスタート地点に到着です
c0187298_23585227.jpg

              *阿吽の狛犬がお迎えです

こうして1年半ぶりの米山登山は無事に終わることができました
今回も同行いただいたKさん、ありがとうございました!
腹も減ったし、脚も腰も疲れましたが、一面に広がる紅葉を満喫できた6時間でした
来年は同じコースでブナの新緑を…もいいんですが、まだ未踏コースがあるのでそっちかな~
どっちにしてもこれからの冬の過ごし方(体力維持=低下防止?)が問題ですね

おっと、その前に久々に晴予報の明日はサトイモ起こしです
[PR]
by mm-nadachi | 2013-11-14 00:03 | 山登り | Comments(0)

1年半ぶりの米山登山②~あー腹減った…~

まずはこれをご覧ください
c0187298_232061.jpg

午後1時過ぎにいきなりボツボツ(ボトボトかな?)って音が聞こえてきました
急いで外に出て見たら玄関先や車の上にも…
c0187298_23203663.jpg

お隣の畑の菜っ葉にも…大粒のアラレです!
c0187298_23205437.jpg

北海道や東北の大雪(!)だよりを遠くの話と思っていたらこれです
まだ11月12日だっていうのに今日でもう3日もこんな寒い日が続いています
明日もう一日は我慢のようですね

なのに今日もまた秋晴れの米山登山のご報告です

その前に…昨日「山頂まであと114㍍(ただし標高差)です」と書きましたが、間違ってました
正しくは(993-887=)106㍍でした
やれやれ

このあたりまで上ると紅葉の色も少し濃くなったり、木々の様相も変わってきます
c0187298_23215032.jpg

おっ、残り400㍍!
c0187298_2322537.jpg

下の方の山々の稜線がはっきり見えてきます
c0187298_23222491.jpg

おっ、残り200㍍!!
c0187298_23231793.jpg

Kさん、最後のひと踏ん張りです
c0187298_23235675.jpg

11時50分、ようやっとの頂上着!
お薬師さんにお参りしてから(お決まりの)記念写真です
c0187298_23241982.jpg

これまでのコースではだいたい2時間くらいで上っていたので3時間は初めてのこともあり、かなり前から空腹状態でした
なので、さっそくオニギリにパクついてひと休みです
頂上は風もなくポカポカといい気持ちです
c0187298_23251449.jpg

でも、これからが大変だったということは…はい、また明日です
[PR]
by mm-nadachi | 2013-11-12 23:26 | 山登り | Comments(0)

1年半ぶりの米山登山①~落ち葉を踏みしめて…~

今日はいきなりの寒さで、県内からも初雪のたよりです
明日も最高気温は10℃を下回るとか…
なのに明日からまた新聞配達です
寒さで寝過ごさないようにしないとね…

そんな昨日今日の空模様からは信じられないような青空、秋晴れの米山山頂です
c0187298_21415942.jpg

米山の登山コースは上越市柿崎区からと柏崎市からのそれぞれ4コースがあり、柿崎区からのコースはすべて上った(たぶん?!)ので、この日は初の柏崎市からの「野田コース」です
c0187298_2143895.jpg

同行のKさんによれば「このコースは尾根を歩くので距離は長いけど傾斜はそれほどきつくないはず…」とのことで、案内図でも3時間半となっています
c0187298_2145655.jpg

でも、上り始めてすぐにかなりきつい上り坂になります
「この坂を上ればきっと平なんだ!」と思い込んで1年半ぶりの登山の汗を流します
紅葉の盛りは過ぎたようで登山道は落ち葉で敷きつめられています
c0187298_21443598.jpg

サクサクと音を立て、歩くにはフカフカしていてなかなかいい感じです

お地蔵さんに道中の無事を祈ります
c0187298_21453627.jpg

柏崎市民の水がめ、赤岩ダム湖です
c0187298_21455986.jpg

しばらくはゆるやかな登山道なので紅葉を楽しみます
c0187298_21463218.jpg

c0187298_21465482.jpg

そうこうしているうちに柏崎市からのもうひとつのコース「谷根コース」との分岐点に到着
c0187298_21471520.jpg

ここまで約2時間半
山頂まであと114㍍(ただし標高差)です

さてこの先は…
[PR]
by mm-nadachi | 2013-11-11 21:49 | 山登り | Comments(0)

秋の落葉にも負けぬ…只見線

今日の新聞で気になる記事が目に留まりました
それは『車輪空転し運休 只見線』という見出しで、「9日午後6時半ごろ、JR只見線大白川(魚沼市)-只見(福島県只見町)間で、小出発只見行きの普通列車の車輪が空転し、坂を上れなくなった」とのこと
只見線、しかもこの区間は先日乗ったばかりなので気になったのですが、昨年の今ごろにも同じような運休があって、その理由がレールの上の落葉だったとのこと
c0187298_033417.jpg

      *只見駅近くの踏切で、後方は滝神社です

なんだかいかにもローカル線、そしてこの季節ならではの出来事…といえばそれまでですが、落葉が過ぎれば豪雪と、今以上に厳しい自然環境になります
それはこのあたりでも同じことで、だからなおさらのこと只見線が地域の重要な交通手段として少しでも運休になることがないように祈るだけです

その落葉を踏みしめて…昨日は今年初の米山登山でした
c0187298_0352544.jpg

それは明日以降に…
[PR]
by mm-nadachi | 2013-11-11 00:35 | 名立駅マイ・ステーション作戦 | Comments(0)

初めての只見線②~みんなの只見線~

昨日、相方さんが友だちと大糸線で白馬までの日帰り旅に出かけました
「紅葉と雪山のコントラストがいいでしょう」と自慢げに写真を見せてくれました
c0187298_22311020.jpg

大糸線沿線でも紅葉が進んでいるようですので、先日立ち寄った只見線では紅葉真っ盛りかもしれません

そういえば小出駅から只見駅に向かうにつれ、線路脇を流れる破間川(あぶるまがわ)の渓谷が深く、そして川の流れも強くなっていくとともに山々の色あいも濃くなっていきます
c0187298_22314857.jpg

新潟県最後の駅大白川駅を越えると六十里越トンネルに入ります
この長い(全長6,359㍍)トンネル(=県境)を抜けると田子倉湖が見えてきます
c0187298_22321689.jpg

間もなく只見駅着です
c0187298_22383978.jpg

只見駅からはタクシーを利用していくつかの観光コースが設定されていますが、1時間半後に小出駅に折り返すこの列車に乗らないといけないので、駅周辺で遅い昼食でも…と思ってお店を探しましたが残念ながらもう閉店です
c0187298_22325462.jpg

仕方なくスーパーであんまんと肉まんを買って駅の待合室でいただきます
この日はときどき雨が降る曇天で気温も低めでしたのであんまんの温かさが嬉しかったです

只見駅舎にはこんな大きな横断幕がかけられています
c0187298_22341141.jpg

2011年の新潟・福島豪雨による只見線の早期復旧を要望する署名活動を只見町商工会が中心になって行っているようです
只見線は「紅葉の美しい鉄道路線ベストテン」とか「雪景色のきれいなローカル線ベストテン」の上位に選ばれている路線ですし、福島県内には秘境駅と呼ばれるような駅もいくつかあり、地域のとっては貴重な観光資源です
その一方、現実的には(小出駅⇔只見駅に限っては)一日3往復のローカル線ですし、この日も乗客は決して多くはないにせよ、地域にとっては人々の暮らしを支えている大切な(公共)交通手段です

名立駅MS作戦もそうした同じような状況の中から始めた取組みであり、各地域(路線)で利用形態や地域事情、取組み内容が異なっているにしても、こうして地域による主体的な取組みを見聞きするとやっぱり元気づけられる気がします
c0187298_22345092.jpg

            *少し紅葉っぽい名立駅周辺です

「今度はなにしようかな~」
小出駅に戻る車内で暗くなっていく景色を眺めるともなく、そんなことを考えてました
[PR]
by mm-nadachi | 2013-11-07 22:40 | 旅行 | Comments(0)

祈り

昨夜と今日、「2013愛とヒューマンのコンサート」を聴いてきました

このコンサートは今年で8回目になるそうですが、副題に「坂本弁護士一家を偲ぶともに…」とあるように1989年11月にオウム真理教に殺害され、1995年9月に名立の奥山ほかで遺体が発見された坂本弁護士一家を追悼するコンサートです

昨日は会場が家の近くだったこともあり準備や後片付けなどのお手伝いをしながら聴かせてもらいました

オープニングは女声コーラスグループ“スイング名立”による合唱です
c0187298_20585575.jpg

この後、松本克己さんのバイオリンと相馬泉美さんのピアノで「タイスの瞑想曲」や「アベマリア」ほか、心が安らぐ曲が演奏されます
c0187298_20592173.jpg

獅子舞とのコラボもありました
c0187298_20595021.jpg

獅子舞をしていた井上奈々星さんによる和太鼓の演奏です
c0187298_210224.jpg

そして、アンコール曲で演奏された『斎太郎節(大漁節)』には(副題の続き)「…とともに東北復興応援コンサート」の思いが込められおり、東日本大震災以来、これまで170回以上も東北各地で演奏を行ってきたなかでこの『大漁節』が地元の人にとても喜ばれたということだからそうです
c0187298_2174061.jpg

         *人形は東日本大震災で犠牲になった幼子をイメージされているそうです

最後に演奏者や主催者からは「これからも坂本弁護士一家や東日本大震災、そして名立機雷爆発を忘れないこと。そして、そのことで亡くなった人たちの悔しさ、辛さ、悲しさなどを忘れないようにしたい」とお話がありました

今日は名立園でのコンサートでしたが、ここでも獅子舞が披露され、みなさん驚いたり喜んだり…
c0187298_2121582.jpg

コンサート後、少し紅葉撮りをしてきました
c0187298_2123818.jpg

途中、越後三十三観音巡礼第一番札所の岩屋堂観音に久しぶりに参拝し、こうした事件や事故、災害などが2度と起きないことや犠牲になられた多くのみなさんのご冥福をお祈りしました
c0187298_21338.jpg

[PR]
by mm-nadachi | 2013-11-05 21:11 | 名立に生きる | Comments(0)