<   2013年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

名立に特養を!170人“大集会”!

c0187298_228541.jpg
7月28日(日)にこんな催しを実施しました
サブタイトルにあるように「名立区に特別養護老人ホームを!」の実現に向け、昨年12月に続いて2回目の開催です
会場は昨年と同じ体育館で、昨年は暖房器具を持ち込んで…でしたが、今回は熱中症予防に参加されたみなさんにはペットボトルやうちわをお配りしたほか6台の送風機がフル稼働!!
「もっといい時期にしろよ!」というお叱りの声が聞こえてきそうですが、これにはいろいろな事情があって…ご容赦を!


そんな悪条件(状況)にもかかわらず170人を超えるみなさん、それも(おそらく!?)平均年齢65歳以上の高齢者のみなさんが主です
c0187298_22114166.jpg

170人ですよ!
人口が2,900人を切る名立で170人を例えば人口30,000人のまちに置き換えれば約1,760人、50,000では2,930人にもなる数です
それだけ地域のみなさんの熱く、そして強い思いの表れだと思いますし、そんなみなさんに感謝の言葉しかありません

オープニングの日本舞踊
c0187298_2295471.jpg

基調講演「だれもがいきいきいつまでも安心して暮らせる地域づくりを目指して」
c0187298_22104769.jpg

パネル・ディスカッション
c0187298_22111826.jpg

この特養整備にかかる事業者と地域決定まで残り約1~2ヶ月です
この日の集いのテーマである「だれもがいきいきいつまでも安心して暮らせる地域づくりに向けての道のりはもちろん遠く険しいですが、その思いはぶれずになんとか少しずつでも前に進めるようこれからも取り組んでいきたいと思っています

それにしても熱中症ほかで体調や気分を悪くされた方がいなくて事務局としては安堵しました
ジーちゃん、バーちゃんってやっぱりすごいや!!

さて、次は…
c0187298_22121926.jpg

[PR]
by mm-nadachi | 2013-07-30 22:16 | 名立に生きる | Comments(0)

お礼とお詫び

ちょうど一週間前の今日、2013年7月21日の朝早く、母まささんが91歳と6か月の生涯を閉じました
c0187298_21381711.jpg

生前多くのみんさんから支えていただいたことに深く感謝します
母のことはまた折に触れ綴っていきたいと思いますが、昨日の初七日までは時間的、精神的な余裕もなく、今日久々にこうしてブログしてます

2013祇園祭の続編をお待ちのみなさんやこのブログをご覧いただいているみなさんには申し訳なくお詫びさせていただきます

ということで明日から(?)「灘立農園だより」を再開しますので、またおつきあいいただければ嬉しいです
[PR]
by mm-nadachi | 2013-07-28 21:40 | 名立に生きる | Comments(0)

灘立農園レストラン・オープン!~農夫の朝食~

6月は母の介護で、そして7月に入ってからは日中の暑さを避けて…だいたい5:30すぎからの早朝農夫が一日の始まりになっています
c0187298_22113945.jpg

それでも8:00とか9:00くらいまでならなんとか我慢もできるのですが、昨日からは夕方農夫の休止に伴い(?)10:00まで時間延長したこともあり、さすがに最後のほうはスタミナ切れになってしまいます
そこで昨日から季節限定オープンの灘立農園レストランで朝食をいただくことにしました
c0187298_22121211.jpg

昨日は洋食
c0187298_221171.jpg

今朝は和食
c0187298_22144995.jpg

朝採りのみずみずしいキュウリとトマト(昨日はアイコさん、今朝は桃太郎くん)が最高のご馳走です

そのおかげで昨日のサツマイモ畑の草取り、今朝の小豆畑の草取りなど、汗だくで畝の中をはいずり回ることができた…と思ってます
c0187298_22135664.jpg

*中央がサツマイモで、右のほうに小豆畑が続いています
              ちなみに左手がカボチャで、手前は味噌用大豆が植わっています、

明日はどうにも雨のようです
うーん、残念!?
[PR]
by mm-nadachi | 2013-07-17 22:17 | 灘立農園 | Comments(0)

祇園祭に横町の半世紀の移り変わりを見る~2013江野神社祇園祭③横町その②~

ほかにお知らせしたいこともあるんですが…祇園祭を続けます

この後、横町は7か所のお休み場を経て次の仲町にお神輿を渡すことになるのですが、今年は予定より1時間くらいの遅れで、このくらいは毎年のことで、そのわけは町内が広い(長い?)ことに伴ういろいろなことが原因なのでしょうね
そのためルートの見直しなどが毎年の反省会で出されているようで、確かに運営上の問題もあるでしょうし、それになんたってこの長い距離を担ぐのは町内としても大変なことなんですが、できるだけ昔からのスタイルを続けていければ…と思っています

その昔むか~しの、おそらく50年くらい前の祇園祭の写真があります
c0187298_1837745.jpg

これは3年前に高齢者のみなさんからお聞きしたお話を「名立に生きる!」という冊子にまとめたときにお借りしたDVDから引っぱってきた写真です
なのでどれもちょっと見にくいかもしれませんのでご容赦を…
で、右に山車が見えますでしょうか?
そしてまー…なんとバスが走っています!
なんか信じがたい写真です
c0187298_18385258.jpg

これと同じ場所で今年撮ったのがこれですが…
c0187298_18432062.jpg

ずっと昔のほうがにぎやかな祇園祭だったと思っていたのですが、この2枚を見比べたかぎりでは今年のほうがすごいですね

これは昔の“町はずれ”あたりでしょうか…
c0187298_18441857.jpg

砂利道の両脇には田んぼが広がっていますし、奥に見えるのは私が通ったころの(2代前の旧)名立小学校校舎です
c0187298_18465512.jpg

そんな時代から半世紀
ここに写っている白シャツ白パンの小学生の中に私も走っているのかもしれません

時間の経過とともに町も延びて…名立駅横です
c0187298_18475271.jpg

そういえば名立駅もこの地に移転して44年目を迎えます
そんなころだったんですね…
[PR]
by mm-nadachi | 2013-07-16 18:50 | 名立に生きる | Comments(4)

祇園祭に名立を歩く~2013江野神社祇園祭②川端~横町その1~

旬刊かと思えば2日連続の祇園祭です
なぜって…早くしないと祇園祭が終わってしまいます

その前にどうして旬刊になってしまったか…というと、実は母が今月初めから急に弱々しくなっていまい、つまりは悲しいことですがもう介護ではなく看護状態になってしまったんです
そのためデイサービスや外来診療は中止して訪問診療や訪問看護に変わりましたし、これまで週2日のペースで介護にきてくれていた妹は毎日看護にきてくれています
それでもやっぱり相方さんが朝から夜までいちばん大変です
そんなこんなで時間的にも気持ち的にもなかなか落ちつけなかったんですが、この数日は割に“元気”にしてますし、「読んでますよ!」って今年の祇園祭で数人から聞かされてビックリするやら嬉しいやらもあったのでそろそろ…でした

***************************************

2時間余りをかけて新井町内を巡行したお神輿は名立川を渡り川端町内に入ります
c0187298_2152149.jpg

日曜日のせいか道路上には若い衆や町内のみなさんであふれています
宮司ほか神主さんたちがお休み場所で昼食している間に私たち氏子総代も近くの宮司宅で急ぎのオニギリです
まだまだ先は長いので「腹が減っては…」です

川端町内の次が我が(!)横町になるのですが、実は5つの町内の中で最長距離の巡行になります
というのも昔は“みんなの顔が見える”ほどよいエリアだったんですが、新しくできた団地や北陸本線の移転に伴う住宅街の延伸などで往復約2㌔の道を往復するしなけれならない“苦行”が待っているのです

横町に入ってすぐにわが家が近づいてきます
c0187298_2154917.jpg

おっと、玄関先には灯くんとTくんがハッコに頭をガブリとやられた直後のようで…泣くのも忘れて茫然自失の様子です
c0187298_21543843.jpg

その後でお祓いも受け、二人ともきっと元気に成長していくことでしょう
c0187298_21552224.jpg

ご近所のHさん家のSちゃんとTくん兄弟です
c0187298_21554330.jpg

二人は祇園祭になると実家に帰ってきて…今年はお餞米の担ぎ手です
そして今年はHさん家が横町最初のお休み場になります
c0187298_21562969.jpg

さて、横町も祇園祭もまだまだ先は長いんです
ということで、明日は氏子総代の役割なども紹介しながらお伝えしていきます
[PR]
by mm-nadachi | 2013-07-12 21:57 | 名立に生きる | Comments(0)

名立を歩く~2013江野神社祇園祭①新井町~

「週間灘立農園だより」もいつの間にか7号
その感慨に浸る間もなく(?)あっという間に10日あまりが経過
情けないことにとうとう「旬刊灘立農園だより」になってしまいました
ということで「旬刊灘立農園だより創刊号」はお待ちかね(!)の祇園祭です

今年は氏子総代としての初めての祇園祭です
この日までに諸先輩からいろいろ教えていただいていましたし、なんたって私も名立っこの端くれです
小学生のころには榊を手にお神輿の周りでワッショイワッショイ
名立に戻ってからは山車を引っ張り、お神輿を担ぎ…
それでもやっぱり氏子総代って…ちょっと不安です

この日の朝顔です
c0187298_23273286.jpg

町内では5:30から若い衆が山車の飾りつけを行い、7:30には全員集合!
c0187298_23291920.jpg

江野神社で9:00からの発輿祭を終え、その昔、上流からここにお神輿が流れ着いたとされる天王川原に向かいます
c0187298_2330920.jpg

ここから5つの町内をお神輿と山車が巡行します
c0187298_23303247.jpg

その最初が新井町で、ここは名立の西端の町内で…ということは上越市の最西端になります
c0187298_2331316.jpg

でも、このころから心配していた雨がポツポツ…
c0187298_23323040.jpg

                *5つの町内には6基の山車があります

c0187298_23363842.jpg
                *若い衆は雨のなかでひと休み

そのうちにザー!!
c0187298_23314443.jpg

                *雨が降ろうが、槍が降ろうが…

そうこうしながら名立川を渡り、2番目の川端町内に向かいます
c0187298_23315975.jpg

[PR]
by mm-nadachi | 2013-07-11 23:37 | 旬刊灘立農園だより | Comments(0)