<   2012年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧

“てっちゃん”のこと

いきなりですが、私は小さなころに死にかけたことがありました
もちろんそれは自分の中の記憶ではなく、小さなころから両親や祖父母になんども聞かされてきた話です
で、その話というのは…

私が保育園のころ、家の近くに防火池がありました…それは私も覚えています
ただ、(今なら考えられないことですが)その池には(転落防止の)柵がなく、なんの拍子か(それが定かではないのですが…)年長組(ここが肝心!?)の私がその池に落ちてしまったのです
そのとき一緒にいたのがてっちゃんで「わーい、これで学校行けないわ!」と騒いでいたとか…
彼がどういう思いでこう言ったのか、その後彼と話したこともありませんし、ひょっとしたら彼の記憶の中にはこのできごと自体があるのかどうかも今となっては確認のしようもありません

それはともかく、そのときお隣の中学生のオネ―ちゃんがそこをたまたま通りかかって、「こりゃ大変!」とわが家に知らせてくれました
その後、裸足で家を飛び出した父が池に飛び込んで私を救い上げたと…
でも、そのとき私は死んだようにグターっとしていたらしいんですが、池から上がるときに池の淵に私の頭がぶつかった途端に泣き出して「おー、生きとるわ!」
という話です

彼との記憶はこのできごとだけなのですが、てっちゃんと私は家が近かったせいなのか保育園のころまではいわゆる幼なじみという間柄だったようですが、小・中学校のころに一緒に“つるんだ”記憶もほとんどありません
それでもたまに会えば「どーしてる?」という感じで、4年前は一緒に同級会旅行にも参加してきました
c0187298_2235898.jpg

              *てっちゃんは偶然にも私の横です

そのてっちゃんが3日前に亡くなりました
先日の同級会は体調不良で欠席の連絡が入ってましたがまさかこんなに悪かったとは…
奥さんのお話では「昨年1月に退職してからは花の種を蒔いたり、好きな写真を撮りによく車で出かけていた」ようです

昨日のお通夜の席で住職さんがこんなお話をされました
「人間には3つのおごりがある。自分が健康であるというおごり。自分が若いというおごり。そして、今なんの問題もなく生きているというおごり。」
健康であることに感謝しつつ明日もしっかり農夫したいと思います     合掌
[PR]
by mm-nadachi | 2012-05-30 22:07 | 名立に生きる | Comments(0)

2012輪行Ⅵ・ハットリくんの声が聞こえる氷見線②~義経伝説の雨晴海岸~

輪行も含めて旅の大きな楽しみは普段は食することができないその地のうんまいもんを味わうことができることです
と言いつつもいつも“あせっくらしい”(今日は註は略)行程なのでなかなかそうもいかなかったのですが、今回はちゃんと(というか、偶然ネットで発見したというか)事前調査して氷見駅に降り立ったのでした

いつものように駅前で自転車を組立て、駅舎内にある観光案内所に入ります
「このへんで美味しい氷見うどんのお店を教えてください」
時間は11:00ちょい過ぎ
これからの自転車に備えてちょっと早いお昼に氷見うどんです
「どこも美味しいですが…」と言いながら観光マップを広げて教えていただきました
それにしても…愚問でした

ところがです
どうにもその教えていただいたお店が見当たらないのです
ちょっと焦ります
というものこの日は富山駅15:00発の電車に乗らなければならず、お店探しで時間を費やしてはいられません
そこで「氷見うどん」の幟を立ててある別のお店に入り、メニューも見ずに「氷見うどん!」
c0187298_18381071.jpg

            *ブレてます…すみません

氷見うどんは「独特の強いこしと粘り、餅のような食感と風味、うどんそのものが持つ旨みが自慢のうどん」とのことですが、確かにモチモチ感と滑らかさは強かったですが、コシは少々弱かったかな~
おまけに私にはオツユがちとしょっぱかったですね
でも、こちそうさまでした!

ともあれこうして軽く腹ごしらえをしてから雨晴駅に向かいます
そうなんです
さっき乗ってきたばかりの氷見線沿いを高岡方面に戻るルートを走ります

雨晴駅までは15分くらいです
ちょうど高岡駅からの列車が到着したところです
c0187298_18393566.jpg

今度も普通の列車です
駅舎は絵葉書的にはこんな感じですが、うーん、こんなにシックな雰囲気はなかった…かな~
c0187298_1840211.jpg

それにしても“雨晴”なんて素敵な名前ですよね
c0187298_18444040.jpg

               *駅の裏は雨晴海岸

これには謂れがあって…
「“雨晴”の名は京都から東北へ逃亡する源義経がこの近くの岩陰(義経岩)でにわか雨が晴れるのを待ったことに由来」するとのことです
そういえば義経もどこかミステリアスというかロマンを感じさせる人物ですもんね
c0187298_18454034.jpg

これは雨晴駅から500㍍くらいの道路脇の高台から撮った一枚です
この日は私しかいませんでしたが、きっと撮り鉄くんたちには絶好のポイントなんでしょうね

さて、この列車が来るのを15分くらい待っていたのでいよいよ次を急ぎます
いざ、海王丸パークです!
[PR]
by mm-nadachi | 2012-05-28 18:47 | 自転車 | Comments(0)

2012輪行Ⅵ・ハットリくんの声が聞こえる氷見線①~すぐそこは富山湾~

先週一週間は結局毎朝6:00からの早朝農夫でした
とはいえ相方さんが出勤する8:30までのせいぜい2時間前後の“あせっくらしい(=あわただしい)”畑仕事です
そのほか午後はほぼ毎日ですし、妹やご近所さんが母の話相手になってくれる火~木の午前中も彼女たちに母をお願いしてそそくさと農園にでかけます
そんなこんなでかなり遅れていた畑仕事もやや遅れ状況までになったので昨日7:30名立駅発の電車で輪行に出かけました
c0187298_21582942.jpg

今回の目的地は富山・氷見駅まで行ってそこから富山駅まであっちこっち自転車で回る計画です
高岡駅で1両だけの列車に乗り替えて氷見駅に向かいます
c0187298_2159358.jpg

地元や観光客らしき人たちのほかに土曜日なのに高校生がどやどやと乗り込んできたりして楽しみにしていた外の景色が見えにくいくらいです
高岡駅を発車して車内放送が聞こえてきます
その声は…忍者ハットリくんです
ハットリくんの作者である藤子不二雄Ⓐが現在の氷見市である氷見町の光禅寺というお寺に生まれ、その後高岡市に転居し、転校先の高岡市立定塚小学校で将来のコンビとなる藤本弘と知り合うことになったようで、小学校時代から漫画家を志し、富山県立高岡高等学校に在学中の1951年に毎日小学生新聞で漫画家デビーしたとのことです
その関係から2004年からこの氷見線と城端線に忍者ハットリくんのキャラクターが描かれた「忍者ハットリくん列車」が運行されていますが、残念ながら今回は普通の(?)列車です
そして、2008年から主人公のハットリくんの声で沿線の案内放送が行われているようです
なので、ハットリくんの声がするたびにスピーカーのほうへ耳を欹(そばだ)てているのは私のようなものヨソモノなんでしょうね

氷見線は高岡駅を含めて8駅で総延長16.5㌔しかない短い路線です
そして、高岡駅から4駅目の伏木駅を過ぎるころから富山湾沿いを走ることになります
c0187298_2159282.jpg

           *5番目の越中国府駅と次の雨晴駅間(車内から撮影)

終着氷見駅でもハットリくんが迎えてくれます
c0187298_220148.jpg

ここから自転車です
うんまいもん食うぞ~!?
[PR]
by mm-nadachi | 2012-05-27 22:01 | 自転車 | Comments(0)

小林古径を観る

久々に(日中に!?)高田に用があり、その帰りに小林古径記念美術館へ寄ってきました
c0187298_2150247.jpg

               *左が古径記念美術館で右は総合博物館です
                

小林古径は旧高田市の出身の日本画家(文化勲章受章者)ですので「記念美術館」と銘うってあるからにはどれだけの作品が…と期待されるかもしれませんが、残念ながら模写、素描や習作等が大半と聞いています
原画の不足を補う(?)ために「デジタル原寸大複製画」(だったけ?)がかなり多くあり、今回の企画展「物語から絵画へ」も約半分がそれです
なにも説明がなければ原画と見間違えてしまいそうですが、いくら日本画といえやはり原画にある厚み、深みを感じることは難しいですね
それよりもやはり素描や習作であっても原画のもつ生身さ(?)のほうが私を惹きつけます
そんなことを感じながらまったくの独り占めの古径鑑賞でした
c0187298_21513918.jpg

              *総合博物館のロビーのガラス窓の借景テーマは「新緑の高田公園」

その後、ぶらーと高田公園を歩きます
c0187298_21532077.jpg

             *高田城三重櫓(やぐら)です

そういえば、まもなく(6月3日)高田城ロードレース10㌔です
今週は連日の早朝農夫やらなんやらでラン練習はまったくでした
でも、まー、毎日灘立農園への山道を歩いているから…と自己納得させておきます
c0187298_2154275.jpg

             *ウツギはもう散り始めです
[PR]
by mm-nadachi | 2012-05-24 21:55 | なんでも | Comments(0)

農夫は見た!~灘立農園のサンライズ・サンセット~

週末は思うように畑仕事ができなかったので今朝は早朝農夫です
とはいえ起きたばかりということもあり“力ワザ”ではなく機械力にすがって(?)草刈りです
そしたらなんか雲が出てきたような薄暗さです
それにしてもなんかおかしな、天変地異の前触れのような…
そこではたと気がついたわけです
「そっか、これが金環日蝕か…」
c0187298_20442964.jpg

                       *トマトも金環日蝕パワーで大きく…なるわけないですよね

朝食に戻ったらテレビは「見た!」とか「すごい!」とかで大騒ぎです
でも、私はウツギの鮮やかなピンク色に魅かれてしまいました
c0187298_20454669.jpg

金環日蝕一過(?)、その後はまた青空が戻ってきました

駅近くの桜並木の緑もかなり濃くなりました
c0187298_20464951.jpg

緑の濃淡だけでもこんな豊かな色合いです(不動地区)
c0187298_20471424.jpg

お弁当配達にいったSジーちゃんの育てた“ミニ桜”です
c0187298_20483210.jpg

最初はウツギかと思いましたが…初めて見たミニ桜の優しげなピンク色です

そして、今日も灘立農園にも陽が落ちていきます
c0187298_20473179.jpg

明日はどんな一日になるのでしょうか?
[PR]
by mm-nadachi | 2012-05-21 20:51 | 名立に生きる | Comments(0)

90の春

新聞配達を終えて、おにぎりを1ヶむしゃ食いしてから早朝農夫です
昨日JAから届いたサツマイモの苗を植える、というか昨日の3,500本のつつじを思い浮かべつつ「大きくな~れ!大きくな~れ!」と念じながら“挿し”ます
c0187298_21412398.jpg

           *朝日に農園のすべてが輝いて見えます

わが家は今日、明日と相方さんが新潟の長男のとこに行くことになっていて、この2日間は母と私だけです
朝から快晴だったので初めて(きっと!)母と二人きりの散歩に出ました
「ここどこだね?」
「浅のうちだねかね」
と、最近記憶が途切れ途切れになってきた90歳の母と一軒ずつ確認(?)しながら進みます
c0187298_2142547.jpg

            *同じ町内の仙十郎さん家のサツキの前で…

散歩で少し疲れたのか母はお昼を食べてすぐにお昼寝です
この2日間はこの時間だけが自由時間(?)なので、久々に名立の奥山まで自転車してきました
c0187298_21423638.jpg

後方の山にはまだ残雪です
その雪解け水が滝のように流れ落ちていました
c0187298_21432293.jpg

さて、明日はどこに散歩に行きましょうかね?
[PR]
by mm-nadachi | 2012-05-19 21:45 | 名立に生きる | Comments(0)

3,500株の躑躅に100本の薩摩芋を思う~月華山かねこつつじ園~

朝方からの雨が上がり、薄っすらと日差しが出てきたお昼過ぎに糸魚川まで行ってきました

灘立農園周辺でもサツキが満開の時期を迎えていますが、ここ「月華山かねこつつじ園」には約3,500株のつつじが市街地を望む斜面を白色と赤色で覆っています
c0187298_20501273.jpg

その名のように「先代の金子さんが約65年前に1本の挿し木をしたことから始まった」と受付の方からお聞きしました
ほとんどが斜面に植わってますので駐車場からでもほぼ全容を見上げることができますが、雨上がりということで用意してきた長靴に履き替えて遊歩道を上ってみます
c0187298_20501562.jpg

なんでも赤の株が先に咲いてしまうということなので、今は主に白色が広がっています
そして山頂からは糸魚川市街地、そしてその向こうには日本海まで一望できます
c0187298_20504985.jpg

ちなみにつつじは漢字では躑躅です
これは「てきちょく」とも読んで「行っては止まる」、つまり「躊躇」という意味があるそうで、だから「見る人の足を引き止める美しさ」から躑躅という字になったそうな…
ふーん

それはともかくそれにしても1本の挿し木から3,500本です
よし、オイラもがんばって、明日は早朝農夫でサツマイモ100本植えるぞ!
c0187298_20505756.jpg

[PR]
by mm-nadachi | 2012-05-18 20:52 | 灘立農園 | Comments(0)

いつの間にかの“山野木”

今日の灘立農園上空は終日の雷です
なので午前中は小屋へ約30分の自主退避(!?)でしたし、お昼過ぎの雨で午後は15:00前にようやくの畑仕事開始です
畑仕事しながらいつも聴いているラジオは雷の影響でガーガージージー(ビービーか…)と、それでなくても普段から受信状況がよくない場所なのに…

西の方からゴロゴロと鳴ってきたかと思うとしばらくしてポツリポツリ
この繰り返しです
それでもなんとか踏ん張って味噌用大豆エンレイを播種したり、サニーレタスやブロッコリーなどを定植してきました

そんな灘立農園の周辺ではいつのまにか山野草の姿が消え、“山野木”が目立つ時期になりました
こうした木々の優しい色合いも春を告げる彩りのひとつです
c0187298_231413100.jpg

     *今までウツギという名前でしか知りませんでしたがハコネウツギという種類のようです
c0187298_23142350.jpg

     *何年も前から無人となった民家の庭のコデマリとサツキです
[PR]
by mm-nadachi | 2012-05-17 23:15 | 灘立農園 | Comments(0)

2012米山登山Ⅰ残雪の中の7,414歩③~笹の花~

「灘立農園だより」と冠している割りにどうにも最近はあまり主人公(?)になっていません
ということで今日の灘立農園の状況です
c0187298_22135977.jpg

ようやくジャガイモの1回目の土寄せが終わりました
c0187298_22141699.jpg

ブドウの新梢、そしてちっちゃな房も見えてきました
明日には味噌用大豆を播種しようかと思っています

さて、米山登山記はまだ続いているのでした

そんなこんなの登頂(!)後、おにぎりをパクついて下山開始です
c0187298_2214509.jpg

登山道がぬかるんでいるので慎重にソロソロとです
そうするといろいろなものに気づきます
それがこれ!!
c0187298_22151446.jpg

なんだかわかりますか?

笹の花です!

一説には「60年に一度しか咲かない」とか「笹の花は不吉」とか言われてますが、奇しくも(?)ちょうどこれまでの私の60年で初めて笹の花です
「次代につなげるために自らの命を絶つ」というほどの覚悟もなにも私にはありませんが、この紫の花にそんなメッセージを感じました

そして、米山登山の大きな楽しみはブナ林です
松之山の美人林のようなスマートさはありませんが骨太な木姿にいつも圧倒されます
c0187298_22163837.jpg

なんだかキリンのような恐竜のような感じです
どの木にもこうしたどっちりと大地に根ざした逞しさが鮮烈です

こうして無事に2012最初の米山登山は無事に終わりました
Kさんとは次回はこれまで登っていないルートで…と予定しています
c0187298_2217443.jpg

               *この尾根沿いに歩くのかも…

それまでにしっかりとした足腰(腰?)の鍛錬をしておきたいと思います
[PR]
by mm-nadachi | 2012-05-16 22:18 | 山登り | Comments(0)

2012米山登山Ⅰ残雪の中の7,414歩②~黄揚羽蝶~

45分ほど登ると避難小屋「駒ヶ岳(こまのこや)」に到着です
c0187298_22144632.jpg

4年ほど前に地元山岳会によって改修されたとのことで、Kさんのお話では地元山岳会はこのほか登山道の整備など献身的な活動をされているとのことです
小休憩と水分補給の後、そんなみなさんに感謝しながらさらに登ります
c0187298_22152492.jpg

   *33観音(石像)が新緑の木洩れ陽のなかで静かにたたずんでいます

新緑が一層鮮やかになってきます
c0187298_22154639.jpg

そんなときKさんが「あっ!」っと声を上げました
c0187298_2216283.jpg

なんと、こんなとこ、そしてこんな時期にキアゲハチョウです
ちっちゃなころからキアゲハは夏の蝶というイメージなのでびっくりです
まだ雪が残る米山の中腹に羽を広げている姿に感激しました

登りはじめて1時間半くらい、山頂までもう一息
このころになって向かいの山の全容が見えてきます
c0187298_22164542.jpg

こっちは北向きなのでやっぱり残雪が多いですね

そして下牧登山道の今回の最大の難所の大雪渓(!?)を登りきったKさんの向こうには気持ちのいいほどの青空が広がっています
c0187298_22171158.jpg

こうして約2時間で無事に山頂着です
このあたりでは残雪が多く新緑も淡い色合いで、まるで秋の紅葉みたいです
c0187298_22173651.jpg

スマフォの万歩計を見ると7,414歩です
「えっ、こんなに少ないの?」と思いましたが、されどの7,414歩です
[PR]
by mm-nadachi | 2012-05-14 22:18 | 山登り | Comments(0)