<   2011年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧

2011佐渡ロングライド210⑥~両津からゴールまで~

今日で5月も終わり、明日から6月です
ということで“自転車乗りの農夫版佐渡情話”もいよいよ最終回です

両津から小木までの約60kmはほぼ平坦な道が続きます
そして、このころから右ひざ裏がますます痛くなり、ほぼ10kmごとにストレッチです

13:30、140kmの多田SAで送ったリーダーへのメール
 ようやく多田着。
 もうダメ!?
c0187298_2126298.jpg

リーダーからのつれない返信
 小木まで行ってみましょう
 小木の先の坂はきついです

で、ようよう14:50にたどり着いた小木SA(162km)からはこんなメールを…
 ようやっと小木着
 ということでオイラは先に船で帰ります!?
 リーダーはせいぜいがんばってください!!
c0187298_2127630.jpg

こんな“死に物狂いの”ジョークにリーダーはなんと…
 えっ?
 ご冗談を…
 わたくし今ゴールしました
 もうひとふんばりですよ

これが実(=脚)力の違いとまざまざと感じさせられた瞬間で、リーダーはすでに50kmも先の地です
ほんと冗談じゃなくて、そのまんま小木から自転車積んで(直江津に)帰ろうかと思ったほどでしたもん

でも、でも、そこでハタと考えたわけですよ
 じゃ来年また来るか?
 でも、来年もまたここまでもう一度苦しい思いをして走ってこなきゃいけないんだよ
 それに来年は完走できるって保証はなんにもないんだし…
c0187298_21284074.jpg

         *170kmあたりの長者ヶ橋

という珍問答の結果、泣く泣くリーダーの言う「小木の先のきつい坂」に向かったのでしたが、それはこの210kmの間でいちばん勾配のきつい15%の坂で、残念ながらここは自転車から降りてしまいました

そして、最後の素浜AS(180km)を出たのが16:15
c0187298_21301549.jpg

「1時間半あれば時間内にゴールできますよ!」と言われて送り出されたのですが、いきなりコースでいちばん標高差の高い坂(約160m )が目の前に!!

さすがにここは降りるわけにはいきません
迫る制限時間!
痛む右足、手のひら、肩、腰!
ただゴールを目指してひたすら走ります

そんな途中リーダーと携帯がつながりました
私の現在地と制限時間、そして私の脚力などを“総合判断”して、リーダーは時間内ゴールは無理だと思ったようです
もちろん当の本人がそう“確信”していたんですからね
「でも…がんばって!」と、そのリーダーの声がどれだけ私を励ましてくれたか…

なので制限時間15分前にゴールしたとき、私はどれだけ感涙にむせぶかと思っていたのですが、すっかり疲れきってしまい…
そのかわり(?)リーダーが自分のことのように喜んでくれて「すごい!!」の連発です
いえいえ、みんなリーダーのおかげですよ
c0187298_8304119.jpg


その後、佐和田の夕陽に送られて小木港に向かい、船内ではビールで乾杯して…
c0187298_21305654.jpg

こうして佐渡210kmの初挑戦はケガが完治しない状態でしたが、Iさんや安寿荘のご夫婦、そしてなんといってもリーダーのおかげで見事に、ではないな、無事に完走することができました

帰りの船の中では「もう(今年だけで)いいね」なんてリーダーと言っていたんですが、あれから半月が経過し、「また行こうかな~」なんてちょっと思い始めた性懲りもない農夫です
c0187298_21315133.jpg
        *タイタニック号?













c0187298_21321861.jpg
        *今日だけは輪行袋がお客さん
[PR]
by mm-nadachi | 2011-05-31 21:35 | 自転車 | Comments(0)

開花どころかツボミにもならずに終わったデビュー戦

結論から報告しますね

ハム・ケガが完治しない状態での野球の試合はまったくチームの役に立てなかったばかりか…

試合開始は11:00からでしたが、8:15からの監督会議にあわせ6:15に上越発です
8:00三条燕総合グランドに到着
9:00からの第一試合のチームはすでに練習中です
c0187298_20591477.jpg

8:30に8チームが集まっての開会式
c0187298_20594363.jpg

“年の功”なのか、いたってのんびりした開会式ですが、主催者や来賓のあいさつはとにかく「ケガのないように…!」です
わかってますよ~だ
c0187298_210362.jpg

わがチームは11:00から新発田クラブとの対戦です

初回に幸先よく1点先取
が、野球ではよくある“スミイチ”、つまり、1回に得点しただけでその後がなかなか得点できないことで、それに見事に(!?)はまり込んでしまって、そうこうしているうちに5回に逆転されてしまいます
ベンチ内にも重た~い空気が漂います
c0187298_2111396.jpg

しかし、最終回の7回、粘り強くつないだ攻撃で再び逆転し、4:2で準決勝へ進出です

ちなみに2番ショートの背番号33(=私)は、第1打席こそ進塁打(結局は相手のエラーで私もランナーで残りましたが…)でしたが、第2、3打席では好機にいずれもボテボテの内野ゴロでチームの期待と、そして私自身のこの試合にかける思いも自分で裏切ってしまいました

そのせいか、いいえ、きっと「あの足じゃまだやっぱり無理だな…」という監督の温情か、途中で交代させられ、準決勝もベンチ(ウオーマー)とブルペン(で控投手のキャッチャー)の往復でした

そして、準決勝は相手投手を打ち崩せずに0:4で敗退
c0187298_2125976.jpg

            *最後のバッターも見逃し三振でゲームセット

チームの先輩によれば、毎年どのチームも新メンバーが入ってきて、前年とはまったく違ったチームになっている例も多いようですが、その言葉の裏には私はどうもまだそのようには認めてもらっていないようです

そんなことよりもまずはこの足を治して、しっかり走れるようにならないと話は始まりません

とゆーことで、今週末6月5日の高田城ロードレース(ハーフマラソン)は潔く(!?)棄権することに決めました

と、こんなこと自慢することでもなんでもないわけで…スミマセン
[PR]
by mm-nadachi | 2011-05-30 21:05 | 野球 | Comments(0)

農園は花盛り!!

今日もこんな中途半端な時間です
とゆーことは…そーです!
今日もこれからお出かけなんです
明日は新聞配達してから今年初スタメン(予定)の試合に三条市へ参上(?)しなければならないとゆーのに…

でも、今日はちょっと嬉しいことがありました
それがこれ!

「なんじゃあ、こりゃあ?!」
c0187298_1712216.jpg

これはササギが発芽したとこです
今年はかなり遅く今月18日に播種し、その後も雨が降らなくてなかなか芽が出てこなくて半ばあきらめていたのです
それが今日見たらなんと一斉に!!
昨日までぜんぜんだったのに不思議なもんです

とゆーことで、今日は灘立農園の野菜ほかの花を一気にご紹介しましょう!!

ご存知のトマト
c0187298_17121853.jpg

これもおなじみのナス
c0187298_17123247.jpg

これは?ソラマメです!
c0187298_17125112.jpg

これも?いいえ、サヤエンドウです!
c0187298_1713845.jpg

これがわかったたらすごい!ブルーベリーです
c0187298_17132482.jpg

そして、最後は満開のウツギです
c0187298_17133925.jpg

さて、明日はこれまでの練習の成果が花と咲くか?花と散るか?
[PR]
by mm-nadachi | 2011-05-27 17:15 | 灘立農園 | Comments(0)

少年野球場で還暦野球?!

ちょっとご無沙汰でしたでしょうか?

みなさんお変わりありませんでしたか?

今週は月曜日から夜は連日の会議やサックス合同自主練習やらが続き、今日はまたこれから並行在来線関連の勉強会です

そんな具合でなかなかブログ・タイムがとれなかったとゆーわけです

もちろん日中は農夫で、今日はジャガイモの土寄せでした
今年は順調に生育していて収穫が楽しみです

と言いつつ、これは昨日の午後のわがチームの練習風景です
c0187298_18101866.jpg

こうしてみるとちゃんとした(?)練習のように見えますよね
でも、いつもは紅白戦ができるほど(=18人以上)集まるんですが、実は昨日はたったの7人しか集まりませんでした

平日の午後ってことだと思いますが、還暦過ぎてもみなさんしっかり“お仕事”してるんですね~
私みたいなお気楽な農夫はやっぱり少ないんですね

それはともかくいよいよ週末は決勝トーナメントです

「2番ショートでいくからな!」
と、昨日監督から言われました
「いやー、まだ足の状態が…」って言ったら
「練習見てれば大丈夫だわ」って…

果たしてどんな試合になるか…結果をお楽しみに!?

さて、コッペパン食って出かけますわ
[PR]
by mm-nadachi | 2011-05-26 18:11 | 野球 | Comments(0)

名立に生きる~みんなでつくって、みんなで食べる幸せ~

新聞配達に起きた4:15にはまだ霧雨で
「もっと降ってよ…」
だったのが、2度目の目覚めのときには雨ばかりか強い風まで吹いていました

農夫にとってはかなり雨を待ちわびていたのでヤレヤレですが、今日はいきいきサロンで、しかも外で餅つきの予定だったので、こっちもヤレヤレです

ということで急きょ、山海荘の廊下にビニールシートと菰(こも)を敷き、その上に臼を運び込んで準備万端!

でも、やっぱりいきサロのスタートは笑顔で健康体操です
c0187298_2136526.jpg

その間にも台所では(今日は“先生”の)Tさん(写真中央)からいろいろご指導いただきながらもち米をふかします
c0187298_2138388.jpg

30分くらいでふきあがったもち米を臼に移して、最初は杵でもち米をつぶすように押しつけます
c0187298_21383353.jpg

これは実は私がやったんですが、以前にもご紹介したように私の父は石工でなんとわが家には餅つき用の石臼がありました
そして、暮れの12月28日(なんの日でしょうか!?)にお正月のお餅をつきます
それを小さなころから周りで見ていたせいか、そして高校生のころにはときどき杵を持ったことがあったからか、こうしたことをちゃんと覚えているんですね

ある程度つぶれたらあとはつき手が何人も変わって「よいしょ!」の掛け声を受けながら杵を振り下ろします
c0187298_21394553.jpg

体操のオニーさん、Nさんも「初めてです!」という(ちょっと腰が入っていないかな…?)餅つきです
c0187298_21405380.jpg

最後のほうではH代表と一緒にちびっこたちも順番に小さな杵でがんばりました
c0187298_21414973.jpg

こうしてできたお餅を今日はあんこ・きな粉・大根おろし餅の3つをつくり、みなさんで「やっぱり杵でついた餅はうんまいね~」なんて言いながらいただきます
c0187298_2143751.jpg

そして今日のおかずはフキ、タケノコなど春の幸とお土産には笹餅まで!!
c0187298_21442233.jpg

先生役のTさんによれば昭和32、33年ころまでは各家庭でこうした餅つき姿がよく見られたんだ
けどね~とのことでした

確かに最近はこうした臼・杵でお餅をつく家はほとんどないのかもしれません
それには様々な要因があるのでしょうからそれをイイ・ワルイと言うのはあまり賢くないことです

なので、「論より…」ではありませんが、今日みたいにサロンに集まってきてくださるジーちゃん、バーチャンたちから“暮らしの知恵”なんかをいろいろ教えていただくことはとても貴重なことですし、それをちゃんとちびっこたちにも伝えていかなければならない“責務”が私たちにはあるんでしょうね
c0187298_222268.jpg

そして、なんたってこうしてみんなでワイワイガヤガヤしながらも、みんなで作ってみんなで食べるってのは楽しいし、幸せですね
c0187298_2148662.jpg

といいつつ、私は来週末の決勝トーナメントに備え、今日、野球用のヘルメットを買ってしまった相変わらずのんきで気ままな農夫です(上は先週の佐渡210kmを伴にした自転車用ヘルメットです)
c0187298_21463523.jpg

なので、その日までケガしないよう、明日から農夫しながら足の回復に励むことにします
[PR]
by mm-nadachi | 2011-05-22 21:54 | ボランティア | Comments(0)

2011佐渡ロングライド210⑤~佐和田から両津まで~

5:45のスタート時間にあわせて4:15すぎに起床し、外に出てみます
昨日までの風はなく静かな相川の朝です

シロも大きなアクビです
c0187298_21394660.jpg

そういえばわが家にも私が高校生のころまでミーという(アホな)ネコがいて、こうして大きなアクビをする瞬間に握りこぶしをその口に押し込むと彼女はフンガフンガと慌てふためくのを見ておもしろがったのもです(といいつつわが家では私がいちばん可愛がったと自負しているのですが…)

アツカマシクモ②Iさんからスタート会場まで送っていただきます
c0187298_21403394.jpg

安寿荘のご夫妻にも大変お世話になりました
c0187298_2140588.jpg

まだボンヤリした私とは違い、こうして(宿泊先から?)会場まで走っていく猛者もいます
c0187298_2142912.jpg

そんなに遅く並んだわけでもないのに5:45からはや30分経過してようやくのスタートです
c0187298_21423654.jpg

この“もったいない”30分のロスがこの後大きく私にのしかかってきたのです!?

210Kmコースは5:45スタートで18:00のゴールが制限時間になっていますが、中盤からの3ヶ所でも制限時間が設定されています
そこでリーダーから制限時間をクリアーできるよう、それぞれの区間にあったペース設定をしてもらってありました
私にはかなりきついペース区間もありましたが、なんとかそれに近くで走らないと帰りの佐渡汽船の時間に間に合わなくなります
もっとも私は気ままな農夫ですからもう一晩佐渡にいていい…くらいには思っていましたが、そこは初志貫徹!?

スタートしてからリーダーと並走、じゃなくて後走したのはどれくらいだったでしょうか?
「どうぞお先に…」ということであとはマイ・ペースです

安寿荘はスタートから約25Km
Iさんと安寿荘ご夫妻が並んで応援してくれていました

最初のチェックポイント入崎AS(40Km地点)には8:00着
スタートが遅れたとはいえリーダーの設定時間より20分も超過!
なので、おにぎり、バナナをスポーツドリンクで飲みこんで即出発です
c0187298_21444150.jpg

ここからが前半のまさしく山場!
57kmすぎには「挑戦意欲をかり立てる」斜度11%のZ坂と斜度10%の「願いがかなう巨岩・大野亀」坂が続きます
c0187298_21451029.jpg










c0187298_21454865.jpg













坂といえば昨年のグランフォンド糸魚川でイヤというほど上ったことがありましたのでそのときのことを思えばそれほどきつくはありませんでしたが、第2エイドのはじき野AS(72Km地点)でもやはり20分の遅れです
c0187298_21462166.jpg

このへんが佐渡の最北に位置するエリアになり、ここからは両津に向かい「下りか平坦路」(リーダー・メモ)をひたすら走ります
でも、こうしたダラダラした道がランでそうなんですが私は苦手で、ちょうど100㎞ポイントの両津BSには11:20着でした
c0187298_2147350.jpg

そして、ここが最初の制限時間設定ポイントでその時間が12:00です
「どっこいしょ…」と腰をおろしてお弁当のおにぎりをいただこうと思っても、スピーカーからひっきりなしに「12:00までにここを出ないとリタイアとみなされます!」の声が流れてきますのでゆっくり食べる気分になれません
c0187298_21474373.jpg

そのうえ予定時間よりとうとう30分も遅くなっていたこともあり、ちょっと不安になって(どこかを颯爽と走っているであろう)リーダーにメールします
『ようやく両津着。かなりきつい!』

しばらくしてリーダーからの返信です
『お疲れさまです!!今、多田にきました。やはり長いですね210㌔は…』

多田ASって40Kmも先です
なのにオイラはまだ残り110Km!
泣きたくなっちゃうね…

ここからだんだんと泣き言が多くなりますが、もう一日お付き合いください

そういえば外海府にはこんなきれいな海岸線が続いていたんだっけ…
c0187298_21494212.jpg

[PR]
by mm-nadachi | 2011-05-19 21:57 | 自転車 | Comments(0)

2011佐渡ロングライド210④~シロとババに共通の(接頭)語は?~

今日もまた暑い一日でした
農園仕事は順調にはかどりましたが、農夫にはこの暑さが、そして野菜たちには雨不足がきつい日々が続きます
でも、灘立農園の西の林に夕陽が沈む、なんだか柔らかな空気が流れるこの時間帯が好きなのでついつい遅くまでいてしまいます
c0187298_22414226.jpg

さて、今日も佐渡です

宿泊はIさんの家のお向かいの民宿・安寿荘です

漁師の旦那さんと奥さんが通年営業しているとのことですが、今年はダイビングのシーズンになってもお客さんが少なく「これも震災の影響なんだろっかね~」と…
ダイビングのお客さんの多くは柏崎からが多く、あそこにも東京電力の原子力発電所があり、その関係や自粛等が影響しているのではないかとやや寂しげな表情で言っていました

そして、こうした大会での選手の宿泊は会場等までの送迎が無理とのことで受けていないらしく、この日はわれら2人だけ!
おかげで10畳以上もある大きな部屋を使わせていただき、夕飯もご覧のように海の幸&山の幸でいっぱいです
c0187298_22455633.jpg

そういえば佐渡観光協会のHPには「自家農園野菜も利用した漁師料理が自慢です。近くの尖閣湾や達者海水浴場、姫津大橋からの夕日をお楽しみいただけます」と紹介されていましたし…そのとおりでした

さて、小木港から佐和田の会場までのバスの中では「今日は無理しないで…」という予定でしたが、さすがにリーダーも会場の雰囲気に“触発”されたのか、それに風もかなりゆるやかになってきたこともあり「少しだけ走ってみますか!?」と安寿荘→尖閣湾→佐渡奉行所跡→安寿荘の約16Kmのアップダウンを走ってきました
c0187298_22463345.jpg

「相川には江戸時代、佐渡金銀山を管理するために」奉行所が置かれていて、そこには「行政を行う御役所だけでなく、金や銀などを精製する工場(勝場~せりば~)」もあったとのこと
c0187298_22472070.jpg

その精製工程に粉々になった鉱石を木綿の布で覆った板を斜めに立ててそこに水と一緒に流すことで金や銀をその布目にひっかけて採取する「ねこ流し」というのがあって、一番高いところに座って金銀をくすねないように監視する女性がいたそうです
これが“ねこばば”という言葉の由来とか…

「へー…」と感心しながら安寿荘に戻ったら、そこにはシロというネコがいました
c0187298_22475535.jpg

こいつはいたってのんびりと食卓の周りをうろついて、なんとか“ねこばば”しようと思っていたようでしたが、「おい、人生(いや、猫生かな?)はそんなに甘くはないんだぞ!!」

そのことを私も翌日にしっかり思い知らされました

いよいよ物語は佳境へ…
明日をお楽しみに!?
[PR]
by mm-nadachi | 2011-05-18 22:40 | 自転車 | Comments(0)

2011佐渡ロングライド210③~5年ぶりの佐渡で11年ぶりの再会~

佐渡へは大会前日の14日(土)9:30発の直江津港からのカーフェリーで渡りました
いつもは閑散としている(そんなときしか見てないので…)待合室も輪行袋を担いだオニーちゃんたちでニギニギワイワイです
c0187298_22174887.jpg

ここで待ち合わせ予定だったリーダーともすぐに合流して、いざ(5年ぶりの)佐渡へ!

前回は日帰り出張で、しかも強風のため直江津港発のカーフェリーが休航になり、急きょ新潟港から船底に波がガツンガツンと当たる音におののきながら(?)初めてのジェットフォイルで行ってきたことを思い出しました

それにひきかえ今日は前日からの強い風も弱まり、私にはいたってのんびりした2時間40分の船旅でしたが…
c0187298_22183093.jpg

あらあら
少し寝ていたらいつの間にかリーダーの姿が見えません
ひとり波でも眺めているのかな~というふうに思っていたんですが、実は船には弱いとか…
陸ではあんなに早いのにね~
c0187298_2219460.jpg

そんなこんなで12:10無事に小木港着
よいしょっと輪行袋をトラックに積み込んで会場の佐和田に向かいます
c0187298_22201958.jpg

でも、その横では早速輪行袋から自転車を出して組み立てているツワモノもいっぱい!!
c0187298_2221463.jpg

ゲッ!
まさか佐和田まで走るの!?
ここからだと山坂越えて50Kmあるんだよ!?
「今日は無理しないでおきましょう」とのリーダーのひと声に足に不安のある私としては
ホッとしたのですが…

13:15スタート&ゴール会場の佐和田に到着

ここで11年ぶりにIさんに再会です
Iさんとは東京事務所勤務のときに一年だけ東京で“同郷のよしみ”でお付き合いいただいた縁でその後年賀状だけのやりとりでしたが、今回アツカマシクモ宿泊先のお願いに加え、なんと会場⇔宿泊先の送迎までお願いしてしまいました

こんなワガママなお願いを快くお引き受けいただいたIさんには本当に感謝、感謝です!!

会場周辺はまさしく自転車一色です
c0187298_22225132.jpg

こうした本格的な自転車大会の経験が少ない私にとってはキョロキョロウロウロです

そんな中で見かけた彼!
遠目には「なんでハンドルから手を離して3本ローラー台に乗れるのよ?」って感じ
近寄ってみれば「まーよくしゃべるオニーちゃんだこと…」って感じ
c0187298_22232225.jpg

ところが彼は…「福島康司というかなりスゴイ選手だったんですよ」とリーダーから教えてもらいましたが、それでも私にはすこぶる元気のいい自転車乗りのオニーちゃんっていう強烈な印象でした

でも、彼の名誉(?)のために…

 岡山県出身の元サイクルロードレース選手。梅丹本舗・GDR・エキップアサダ所属。集団からの果敢 な逃げを得意とする選手として知られており、往年の名ルーラーであるジャッキー・デュランになぞら え、ジャパニーズ・ジャッキー・デュランと呼ばれている。レース前後などに手厚いファンサービスを 欠かさない選手としても知られている。特技はハーモニカ演奏。兄福島晋一もロードレース選手
 (出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

そういえばわがリーダーにも名誉のために一言!!

昨日のブログにあるような1,750番前後でよれよれとゴールしたのは(もちろん!!)私だけであり、わがリーダーはそれよりさかのぼること3時間ほど前にシャンシャンとゴールしていたのです!!
そのころ私はゴール50Km手前の小木ASでストレッチしながらこんな情けないメールをリーダーに送っていたのでした

 ようやっと小木着
 ということでオイラは先に船で帰ります!?
 リーダーはせいぜいがんばってください!?

リーダーの返信はまたいつかにして、私のゴール同様、今回のレポートも先が長そうです

ということで、明日に続きます!
[PR]
by mm-nadachi | 2011-05-17 22:30 | 自転車 | Comments(0)

2011佐渡ロングライド210~翌日はいつもの月曜日~

佐渡ロングライド210のHPに昨日の参加人数ほかが載っていました
210Kmコースでは1,869人の出場者のうちなんと94.44%1,765人の完走者だったそうです
そうすると私はきっと1,750番前後のゴールだったに違いありません
イヤハヤ

そんな日から一日
一日中ハンドルを支えていた両腕・両肩の痛みはやや軽くなった感じでしたが、右ひざ裏の痛みはそのままでした
でも、これを言い訳にしたら“男がすたる”と、午前はお弁当配達、午後は灘立農園といつもの月曜日でした
c0187298_20405347.jpg

          *旧名立小学校グランドには近くの保育園児たちが…

幸い太もも裏ハムストリングスは今回の“騒ぎ”でいつの間にかほとんど痛みがなくなってきたので、今度はひざ裏をケアーしながら、ちょっと農園仕事がたまってきているのでがんばることにします

それにしても今日はまさしく初夏の陽気で、畑にいると頭が痛くなるほどでした
季節は知らず知らずに移ってきているんですね
c0187298_20431797.jpg

          *民家の庭にはゼンマイがいっぱい干してあります
[PR]
by mm-nadachi | 2011-05-16 20:45 | 名立に生きる | Comments(0)

2011佐渡ロングライド~佐渡は広くて長かったな…~

おはようございます

今日もいい天気ですね

さて、今週もがんばって農夫を…
とは思いますが、どうにも右足(また!?)膝の裏が痛くてたまりません

そっ!
昨日の210Kmの“勲章”です

ということでお待ちかねのレポートはもう少し後にして、とりあえず“完走!”後の雄姿を!?


c0187298_8571292.jpg

[PR]
by mm-nadachi | 2011-05-16 08:58 | 自転車 | Comments(0)