<   2011年 03月 ( 22 )   > この月の画像一覧

名立機雷爆発事件~明日への伝言~

昨夜、名立区で20年前から活動している演劇サークル「いろり座」による『名立機雷事件から~明日への伝言~』の公演がありました
c0187298_10123978.jpg

             *会場の北地域生涯学習センターにはこんなに多くの人が…

名立機雷(爆発)事件というのは…
『太平洋戦争が終わって4年経った1949年(昭和24年)の3月30日、名立小泊の海岸に流れ着いた機雷が爆発し、ちょうど春休みでその場に多く集まっていた小中学生42人を含め63人が亡くなった事件』です(公演パンフレットから要約)
c0187298_10145111.jpg

             *機雷爆発直後の惨状

公演パンフには『めまぐるしく時が流れて、戦後66年のこの日。名立の地域で終戦から4年もたった昭和24年に起きた機雷爆発事件を知りたいと声があがった。その願いにこたえて…』とあるように、昨年からこの事件について次代に伝えていかなければという取組みが区内の二つの団体でありました
その一つが昨夜の公演で、もう一つは当時の関係者への聞き取りを収録したDVDの作成です
この事件から62年を経過しているといはいえ、犠牲になった方々の親、兄妹、親戚など、多くの親族や関係者のみなさんの心中を思い遣れば、二つの団体の取組みには難しい部分もあったのではないかと思います

それでも、「卒業式を終え、新しい中学への希望をいだき、未来への夢を胸いっぱいにふくらませていた」(パンフから)こどもたちの無念さへの鎮魂や二度とこのような悲惨なことが起きないようにという強い祈りがこうして形になったものと思います

この事件の2年後に生まれた私も小さなころから親からや学校等でこの話を聞いていました
そして、昨夏、いきいきサロンのみなさんへのインタビューで改めて実体験としての生の声を聞くことができました
それを冊子「名立に生きる」では次のように載せさせていただきました

『そして、やはり機雷爆発事件の記憶が今も生々しくみなさんの心の中に残っていました。
昨日まで一緒に勉強したり遊んでいた同級生や友だちがもう「終わったはず」の戦争の犠牲者になってしまったのです。
名立町史によれば太平洋戦争で戦病死した名立町出身者は225人となっていますが、この機雷爆発で犠牲となった63人を含めた288人が名立町の本当の意味での戦争犠牲者といえるのではないでしょうか。』

私たちが作成した冊子はこの機雷爆発事件をメインにしているわけではありませんが、みなさんのお話の中で最も多かった「戦争の記憶」に関連して、やはりこの事件のことが年齢、地域を超えて語られました

そういう意味ではサブタイトルに「時代を超えて伝えるもの」という思いをもって作成したこの冊子に書かれていることが今のこどもたち、そしてこれからのこどもたちにも伝わっていってもらえればと願っています

昨夜の公演中、鼻をすする音があちらこちらから聞こえてきました
あの日を思い出したり、犠牲になった方々を偲んでおられるのでしょう
そして、今回の大震災で亡くなったり、被災された多くの人たちの姿と重ねて悲痛な思いになっている人もきっと多かったと思います

名立区内にはこの63人の犠牲者を弔う供養塔と「平和をまもる」碑が名立小泊町内に建っていますし、事件現場近くには地蔵尊が建立されています
c0187298_1028954.jpg

                  *この地蔵尊は石工だった私の父が作ったものです

この思いが明日へつながっていくことを信じています
[PR]
by mm-nadachi | 2011-03-31 10:30 | 名立に生きる | Comments(0)

畑仕事ができる喜び

昨年の農園作業日誌を見ると3月10日過ぎから「寒い!」と言いながらも「本日から草取り開始!」とあるのに、今年は明日で3月が終わろうとするこのころになってようやくです

それは草取りだけではなく、キウイフルーツの剪定も一ヶ月以上も遅れてようやっと済ませました
c0187298_22432081.jpg

本当はキウイが“冬眠”中の2月までにやっちゃわなければいけないんですが、雪が多かったことや脚を傷めてしまったことなどでこんな時期になってしまいました

でも、なんたらかんたら言っても今年も灘立農園で畑仕事ができる喜びと楽しさを感じることができました
それはこのどれがホウレン草でどれが草なのかわからないようなものでも施肥してもう少しすれば収穫して食べることができます
c0187298_22441035.jpg

でも、突然にそれまで大切に育ててきた野菜が出荷停止になったみなさんはどんなに無念な思いで野菜を捨てなければならなかったのでしょうか…

今年は町内用務も増え、野球も始めることになったので昨年までのように気ままな農園通いは難しくなるのかもしれませんが、やはり“農夫しながら…”だけは守っていきたいと思っています
c0187298_22445046.jpg

           *今日の収穫…ブロッコリー、キャベツ そして泥だらけの長靴
[PR]
by mm-nadachi | 2011-03-30 22:46 | 灘立農園 | Comments(0)

吾唯知足

吾唯知足(「われただたるをしる」)、これは「禅の修行者、また在俗の信者によっても愛読された各種の禅宗語録に見える言葉=禅語の語彙集で、室町期から次々と編まれ、心の指針を与えてくれる金句集として、禅僧には禅語に習熟するための手引きとして読まれてきた」禅林句集という中にある言葉で、『己の分際をわきまえ、むさぼりの心を起こさぬこと』という意味です
c0187298_22365923.jpg

今日は久々に電車に乗ってこの言葉を由来とする知足美術館(新潟市)でやっている『杉田玄 ボタニカルアート展』を観に行ってきました
c0187298_22511829.jpg



c0187298_2239919.jpg

“ボタニカルアート”という言葉を浅学な私は今回初めて耳にしたのですが、「決して真新しい言葉ではありません。古代エジプトや中国などでは薬草を見分けるために図譜が作られました。それが植物画の始まりです。大航海時代になって、ヨーロッパ諸国が競って世界各地を探検するようになり、珍しい植物を求め奥地にまで入って行きました。まだ写真のない時代、植物学者と画家がペアーを組み、植物学的にも正しく詳しい絵が続々と本国に送られました。送られてきたそれらの絵があまりにも素晴らしいということから、主にイギリスやフランスで19世紀に大流行しました。今やホテルやレストランのインテリアの絵として定着し、愛好されています。日本では、日本画の歴史があり、植物も平面的に描かれていましたが、明治に入り東京大学の植物画教室において立体的に見える植物画が描かれるようになりました。でも、その絵はまだまだ一般的ではなく、絵のジャンルとして確立してきたのはほんの二十年ほど前です。そして、最近になって自然志向の流れと共に、静かなブームを迎えるようになりました。しかし、日本ではまだまだボタニカルアートが広く一般的には認知されていません」と少し長くなりましたが、そういうものなんだそうです

この植物画を描かれた杉田氏は上越市の医師で、あの樹下美術館の館長さんです
c0187298_224873.jpg

これまでも杉田さんの絵は氏の医院や樹下美術館で拝見したことはありましたが、このように50点もの「細密的に描いたボタニカルアート」は初めてです

そして、展示も冬~春~初夏~夏~秋~初冬と館内を一回りすると上越の四季が感じられるような流れになっています
描かれている植物はどこにでもあり、普段は特に気にもかけないようなものばかりですが、キャンパスの上で生き生きと描かれ、咲いています

パンフレットには「もの言わぬ花の喜びと悲しみ、そして希望。一途な営みに心打たれて…」植物画を描き始められたとありました

「悲しみから希望へ」、そして「吾唯知足」ということ
今、私たちがちゃんと考えなければいけない言葉なのではないのでしょうか…
[PR]
by mm-nadachi | 2011-03-29 22:49 | 東北地方太平洋沖地震 | Comments(0)

明日を信じて…

季節はずれの雪がまだ残ってる自転車道路を散歩しながら、ベンチャーズの“ウオーク・ドント・ラン”を思い出して、「走るな!歩こう!」と言い聞かせていたのですが、とうとう最後少しだけランして、といっても周りから見れば歩いているようなくらいのランしてしまいました
c0187298_21582477.jpg

             *途中でこんなパフォーマンスも…

でも、前言撤回するわけではないですが、これってやっぱり喜ばしいことと思っていいんですよね
だって走れるまでになったんですもん

でも、今日の雪にはちょっとびっくりでした
春が「もうちょっと待ってなさい!」って言ってるのでしょうか…
c0187298_2155799.jpg

             *今朝、家の前で…

そして今日は一週間遅れのいきいきサロンでした
実は先週の予定だったんですが、いろいろな理由で今週に延期になってたんです

開会に先立って東北地方太平洋沖地震により亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災されたみなさんへ心からのお見舞いと一日も早い復旧・復興をお祈りするために黙とうしました
c0187298_2205595.jpg

その後はいつものように笑顔と笑い声にあふれたサロンでした
c0187298_2212173.jpg

              *リボン体操

c0187298_2224628.jpg

              *創作≪春の花つくり≫

そしてこの後、短い時間でしたが「災害が起きたら…」ということをみんなで話し合いました
日ごろから気をつけなければならないことや災害が起きたらどうすればいいのか…
きっと考えていたようにできるのは簡単なことではないと思いますが、こういうときにこそ一人ひとり自分でちゃんと考えていかなければならないと思ったからなんです

―自分でできることはできるだけ自分で…
―災害のときこそみんなの支え合いを…

そんなことをみんなで確認し合ってから、ゆっくりお茶をいただきました
c0187298_2245641.jpg

こうした思いが形になって、先日みんなにお声がけさせてもらった救援物資がこんなに集まりました
下着やタオルほか全14品で、なんと約400点!!
c0187298_2255853.jpg

上越市ではいったん救援物資の受付が休止になっていますので、明日、H代表と妙高市にみなさんの『明日を信じて』という祈りを届けてこようと思っています              
[PR]
by mm-nadachi | 2011-03-27 22:07 | ボランティア | Comments(0)

ちょっとだけ春が…

3月6日のハムストリングスの肉離れからもうじき20日になります

この間、日常生活が不自由になったのは仕方ないとしても、お天気ならそろそろ始めようと思っていた畑の草取りやその後に発生した東北地方太平洋沖地震被災者支援ボラもできずに歯がゆくもまどろっこしい時間を送っていたのでしたが、通院15日目にしてようやくというか待望の“通院不要宣告”がありました
といっても、今週いっぱいは通うのでまるまる3週間です

ということで今日はマッサージの後にストレッチのやりかたを少し教えいただきました
「年齢とともにどうしても筋肉が硬くなってくるから走る前と後にはしっかりやらなきゃダメですよ」ときて、
「来週からウオーク7:ジョギング3の割合でスタートして、翌週がその逆の割合にして、だからちゃんと走っていいのはその翌週くらいに考えておかないとまたやっちゃうよ」とダメ押しされて、
「いちばん大切なのはちゃんと計画を立てて、無理なく・無駄なく・ムラなくやっていくことだね」とアリガタイお言葉をいただいてきました

さて、これができるか!?
それが問題だ!

ということで歩くだけならほぼ問題なくなってきたので、今日からずっとおやすみをいただいていたランチ配達ボラを再開しました

これはAさん家横ですが、まだこんなに雪があります
c0187298_23362434.jpg

風は冷たかったですが、あまりの青空が少し嬉しくて…
c0187298_2336443.jpg

配達先のみなさんはみんなお元気で「イヤー脚を傷めちゃってさ…」とご無沙汰のお詫びを言ったら「気~つけないや」って逆に励まされてしまいました

そうだね、オイラもがんばるわ!
そうすればちょとずつでも春が近づいてくれるでしょうから…
[PR]
by mm-nadachi | 2011-03-24 23:37 | ボランティア | Comments(0)

私たちにできること

当市にも東北地方太平洋沖地震で被災された315人の方が当市が開設した避難所に避難されているんです(3月22日15:00市のホームページから)が、そうしたみなさんへの救援物資の受け付けやボランティアの募集について、今朝、防災行政無線放送がありました

そこで、詳細を確認しようと市のホームページを見たら、時期によって品目に違いがあって今月末までであれば下着や靴下、紙おむつなど全部で9品目になっていました

ほとんどが日常生活用品ですし、わが家でもなにかあるかな~と思いながら読んでいたんですが、一人より二人、二人より三人…というふうになればいいなと思って、もちろんそれは強制ではなく、その気持ちがある人だけでもいいから…と、横町いきいきサロンのみなさんに声をかけてみませんかとH代表に相談しました
例えば、一人一枚のタオルでも10人集まれば10枚です
それを運営委員が預かって、品目ごとに分類して《横町いきいきサロン》として届ければ…

そしてこんなふうに急きょ《サロンだより》を作ってみなさんにお願いに回りました
c0187298_0262054.jpg

27日に今月のサロンがありますので、その後で協力いただける方の家を回る予定です
一人でできることもあればこんなふうに多くの人でできることもありますね
[PR]
by mm-nadachi | 2011-03-23 00:27 | 東北地方太平洋沖地震 | Comments(0)

潮騒

午前中、直江津にちょっと用があり、リハビリ散歩を兼ねて久々に電車で行ってきました
その帰り、直江津前広場にあった彫像に目がいきました
c0187298_2225017.jpg

これはこの広場ができた当時からあるはずなのでもう10年以上も経っているんですが、なぜだか今日は…
c0187298_2234613.jpg

            *上越市出身の岡本銕二(おかもとてつじ)作『潮騒』


凛とした眼差しで前を見つめる少女
その足下と頭上には鳩が…

少女の澄んだ目に10日前の地震からの復興に向けた願いとか祈りとか明日への希望とか、そんなものを感じたせいかもしれません
[PR]
by mm-nadachi | 2011-03-20 22:09 | 東北地方太平洋沖地震 | Comments(0)

胸にしみる空の輝き…

横浜の叔母さんといい盛岡市のTさんといい、悲しいお別れの後はどうしてこんな青空が広がるのか不思議です
c0187298_23234539.jpg

         *1998.7 横浜市日産サッカー場でTさんと…

そんな気持ちを紛らわす気持ちもあり、少し風がありましたが“ハム”のリハビリ散歩を兼ねて久々に灘立農園に行ってきました
c0187298_2334921.jpg

さすがに雪は日当たりの悪い土手に少し残る程度でしたが、畑はまだぬかるんでいますし、そのうえこの脚の状態では畑仕事をしようなんて気分にはなりません
そこで、足を滑らせないように枯枝を杖にユルユル歩きながらの見回りです
タマネギは最近雪が消えたばかりなのか頼りなさげです
c0187298_23262894.jpg

その代り1ヶとはいえ昨春に駒打ちしたシイタケの初もぎです
c0187298_2326577.jpg

その後、ニンジンや大根、白菜を少々とって帰ろうと思ったら…
c0187298_23284968.jpg

おっ、不審者!?
c0187298_23294350.jpg

よくよく見れば『フキノトウを見たら採らずにはおられない症候群』の相方さんでした
c0187298_2331531.jpg

いつの間にか3月もあと10日
でも、今年はスロースタートでいこうと思っています
[PR]
by mm-nadachi | 2011-03-19 23:38 | 灘立農園 | Comments(0)

東北地方太平洋沖地震⑥~信じられない知らせ~

市政私が東京事務所に勤務していたのは1998年からの2年半でしたが、その間、多くの方と公私にわたり親交を深めさせていただきました
その中のお一人に盛岡市東京事務所長のTさんがいました

東京事務所は一般的にはどの都市も大体3年前後の勤務になっていますし、各市によって東京事務所設置の目的も違いますし、それぞれの事務所の所在地も都内数か所に分かれています
盛岡市東京事務所は有楽町駅近くにありましたし、上越市は日比谷公園内の市政会館の中にありました
そんなこともあってTさんと普段から頻繁にお会いする機会はあまりなかったのですが、たまたま所長会の研修会の幹事を一緒にやったことから、その後お互いの事務所を行き来するようになりました

私にとって盛岡市はまったく未知のまちでしたが、そこは宮澤賢治や石川啄木などが生まれ暮らした土地であり、一度は訪れてみたいと思っていたまちでした
そして、なんといってもTさんの温かな人柄に魅かれたのは間違いのないことです
Tさんのいつもにこやかな笑顔と話に熱中すると自然と出てくる優しげな東北訛りが慣れない東京勤務の一時の安らぎでした

そんなTさんは私よりも先に盛岡市に戻られ、幹部職員として重責を担われていました
そして、Tさんに再会したのは私が東京事務所から戻り、当時の仕事の関係で東北地方に出張した帰りに盛岡市に寄ったときでした
盛岡市駅前のホテルを予約していただき、夕食には「盛岡に来たらこれ食べていってよ!」って冷麺をご馳走になったり、翌日はTさんの運転する車で宮澤賢治に関するいくつもの施設等を案内していただき、東北新幹線の新花巻駅でお別れしました

その後は数回の往復信はあったものの、いつの間にかの長いご無沙汰になってしまいました
そこに、今回の地震です
地震のお見舞いやご無沙汰をお詫びする気持ちもあって数日してから当時お聞きしていた携帯番号に電話をしたところ「ただいまこの電話は使われておりません」とのことで、番号が変わったのかなと思っていましたし、地震直後ということもあってその後は連絡していませんでした

昨日、改めて連絡を取ろうと思い、104に問い合わせましたが今でもなかなかつながらず、そこで当時の名簿を探したり、軌楽庵さんにもお伺いしたりしたのですがどうしてもわかりませんでした
そこで、昨夜、盛岡市東京事務所にこうした経緯を説明し、Tさんの連絡先を照会するメールを出していたのです

そして、今日午後、その返信がきました
そこには…

「お問い合わせのT元東京事務所長さんの件でございますが,
実は,昨年の10月に野外でのボランティア活動中に急死なさいました。
(心臓麻痺とお聞きしています。)」

もちろんこんなことなんか思いもよらぬことで茫然としてしばらくはこの先を読むことができませんでした
「なんで…、なんで…、なんで…」と頭の中でこの言葉だけがグルグル回ります
そしてTさんのアタタカナ笑顔が浮かんでは消えていきます

今はまだ信じられない気持ちとTさんのご冥福を祈る気持ちとが入り交ざっています

どうしてこんなに悲しいことばかり続くのでしょうか?
[PR]
by mm-nadachi | 2011-03-17 22:19 | 東北地方太平洋沖地震 | Comments(0)

東北地方太平洋沖地震⑤~私にできること~

こちらも久々の雪と冷え込みでしたが、東北の被災地も雪が舞っていました
明日は真冬のような朝になりそう…
日本海側は大雪になりそう…
そんな天気予報がでています

今日もテレビで被災地のあまりの惨状や大切な人を失った方の悲しい様子になんども涙してしまいました

昨日、接骨院でこんなことを言われました
「Mさんも早くこの脚治して(支援に)行かないとね…」
院長はなにげなくお話したのでしょうが、私にはけっこう重くのしかかっています
でもいくらそう思っても今の私の(脚の)状態では無理です

そこで急に思いたってこんなメールをかつて一緒に仕事をしたみんなに送りました
 
 みなさん へ
 おはようございます
 ずいぶんのご無沙汰になりましたが、お変わりありませんでしょうか?
 先週末からの地震対応や今日からの計画停電対応、そして平常業務(しかも年度末)と大変厳しい状況かと思っています
 みなさんの中にもご家族、ご親戚、お友だち等々、多くの方が今回の震災の被害に遭われている方もいるでしょうし、そうしたことに気をかけながらの仕事は個人的にはとても辛いことかと思います
 でも、みなさんの活躍を私をはじめとする多くの市民、そして被災地のみなさんが期待しています
 今、多くの人がなにを求めているのか?
 今、行政として、一人の職員としてなすべきことはなにか?
 もうしばらくはさまざま困難な状況が続くことかと思いますが、こうしたことを念頭におきながら、ぜひ多くの人たちに一日も早く笑顔が、穏やかな日々が戻るようにご尽力くださるようお願いします
 突然の、そして大変失礼なメールになりましたが「かつて一緒に同じ思いを持ってがんばって仕事をしてきた」今はいち農夫のたわ言とお許しください
 なお、くれぐれも体調には気をつけてお過ごしください

先日のブログで書いたように私も在職中は2つの大きな地震対応のほか、大雪対応にもなんどか携わったこともあり、災害時対応の激務や大変さを経験していましたので、今、その現場でがんばっている彼ら、彼女らへの激励の意味を込めて送ったつもりでした
早速忙しい中、何人かから返信をもらいました
みんながこうした気持ちでそれぞれの仕事に今、真摯に向き合っていることがわかり、とても嬉しく思いました

そして、さっき市のHPに「東北地方太平洋沖地震に伴い当市が開設した避難所で活動するボランティアの募集について」という最新記事が載っていました

市内に避難所が開設されるということは午後に聞いていたこともありましたので明日にでも申し込みを…と思いましたが、やはりこの脚が不安です
「今、私にできること」がようやく見つかった!のに…
なんとも歯がゆくて情けない思いです
でも、明日少し相談してみようと思います
「こんな私でもなにかできますか?」

今夜、福島のTさんとようやく電話でお話ができました
状況は先日、東京の義姉から聞いたのとほぼ同じでしたが、「地震や津波はそれほどでなかったんだけど、原発がね~」と、“見えない恐怖”にやはり心配そうな声でした
一日も早くこの不安が消し飛んでいくことを祈らずにはおられません
c0187298_23433080.jpg

                *福島原発から約25KmにあるT家
[PR]
by mm-nadachi | 2011-03-16 23:46 | 東北地方太平洋沖地震 | Comments(0)