<   2011年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

はまってしまった!!

ときどきでしたが今日は久々に青空を見上げることもできました
でも、道路には昨夜からの雪が残っていて、給食配達に行ったときには私の車の前では除雪車がフル活動してましたし…
c0187298_2316937.jpg

だって(?)名立区を縦走するように走っている主要県道でこんなにあるんですよ!!
c0187298_23162764.jpg

そんなわけですから(?)そこから入った道はさらにこんな感じで、一台通るのでもやっとですし、両脇の雪壁からのプレッシャーもすごいんです
c0187298_2316544.jpg

ということでもないのですが(?)実はこの坂道のテッペンあたりで雪にはまってしまい、ちょうど除雪作業をしていた配達先のTバーちゃんの息子さんからお手伝いいただいて“脱出”したというわけです
そしてTバーちゃんからは「雪の中ごくろさんだね。そのお菓子持って行きなえ」という温かい言葉と「じゃあ、もらうね」とセンベイを2枚いただきました

そして、Sさん家からの定点写真です
c0187298_23173054.jpg

明日以降は雪マークの予報があまりないようです
そんな2月になればいいですね
[PR]
by mm-nadachi | 2011-01-31 23:19 | ボランティア | Comments(2)

笑う門には…雪降り続く

雪が止みそうな気配はまったくといっていいほどなく、今日がそんな日になるとは計画段階ではまったくといっていいほど考えもしなかったわけで…そんな日に今年初のいきいきサロンです
しかも、いつもの山海荘は1,2月は使用不可ということで今回は“ろばた館”です

9:00 雪道なのでひっ転ばないように気をつけながらマイクロバスに乗りこみます
c0187298_1643596.jpg

9:50 Nさん親娘の“ご指導”でいつもの体操です
     寒いときこそゆっくり、じっくり体を温めましょう
c0187298_16433847.jpg

10:20 新春コンサートのピアニストは新進気鋭のSちゃん
      なにを隠そう、いいえ隠すわけではありませんが、H代表のお孫さんです
      「ネコふんじゃった」ほかアンコールを入れて6曲を演奏
c0187298_16442445.jpg
c0187298_16445384.jpg










オイラもサックスがんばらなきゃ!!

この後は温泉ヌクヌク組とお茶飲み組に分かれてフリータイムです

11:10 お茶飲み組は福笑いでしばしのお楽しみです
二人同時に「はい、右目!」「今度は鼻!」「ちょい左!」
で、これが完成品!
ちなみにI親娘の競作でした
c0187298_1646777.jpg
c0187298_16462213.jpg









11:45 外はそのまんまの雪景色です
c0187298_16464779.jpg

12:00 温泉ヌクヌク組も戻ってカラオケ大会です
c0187298_1647289.jpg


この後、みんなでおそばをいただいて、今日のサロンはお開きです
c0187298_16472465.jpg
   
横の“福ちゃん”の笑顔のように今年一年も明るく元気に明るく過ごせますように!!
[PR]
by mm-nadachi | 2011-01-30 16:50 | ボランティア | Comments(0)

今日も雪だよりです

またかと思われるでしょうが、今日も雪だよりです
私のブログは日記みたいなもんなので、そこはご容赦ください

これは今日の給食配達のときの一枚です
c0187298_1744829.jpg

また言い訳でなんともはやですが、私の写真は我ながらその場の空気感がいつもまったく写されていなくてハガユイ思いですが、この雪の壁って結構な威圧感があって…名づけて“白の回廊”です

そしてこれは一昨日の午後、いつもの総合事務所から“ろばた館”に会場を移しての地域協議会に向かうところです
c0187298_17443258.jpg

この日は写真にも見えるくらいですが、“降りしきる”って表現がピッタリの雪でした
さっきの雪の壁もそうですが、このくらいの雪になると正直私は怖いです

それなのに(?)明後日はこのろばた館で今年初のいきいきサロンです
寒いのでみなさんからは温泉にでも入ってもらい、ヌクヌクしながらカルタ取りや福笑いなどを楽しんでいただければと思っています
[PR]
by mm-nadachi | 2011-01-28 17:46 | なんでも | Comments(0)

過去と未来~東京ぶら歩きで思ったこと~

振り返ればこんなふうな東京ぶら歩きは久々で、今回の主な目的は山種美術館とスカイツリーという奇妙な組み合わせです

山種美術館は広尾に移転新築されてから2度目になります
JR恵比寿駅から前日までの自転車の疲れを足に少し感じながら明治通りを横切りゆるやかな坂を上ります
土曜日とはいえ、10時の開館前なのにすでに“先客三来”です
c0187298_15195616.jpg

今回の展覧会は「歴史を描く~松園・古径・靫彦・青邨~」をテーマに、「古典を忠実に学んだ伝統的な画風から、想像力豊かで独創的な作品まで、当館所蔵品より幅広く選びました」とあり、これまであまり観る機会のなかった織田信長など歴史上の人物や神話・伝説などの歴史画が数多く展示されていて、今にもそこに描かれている人が動き、木々が風に揺れ、水が流れ…そんな錯覚を起こしそうな思いを感じながらゆっくりと観て回ることができました

その後、叔母さんのお見舞いに横浜まで往復して再び東京に戻り、さて、スカイツリーに向かおうとしましたが、でも一体どこに行けばいいんだろう?

そこで思い出したのが昨年の東京マラソンのときのこと
浅草周辺で(あのころはまだそんなに話題に上がっていなかった)スカイツリーを遠目に見たようなそんな記憶があって…ということで、叔母さんの病気治癒や灯くんの健やかな成長を願い、浅草寺に行くことにしました

浅草寺の仲見世はもう1月も半ばというのにまだまだこんなふうに松の内って感じです
c0187298_15205527.jpg

すごい人出でしたが、立ち止まるでも人をかき分けるでもなく、流れのままにゆるゆると歩きます
参拝の後で浅草公会堂前に敷きつめられている著名人の手形をはじめてといっていいほどじっくり眺めます
そこで見つけたのがこれ!
c0187298_15212235.jpg

サックスが上達するようにナベサダさんの手形を一枚写真にいただいてきました

さて肝心のスカイツリーですが、浅草寺境内からもなんとはなく見えていたのですが、
c0187298_15215227.jpg

「もう少しもう少し…」と歩き回り、そして見つけたのがここ!
c0187298_1522204.jpg

隅田川を渡る吾妻橋からビューポイントです

まだ完成していないせいなのか、それとも見慣れていないせいなのか、はたまた年代のせいなのか、やっぱり東京タワーがいいな~!

こうして東京ぶら歩きも終わり東京駅に向かいます
上越新幹線から降り立つ乗客は土曜日の夜ということなのでしょうか、スノーボードを小脇に抱えた人がかなりいます
それにひきかえ輪行袋なんてどこにも見当たらず、このコントラストの妙に喜んでいたのはきっと私だけだったんでしょうね
c0187298_15224994.jpg

そんなノンキなことを考えていたせいか、越後は歓迎の大雪です
それでも30分ほどの遅れで無事23:00ころ名立駅に到着し、2泊3日の冬季遠征もようやく終わりました
c0187298_1523911.jpg

今回は越後と房総半島の「寒と暖」というあまりの気候の違い、そして東京ぶら歩きで感じた「過去と未来」という2つの相反するものに出会ってきました
でも、一見このように空間的にも時間的にも相反しているようですが、自分の立ち場所を少し変えるだけで今まで見えなかったものが見えてくるような気がします
ただ、残念ながら年齢的には残された気ままな時間はあまりないようです
なので、次回もまた新しい発見と出会いを求めて…さて、どこに行こうかな~
[PR]
by mm-nadachi | 2011-01-25 15:24 | ふと思うこと | Comments(0)

3年目の“手前味噌”つくり

相変わらず、というよりも一層激しくボタ雪が降りしきる昨日、3年目の“手前味噌”つくりに正善寺工房に行ってきました
c0187298_21253338.jpg

昨年の猛暑にもかかわらず味噌用大豆の増収がうまくいき、昨年の3倍あまりの約9キロを仕込みました
味噌つくりの様子はこれまでもブログに載せていますので今回は出来上がりの一枚だけでご勘弁ください
c0187298_21255085.jpg

    これで約33kgの手前味噌です

それよりも、この日悲しい知らせがありました

正善寺工房といえば私たちのサックス・アンサンブルSBSEが一昨年から8月のみょうがまつりで演奏させていただいていますが、正善寺工房では7月には(もっと人出が多い)アジサイまつりがあって、そのときにハーモニカの演奏を行っているグループがあります

そのメンバーに私がまだ20歳代のころの上司(「コンピュータ付き…」と称されたくらいに緻密でありかつエネルギッシュな課長⇔主事の関係です)のNさんがいることを知り、たまに自主練習しているスタジオでバッタリお会いして、「お互いにがんばって演奏しような!」ってエール交換もしたこともありました
この写真は一昨年のSBSEの演奏を聴きにきていただいたNさんが撮ってくれた一枚です
c0187298_2126975.jpg

ちょうど演奏の合い間で、Nさんがステージ間近までカメラを手に近寄ってこられたのに気がついてこんなにやけた顔をしてしまいました

今年はサックス教室の発表会の日程の関係で、ひょっとしたらNさんのハーモニカ・グループと同じイベントで演奏できるかもしれないと思っていたこともあり、そしてなんといってもあまりに突然の訃報に大変驚き、そして悲しい気持ちでいっぱいです
Nさんのご冥福をお祈りするとともに、今年はNさんへの思いも込めて吹いてこようと思っています
[PR]
by mm-nadachi | 2011-01-23 21:27 | 灘立農園 | Comments(0)

いくら大寒とはいえ…

今週から木曜日もふれあいランチの配達ボラをすることにして、今日が初日です

なのにこの雪です!
c0187298_2329409.jpg

いくら大寒といえども降り過ぎです
県道は道路面が見ないくらいの圧雪ですし、県道から入った道は車のわだちも雪ですぐに埋もれてしまいます
c0187298_23305442.jpg

なのでAさんの家には途中で車を降りて歩いて向かいます
玄関前は2mを超える雪の壁で、その壁を滑り落ちるようにして「こんにちは!お弁当です!」
c0187298_23311494.jpg

その帰りに蓑を着て(足下は雪の中で見えませんが、きっと)カンジキはいて雪踏みをしているオジーちゃんにバッタリ
「また夕方にでも踏まんとだめだわ」
c0187298_2331335.jpg

そして、除雪車の入らない家までの坂道は小型除雪機で雪を飛ばします
c0187298_23315046.jpg

こうして越後の冬はこれからが本番です
[PR]
by mm-nadachi | 2011-01-20 23:35 | なんでも | Comments(0)

房総半島、2日がかりの“暴走”200km!その③~東京の夜風は冷たかったぜ!!~

今日も越後は雪が降ったりやんだり、お日様が出たり引っ込んだり、風が吹いたり静まったりのなんとも落ち着きのない一日でした
こんな日は“おんもにでない”でオトナシク机に向かいます

先日も“状況報告”したように、今、昨年の夏にいきサロのみなさんへ行ったインタビューをもとに「名立に生きる~時代を超えて伝えるもの~」という冊子作成の追い込み中なんです
インタビューのまとめに昔の写真や各種データなど織り込んで、最後に冊子のサブタイトルになっている「時代を超えて伝えるもの」をメッセージ的に載せて…という構成で約70ページの冊子になる予定で、現状では約7割の進捗状況です
c0187298_1835542.jpg

         *写真左は私の祖母なんですが、右の灯くんまで数えると5世代になります!

この後、今週中に印刷屋さんと最初の打合せをして今月中には入稿を済ませ、2月末印刷完了、3月冊子配布~実績報告というスケジュールになっています

ちょうどこの冬は昨年週3日行っていた授産施設のボランティアも“間に合っています”ということ、どうにも受注仕事が昨年に比べて減っているようなんです
こうしたところに景気の低迷の影響が出ているようで切なくなりますね

ということで、最近はヤル気さえあれば毎日この編集作業に机に向かっているというわけなんです

いきサロのみなさんのこれまでの生き様をちゃんと言葉にしてまとめることができるか、そしてみなさんの「あの時代」を生きてきた思いを次の世代にしっかりと伝えられるか…
そう自問自答しながらの編集作業は予想以上にしんどくて…だから先週の暴走200kmはそのリフレッシュだったんです!という自己弁護をするつもりはないですが、さて、昨日の続きを少しだけ…

東京駅からそのまま越後に戻ってくるのであればなんにも問題はなかったんですが、実はもう一泊して、それも横浜に行ったり都内を動く予定でしたので、こうなるといくら愛すべき自転車でもジャマ!です

そこでネットでいろいろ調べていたら東京駅八重洲南口に大型手荷物の一時預かり場所があるということで安心して改札口で場所を聞きました

「そこに見えるとこですが…」
この「が…」が気にはなりましたが、お礼をいって行こうとしたら
「ただ、18:00までですよ」って…
そのときですでに18:30前!!
そのとおりで遠目に見ても窓口はしっかり閉まっているみたいです
「あちゃー!」
「んじゃほかにこんなの預かってくれる場所ってこの近くにありません?」
って、すがるようなまなざしで聞いてみたら
「駅の地階にも同じような場所がありますが…」
とまたまたの「が…」で今度はなにかと思ったら
「そこも何時までかはわかりませんので…」
ということで教えてもらったように地階に向かいます

そこはすぐに見つかって、ちょうど受付にはオネーさんがにこやかに微笑んでいます
c0187298_1861545.jpg

「こりゃいいぞ!」(なにが!?)と思って“これみよがしに”輪行袋を渡そうとしたら
「あのー、ここは20:00までなんですが…」と…
「エッ?どういうこと?」
「20:00までに取りにきていただかないとお受けできないんです」と…
確かにすぐ横の注意書きにもそーやって書いてあります!
「あちゃー!」
「んじゃほかにこんなの預かってくれる場所ってこの近くにありません?」
って、すがるようなまなざしでまたまた食い下がったんですが、さすがに東京駅には二匹目のドジョウは棲んでいないようで
「わかりません」と…

「途方に暮れる」とはこういうときに使うんですね
途方に暮れました!!

そして10分ほど気持ちを落ち着かせながら熟慮した結果は“ホテルまでかついで行く!”というかなりやけっぱちな結論でした
だってこんなことになるなんて思っていなかったわけで、運悪く(?)この日の宿泊は東京駅から地下鉄丸の内線~半蔵門線と乗り継いだ水天宮前駅から徒歩10分のホテルです
金曜日の19:00前後ということでいちばん前の車両に乗ってなんとか混雑を避けながら、そして階段をエッチラオッチラ上ったり下りたり…

水天宮前駅から冷たい夜風に吹かれながら歩いている間、「こんなんならまた自転車を組み立てていっそ東京駅から走ってきたほうがよかったかな~」と思わなかったわけでもありませんでしたが、さすがにその手間や夜間走行の危険度などを考えたらこっちのほうで正解でした

こんなふうに私の自転車旅はまったく素直に終わったためしがありませんね
やれやれ
[PR]
by mm-nadachi | 2011-01-19 18:10 | 自転車 | Comments(0)

房総半島、2日がかりの“暴走”200km!その②~ここはどこじゃ?!~

6:30に部屋の中から(だって寒いですもん!)太平洋から上る日の出を拝み、今日一日の無事を祈ります
c0187298_23172189.jpg

今日のコースは九十九里エリアから外房~南房エリアへと南下して館山駅をゴールとする約130kmです

7:00過ぎにギンギンと白い息を吐きながら国民宿舎を出ましたが、どうにも昨日が2011年の初乗りだったせいか、ケツ、というか股の奥のほうに擦れた痛さが残っています
この痛さに付き合いながらの130kmと思うとさすがにウンザリなので、ときどきサドルからケツを浮かしたり、微妙にケツを落とす位置を変えながら走ります

今日のコースにも自転車道はあるようですが、また昨日のようなアクシデントも嫌なので基本的には一般道を走ることにして、2時間弱でこんなに高いヤシの木が並んでいるJR御宿駅周辺に着きました
そして海岸線も穏やかな砂場からこうした岩場が多くなってきます
c0187298_23193270.jpg
c0187298_23195040.jpg











そしてここが外房観光のハイライト!鴨川シーワールドです
c0187298_23201957.jpg
c0187298_23203825.jpg











中ではシャチ、イルカ、アシカなんぞの愉快なパフォーマンスが楽しめるんでしょうが、まだまだ先が長いので先を急ぎます

それにしてもPPM(ってわかりますか?)じゃないけど、「房総半島といえば…」の“花はどこへ行った”のだ?!
と、そこに突然の菜の花畑です
c0187298_23223653.jpg

ここは観光花畑ではなく、事務所の空き地に植えられたって感じですが、花は花です!
そして、この菜の花畑が“房総フラワーロード”(これって実際あるんですよ!)の入り口になっているかのように花畑がところどころに見えてきます
c0187298_23231198.jpg

でも、いくら温暖な房総とはいえこの時期はオフなのか、“るるぶ”やポスターに出てくるような花畑にはとうとうお目にかかれませんでしたが、それよりもビックリしたのはヤシの木やソテツなどの南国樹の多さで、そういう意味ではさすがの房総なんでしょうが、もし松田優作が雪国生まれだったら「ここはどこじゃ!?」って言うかな~

そんなアホなこと思いながら走っていうちにいよいよ南房エリアに入り、房総半島2ヶ所目の灯台で今度は房総半島最南端に位置する野島崎灯台に到着したのは13:30過ぎで、このあたりで約105kmくらいでしょうか
c0187298_2324415.jpg
c0187298_23245475.jpg











そして、鴨川シーワールドでイルカたちを見逃した代わりなのか、今まさに空に向かって飛び立とうとしている「21世紀への飛翔の願いを込めた」“かっとびくん”が迎えてくれました
さて、残り25km、オイラもひとッ飛びだっ!!

しばらく行くと白浜フラワーパークが道路下に見えます
c0187298_23252373.jpg

またしばらく行くと正真正銘の房総フラワーロードです
c0187298_2327913.jpg

こんなのばっかり見てると…アンコールにお応えして「ここはどこじゃ?!」

でも、実はこのころはもうかなりのお疲れモードで、房総半島3ヵ所目で房総半島最西端の洲崎灯台は申し訳ないけど遠景で勘弁させてもらい、残り10kmをがんばって走ります
c0187298_23424263.jpg


そしてスタートから8時間、15:00過ぎに館山駅前に到着
c0187298_23272959.jpg

なんとここにもヤシの木で、このあたりでもヤシの実はなるのかな~と思いつつ、ここで自転車を輪行袋に詰込んで東京駅に向かいます

やっぱり少し暴走だったかな~と反省しつつも無事に200kmを走り終えた安堵感で18:00過ぎに東京駅に到着したのですがここでまた大問題が発生したのです

ということでまた明日!?
[PR]
by mm-nadachi | 2011-01-18 23:43 | 自転車 | Comments(2)

房総半島、2日がかりの“暴走”200km!その①~君は日本海を見たか?僕は太平洋を見たい!~

「君は太平洋を見たか?僕は日本海を見たい!」

これは『静岡県静岡市「吉原JCT(仮称)」を起点とし、山梨県甲斐市を経由し長野県佐久市「佐久JCT(仮称)」に至る延長136kmの高規格幹線道路』である中部横断自動車道整備促進のキャッチコピーで、これに新東名高速道路や上信越自動車道を連結させると太平洋と日本海が結ばれるという意味合いがあるんですが、これは太平洋側の目線なので日本海側に暮すものとしてはやっぱりこうなります

「君は日本海を見たか?ぼくは太平洋が見たい!」

ということで(もないのですが)2011年の自転車走り初めは雪山を越えて、それでもまだ飽き足らずにとうとう太平洋を望みながらの2日間200kmの“暴走”になりました

といっても、この“暴走”というのはスティーヴン・セガール主演の「暴走特急」の予告編のように(?)「誰もその列車を止めることはできないのだ!」というような爆走ではなく、“年齢に不相応な”走り方という意味での暴走です

昨日は早朝に家を出るなんともしまらない姿をご覧いただきましたが、あれから約6時間後、ようやくJR銚子駅に到着です
そしてそのまま降り立ったホームを直進するところにあったのが銚子電鉄の銚子駅です
c0187298_20523654.jpg

今回の暴走計画を考えていた当初はJR銚子駅から自転車に乗って犬吠崎灯台に向かう予定だったんですが、いろいろ調べているうちにそこがかの“ぬれ煎餅”の銚子電鉄ということがわかり、そういえばこのブログにときどき登場していただく軌楽庵さんのブログ「軌楽庵のつれづれ日記」にそのことが詳しく載っていたことを思い出したりして…

そのおかげでわずか15分くらいでしたが、なんともレトロな駅舎や電車を楽しみながらの“ローカル線の旅”でした
そうそう、車内にはなんと男性の車掌さんまでいて…
c0187298_20525792.jpg
c0187298_20532382.jpg











犬吠駅前で自転車を組み立て、ぬれ煎餅のバラ売りを買った後でトイレをお借りしたらこんなポスターが貼ってあります
c0187298_20535029.jpg
c0187298_205467.jpg











「なるほどね~」と感心しながら、いざ、出発進行!
犬吠崎灯台まではほんの5分くらいで到着
越後であればおつりがくるくらいの青空が広がっています
c0187298_20542548.jpg


そんな感傷(?)にひたる間もなく、また九十九里浜にちなんだ99段のラセン階段を上ると見渡せる(という)関東最東端の雄大な景色を眺めるゆとりもなく先を急ぎます
なんたって日没までに約70km走らないと…

犬吠崎灯台から1時間くらい走ると太平洋岸自転車道という大仰な名前の自転車道に入ります
こうした海岸沿いの自転車道は昨年の北陸でも経験していて、海を眺めながら、そして潮の香りを感じながら走れる楽しみの反面、飛んできた砂が自転車道にまで侵入してきて思わぬスリップで転倒したり、潮風による塩害(自転車のサビ)も心配です

でも、ここまできたのだからとしばらく自転車道を走っていると前方に“同業者”です
(私もそうなんですが)暖かな日差しを浴びて気持ちよさそうに走っています
c0187298_20555874.jpg

こんな穏やかな光景も30分ほど続いたでしょうか、心配していた飛び砂や波による(?)陥没箇所も何ヶ所かあって、ここで自転車道とはオサラバして再び一般道に戻って、あとはひたすら前へ!前へ!

一般道ではもちろん車に十分気をつけての走行になりますが、たまには気分転換にキョロキョロも必要です?!
そこで見つけたのが上空を飛ぶ…あれはなんだ?スーパーマンか?
そんなことはあるわけもなく、秋の赤とんぼみたいに何機かが“群飛”してます
さすが成田に近い九十九里浜です!?
c0187298_20564782.jpg

そして、また約1時間走って、すっかり日が暮れましたがようやく宿泊先近くまで来た安心感でやれやれの一枚です
こんなふうにトンネル以外でライトを点けながら走ったのは初めてです
c0187298_2057249.jpg

今日の宿泊はきっと初体験の国民宿舎「白子荘」です
翌日の出発が早いので素泊まりにして1泊2,900円のお手軽料金です
その代りに(?)「お布団敷きは、お客様にお願いしております」ということで、どうです、きれいに敷けてるでしょう?!
c0187298_20582542.jpg

夕食は近くのとんかつ屋さんで今日の66kmの疲れを癒すとともに、明日の130kmに向けてヒレカツ・カキフライ定食で英気を養います
c0187298_20584447.jpg

そして後は寝るだけの九十九里浜の夜でした

そんな越後にいたら早春のような一日からまだ3日しか経っていないのに、これは今日のランチ配達のときの一枚です
c0187298_20591226.jpg
c0187298_20592489.jpg











こんな景色を見てこそ「日本海を見たい!」になるんだけどな~
[PR]
by mm-nadachi | 2011-01-17 21:00 | 自転車 | Comments(0)

ゴルフ救出劇!?

昨夜からの強い冬型の気圧配置の影響で今朝はとうとう2度目の除雪になりました
今日は日曜日ということもあって途中からは相方さんも出動して、農園での鍬と同じようにちょっとへっぴり腰ですが貴重な戦力には違いありません
c0187298_17554678.jpg

家の周りはこんなふうに約1時間くらいで終わったのですが、問題は昨夜まで3日間も直江津駅近くの駐車場においてあるゴルフの“救出”です
c0187298_17562828.jpg

3日前の早朝、こんな感じで家を出て直江津駅から電車に乗りこんで…とくれば察しのいい方はもうおわかりでしょうが、ま、それは明日以降にして、なにはともあれ直江津駅に向かわねばと北陸線の運行状況を糸魚川駅に照会しました
すると、「現在、糸魚川・直江津間は運休で、バス代行を行っています」とのこと
そこで(なんという失態か!!)ゴルフに積むのを忘れていたスコップと“雪かき棒”を手に名立駅に急ぎます
c0187298_1757445.jpg

そこにこのへんでは見たことのないようなこんな色の電車が停車中で、ちょうどいた車掌さんにお聞きしたら直江津駅構内がこの雪でどうにもうまくサバケテいないようです
ということで予定どおりの代行バスで直江津駅に向かいます
c0187298_17572487.jpg

そして、駐車場の中でまさしくゴルフを探しました
だって、こんなですもん
c0187298_17574391.jpg

「確かこのへんだったけどな~」と思いながらドア(アン)ロックのリモコン・キーを押すといつもの音が雪の中から聞こえてきました
それから20分の格闘後、見事救出成功!
c0187298_1758180.jpg

明日以降も冬型の(それもそのはずで、だって今、冬だもんね…)天候が続くようです
しばらくは外出を控え、せっせと机に向かうことにします
みなさんもどうぞ雪道での運転、そしてインフルエンザに気をつけてお過ごしください
[PR]
by mm-nadachi | 2011-01-16 17:52 | なんでも | Comments(0)