<   2010年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧

二度あることは三度なくていい!?

まずは昨日のお約束どおりのブドウ園の見晴らし台からの頸城平野(のごく一部)です
思っていた以上にまだ刈り入れ前の田んぼが黄金色に広がっています
c0187298_23545510.jpg


今日はこのブドウ園の代名詞ともいえるマスカットベリーAの収穫でしたが、午後からは市内の農業高校生の実習がありました
彼ら彼女らは私たち隣の棚での収穫作業でしたが、それでもにぎやかな声が絶えることなく聞こえてきて…
c0187298_2355163.jpg


そうなると私にすればどうしても「なんじゃこりゃ!!これが実習って言えるんかい!!」って思うわけで…
そんなことをバイトのみなさんと休憩時間に話していたら「俺の高校時代は…」高校3年生の夏休みには名古屋の味噌店とか東京の製氷業へ実習に行っていたとかいう経験談が出てきて、最後は「彼らを俺たちと一緒にさせれば厳しく指導してやるのにね…」というところまで盛り上がった(?)のですが、それはあえなく(ブドウ園のNさんから)却下され、彼らはこんな私たちの勝手気ままな議論はどこ吹く風というように時間になったらサーって帰っていきました

なお、彼らの名誉のため(?)に付け加えると「だいたい予定どおりの数量は収穫していったわね」とNさんから後で聞かされました

“閑かさや アンチャンたちのいない ブドウ園”に次の現れたのがこのカナチョロです
c0187298_23554391.jpg

私が切り取ったブドウの房にちょこっとのっていて、それが逃げようともしないでキョロキョロしていたので、バイト仲間のIさんから撮っていただきました
7月のハチに続いて今日はカナチョロです
さて“二度あることは三度ある”の次はなんでしょう?
[PR]
by mm-nadachi | 2010-09-29 23:53 | 灘立農園 | Comments(2)

雨男降臨!?

この二枚の写真だけ見れば収穫時期を迎えたブドウ園の秋空を気持ちよさそうに飛ぶ赤とんぼって…いかにもさわやかな秋の到来というふうにご覧になるかもしれませんが…
c0187298_23402569.jpg












c0187298_23405297.jpg













実はこの写真をご覧いただければおわかりのように、これは今日の収穫作業が終わり、詰所に戻るところなんですが、みんなの服装に注目!!
c0187298_23413827.jpg

雨カッパを着ているのが見えますか?
そうです!
私にすれば久々のアルバイトだったのですが予報どおりのほぼ終日の雨でした
でも、最初の写真のように午後は15:00過ぎまでは赤とんぼが舞う“曇ときどきの青空”だったのですが、それでもブドウや葉っぱはしっかり露がついているのでカッパはなかなか脱げずに、今日は気持ちの悪いムレムレ・マンでした

明日は見晴台にあるブドウ棚での収穫とのこと
稲刈りはほぼ終わってしまったようですが、それでもいいので秋の高田平野をすっきり見わたすことができたらと祈りつつ、そして一日も早く雨男の汚名返上を!
[PR]
by mm-nadachi | 2010-09-28 23:36 | 葡萄園アルバイト | Comments(0)

暑さ寒さも彼岸まで…が過ぎて

今日、ふれあいランチ配達の途中で土手の上に咲いている真っ赤な彼岸花を見かけました
c0187298_23391062.jpg

秋のお彼岸が終わってから咲き始めたのでしょうか…
そういえば「今年は猛暑の影響で一週間ほど開花が遅れているんです」ということを先日訪れた山形県寒河江市の本山慈恩寺で聞いたことを思い出しました

この「歴史が息づく東北の名刹」が五木寛之著「百寺巡礼・東北編」に掲載されているのを知って、今回、山寺の名で、そして芭蕉の「閑さや 岩にしみ入る 蝉の声」が残されたことでもよく知られている立石寺から鶴岡に向かう途中で立ち寄りました
c0187298_23394388.jpg


前回の能登半島のときもそうだったのですが、京都や奈良と違って地方のお寺ではなかなかご本尊などを拝見できないのですが、この本山慈恩寺では多くの仏像を間近に見ることができ、今から1,260年も前に東北地方にもこうした強い信仰と優れた文化が存在していたことにある意味大きな驚きを感じました

これは文化と言えるかどうかですが、山形では稲を干すのにこうやって交互に重ねていくんですね
c0187298_2340943.jpg

これも「はさ木」の一種なんでしょうがどうしてこんなふうにするのでしょうか?
そして、これはなんて言うんでしょうね?
またまたで恐縮ですが、どなたか教えてください

そうそう
ふれあいランチの配達から戻ってきたらこんな光景が…
c0187298_2341048.jpg

みなさんも気をつけてください
[PR]
by mm-nadachi | 2010-09-27 23:37 | 旅行 | Comments(2)

ウイークエンド・リポート~いつの間にかの秋~

いかにも「これが秋!」といった感じの“すがすがし日和”の週末でした

こんなときはもちろんの農園と自転車です

農園は金曜日までの雨でさすがに(競馬風に言うと)“やや重”(ちなみに私は競馬はしませんが…)状態だったので収穫や草取り、そして虫除けシートの上に白菜や大根をかじりに集る(「タカル」と読んでください)憎っくき虫どもをガムテープで駆除したり…

本当はこの何十匹という虫をくっつけたガムテープを見ていただければ“論より証拠”になるのですが、みなさんの中にはあまりの気味悪さに卒倒する方もいるかもしれませんので…

それはさておき…こんなことをいつもは一人で地道にやっているわけですが、週末はときどき相方さんが応援にきてくれてこうして相変らずのへっぴり腰で畝作りです
c0187298_22283656.jpg


先日は灘立農園の周りのススキをご覧いただきましたが、今日はこれも定番のコスモスです
c0187298_2229234.jpg


そして、午後、農園に着いたら先客が…
人里離れたこの灘立農園になんとネコが日向ぼっこにきてました
カメラを向けたらお昼寝を邪魔されたのが気に入らなかったのかにらまれてしまいました
c0187298_22302582.jpg


さてさて、早いもので来週がいよいよ初参加のGF糸魚川です

ということで土曜日の午後に5度目のコース試走に行ってきました
と言っても名立から能生への第一の山越えだけのつもりだったのですが、結果的にはこれがなんと大正解!
というのは大会一週間前ということなのでしょうが、コースの分岐点などに「⇒」の標示板が設置されていて、ついつい第ニの山越えまでしてきたのですが、この間だけでも「あれっ?あれっ?」と2ヶ所でこれまでコースと信じて走っていたところが違っていたということが判明!?
自分のうかつさに呆れるとともにこれでコースアウトの心配はなくなったとひと安心
あとはがんばって走るだけです
でも、今年は大きなイベントのときはなんだか雨が多くて…

そうそう、この日は第一の山越えの上りで前を行く“同業者”を発見!
c0187298_22351976.jpg

少し併走しながら聞いたら第2回から連続参加で、「こんな坂はたいしたことないんだわ。最後にすごいのがあるだわね」と…
きっとこれはあの不動滝直前の激坂のことでしょうね
来週はお互いがんばりましょう!

c0187298_22313187.jpg

そしてこれは第二の山越えの途中の能生グリーンメッセ近くですが、後ろはブナ林でしょうか?
当日はきっと眺めるゆとりもないのかな?

さて、今週はブドウ園アルバイトも再開です
みなさんにとってもいい一週間でありますように…!!
[PR]
by mm-nadachi | 2010-09-26 22:24 | 灘立農園 | Comments(0)

長寿の秘訣

今、横町いきいきサロン運営委員会では毎月の“いきいきサロン”のほかに、いきサロの利用者のみなさんから昔の話(「昔々あるところに…」という“昔話”ではありません!)を聞かせてもらい、みなさんのお話の中からこれからのまちづくりの参考になることをまとめ、それを次の世代に伝えていこうという取組み(正式には市の地域活動支援事業というんですが…)を進めています

今日はそのインタビューの2回目だったんですが、予定していたうちのお二人が都合が悪く3人のバーちゃんが集まってくれました
3人ともわが横町の高齢者番付があれば間違いなく横綱、大関級に位置づけられる年齢でなんと91、89、88歳の長老トリオです
c0187298_23122743.jpg

                   *左から91,88,89歳のバーちゃんたち(88歳は私の母です)

インタビューといってもできるだけ堅苦しくないようにするためにお茶を飲みながらお菓子を食べながらみんなでワイワイといった和やかな雰囲気の中でと思っているんですが、難しいのは(?)話の内容があまりに本題から離れないようにユルユルと本筋に戻すことです
でも、それがバーちゃんたちのお茶のみのスタイルなんでしょうから大概はほとんどそのまんまにしちゃいますけどね
c0187298_23141531.jpg

                   *いきサロ運営委員会のH代表や私の相方さんも一緒に…

で、最後にみなさんに長寿の秘訣をお聞きしたんですが、91歳の“横綱”は…
「人と同じことしているだけだわね。若いときには車もないすけ歩いて郵便配達やったし、仕事終われば畑にも行ったすけえね。」
つまりは…規則正しい生活と“よく働きよく食べる”という“普通の生活”が一番のようです

ということで“よく”農夫したいので明日は晴れてくんないかな~
[PR]
by mm-nadachi | 2010-09-23 23:08 | ボランティア | Comments(0)

“雨読の友”は藤沢周平…でがんす

昨日の“状況説明”のように今週はブドウ園のアルバイトが休みで思いっきり農夫しようかと思っていたのに、なかなかうまくいかないもんで、今日も雨!

先日も久しぶりに会った高校の同級生から「晴耕雨読はどうだね?」と聞かれ、「うーん、イザとなるとなかなかね~」となんだかはぐらかしたような返事をしておいたのですが、「ま、たまにはいっか」と久々に本棚から藤沢周平の文庫を何冊かひっぱり出して…

なぜ藤沢周平なのかなんですが、かなり前に少しまとめて読んだことはあったんですが、最近WOWOWで「たそがれ清兵衛」ほか2本の映画を観ることがあって、本ではほとんど記憶になかった「…でがんす」という言葉がいたく気に入って…

そんなこともあって先週末の山形旅行では最後の訪問地として藤沢周平の出身地鶴岡市に今年の4月末に開館した藤沢周平記念館に行ってきました
c0187298_22535727.jpg


その日はあいにくの雨のせいだったのでしょうか、鶴岡公園内の自然と調和して(藤沢周平の作品から感じとられるように)静かな佇まいの中にある記念館には思いのほか多くの来館者がきていました

「藤沢文学と鶴岡・庄内」や「藤沢文学のすべて」、「作家・藤沢周平の軌跡」の常設展示に加え、開館記念特別企画展として「『蝉しぐれ』の世界」をやっていました
これまでも何度かこうした作家の記念館を訪れたこともありましたが、こんなに心静かにゆったりした時間を過ごしたことはありませんでした

そんなことがあって“雨読の友”として久々に読んでみようと思ったわけですが、ふと思い出して先日観たばかりの「隠し剣鬼ノ爪」の原作を探したのですがどうしても見当たりません
そこで“雨読”に少し飽いた午後に、これも久々の体育館ランで汗を流してきた帰りに本屋さんに寄ってみたら…

そこにいたのは高校の同級生の(ブログ名では)umeさんでした
なにを隠そう、私に藤沢周平の面白さを教えてくれたのは彼ですし、先日会ったときに彼の手にあったのも藤沢周平の「一茶」です

彼とは行ってきたばかりの藤沢周平記念館のことなど、少し立ち話をしてから私は「鬼ノ爪」が載っている「隠し剣孤影抄」(と「CYCLE SPORTS 2010/10」)を買って帰ってきたのですが、彼との会話中にあることを思い出してしまいました

それは藤沢周平記念館で絶対に聞いてこようと思っていた…
「『…でがんす』は今も鶴岡(またはその周辺)では使われているのでしょうか?」

どなたか彼の地に知り合いがいたら聞いて教えてください
よろしくお願いします

明日も雨予報です
ならば明日も藤沢周平の本か?
はたまた映画か?
それは明日の気分次第で…
[PR]
by mm-nadachi | 2010-09-22 22:51 | 読書 | Comments(2)

最後はシュートで!!

(私の“野球小僧30年”の経験から)野球の試合で2アウトでランナーがいるときのバッターにはベンチからこんな声がかかります
「ランナー残すなよ!」
つまり「お前が打ってランナーを返すんだぞ!」という意味合いで、こういうチャンスのときの“お約束の”言葉がそれぞれのスポーツにはあるのでしょうが、サッカーの試合をテレビで観ていると解説者かときおりこんなふうに言うのを聞いたことがある人もきっと多いと思いますが…
「最後はシュートで終わりたかったですね~」

今日の灘立農園の仕事終いはこんな気持ちでした

その前にちょっと“状況説明”を…

今日は火曜日で本来(?)はブドウ園の収穫アルバイトの予定だったのですが、今週はブドウ園の都合でバイトはお休み!

ということで…でも、先週末は山形方面に旅行に行き(これはもう少ししたらブログにアップしますので…)、昨日は雨もあったりで、実は久々の農園だったのです

ということでようやく本題に入りますが、今日は白菜と大根の生長の悪い苗を選(すぐ)り、その後で施肥するというゴクゴク普通の仕事だったのですが、いくら虫除けのビニール網をかけてあってもやっぱり虫食い箇所がかなり見られて…
それに引きかえ周りの畑を見れば穴一つ開いていない(?)白菜や大根がスクスクと育っていて…
こんなふうに毎年この頃が無農薬栽培の気持ちが一瞬でも揺らぐ時期ですが、いやいやこれでがんばります!

そして帰り際にナスやキュウリ、オクラなどを収穫するのですが、こうした夏野菜はそろそろ終わりに近づいてきていて、おまけに農園周辺のススキの穂もいつの間にか白く色づいてきていてなんだか寂しげな気持ちになってしまいました
c0187298_22262517.jpg


そこでこの言葉が突然のように閃いたのでした
「最後はシュートで!!」

ということでサツマイモを少々掘ってみたら予想外の“豊作”で少し気分も晴れたような久々農夫のちょっと切ない夕暮れでした
c0187298_22251780.jpg

[PR]
by mm-nadachi | 2010-09-21 22:20 | 灘立農園 | Comments(0)

2010年9月16日は…

今日は相方さんの誕生日です
これから1月1日の私の誕生日までは同い年になります
それはともかくこれからも元気でがんばってください

今日はブドウ収穫バイト2日目です
それなのに終日の雨でした
雨の日は収穫しないブドウ園もあるのだそうですが、カッパに身を包んで今日はマスカットベリーAとレッド・ミルレンニウムの収穫です
c0187298_23415163.jpg


今日も雨で実はバイトが終わってからブドウ園の近くを夕暮れまで走り回ってから帰るという目論みは今日も果たせず…
ということで明日の秋空を祈って神棚の前で神妙に出番をまっている相棒兄弟です
c0187298_2342964.jpg


今日で“手前味噌”を作ってから半年と10日が経過しましたので、ちょっと味見をしてみました
c0187298_23422658.jpg

ちょっとショッパイかな~と思って、今使っている某味噌もなめてみましたがそのショッパサといったら!!
あと一ヶ月くらいこのままうまく醸成してくれたらと願いつつもうしばらくはお蔵入りです

巷では「民主党政権誕生から一年」なのかもしれませんが、これが私の2010年9月16日でした
[PR]
by mm-nadachi | 2010-09-16 23:39 | なんでも | Comments(0)

今年もブドウ園での収穫バイトが始まりました

それにしても昨夜の涼しかったこと!!

久々に長袖・長ズボンのパジャマを着て、でもきっと夜中には(もちろん無意識に!?)脱ぎ捨ててしまっているだろうなという予感はまったくのハズレで、なんと薄い掛け布団にしっかりくるまった姿で朝を迎えたのでした

そして、これが今朝のわが家の“灘立農園産有機野菜朝食”です
c0187298_2112271.jpg

・栗ご飯…夕飯後、「虫食いばっかじゃない!」といいながら(相方さんです!)も“くりくり坊主”で皮むきして早速の作ってくれた栗ご飯です
・味噌汁…具は白菜のすぐり菜
・ナスの漬物…「夏はナスの漬物だけあれば!」という相方さんの大好物です
・残り少なくなったトマト
・ジャガイモ、白菜の選り菜、ハムの油炒め

朝からこんなに食べていいのかというほど食べて…いざ、ブドウ園へ!

そうです!
今日から3年目のブドウ園での収穫アルバイトです

何人かの“新人さん”もいましたが、ほとんどは顔なじみのみなさんです
なので今日は作業しながらも「どうしてた?」とか「暑くて大変だったね~」とかの会話に“花が咲きます”(でも、ちゃんと手は動いていましたからご安心ください!?)
c0187298_21121179.jpg


私的には「畑はどうだった?」で水上げの苦労話をしたり「みょうがまつりのサックスとてもよかったわ」で嬉しくなったり…
ノンキな農夫もいいですが、こうしてワイワイやりながらの楽しさを一ヵ月半ぶりに感じたアルバイト初日でした

でも、仕事終了間際のいきなりのドシャ降りにはまいりました
明日も終日弱雨の予報です
しばらく鳴りを潜めていた雨男の登場なのでしょうか?!

ともあれ今年も“ブドウ園バイトだより”をお楽しみに!!
[PR]
by mm-nadachi | 2010-09-15 21:05 | 葡萄園アルバイト | Comments(0)

灘立農園も夏から秋へ…

どうして昨日から「ニンニクの植え付け!」としつこく言っているかは最後にお話するとして、おかげさまで(?)で今日ようやく第一陣終了です

ニンニクは年間を通じていろいろな料理に使いますし、ちょっと風邪気味かなってときにはフライパンで焼いたものを食って体力回復を図ったり…
そしてなんといってもこれから始まるキムチ作りには欠かせません

ということで今年も昨年と同じくらいの量を植え付けるつもりなんですが、このニンニクの種ってのがけっこういい値段なんで、これなら買って食べたほうがいいかもと思うときもありますが、やはり基本はできるだけ灘立農園産野菜での自給自足を目指すということにもうしばらくはこだわっていこうと思っています

このほか、灘立農園では今年の猛暑を耐え忍んだネギやサトイモがようやく生気を取り戻してきたようですし、白菜、大根なども今のところ順調に生長しています
そして、ニンニクほか冬を越えて収穫予定のタマネギや三月菜、五月菜などの播種も終わり灘立農園もいよいよ秋模様に景色を変えつつありますが、まだまだどっこいナスやキュウリ、オクラなどの夏野菜も最後の踏ん張りを見せてくれています

こんなふうに野菜にばかり気がいっていたのですが、今日、春に駒打ちしたキノコの状況を見にいったら、なんとその周りに栗が落ちていて、かなり虫食いにはなっていましたが久々に思わぬ栗拾いができました

そして今年は胡桃も豊作なのでしょうか?
というのも味噌用大豆畑を覆うように胡桃の大木があって、畑や道に胡桃が“散乱”していましたのでこれもありがたくいただいてきました
栗は栗ご飯にするとして、さて胡桃はどうしようかな~
c0187298_2259446.jpg

                  *左が栗で右が胡桃ですが…

こんなふうに灘立農園は日一日秋の色を濃くしていますが、里山にはまた違った秋景色が広がっています
昨日、ふれあいランチの配達途中でいったいいくつのハサ木を見かけたとこでしょう
c0187298_230377.jpg

                  *かなり幅のあるハサ木

それぞれの地域や家庭に昔から伝わる様々なハサ木を見ていると私も家の裏にあったハサ木のことを思い出しました
中学生のころまではかなり上のほうにある田んぼからセナコウジで背負って下ろし、それをリヤカーに積んで家まで運び、そしてハサかけしていたのです
c0187298_2304159.jpg

                  *わが家にもかつてはこんな風景があったのですが…

先日の棚田の保存と同じくハサ木での米作りもかなり手間がかかることと思いますが、できるだけ長くこうした風景が残ってほしいものです

ということで、ニンニク植え第一陣も終わり、さて、いよいよ明日からブドウ収穫のアルバイト開始です!
[PR]
by mm-nadachi | 2010-09-14 22:49 | 灘立農園 | Comments(0)