<   2010年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

“苦い”山菜採り

朝からの雨で農園三昧の連休暮らしを目論んでいた出鼻をくじかれたような感じでしたが、ともあれ午後は農園に行ってきました

でも…、雨上がりなのでざーっと畑をひと回りした後で山菜採りです

私はこれまで山菜採りといえるようなことはほとんどしたこともなく、せいぜい畑仕事の後でフキを採って帰るくらいだったんですが、先日、相方さんと毎年同じ場所に咲くカタクリの花を見に行ったら、その周りにゼンマイがニョキニョキしていて、なんとはなしに採り始めたらそれなりになって…

何日か後でこれを茹でて2,3日水に浸して灰汁抜きしたものが味噌汁の具になって出てきて、これがなかなか美味しかったのでその後もなんどかブラブラしながらゼンマイを採っていたこともあって今日も土手を登り始めたんですが、お目当てのゼンマイはそろそろ終期のようで、その代わりにワラビがなんとこんなに採れました!
c0187298_038573.jpg

               *右は農園の土手で採れたウドです

ゼンマイは土手みたいな傾斜地でよく採れるんですが、ワラビは萱(カヤ)やスギナなどが茂っている場所にあって、実はそれは耕作放棄して何年か経った後の田畑の“なれの果て”なんです
そして、これまで山菜採りに騒いでいたジーさん、バーさんたちが高齢になってもう姿を見せなくなったということもあって、私のような農夫でもこんなに簡単に(!?)採れてしまうということがなんだか単純に(素直に)喜べないような(春の山菜の特徴でもある)ちょっと苦い気持ちになってしまいました

さて、明日はちゃんと農夫しましょう!
[PR]
by mm-nadachi | 2010-04-30 00:34 | 灘立農園 | Comments(0)

新記録樹立!?

昨日、Kさん(実は有紀ちゃんのお父さん)からこんな(お得意のダジャレ調の)メールが届きました
 蜃気楼マラソンお疲れ様でした。
 天気は風もなく絶好のマラソン日和で、蜃気楼も新記録もでましたか?

結果的には残念ながらこのふたつとも果たせなかったのですが、今日、ちょっと変わった新記録を樹立してしまいました

「ジャガイモ植えは春祭りまでに!」というイニシエからの慣習を破り(?)、といっても山小屋をガサゴソしてたら植え忘れた種イモを見つけたという理由なのですが…ご先祖さま、なにとぞお許しください
こんなに遅く(!)植えてどうなるのかまったくわかりませんが、なにはともあれ《ジャガイモ植え最遅新記録》です
c0187298_22494017.jpg

             *黒マルチの奥がジャガイモ、手前がツクネイモの畝

今日はそのほかにはキュウリの播種(黒マルチ)して、ツクネイモの畝を作って午後から植えようと思っていたら…予報どおりの雨になりました

こうして灘立農園もなんたらかんたら言いながらも少しずつ畑らしくなっていきます
[PR]
by mm-nadachi | 2010-04-27 22:45 | 灘立農園 | Comments(0)

去る春、そして来る春

風は冷たいとはいえ今日で3日連続の青空です
いや、逆かな?
今日で3日連続の青空ですが、やっぱりまだ風は冷たいですね
これでいいのだっ!
c0187298_2145856.jpg

なのでランチ配達中に芽吹いたばかりのブナ林を見たよってSさんに話したら、「そーだな。そりゃブナだわ。んでも、いつもよりは一週間は遅いな!」
桜のヒッソリとした桃色からだんだん緑の色が濃くなっていく山景色を見るのは春の楽しみのひとつです
c0187298_2152472.jpg

            *越後33観音札所一番札所の岩屋堂観音の登り口の桜

午後は昨日の分まで…とがんばって農園仕事でした
何年かぶりにゴボウの種を蒔いて、キムチ作りに欠かせないショウガを昨年に続いて植付け、そして毎年GWに定植するトマトやナスなどの畝作りなど…汗をかきかき終わらせることができてヤレヤレでした
c0187298_21669.jpg














c0187298_2162768.jpg

明日の午後からまた雨模様です
そうなったら昨日から少し体調不良気味なので休園にしてゆっくりすることにします
みなさんも春風邪に気をつけてお過ごしくださいませ




そうこうしている間にもう五月ですね
c0187298_2171823.jpg

          
[PR]
by mm-nadachi | 2010-04-26 21:03 | 灘立農園 | Comments(0)

蜃気楼が見たいな~《魚津しんきろうマラソン》

どうにも最近はJR西日本のお世話になることばっかりで、4月2日の富山・岩瀬浜、7日の福井・永平寺、10日の富山・チンドンに続き、4月だけでなんと4度目の北陸本線に乗り、今日は魚津です

魚津っていえば蜃気楼で、今日はそれが大会名にもなっている《魚津しんきろうマラソン》のハーフを走ってきました

例年であればランのシーズン・イン大会は先週の米山マラソンなのですが、今年はいきいきサロンと重なり、今日が今年の初大会といっても…あっ、東京マラソンですか?
あれはオマケみたいなものですから、私にはこうしたローカルな大会でいいです

なのに今日は朝から快晴!!
名立駅に向かうときに見えた灘立農園が「おーい!」と私を呼んでいるような声と残像を振りきり…と言いつつもいそいそと魚津に向かったのでした

魚津は昨年9月に越中宮崎~富山のしんきろう自転車道を走ったことを綴った9月22日のブログで少し触れていますが、こんなに早くまたこの街を訪れるなんて思ってもいませんでした

スタート(とゴール)は《ありそドーム》です
c0187298_20371446.jpg

ここをスタートするとすぐに昨年自転車で走った海沿いの“しんきろうロード”に入ります
海沿いにもかかわらず今日はほどよい微風です
最近は3~5㎞走るころまでにその日の“ペース・メーカー”を探すようにしていますが、今日(勝手に)“お願い”したペース・メーカーはこちらのお二人です
後から見ていて体のどこにもまったく力みがなく、でも、しっかりした足どりで着実に前に進みます
c0187298_20373830.jpg

といいつつ私がウロチョロしている間にお二人はドンドン先に行ってしまいましたけど…

そんなこんなで最初の給水ポイント(5km手前ころ)に近づくにつれ聞きなれた曲が聞こえてきました
c0187298_20391210.jpg

それは魚津工業高校の生徒たちが演奏する「負けないでもう一度…」でした
しばらくそこで聴いていたいくらいでしたが、そうもいきません

ここまでのコースはほとんど平坦なので走りやすいといえばそうですが、私には逆にやや単調すぎて…なのでいつものように写真撮ったり、道脇の畑を眺めたり…とどうにもランに集中できないフマジメなランナーですね

そして、いつものことですが“名もない”ランナーに声援を送ってくれるみなさんに感謝です
今日はなんといってもこちらの(元)ガールズでした
c0187298_20394470.jpg

私がカメラを向けると一斉に小旗を振ってキャーとかヤダーとか…とにかくニギヤカなガールズでした

ところで蜃気楼は…とお思いのみなさん!
結論からいえば今回も残念にも…でしたが、ちょうどビューポイントあたりにはこうして“蜃ちゃん”カメラ団がいたのでコースを少し離れて聞いてみたら、(やっぱり)「今日は出そうなんですけどね…」と〇〇みたいな言い方でおかしかったですが、ともあれ次回こそ!?
c0187298_20402669.jpg


もちろんランナーにも個性豊かな人が多く、今回ご紹介するのはこのお二人です
まずはこのブログにはなんと(!)2度目(前回は昨年11月の《扇状地マラソンinにゅうぜん》で…)の登場の“くびき野くん”です
こんなカッコウしてるのに早いですよ
c0187298_20405976.jpg


そしてこの後姿です
c0187298_20411510.jpg

東京マラソンのときにもスーツ姿のランナーは何人かいたのですが、このランナーは一見松田優作って雰囲気なんですが、正面に回るとあの(ルパン三世の)銭形警部のようなヒゲ面(でも、付け髭でした)で…

ということで「ゴールまでしっかり走りきる!」という目標はなんとかクリアーできたような2時間11分でしたが、着替えして魚津駅に向かおうとドームを出たとこで私には“縁もゆかりもない”表彰式をやってました
c0187298_20442650.jpg


それにしても魚津駅前に立つとすぐそこに立山連峰があるように迫ってきて、雪を頂いた山並みを見ているだけで凛とした気持ちになれます
c0187298_20413547.jpg

[PR]
by mm-nadachi | 2010-04-25 20:32 | ラン | Comments(0)

顔によらず心を選べ!?

しばらく春めいた日が続いていたと思っていたら、昨日からまた雨が降ったり寒かったりで、せっかく農夫らしい生活になってきたのがまた空を見上げながらの暮らしになってしまいました

ということで午前は急きょ糸魚川駅まで、それも自転車で行ってきました
c0187298_18423757.jpg

            *能生白山神社横に設置されている久比岐自転車道の案内板

なにしに行ってきたかといえば、JR西日本から《おでかけパス》という「とってもお得!!」な切符が発売されていて、「土・日・祝日限定!フリー区間の普通列車一日乗り放題!」で2,000円なんです
(ちなみに「  」はJRのパンフからの引用です)

どこへ行くかっていうと25日(日)の魚津しんきろうマラソンで、名立駅~魚津駅は片道1,280円なので往復で560円も「とってもお得!!」なんですが、この切符を買うためには糸魚川駅まで行かないとだめなんです

ところがですよ…
糸魚川駅までは名立駅から片道400円、つまり往復で800円です
ということは2,560円の切符を2,000円で買うために2,800円かかってしまうという“椿事”にハタト気づいてしまったのです

「なら車で行けばいいじゃない」って考えているアナタとはここでお別れなので悪しからずご容赦ください

で、どうしたかっていうと「雨上がりだから農園には行けないのだっ!」と自己弁護というか絶好の口実を見つけて大好きな自転車で出かけたのでした

自転車道路沿いは散り始めた桜や今が満開の水仙やらこの時期ならではの景色が広がっていましたが、今日は風が冷たかったですね
c0187298_18451442.jpg

帰りには能生の白山神社でお参りをして、珍しくおみくじを引いてみました
c0187298_18453316.jpg

運勢は中吉で「古きをすてて新しきにつくがよい あまり一つの物にとらわれて役にも立たぬことを思ってはだめです 元気を出して捨てるべきはすて進む所へ進め」(原文のまま)とのご宣託でした

そのほかにもいろいろな項目(?)があって、「旅立…思いきって出よ 吉」とありましたので、またいろんなところに自転車で出かけることにしたいと思いますし、「病気…医師を選べ」とありますので気をつけたいと思いますし…と、自分に都合のいいように読んでおきたいと思っています

そして、もっとも特筆すべきご宣託はやっぱり「恋愛…顔によらず心を選べ」でしたね
ごもっともです
[PR]
by mm-nadachi | 2010-04-21 18:37 | 自転車 | Comments(0)

花よりとん汁!?

週末は日本三大夜桜(と称されている?称している?)の高田公園城跡の4,000本のソメイヨシノが満開でタイソーな人出だったようでしたが、私たちは“地域密着型お花見”ということで今年度第1回目のいきいきサロンでした

名立区にも桜の名所が何ヶ所かあって、今回のサロンの会場になった山海荘周辺もそのひとつで、特にここはソメイヨシノと八重桜の2種類があって、長く花を楽しむことができます
c0187298_0213042.jpg

小さなころはここまでヒーヒー駆け上がってきて(今思えばこんなに狭い広場ですが)みんなで野球をして遊んだものでした
c0187298_02155100.jpg

                *街並が一望できる高台にあります

今回もいつものように軽運動からサロンの始まりです
椿寿苑の長井所長さんからは毎回いろいろな趣向を考えてきていただいていて、今回は“チャンバラ棒”(実は水道管の保温材みたいなもの)を使った体操でした
c0187298_0225913.jpg

このほかにもこうしてオバーちゃんからちっちゃななこどもまで誰もが楽しくできるような体操がほとんどで、体操が終わるころにはうっすらと汗をかいているくらいです
c0187298_0234449.jpg


時期的には少し早いですが、今回の創作は「こいのぼり作り」です
色付きの型紙を糊で貼り、割り箸に順番に付けていくんですが、これがなかなか難しくてみなさんちょっと苦労されてました
c0187298_0245844.jpg

ちなみに私もこういうのは大の不得手ですので、きっと途中で放り投げてしまうでしょう

今日は残念ながら“花より団子”も花見酒もありませんが、今日の主菜はとん汁です
みなさんからはお椀とオニギリを持ってきてもらい、とん汁はボランティアのみなさんからがんばっていただき大鍋いっぱいに煮込んでもらいました
c0187298_0253887.jpg

とん汁をいただきながら“せめての”カラオケを楽しんでいただきましたが、「雪国」を皮切りに「雪椿」「長良川艶歌」「山」「祝船」「男船」「天城越」「北の宿から」といったおなじみの演歌が続き、最後は「北国の春」を全員で“合唱”してオヒラキです
c0187298_026280.jpg

今さらながらにみなさんのパワーとエネルギーに脱帽です

そして、いつもの集合写真はせっかくなので屋外にして、桜の下、そして後には日本海という絶好のロケーションでした
c0187298_0263840.jpg



最後に山海荘で発見した《逸物》を2点紹介して…
その①
c0187298_0265337.jpg

平山郁夫画伯のシルクロードを題材にした絵だと思いますが、裏を見たら東京名立町会からの寄贈のようでした
たとえ複製にしてもここにこんな絵が掛けられているなんて…

その②
c0187298_027388.jpg

ご覧のとおりの懐かしの黒電話!
受話器を上げたらツーツーって音が聞こえたので今も現役なんでしょうね
[PR]
by mm-nadachi | 2010-04-20 00:19 | ボランティア | Comments(0)

経済観念ゼロ農夫のぼやき

夕方、久々に揺れを感じたと思ったら下越地方で震度4とか…
おまけにこの寒さで場所によっては雪もあるとか…
天変地異なんてオーゲサなことをいうつもりはありませんが、それにしてもこの天候はどーなっちゃったんでしょうね?

そんなんで今日も畑仕事は見送り、駒打ちもなんと4日目です
昨日もやっぱり300ヶ超でバッテリーが切れてしまったので、夕方急きょumeさんにお願いして発電機を借用してきました
そのときの「そんなにいっぱい打ってどーすんの?市場にでも出したらいいんじゃないの?ナメコやヒラタケよりもシイタケが一番だけどな~」という会話から、午前中に森林組合でシイタケの種駒200ヶ購入してきて、午後から発電機で予備のバッテリーを充電しながらの作業開始です

きのこの種類が違っても作業手順は同じなので4日目にもなれば“慣れた”ものですが、今日は昨日のumeさんとの会話を思い出しながらガーガートントンやってました
c0187298_0451064.jpg

           *手前の3つの菰がナメコで約500!奥の黒ビニールがシイタケで約170ヶ!

というのも私はどうしても野菜を作ることを楽しみを感じるタイプで、収穫後のことはumeさんの指摘のとおりあまり考えていないという、“経済観念ゼロ農夫”といってもいいでしょう

もっともどの野菜もそんなに大量に作っているわけではないので自家消費のほか長男のとこや親戚等に送れば大体それで片付いてしまうんですが、今回のキノコはさすがに…
ただし、駒打ちしたものが全部出たらという仮定の話ですが、それでも3種類の総計でとうとう1,000ヶを超えてしまいました
c0187298_047128.jpg

           *両方ともヒラタケで約330ヶ!

本格的な収穫は来秋になりますので時間をかけてじっくり考えることにします
こういうことを「取らぬ狸の…」というのでしょうが、それよりもまずは菌の培養管理です

でも、ノンキ農夫としてはそろそろいろんな種を蒔いたりしたいので、やっぱり晴れてくれないかな~ってのが正直なとこです

一ヶ月前に挿し木したブドウの芽は色づき、そしてふくらみ始めました
c0187298_0511756.jpg

でも、小学校跡地の桜はどうしても咲ききれないようです
c0187298_0513111.jpg


やっぱりなんか変ですね~

そうそう
変といえば200ヶあるはずのシイタケは正確にいえば166ヶしかありませんでした
森林組合よ!
どーなってるのよ!
[PR]
by mm-nadachi | 2010-04-17 00:40 | 灘立農園 | Comments(0)

花冷えの日々

日照不足など最近の天候不順で野菜の価格が上がっている…そうです

なのに今日も冬みたいな冷たい風が吹いている農園に行って、昨日から始めたナメコ種駒打ちの続きをやってきましたが、やっぱり今日もバッテリー切れで約280ヶで作業中止です
c0187298_23481410.jpg

              *手前が今日の分で奥の菰は昨日の分で合計400ヶ終了です

昨日の分とあわせてもまだ3割弱しか終わっていないので、明日からもシコシコ、いいえ、ギリギリ(穴開けの音)&トントン(駒を打つ音)でがんばっていきます

それにしても今日も寒かったです
なんたって帰りには一瞬ですがミゾレが降ってきたんですから…

みなさんもどうぞアタタカクしてお花見に行ってらっいませ
[PR]
by mm-nadachi | 2010-04-14 23:47 | 灘立農園 | Comments(0)

桜の樹の下には…

 桜の樹の下に屍体が埋まっている!
 これは信じていいことなんだよ。何故って、桜の花があんなにも見事に咲くなんて信じられないことじゃないか。俺はあの美しさが信じられないので、この二三日不安だった。しかしいま、やっとわかるときが来た。桜の樹の下には屍体が埋まっている。これは信じていいことだ。

これは梶井基次郎の「桜の樹の下には」という短編の書き出しですが、どうにも灘立農園の桜の木の下にはそんな物騒なものは埋まっていなかったらしく、そのせいで何年経っても花見ができるどころか、横の柿の木のエリアまで桜の枝が侵入して柿の生りに影響が出てきたため昨秋にバッサリ切ってしまいました

そのことは昨年の12月3日のブログに載せてあるとおりなのですが、そのときに「枝は細かく切って、太い幹部分は一冬寝かせて来春にナメコを打とうと思っていますし…」と続けたように、今日は初めてのナメコ種駒打ちです

種駒は森林組合からナメコ1,000駒とヒラタケ500駒を買ってきて、種駒を打ちこむ穴を開けるドリルはumeさんからの借用です

タテ間隔20㎝、ヨコ間隔5㎝と説明書にあるとおりにドリルで穴を開け、そこに種駒を打っていくといういたって単純な作業の繰り返し…のはずだったのですが、残念ながらドリルのバッテリーがあっという間に切れてしまい、今日は結局ナメコを100駒打っただけでやむなく作業終了です
種駒打ちの適期もそろそろ終わってしまうのでバッテリーを充電して明日また再開です

【作業手順】
①作業開始前
c0187298_0165545.jpg
















②穴あけ終了→種駒打ち
c0187298_0175897.jpg












③種駒打ち
c0187298_018215.jpg
















④種駒打ち終了
c0187298_0185061.jpg












⑤仮伏せ
c0187298_0191739.jpg












ということであんなに勢い込んできたのにあまりに早く終わってしまったので、その後は農園散策しながらようやく咲き始めたカタクリやスイセンなんぞで《農園風ひとり花見》をしていました
c0187298_0195068.jpg















c0187298_0201611.jpg 
[PR]
by mm-nadachi | 2010-04-14 00:12 | 灘立農園 | Comments(0)

《青春18きっぷ2010春②&④》続・富山って新潟より近いんだっ!

《富山紀行②》~100410 松川沿いの満開の桜とチンドン・コンクール~
昨日の続きから始めたいと思いますが、富山ライトレールには全部で13の駅があるんですが、どの駅も駅舎らしいものはなく、その代りにちょっと目を引くような看板が建てられていて、富山駅のホームにはこんな看板がありました
c0187298_23175370.jpg

おわら風の盆は「富山市八尾町(旧婦負郡八尾町)で毎年9月1日から3日にかけて行なわれている富山県を代表する祭りである。越中おわら節の哀切感に満ちた旋律にのって、坂が多い町の道筋で無言の踊り手たちが洗練された踊りを披露する」ものですが、私は高橋治の「風の盆恋歌」を読んでからこの切ない“恋愛小説”の舞台になった八尾のまちを初めて訪れたのですが、その後なんど行っても「艶やかで優雅な女踊り、勇壮な男踊り」を見るたび、そして「哀調のある音色を奏でる胡弓の調べ」を耳にするたびにこのまちに生まれ暮す人々を羨ましく思ったことなどを思い出し、また行きたくなってしまいました

あらら、ちょっと待ってください
今日はこっちの話題ではなくもう一枚の《チンドン》です
c0187298_2319195.jpg

これは今年でもう56回目になるくらいの歴史ある全日本レベルのコンテストで、「昭和20年の富山大空襲により市街地は壊滅状態となりました。その後、廃墟からいち早く立ち上がり、市の復興がほぼ完成した昭和30年、富山市に明るさと平和感を与えようと、富山商工会議所や富山市の発案で「全国チンドン・コンクール」というユニークなイベントが誕生」したとのことです

この日はコンクールの予選日で富山駅から会場の富山市総合体育館まで歩いていきましたが、その途中で“チン・ドコ・ブーブー”の音が聞こえてきて、間もなく3人組のチンドン屋さんの姿が見えました
c0187298_23201960.jpg

彼らはもう予選の出番が終わったようでノビノビとチンドンを楽しんでいるようでしたが、会場にはさすがに予選会場といった緊張感が漂っていました

30組出場の予選から本線に進めるのは8組という厳しい戦いですが、そこはプロのチンドン屋さんです
3分という短い時間の中でスポンサー企業のCMを行うわけですが、その中でも音楽性、ストーリー性や楽しさ、覚えやすさなどを織り込んで披露するのは見ている以上にきっと大変なんでしょうね
c0187298_23204481.jpg

そうそう
チンドンには太鼓のほかにサックスやクラリネットなどの楽器がよく使われていますが、あんなふうに“変身して”まちを流せたら楽しいだろうな~

この日はポカポカで春の暖かな日差しを受けながら富山市内の桜の名所松川沿いをノンビリ歩いて、ちょっと早いお花見も楽しんでくることができました
c0187298_2321924.jpg

こんな感じで《青春18きっぷ2010春》は富山・福井方面が多かったわけですが、これからも魚津しんきろうマラソン(4月25日!)や永平寺自転車輪行再チャレンジ(4月29日?)など、しばらくは西方行きが続きそうです
[PR]
by mm-nadachi | 2010-04-12 23:15 | 旅行 | Comments(0)