<   2009年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧

草アレバ草トルダケノコト

先週で9月からのブドウ園のアルバイトが、そして週末にはワイワイと結婚式もとどこおりなく終わり、今日から久々の“遠慮なし”の農夫暮らしです

ただ、明日からもう12月ということで、農園仕事も遅まきながらの冬野菜の収穫が主になるはずなのですが、12月の月間予報は「平年に比べて曇りや雨または雪の日が少ないでしょう。向こう1か月の気温は平年並または高い確率ともに40%です。降雪量は少ない確率50%です。」とのこともあり、今年は必要最小限だけ収穫して残りは農園で越冬させようかなと考えています

じゃなにをするのかといえば、昨冬寒い中で汗を流した“天地返し”は春一番の耕運のときになにもしなかった畑のほうが乾いている(=畑が打ちやすい)ことがわかったこともあり、今年はあっさりと方向転換というか撤回して、それならば“原点”に戻り草取りに精を出すことにしました

とはいえ、ぬかるんだ畑の草取りはその下の土と一緒に“けそがない”といけないので作業的にも、そして後始末的にも大変なのですが、来春の慌ただしさを考えれば(少し寒いけど)今の時期にゆったりやっておくほうがいいかなってことです

で、これが今日の作業終了後の状況で、畝の上に積まれたのがけそがれた草の山です
c0187298_21183845.jpg

明日はこれを土手脇に積む予定ですが、これは堆肥にはならずに気がつけばいつの間にかまた土に戻っているだけです

それでも久々の農園仕事は先週までのにぎやかなブドウ園のアルバイトにはない気ままさで十分楽しく過ごすことができました
こんな感じで今月中ごろまでには一枚ずつ畑を片付けていく予定です
[PR]
by mm-nadachi | 2009-11-30 21:12 | 灘立農園 | Comments(0)

君といつまでも…

私に二人の息子がいることはこれまで彼らの誕生日に“親バカ・ブログ”で紹介していますが、同じように(?)私には二人の兄妹がいて、それぞれ二人ずつの子どもがいます
昨日はその妹の長女の結婚式でした

その披露宴でサックス(私)、エレクトーン(兄の長女)、ギター(私の二男)、ボーカル(兄の長男、私の長男夫婦)、そして、指揮は花嫁の弟(妹の長男)という即席バンドを組んで、お祝いに加山雄三の《君といつまでも》を演奏してきました
c0187298_22123749.jpg

           *もちろん『幸せだな~』は花婿から花嫁に向けて…
といえばカッコイイんですが、指揮者を除いたメンバーが全員揃ったのは結婚式前日、というか前夜23:00です!!
それでも夕方までにはサックスと電子キーボードの音合わせが済んでいましたし、最後に加わった“ギタリスト”が予想以上の“凄腕”だったので《OK!OK!》なんてみんな気楽に構えていたのですが…
c0187298_2215054.jpg


やはり当日、披露宴前に会場で一度も音出しできなかったり全員で音合わせできなかったことが大きかったのか、みなさんからは大変喜んでいただいたり、驚かれたりして、それなりの好評をいただいたのですが、演奏者たちは一様になんかやり残したような、そんな顔つきで席に戻りました

私もその一人でしたが、年齢が離れた彼・彼女たちとわずか5分足らずとはいえ一緒に演奏できたことは楽しかったですし、実はサックス教室の発表会まで残り2ヶ月を切ったのになかなかソロもアンサンブルの曲もうまく吹けなくてかなり落ち込んでいるところだったのでした

でも、昨日の即席バンドでなんだかそのモヤモヤが少し晴れたような気がします
“うまく”なくても“楽しく”、そして“喜んで”もらえるように…
そんな気持ちで来年1月の発表会を迎えたいと思います

そして、残り3人となった独身者の結婚式で《また演奏しようね!》とバンマスの姪っ子と固く誓ってきたのでした

広美ちゃん!お幸せに!
c0187298_22175790.jpg

[PR]
by mm-nadachi | 2009-11-29 22:09 | サックス | Comments(2)

想定外の、でも楽しかった男二人の京都夜景散策

自分でも一体いつになったら《奈良報告》に辿りつけるのか…
ともかく…がんばりますので、もう少しお待ちいただければ幸いです

さて、そもそも今回は18日と19日に滋賀県大津市で開催された全国社会福祉協議会主催の研修会「地域の福祉力セミナー」等への参加から始まったでしたが、久々の座学は今や気ままな農夫暮らしに慣れてしまった身には正直きつかったですね

でも、12月からわが町内でもジーちゃんバーちゃんたちの“いきいきサロン”を開設するという時期であり、こうした地域における福祉活動のあり方を考えるにはいいタイミングでした

それにしても大津って京都のすぐ隣なんですものね
だって、JRで2駅ですよ!
ということで、18日の研修終了後に同行のSくんと男二人の京都夜景散策に行ってきました

ライトアップされていたとはいえ夜景ということもあり実はどれだけの紅葉だったのかはよくわからなかったのですが、行った先はねねが秀吉の菩提を弔うために開創した高台寺です
c0187298_2357468.jpg

        *残念ながら夜景ということもあり“まともな”写真はこれだけでした
          しかも、このオネーちゃんがいつまでもここから“ずらないで”イライラしました
平日の、しかも底冷えのする夜なのにいるわいるわのカップル(これはただ単にやっかみなのかもしれませんが)の中を男二人が歩いていきます
でも、不思議なもので独りのほうが気楽と思っていたのですが、他愛のない話をしながら男二人でブラブラするのもそれなりに楽しかったですね

そして、翌朝、“せっかくの”琵琶湖サイクルに出かけたのですが…

以下、明日に続く!
[PR]
by mm-nadachi | 2009-11-26 23:51 | 旅行 | Comments(0)

往く秋を惜しんで…

《さて、ようやくの奈良散策報告です》

という書き出しの予定だったのですが、今日はあまりの好天(その逆の“荒天”がどうして同じ発音なんでしょう?不思議なことってあるものですね)だったので、急きょ“ブドウ園アルバイト”に変更です

アルバイトは先週はわずか一日だけの“出勤”で、昨日はほぼ一週間ぶりのブドウ園でした
その間に剪定作業が順調に進み、あれだけ紅葉に染まっていたブドウ棚が散髪後の坊主頭みたいにすっきりし過ぎた感じの全景でした

昨日はこのブラック・クイーンという品種の剪定でしたが、一週間前に見た奈良の清涼な紅葉とは別の、なんていうか…そう、ズンとした手ごたえのある紅葉を惜しみながらの作業でした
c0187298_2264968.jpg

                  *“秋を刈り取る”
 
ということで今日のタイトルは《往く秋を惜しんで…》にしました

今日の最高気温は15℃とネットにありましたが、風がなかったせいか、それとも初冬らしくない強い日差しのせいか、とても暖かく感じた一日でした

今日の作業は“ハイマン”
なんのことかといえば漢字で書くと“配蔓”
つまり、ブドウの蔓を棚上に適切に配置する作業です
c0187298_2273159.jpg

剪定が終わったブドウ棚は哀しいくらいにスキスキで、今日みたいなきれいな秋空が鮮やかに見えていいんですが、春から夏にかけてはものすごい勢いで枝や蔓が伸び、葉が茂ります
そこで、翌年の“健やかな”ブドウの生育のため、この時期に“配蔓”を行っておくわけです

私にとっては初めての作業で、ブドウの枝(幹)を縄を使って棚に結わいていきます
この結び方が“男結び”というやり方で、昨年も少し教わったのですが、あれから一年…
でも、《案ずるより生むが安し》とも《習うより慣れろ》の言葉を引用するほど大袈裟なものではありませんが、なんとか一日の作業を終えることができました

そんな一日の作業スナップです
c0187298_2285256.jpg

                *“秋をいただく
                  ブドウ園のお隣のお宅からいただいた柿をみんなで頬張っています
                  久々にほっぺたが落ちるような甘さでした
c0187298_2295672.jpg

                *“秋を生きる”
                  赤とんぼが休憩している私の左肩で小休止
                  残り少ない“命”に幸あれ

こうしたブドウ園のアルバイトも明日が私にとって今期の最終日になります
《終わりよければ…》のように、ケガしないよう気をつけてがんばってきたいと思っています
[PR]
by mm-nadachi | 2009-11-25 22:04 | 葡萄園アルバイト | Comments(0)

初冬雑景②

22日(日)は穏やかな一日になりました

農園仕事に行く前に干し柿吊るしです
前日、知人からいただいたものなんですが、今年は灘立農園の柿が不作だったので大喜びでひたすらむきまくって…177ヶありました
さっそく朝日の当るベランダに干しました
c0187298_0404249.jpg

五葉松の“冬が濃い”、いいえ冬囲いとぴったりマッチした初冬風景…とお気に入りの一枚です

そして灘立農園に行く途中、サケ漁に多くの人が“群がって”いました
c0187298_0402675.jpg

サケ祭りは来週なのですが、例年のように荒天にならないように祈っています

農園は前日の雨やあられ(も降ったとか)の後なので、というより今の季節は収穫がメインなのですが、大根、白菜、ネギ、キャベツ、レタスなどを少しずつとって…

ふと、ソラマメの畝を見ると敷きわらの中に小さな芽が出ていました
c0187298_0411919.jpg

これからの雪の下でじっと春を待ち、その名の由来のように空に向かってしゃんと莢を立ててくれたらと願っています

午後は前日に続きまたもや“初挑戦シリーズ第2弾”としてコンニャクをやってみました
先日の講習会にいただいたレシピどおりにやってみましたが、なぜか少し水分が多かったようで、最後の“型を取る”のに難儀しました

でも、なんとかコンニャクらしくはできあがり、お昼のお汁粉(粒あん!)に続き、夕餉の食卓に刺身となって現れてくれました

次回は豆腐の予定です

そんでもって、ごめんなさい

奈良散策記は明日…にでも
[PR]
by mm-nadachi | 2009-11-25 00:37 | なんでも | Comments(0)

休日には粒あんを作って…

なんだか最近は似たようなタイトルが続いて恥ずかしながらボキャブラリー不足を痛感してます

それはさておき…

ただいま!

ということなんですが、お約束のお土産話は長~くなりそうなので、とりあえずは昨日と今日の“初冬の北国模様”をお送りします

昨日のトピックスはなんといっても“粒あん作り”でした

以前、ブログで載せたように今年は豆類を何種類か作ってみました
小豆もそのひとつで、初めてにしてはそれなりにできてヤレヤレだったのですが、その後の保存状態が悪かったのか、昨日壜詰めしようとしたら少し傷みがあるようだったので、《それじゃいっそ煮てしまえっ!》

これも前に書きましたが、私は“あんこ入り〇〇”が大の好物で、早速インターネットで粒あんの作り方を調べていざ“男子、厨房へ!”です

作り方は「煮て、灰汁を取って、砂糖を加えて、そしてまた煮て、潰して、ひたすら煮て…」と、一見簡単そうなんですが、結局あの妙なる甘さを舌に味わうことはできませんでした
それでも灘立農園産小豆使用の粒あんの完成です
c0187298_2273299.jpg

と、まだ22日だけですが、もう時間切れです
これから本日(23日)入荷の電子キーボードの開封(?)です

ではまた明日です
今週も元気にがんばりましょう
[PR]
by mm-nadachi | 2009-11-23 22:08 | なんでも | Comments(0)

雨の日は熱いコーヒーを飲んで…

今日は久々のブドウ園アルバイトだというのに予報どおり終日の雨でした
c0187298_2374042.jpg

             *雨に濡れた紅葉はどこか寂しげです
こんな日はもちろん雨具着用ですが、それでもどうしても袖口や首もとから入り込む雨で体が濡れてしまい、それでなくても動きが鈍くなるのに体が冷えるにともない気力まで萎えてしまい、作業効率が悪くなってしまいます
そこで今日は(上だけでしたが)雨具の重ね着をしてみたところ、雨は完全には“遮断”できなかったにせよなかなかの効果でした
“安物買いの銭失い”にならなくてよかったです
c0187298_2383687.jpg

             *午後の休憩にいただいた熱いコーヒーが美味しかったです
そしてまた明日も雨模様のようです

でも、明日からブドウ園アルバイトはお休みをいただいて、18・19日に滋賀県大津市で開催される「全国校区・小地域福祉活動サミット」と「平成21年度地域の福祉力セミナー」に参加してきます
以前にもお知らせしたことがあったかと思いますが、昨年から社会福祉協議会の理事を務めていて、今回は“職務命令”での参加です

先日のブログにも載せたように、今、私の住む地区で高齢者のみなさんの“いきいきサロン”づくりの準備を進めて(実は今夜もその運営委員会をやっていたのですが)いますので、その参考になるよう久々の“座学”ですが、睡魔ニ負ケズがんばってきたいと思います

そして、その後2日ほど(お得意の)“せっかくの機会ですので”すぐお隣の古都巡りをして帰ってくる予定にしています

なので、ブログもしばらくおやすみさせていただきますので悪しからずご了承ください
また、残念ながらお土産品はお渡しできませんが、せめてものお土産話を乞うご期待!

ということで…行ってきま~す!
[PR]
by mm-nadachi | 2009-11-17 23:09 | 葡萄園アルバイト | Comments(0)

雨ニハ負ケテ風ニハ完敗ノ…

今日は第17回扇状地マラソンinにゅうぜん(富山県入善町)できっと今年最後のハーフマラソンを走ってきました

会場に入る前に“ウイダーインゼリー・エネルギー”を買いにコンビニに入りました
ジャージ姿だったからでしょうか、お店の人に「走るんですか?」って聞かれました
そして「今日はいい天気で…」と!?
“なにをおっしゃるウサギさん”で、外は強風に交じって雨もポツポツしてきているというのに…
でも、地元の人にとっては「この(大会の)日はよくミゾレやアラレが降るんですよ」だからなんでしょうね
c0187298_0173184.jpg

                *スタート直前のこの暗雲!!

それにしても寒かったです
車の外気温度計は11.5℃ですが、風が強いせいか体感的にはきっと10℃以下の感じです

それでも大会要綱どおりの「雨天決行」で、まず9:40に3kmのスタートです
c0187298_0185151.jpg

                *こどもは「風の子」だから…

この写真を撮ってすぐに車に戻って着替えながら待避(退避かな?)です
でも、風はますます強くなり(そんな気がしただけでしょうが…)、さらに雨も…という悲惨な状況にこのまま帰りたい気持ちを奮い立たせてハーフマラソンのスタートラインへとぼとぼ向かいます

と、そこに見慣れた(というか“見飽きた”)天地人の幟旗を持った二人組
c0187298_0191641.jpg

そういう私も今日は“くびき野100kmマラソン”の帽子をかぶっていたこともあり、つかの間の“ふるさと会”でした

コースはほぼ平坦で特に印象に残ったポイントはなかったのですが、この寒い中でもずっと応援していただいたみなさんには心からお礼を申し上げたいと思います
c0187298_0264028.jpg

            *バーちゃん3人組。「がんばれっ!」
ただ、(冒頭からシツコイほどいっている)強風のせいで向かい風のときはちょっとした山登りと同じくらいきつく、今回密かに狙っていた2時間切りは達成できませんでしたが、でも、前回(10月11日)のコシヒカリマラソンより5分弱早い2時間5分36秒でのゴールでした

このころになると雨も降ってきていたので、記録証とスポーツドリンクをいただくやいなや即、車に退避(!)し、有紀ちゃんのお母さん(というのも、有紀ちゃんのお父さんも10kmに参加していて、私の分まで作ってお持ちいただいたということです)からの差し入れのサンドイッチを頬張り、ようやく心身とも寒さから“解放”されました
c0187298_019391.jpg

             *柿の実が入ったサンドイッチもあって、とても美味しゅうございました。
[PR]
by mm-nadachi | 2009-11-16 00:14 | ラン | Comments(0)

“眼からウロコ”の豆腐作り

もうかなり前のことですが、某考古学者が調査すると必ず“考古学史上歴史的な”遺跡品等が発見されることから、彼のことを“神の手”を持つ男ともてはやしていたことがあって、でも、実はなんと彼が自分で仕組んでいたことということが後で判明しましたが…

冒頭からどうしてこんなこと書いたのかといいますと…(私は大会前日は基本的には走らないことにしていますので)夕方、明後日の富山・入善ハーフマラソンに向けた最後の練習ランをしていたときのことです

立冬を過ぎたせいかいまどきの夕方は体感的にはけっこう寒いんですが、それでも30分ほど走ればかなり汗をかくくらいになって…今日もそんな感じで額の汗を手でふいたとき、汗ではないなにかの匂いが漂ってきました

それは…豆腐の匂いでした
そういえば、昨年のキムチ作りから味噌、コンニャク、そして今日の豆腐と灘立農園産野菜での加工品を作るたびに手にその匂いがしみてきて、(それでようやく冒頭の話に戻るんですが)ようやく私の手も農夫らしい“野菜の手”になってきたな~と最近感じるようになってきました

という長い前置きでしたが、さて、お待たせしました!
“豆腐作り”講座報告です

会場はもちろん(!)いつもの正善寺工房です

実は豆腐も(ということはほかにもなんかあるわけですが、それはまたの機会にしましょう)以前家で自己流で作ってみたことがあったのですが、なかなか“にがり”(凝固剤)の加減が難しくて、そんなこともあっての受講です

今日は木綿豆腐作りで、昨夜から水に浸してあった750gの大豆はなんと1850gまで“水ぶくれ”になっていました
c0187298_21513920.jpg


これに水を加えてミキサーでガーガーとかき混ぜます
このかき混ぜ具合が豆腐の出来と同時にオカラの出来にも大きく関係します
つまり、時間をかけてかき混ぜればなめらかな豆腐になりますが、オカラは少し歯ごたえがなくなります
逆に少し粒々が残る程度のかき混ぜ方だとオカラ的にはいい具合ですが、豆腐的には少しブツブツ感が残るとのことです
c0187298_21542628.jpg

これは個人の好みですが私的には後者のほうでしょうか…

次にかき混ぜたものを大鍋に入れて煮ます
c0187298_21523059.jpg

このときのポイントが3つ
まず、大鍋は具材を入れる前に水を沸かして温めておくと具材を煮ているときに鍋が焦げつかないとのこと
そして、具材が温まるにともない多量の泡がでてくるので“消泡剤”を入れること
最後は“一気に沸騰させ”ことで、最長でも25分以内でということでしたが、今日は約15分で沸騰しました

それを“こし袋”に入れて絞るのですが、これがアチチで大変なんです
どなたかうまい方法をご存知でしたら教えてください
今日は“すりこぎ棒”のような棒をその袋に巻きつけて熱さに耐えつつ手早くゴシゴシ押し続けます
c0187298_2153812.jpg


さて、次が豆腐作りのキーポイントである凝固剤の注入です
ここで“眼からウロコ”でした
さっきも書いたように今日までは具材(絞った豆乳)の中に凝固剤を入れると思っていたし、そのようにやってきたのですが、今日はまったくの逆でした
c0187298_21533154.jpg

つまり、凝固剤を溶かした入れもの(今日はポリバケツ)に豆乳を入れたのです
しかも、豆乳を入れたボールを少しずつ高くしていくことで自然と凝固剤とかき混ざるという“理屈”でした

ポリバケツにふたをして約10分もすれば固まっています
今日は主にオボロにしたのですが、
c0187298_21553687.jpg

その固まったものを敷布を敷いた型箱に入れて落とし蓋をしてしばらくすると…あーら不思議、木綿豆腐の出来あがりです!!
c0187298_21563032.jpg


いつの講座でもそうなんですが、ここで教わったことが家でいかにうまくできるかが問題で、まずは消泡材と凝固剤をJAで購入し、型箱もどこかで見つけて(これもご存知の方教えてください)きてからのチャレンジです

こうしていつものことですが大豆から豆腐を考案した先人の知恵に敬意と感謝を示しながら…夕餉にオボロ汁と冷ヤッコがでてきました

ごちそうさまでした!!
[PR]
by mm-nadachi | 2009-11-13 21:31 | なんでも | Comments(2)

紅葉のソファー

久しぶりに朝からきれいな青空です

今ごろはブドウ園では休憩中かな?

これは昨日の午後の休憩時間の一枚です
c0187298_1022897.jpg


剪定した枝や紅葉した葉っぱを高く積んだ即席のソファーで休憩です

という私は今日はこれから“ふれあいランチサービス”の配達ボランティアなのでバイトはおやすみです

そして、午後は豆腐作り講習会に行ってきますが、その模様はまた後で…

日曜日は今年最後(?)のラン大会で富山・入善で開催されるハーフマラソンに参加です

週末はあまり天気がよくないようですが、みなさんも楽しい週末をお過ごしください
[PR]
by mm-nadachi | 2009-11-13 10:15 | 葡萄園アルバイト | Comments(0)