<   2009年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧

越後湯沢秋桜ハーフマラソン

4日ぶりの農園は一昨日の雨(その日はこっちにいませんでしたが、かなり降ったみたい)で鍬仕事ができなかったので、草取りや堆肥上げなどこれからの作付け等の準備のほか、味噌用の大豆がそろそろ色づいてきたので取り入れ・ハサ掛けを行いました

それにしても里山はすっかりの秋模様です
農園のコスモスは少し盛りを過ぎたようですが、帰りの道脇でリンドウのつぼみを見つけました
c0187298_2041177.jpg













週末にきっとはうす紫の花を見せてくれることでしょう
c0187298_20412915.jpg



さて、そのコスモスを大会名に冠した“越後湯沢秋桜ハーフマラソン”ですが、昨年の10㎞から今年はまさしくのハーフを走ってきました
c0187298_20515153.jpg

*ハーフマラソンは約2,000人のエントリーで最年長は男性78歳、女性73歳!

初めてのコースでしたが、最初の7㎞で約200mをヘイコラ上り、その後は10㎞くらいを一気に下り、残り4㎞をまたダラダラ上ってゴールという、あまり“ありがたくない”コースでした

というのも上りはどっちみちドッコイショとしか走れないのですが、問題は長い下りです
一気に下れば記録もよくなるのでしょうが、それだけ膝・足・腰に負担がかかるし、その次にくる上りが倍以上に苦しくなってしまいます

結局最後のダラダラ上りでいつものようにスタミナ切れで、でも、予想タイムを2時間15分~2時間30分と想定していたのですが、なんとピッタリ賞の2時間15分ジャストでゴール!!
c0187298_2043514.jpg

ゴールしたときにはもう表彰式が行われていて、ま、これもいつものことなので横目で眺めながら着替え、そしてトン汁サービスに急いだのでした







それにしても、秋桜と冠している大会にしてはあまりコスモスを見かけることがなく、
c0187298_20442268.jpg
*5㎞通過点付近のコスモス畑











それよりも収穫を控えた魚沼産コシヒカリの黄金色の稲穂が秋風に揺れていました
c0187298_20435047.jpg

*この写真を撮っていたら「きれいな色ですね」って女性ランナーから声かけられました

来年から大会名を変えるか、でも、コシヒカリは10月11日の“越後妙高コシヒカリマラソン大会”(また出ます!)で使われているし、それならもう少しコスモスが咲いているコース設定をするか…いかがなものでしょうか?

ともあれ、明日から10月です

いよいよ秋本番

体調に気をつけてみなさんもそれぞれの秋を満喫してください
[PR]
by mm-nadachi | 2009-09-30 20:37 | ラン | Comments(0)

走って、涙して、乗って…

おはようございます

ずいぶんのご無沙汰でしたが、みなさんお変わりなくお過ごしのことと思います

かくいう私は…

27日(日)越後湯沢秋桜ハーフマラソンを走った後に…
c0187298_8493227.jpg












28日(月)とくに浪人~学生時代に大変お世話になった横浜の叔父さんの葬儀に参列し…

29日(火)はレンタルサイクルで東京散歩して…
c0187298_8494794.jpg

                         *日比谷公園

そんなわけでした

そして、少し曇り空ですがこれから久々の農園です
[PR]
by mm-nadachi | 2009-09-30 08:47 | なんでも | Comments(0)

ブドウ園殺人事件!?

連休中のどの日よりも“連休明けの初日”のほうが暑かったなんて、ちょっとケッサクですが、ともかく今日はお暑~うございました

でも、今日も愛車でブドウ園に出勤です
c0187298_2213457.jpg












今日の収穫はブッラッククイーン(BQ)という品種のブドウで、その名のとおり“外見”は黒に近い紫色で、(生食の)味もかなり濃厚です
c0187298_2292497.jpg

そのせいで(?)作業終了ころにはシャツもこんな有様になってしまい、見ようによっては“すわっ、殺人事件か!?”とも見間違うような色になっていました
もっともこれは私の作業の仕方が悪いからなんでしょうが…
c0187298_2210093.jpg



実は昨年、初めてこのBQのワインを飲ませていただいたのですが…美味かったです
渋みとかフルーティとかいう感じじゃなくて、生食と同じように濃厚なんですが、でも、後味がさっぱりしていて…

このBQの棚は垣根仕立てといって、主幹の枝をある程度まで直線的に伸ばしていき、そこから出る脇枝に実が成るもので、棚仕立てのように“棚下”がなく、つまり日陰がなく、おまけに“垣根”で風を遮ってしまうので…とにかく久々に暑かったのです

でも、休憩中に棚の補強に張ってある針金に赤トンボがとまっていて…“秋中暑在”の一日でした
c0187298_2212719.jpg

[PR]
by mm-nadachi | 2009-09-24 22:08 | 葡萄園アルバイト | Comments(0)

続“半遊”のSW3日目~しんきろう自転車道・輪行~

2日連続の“半遊”になりましたが、連休中日は先日の丹後半島~京都~奈良輪行に続き、2回目の電車輪行に行ってきました

今回は安近短よろしく、お隣の富山県の“しんきろう自転車道”でした

しんきろう自転車道は正式には「富山県道375号富山朝日自転車道線」といい、富山市と朝日町を結ぶ自転車歩行者専用道路で、計画延長は62.6㎞となっています
この自転車道については詳しいルート図などがインターネットでもほとんど情報が取れなかったので、連休前日に直接この自転車道を管理している富山県道路課にメール照会してみました
きっと連休前日でいろいろあったかと思いますが、その日のうち(それも時間外の19時半過ぎに)回答をいただきました
ありがとうございました!

それによると、「整備状況については、富山市から黒部市までが整備済み区間、入善町及び朝日町は未整備区間となっており、整備済み区間の一部につきましても、他の県道や市道等を利用しており」、また、「自転車道のルートを示す案内標識については、現在のところ、未整備となって」いるとのことでした
そして、「ルートについて、ホームページへの掲載やパンフレットの作成はしていない」ということでしたが、「参考までに、富山朝日自転車道を示した図面を添付」していただきました

ただし、このルート図は整備済みの富山市から黒部市までしか載っていなかったため、最初はこの区間だけにしようかとも思ったのですが、全線整備がいつなのかも不明(というより最近の財政状況等では実現可能かが疑問!)だったので、当日朝に予定変更して自転車道の終点(=起点)である朝日町宮崎、そう、あのタラ汁で有名な越中宮崎駅に下車しました
c0187298_21463048.jpg

いつものように前置きが長くなってしまいましたが、では、「輪行記2~“季節外れのしんきろう”を訪ねて~」をお送りします

*************************************

8:18 越中宮崎駅下車
無人の待合室で自転車を組み立て、さて、輪行バッグを専用袋にしまおうと思って、そこで初めて持ってくるのを忘れたことに気づく
デイ・バッグの荷物がかさむうえにますます重くなってしまい、早速の《本日の反省点①》であった

8:35 スタート!
c0187298_21473023.jpg
スタート早々から一気に結論的なことになるが、しんきろう自転車道は全長62.5㎞のうち、専用道の整備はわずか4.5㎞で、残りは一般道と“海岸管理用道路”だった
そのため、簡単に言えば“ひたすら一番海に近い道”を走るだけだった

したがって、目に映る景色は海、海、海…

9.11入善・風車
c0187298_21492541.jpg













9:44 黒部市に入る
ここからは富山県道路課から提供されたルート図が参考になった

10:24 魚津・「幻想的なしんきろうの眺め」
「蜃気楼とは、海面近くに温度(密度)の違う空気の層ができることによって光が屈折を起こすことにより、遠くの風景などが伸びたり反転したりと変形して見える不思議な現象で、魚津海岸の蜃気楼はおもに春から初夏にかけて、暖かくて風の弱い、よく晴れた日の午後に現れることが多く」、“よく晴れた初秋の午前”ではもちろん見ることも叶わず
c0187298_2150690.jpg


11:10 滑川「道の駅ウエーブパークなめりかわ」
道の駅の裏がすぐ海で、ブラブラ散歩している観光客が多くいた
c0187298_2154587.jpg
ママチャリに乗ったオジサンがおもむろに寄ってきて「これ(自転車)いくらするんじゃ?」と聞く
答えると「ふーん」とだけ行って去っていく












11:31 富山市常願寺川・富山朝日自転車道
c0187298_21544656.jpg
自転車専用道はここから4.5㎞のみ
浜辺沿いの防砂林の中を走るがかなりの凸凹と砂が道の上に飛散していて少し走りにくい









c0187298_21551211.jpg

この自転車道を抜けるといきなり無機質な建物が林立する工業団地
単調だった海の景色が、塩の香り懐かしい

12:17 富山駅前広場・ゴール!
本当のゴールは市内の別場所だが、途中でルート図を紛失し、ここを勝手に仮ゴールとする
ここまで約65km
c0187298_21554961.jpg
*“富山のクスリ売り”と記念撮影










12:32 富山城
“ついでの楽しみ”で、富山といえば富山城!?
小学5年生の修学旅行のとき、ガイジンさんからサインをもらった記憶をなぜか思い出す
c0187298_2156766.jpg












13:28 国道8号脇(富山市)・「立山あおぐ特等席」
国道8号で滑川市のIさん宅に向かう途中に立ち寄る
あまりの青空で残念ながら立山は霞気味
c0187298_21574988.jpg

15:23 滑川・Iさん宅
庭先には澄んだ水が勢いよく流れる小川
茶の間の天井は太い梁で組まれ、広さは20畳以上もあるような“お屋敷”
自慢の石灯籠の前で…
c0187298_215815100.jpg

16:10 滑川・旅の終わり“天使の梯子(階段)”
どんな旅でも最後は少しセンチになってしまう
c0187298_21583379.jpg















16:19 滑川駅
ここにもホタルイカが乱舞している
c0187298_21584986.jpg

《走行データ》
・実質走行時間 4時間28分54秒
・走行距離 97.91㎞
・平均時速 21.8㎞/h

**********************

もう少しで100km超だったのですが、それでもセンチュリーラン160kmに次ぐロング・ランになってしまいました

主に海岸線を走るコースで穏やかな青い波、白い砂浜、緑の松などを見ながらゆっくり走ることができましたが、ただ、ほどんどが平坦な道だったので、これまでのようなアップ・ダウンコースのときに感じた身体的、精神的な高揚感がまったくといっていいほどありませんでした

やっぱり自転車乗りは“M”なんでしょうか?
[PR]
by mm-nadachi | 2009-09-22 21:39 | 自転車 | Comments(2)

“半遊”のSW2日目

“半農半遊”のモットーに基づき(?)、今日は金沢まで(とってもお得な)“北陸おでかけパス”で出かけてきました

“北陸おでかけパス”はJR西日本のチケットで、「土・日・祝日限定でフリー区間内の普通列車が一日乗り放題で2,000円!」というもので、名立駅(ここはJR西日本エリアなんです!)から金沢までの往復料金が普通5,880円なので、ナ…、ナント3,880円もお得なわけです

そんなわけで行こうと思えばもっともっと先の敦賀の方まででも大丈夫なのですが、どうして金沢かっていうと、昨日から開催されている“金沢ジャズ・ストリート09”を聞きに行きたかったからなんです
c0187298_23114840.jpg


実行委員会のホームページによれば「金沢市はこれまで、芸術文化を活用したまちなかの賑わい創出にも取り組んできており、市内中心部のイベント空間では休日を中心に、ジャズを含めた様々なパフォーマンスが展開されて」きており、また、「1996年10月にオープンした「金沢市民芸術村」では…芸術文化活動の練習拠点として…ジャズの分野でも、大人から子供まで多様な方々が練習に打ち込んできており、ジュニア・ジャズ・オーケストラ「JAZZ-21」の誕生など、その裾野は少しずつ広がって」きている経験を踏まえ、「本年9月の秋の5連休を「金沢 JAZZ ストリート」と銘打ち」開催したとのこと

内容は香林坊ほか市内中心部の屋内外など18会場で全国の有名大学ビッグ・バンドやトップアーティストほか約60のバンドが19日から22日までの4日間演奏するというものです

今日は金沢も澄みきった青空で、屋外でのジャズ日和でした

商店街にある公園やその通り(ストリート)で大学生コンボや中高校生ビッグ・バンドの演奏を聞いた後、c0187298_2391128.jpgc0187298_2394127.jpg
c0187298_23104455.jpg











武家屋敷跡を少しブラーとして、
c0187298_2312437.jpg


その近くの“にぎわい広場”に設置されたステージで国立音楽大学ニュー・タイド・ジャズ・オーケストラの演奏を聞きました
c0187298_2313441.jpg



このバンドは国立音楽大学の管打楽器専攻生を中心に作られた伝統ある学生ビックバンドで、「“collage jazzの甲子園”とも言われる山野楽器主催の『山野ビックバンドジャズコンテスト』に今年で3年連続最優秀賞を受賞しました」と、MCの(とばっかり思っていたら、(続)なんと“サマー・タイム”ではシンガーになってしまった)吉田クンが言っていました

サックスを吹いているせいか、どうしてもサックス吹きに目がいってしまうんですが、バンド全体は若々しい中にも洗練された音で、聞いていて自然と“スウィング”していました
そうした心地よさは私だけでなくほかのみなさんもそうだったようで、(またまた)ナント、こうしたイベントでは珍しい(ですよね?)「アンコール!」の声がかかって…

でも、そのアンコールを最後まで聞いていたせいで(?)金沢駅まで汗だくのダッシュでした

このイベントは22日まで開催されていますので、興味のある方はどうぞ行ってらっしゃい!! (http://www.kanazawa-jazzstreet.jp/)

その金沢駅でも(これが最後の)“なんと”があって、「北陸カレー選手権」なるものが地下広場で開催されていました
c0187298_23151747.jpg
「北陸3県から人気カレー店13軒(予定)が集結!」とのとおり、地下広場に近づくにつれカレーの匂いがプーンとしてきて…
私はちょうどお昼どきの超空腹だったので空いているテナントから「ホテル日航金沢」のスープカレー(値段はどれも500円)をいただきました
スープカレーは7月の新千歳空港の食堂で食べた以来で、私にはちょっと辛い感じでしたが、それに柔らかな鶏肉とジャガイモの甘さがほどよくミックスされていて、とても美味しくいただいてきました
c0187298_23153998.jpg

ところで、どうして北陸カレー選手権なのでしょうね?
[PR]
by mm-nadachi | 2009-09-20 23:01 | サックス | Comments(0)

こんなはずじゃないのに…シルバーウイーク初日

昨日までの天気予報ではこの連休中は“傘マーク”はどこにもなかったのに、なんたるこっちゃの今朝の雨!!
この連休は“半農半遊”の予定で、初日の今日はしっかり農夫することになっていたのですが…

ということで、夕方に予定していたロング・ランを雨上がりの午前に繰り上げた代わりに、午後は夕方まで農夫してきました

ロング・ランといっても自転車ではなくそのとおりのランニングです
というのも、来週の日曜日、“越後湯沢秋桜(コスモス)ハーフマラソン”に向けて得意の(!)“付け焼刃的”な練習で、今日は14kmランでした
走り始めたころには青空になっていて、稲刈りに汗を流すみなさんには申し訳ない思いでひっそりと走ってきました

午後の農園仕事は白菜やキャベツ、ブロッコリー、サニーレタスなどの苗の定植とタマネギの播種№3でした
明日からまたしばらくは雨予報もなく、今朝の雨が今夜か明日に降ってくれるとよかったのですが、なんとか根づいてくれるようにと思いつつ一株ずつ植えてきました
c0187298_2325895.jpg












灘立農園周辺はススキの穂もすっかり白くなり秋模様です
c0187298_23254913.jpg


そんな昨日、今年初めて植えたコンニャクを一株だけ収穫してみました
春にこの株をいただいた方にお伺いしたら「このくらいの大きさならコンニャクになるよ」って言われ、これからコンニャク作りの勉強です
c0187298_2326664.jpg
[PR]
by mm-nadachi | 2009-09-19 23:14 | 灘立農園 | Comments(0)

今日の作業風景

アルバイト2日目はこれが秋の空というような青空の下、気持ちのよい一日でした
でも、収穫作業はほとんどがブドウ棚の下なので、そんな晴れ渡った空を望めるのは休憩時間だけなんですが、そのひとときが心も、そして肉体的にも休まる時間です
c0187298_23413520.jpg


今日の収穫はどっちも白ワイン用のローズ・シオターとレッド・ミルレンニウムの2品種でした
いずれも“川上品種”といわれ、ローズ・シオターは来年以降のスパークリングワイン用に醸造する予定で、ライチのような華やかな香りが特徴のレッド・ミルレンニウムは甘口の白ワインに醸造する予定…だそうです
c0187298_2342889.jpg
*ローズ・シオター











*レッド・ミルレンニウム
c0187298_23423741.jpg



ちなみのこの情報は岩の原葡萄園のホームページに掲載されているのを引用させていただていますが、実は昨日の「ワイナリー便り」に載っている写真に収穫作業中の私が写っていてビックリしました
そちら(IWANOHARA WINERY BLOG)もあわせてご覧いただければ嬉しいです
c0187298_2343589.jpg
*これは今日の収穫風景です











そして、今日から某所まで自転車で行って、そこからブドウ園までの約15kmを自転車で走る“通勤”を始めました
そしたら、出勤の途中、道路横断で待っている前をサーとひとりのライダーが気持ちよさように走っていきました
なんと、わがチームALLONのリーダーでした!!
私も負けじとがんばっての帰路、夕日に走っている影が建物に鮮やかに映っていたので…
c0187298_23454147.jpg

[PR]
by mm-nadachi | 2009-09-16 23:40 | 葡萄園アルバイト | Comments(0)

吸血鬼はメス?

今日で9月もちょうど折り返しです
気がつけば今年も残り100日ちょいになりました
“終わりよければ…”になるように(ホップ・ステップときて)ジャンプといけばいいのですが・・・

どんなジャンプになるかどうかはわかりませんが、今日からブドウ園の収穫アルバイトの開始です

約1ヶ月半ぶりのブドウ園でしたが、そのころにはまだ淡緑色だったブドウがしっかりブドウ色(あたりまえですね)に色づいていました
c0187298_21403818.jpg


心配していた雨はほとんど気にならなかったのですが、ブドウ棚の下の草むらは蚊にとってのとっておきの“すみか”で、それも雨上がりとくればなおさらです
仕事開始から久々の“供給源”の出現に狂喜乱舞の彼女たち(なんでも血を吸うのはメスとか…?本当ですか?)にまつわりつかれて…散々な目にあいました
明日からは虫除けスプレーとカユミ止めをズボンにしのばせての収穫作業です

そして、バイトの“ついでの”楽しみとして、(日没が早くなってきているので)いつまでできるかわかりませんが、雨以外の日はまた自動車から自転車に乗り継いで通うことにしようと、今日、バイトの帰りに安全走行のためにヘッドライトとリアライトを買ってきました

その前には市立図書館で自転車・本を5冊借りてきて…

オヤオヤ、またまた自転車のことになりそうなので、今日はガマンしてこれにてです

c0187298_21435681.jpg

              *ワインのラベルにも描かれているブドウ園の景色です
[PR]
by mm-nadachi | 2009-09-15 21:38 | 葡萄園アルバイト | Comments(0)

初めての輪行・奈良散策

どの旅にも最後の日があるように…なんてそんなセンチになったりする間もなく、というかさすがに3日目にもなると輪行バッグの重さ(“重さ”で思い出しましたが、そういえば「旅の重さ」って小説があったことを思い出しました。久しぶりに読んでみようと思いますが、さて、どこにしまった…)が肩に食い込んできます
なので、JR奈良駅からホテルまでの上り坂が自転車に乗っているよりきつい感じでしたが、荷物を置いて早速の夕飯です

近鉄奈良駅のほうへブラブラしながら居酒屋風のお店で一杯の生ビールとショーチュー2杯ですっかりのご機嫌です
ホテルに置いてあったチラシに興福寺五重塔のライトアップが載っていたので酔い覚ましにフラフラと…

奈良公園に向かう坂道を上るにつれ、薄っすらとした光が見えてきて…
c0187298_23503463.jpg

これまでなんども見たことにある五重塔がまるで“別人”のように光と影の見事なコントラストの中にありました

**************************************

いよいよ最終日になりました

ただし、また延々と各駅停車で帰るためJR奈良駅を13:30過ぎには出なければならないのでこの日は秋篠寺と平城宮跡(朱雀門)に絞っての自転車散策です

**************************************

8:40 ホテル発
この日も快晴…テレビでは真夏日予報!

この日は週明けの月曜日で西大寺方面に向かう大宮通りはかなりの交通量
おまけに車道にはあまり自転車走行の“余地”がなく、横を減速しないで走りぬける車が多く、出足から緊張して走る

しかし、近鉄西大寺駅でリスタートしてから秋篠寺に向かう道はやはり大和路の雰囲気が残っている

9:50 秋篠寺到着
(奈良なら)どこにでもあるような門構え(東門)から初めての秋篠寺に入る
c0187298_23521889.jpg












土塀に沿って進むと雑木林が現れ、その木々の下に苔が柔らかな光を放っている
これが五木寛之氏が“苔の海”と称した苔なのか…
苔といえばその名のとおり“苔寺”で有名な京都・西芳寺のほか、銀閣寺ほかいろいろな寺院でその優しげな緑を見ることができるが、ここはまさしく自然のままの苔という感じで眼前に広がっている
c0187298_235314100.jpg









秋篠寺でのもうひとつの楽しみは国宝の本堂に安置されている、わが国唯一の伎芸天立像
その名からもわかるように「芸術の守護神」で知られているとともに、(女性の神のせいか)その穏やかな微笑に心が癒される
c0187298_23524719.jpg

10:30 平城宮跡朱雀門を遠望する
c0187298_23571678.jpg
朱雀門はこれまで近鉄奈良線の車窓からしか眺めたことがなかったが、ようやく念願叶っての見学
ものの広さを言うときに東京ドームがいくつ…ってあるが、それはわからないが平城宮跡はとにかく広い
こここそ自転車で回るしかない
来年10月の平城遷都1300年祭に向けての整備が進んでいるが、今は“荒野”という様で、鮮やかな真紅の朱雀門の前に立っても妙な寂寥感にひたってしまった
c0187298_2358663.jpg

11:15 近鉄奈良駅前
詳しくはないが物議をかもした(らしい)“せんとくん”がにこやかに笑っている
近鉄奈良駅も改装中
これも遷都祭効果なのか?
c0187298_23585963.jpg












11:24 “昼の”興福寺
帰りの電車時間の関係で寄る予定のなかった興福寺だが、少し余裕があったので…
c0187298_004380.jpg












しかし、残念ながら阿修羅像はまだ“外出”から戻っておらず、“お約束”の鹿と修学旅行生の触れ合いを眺める
c0187298_001338.jpg

そういえば初めて奈良に来たのは高校の修学旅行だった
この日で何度目の奈良になるかわからないが今回も初めて訪れた秋篠寺ほか、わずか半日だったがまた新しい出会いのあった旅だった

**************************************

《電車輪行・復路編》
13:30 JR奈良駅発
帰りは4回の乗り換え、86駅停車で約9時間の青春18きっぷ旅です
c0187298_023528.jpg












17:17 北陸本線近江舞子駅過ぎ
後に見えるのは琵琶湖
いつかこのわが国最大の湖一周もしたいと思いますが、その前に走りたいコースもあって…
でもきっといつか!です
c0187298_025332.jpg












22:30 北陸本線筒石駅過ぎ
いよいよ次が名立駅です
これまで電車の隅っこで“小さく”なっていた愛車も最後だけは堂々と真ん中にどうぞ!
c0187298_032096.jpg


****************************************

《輪行後日談》
自分が最近自転車に乗る時間が多くなったせいか、それとも輪行してきたせいか、どうにも帰ってきてからよく“自転車乗り”を見かけます

昨日は夜の8時過ぎに某駅でそれも二人も見かけ、なんだか私もまたすぐにでも輪行バッグをかついで出かけたくなってしまいました
c0187298_062613.jpg













そして、秋篠寺で「芸術の守護神・伎芸天」のお守りを買ってきたのですが、今日のサックスレッスンではまったくその効果は…
もちろん日頃の練習が足らないだけですが…

ということで、とりあえずこれにて「初めての輪行」報告の終わりです
長々とお付き合いおいただきありがとうございました

次回をお楽しみに!?

****************************************

今日のコーちゃんちの稲刈り風景ですが、この辺ではまだハサ掛けがそこそこで見られます

そういうわが家でも私が中・高校生くらいまではこのように毎年やっていました
でも、そこはまだまだ“子ども”だったわけで、すぐに嫌になって稲上げも「今度はカーブ…シュート…」とかやって、ハサの上の受け手の母が「そんなに嫌なら帰んない!!」って怒られて…
c0187298_0115265.jpg


それでは最後に…
今日は今年初めて作ったショウガを初収穫
これで冬の白菜キムチ作りの材料第3号です!!(1号はニンニク、2号はタマネギ)
c0187298_017656.jpg

[PR]
by mm-nadachi | 2009-09-13 23:46 | 自転車 | Comments(2)

初めての輪行・京都散策その②

通りの温度計を見ると34℃!
暑いわけだ!
自転車を走らせているときに感じる風にもまだ涼やかさはない
汗をふきながら永観堂への坂道を上る

12:45 「みかえり阿弥陀」の永観堂
京都には紅葉の名所になっている寺院が多いが、この永観堂もそのひとつで、もちろんこの時期は境内の木々には青葉が茂っているが、これが秋になると…
その頃にもう一度来たい気もするが、きっとすごい混雑さなんだろうと思うと…
c0187298_23215535.jpg

この永観堂でもうひとつ有名なのが本堂(阿弥陀堂)に安置されている「みかえり阿弥陀」である
ちょうど堂内は内部の柱や壁、天井等が塗り直されているところで少し雑然としていたが、その中でみかえり阿弥陀が薄っすらとした光に中にあった
「みかえり」のいわれの説明もあったが、それにしても横を向いている阿弥陀とは不思議な光景であり、正面と“みかえっている”方でもお参りできるようになっている

永観堂を後にして、南禅寺水路閣、平安神宮の大鳥居、知恩院三門などは写真撮影だけにして、少し早いが“3時のこびり”に急ぐ
c0187298_2323104.jpg
*南禅寺水路閣

c0187298_2323392.jpg
                          *平安神宮大鳥居

c0187298_2324615.jpg
*知恩院三門

14:20 ドラ焼きの老舗下河原「阿月」にてクリームあんみつを食す
今、ふと思ったが「阿月」は小豆(あずき)のことか…
c0187298_23243462.jpg


“こびり”で元気回復し、建仁寺境内を横切り…
c0187298_23245393.jpg








14:50 巡礼者の多い六波羅蜜寺
口の中から六体の小仏が出ている空也上人立像は思いのほか“小柄”で、逆にそのことが真実味で迫ってくる
本堂内には多くの巡礼者の姿
ここは西国三十三ヶ所(巡礼)の17番札所になっている
越後33観音札所のときにひとりで歩いたことが思い出される
c0187298_23251769.jpg













最後の東寺に向け、五条大橋付近から鴨川自転車道へ
鴨川には鷺のほか多くの鳥の姿が見える
ただ、路面はブロック敷きのためあまり走りやすくない
c0187298_23253869.jpg

鴨川から九条通りに入る
堀川通りでもそうだったが、この通りも歩道と自転車道が分離されていて標識も多く設置されていたが…
c0187298_23255674.jpg












15:50 初めての東寺
どこかで読んだ記憶があって、この東寺の五重塔はわが国でもっとも高いとか…
九条通からでもその偉容が眼前に迫る
いろいろな角度から楽しめる
c0187298_23263345.jpg



五重塔が目的だったが、金堂、そして講堂の中の多くの仏像に圧倒される
そして、金堂、講堂の堂々たる構えにも言葉がない

****************************************

こうして初めての自転車による京都散策が終わりました

走行距離はわずか27kmでしたが、これまで通ったことのないような細い路地に入り込んで昔ながらの町家の雰囲気を感じることができたり、うんまい甘味処に気軽に行くことができたりと自転車の機動性と自由さで楽しむことができました
次回(いつ?)はもう少しエリアを広げてみたいと思っています

そして、夕方の電車で奈良に向かいました
車窓から見た大和路に沈まんとする夕日です
c0187298_23265225.jpg

[PR]
by mm-nadachi | 2009-09-12 23:19 | 自転車 | Comments(0)