カテゴリ:旅行( 58 )

ドキュメント風北海道旅行記Ⅲ・ラベンダー畑に歴史あり

私にとって今日の最大のニュースは「拓郎また倒れる…公演中止で緊急帰京」でした
拓郎は吉田拓郎であって、私の二男の名前でもあるのです
今回が最後の全国公演ツアーだということで、もうその生の声を聞くこともできないのかと思うと残念でしたが、それよりもゆっくり静養してまた元気な姿を見せてもらいたいと思います

今日も昨日に続いての雨でした
雨よ降れ!なんて空を恨めしそうに見上げていたのがウソのようで、とくに今日は“降っても降っても”雨でした
なので、ぶどう園のバイトも雨具を着てもすぐに中までしみ込んでしまい、とにかく大変でしたが、どうして作業終了のころになると雨がやんでしまうのでしょうね?
不思議です

それでは北海道旅行記Ⅲです

□7月4日(土)~札幌から富良野へ~
ホテルから地下鉄で札幌駅に向かい、そこで高速バスに乗り換えて富良野へ向かう…予定だったが、地下鉄の車内で「バスセンター前」という駅を見つけてしまい、ついついそこで下車してしまう
結果的にはやはり札幌駅が正解で、自分のうかつさ(「バスターミナル」との勘違い)を反省するとともに今日の先行きに不安を感じる

富良野までは途中高速道路を走り約2時間の行程だが、“北の大地”らしき風景がなかなか見えない
ところどころで自転車ツアーのグループを見かける
きっといつか!

バスはJR富良野駅に着くが、どこにもラベンダーは見えず、代わりにへそ丸出しのへそ踊りオヤジ(オバン?)が迎えてくれる
c0187298_031762.jpg
なんでも富良野は「北海道の中心標の立つ」まちということから今年で41回目になる「北海へそ祭り」が7月下旬に開催されるらしい

なぜラベンダーが見えないか?
富良野も軽井沢のように「上」とか「中」とかがあって、ラベンダーなら中富良野駅からタクシーで…と観光案内所で教えてもらい、次の電車まで決して美味いとはいえない駅ソバを食べる

1時間後、電車で富良野駅から中富良野駅へ向かう
途中、輪行のオニーちゃんを見かける
きっといつか!
c0187298_0333192.jpg












しかし、ラベンダー畑はソバの後味の悪さと手持ち無沙汰の1時間をしっかり返してくれた
c0187298_0315195.jpg

この写真の風景をどこかで見たことがあるようなそんな気がして…それは富岡惣一郎(トミオカ・ホワイト)画伯が白と黒で描く雪原に立ち並ぶ木々の遠景に似ていて、太宰治風にいえば「北の大地にラベンダーは似合う」とでもなるのか…

このラベンダーはもともとは化粧品の香料の原料として栽培されていたもので、50年ほど前に化粧品の変化に伴う経営悪化によりラベンダー畑を潰す状況になったそうだが、どうしてもトラクターで押しつぶすことができず、その後は癒しの植物として大切に育ててきた“歴史”があったそうだ

そういえば灘立農園のヒマワリとコスモスも高速道路を走り抜ける人たちのいっときの癒しになれればいいのだが…
[PR]
by mm-nadachi | 2009-07-10 00:28 | 旅行 | Comments(0)

ドキュメント風北海道旅行記Ⅱ・札幌は霧の中だった

今日は巷的には七夕なんでしょうが、ここ名立では一年をとおして最大の行事である祇園祭の初日です

町外れの小高い山の上の江野神社からお神輿を下ろし、5つの町内の6つの山車が練る後を若い衆がお神輿を担いで回るといったお祭りで、子どものころには榊や幟旗を手にお神輿の周りをワッショイワッショイと走り、そして若いころはお神酒やビールを飲んでお神輿を担ぎ、そして山車で練り歩き…
c0187298_22391416.jpg













c0187298_22392752.jpg

今日はその若いころに戻ったように久々にお神輿を担いできました
今の若い衆はみんな背が高くて、いわゆる“肩が合わなくて”なかなか大変でしたが、みんなでワッショイの掛け声をかけながら楽しんできました

でも、明日から久々のバイトなので、“弁解無用”でまた汗を流してこようと思っています





さて、旅行記そのⅡです

7月3日(金)
□ガラスとオルゴールの街・小樽
小樽でのガラスづくりは明治後半からで110年くらいの歴史がある
当初は石油ランプや漁具(浮き玉)など、生活用品などの実用品が主だったようだが、その後の観光地化に伴い個性豊かな作品が製作されるようになったらしい

ガラス製品の製作状況を見学した後、お土産コーナーで風鈴を買う
c0187298_22405682.jpg
この涼やかな音を聞くたびに北海道を思い起こすだろう

オルゴールも小樽の街の歴史と重なりながら定着したようで、小樽運河やそのほかの歴史的建造物など“ロマンの街小樽”にオルゴールの音色が心地よく響いていた
しかし、買ったのは「美女と野獣」で小樽の街とはあまり関係がないものだった

□札幌市内散策
お昼前に札幌に入り、羊が丘展望台(“Boy’s be ambitious”で有名なクラーク博士像がある)~サッポロラーメン~北海道大学~時計台~北海道庁旧本庁舎を見物

*札幌でもラベンダーの花があちらこちらに…
c0187298_2242047.jpg

クラーク博士像や北海道大学は言うに及ばす、時計台もかつては札幌農学校の演武場だったとのことで、“北海道開拓”に果たした札幌農学校の役割の大きさを知る
そして、夜はまた夜景散策に“もいわ山”に出かける
「これで函館山、小樽の天狗山と並ぶ“北海道三大夜景”達成!」とロープウエイに勇んで乗り込むもつかの間、山頂付近はまったくの霧の中
c0187298_22421869.jpg
霧は摩周湖だけにしてもらいたいものだ
[PR]
by mm-nadachi | 2009-07-07 22:36 | 旅行 | Comments(0)

ドキュメント風北海道旅行記Ⅰ・小樽は坂のまちだった

それでは、例によって“ドキュメント風・北海道旅行記”ですが、観光記にはならないと思いますので…

7月2日(木)
11:00新潟空港⇒12:15新千歳空港
4度目の“北の大地”
空港レストランで昼食をとりながらひっきりなしに離着陸する飛行機を眺める
飛行機に乗るのも眺めるのも久しぶりでいつまで見ていても飽きない
c0187298_082884.jpg












13:04新千歳空港駅⇒14:16小樽駅
初の小樽
懐かしの歌の「小樽の女よ」のように“粉雪まいちる小樽の駅”ではなかったが、上野駅を模した駅舎は港町によく似合っている
c0187298_084850.jpg

市内散策の最初の場所は市立小樽文学館と決めていた
c0187298_095753.jpg
「市立小樽文学館は、小林多喜二、伊藤整をはじめ、小樽ゆかりの小説家、詩人、歌人、俳人の著書や資料を収蔵、展示するとともに、これらの貴重な文化的財産を未来へ伝えていく施設」とあるが、私の目的は…昨今なぜか「蟹工船」で注目されている小林多喜二ではなく「北海道漂泊の途上足をとどめた小樽で社会主義思想に初めて触れた石川啄木」だった(*「」は小樽文学館ホームページからの引用)

とはいえ、石川啄木にそれほどの思い入れはなく、以前訪れた函館市文学館でその熾烈な人生を知り、その後も新聞等でその名を見るたびにその記事を読む程度であるが…

それでもこの初めて訪れた街に短い時間ではあれ石川啄木が暮らしていたというのはとても興味深いことで、運河沿いの道を歩き、天狗山から小樽の街並みを見下ろしていたのか…など思いながら散策するのは楽しい

残念ながら啄木に関する展示物は多くなかったが、小熊秀雄という詩人を知った

彼は「多くの作家が沈黙した時代、独自の口語体を駆使して状況を風刺し続けた」ということで「魅力あるもにしよう」という長文の詩が展示してあった
c0187298_0104281.jpg
*写真は詩の前半部分

また「ある手品師の話」という童話集も刊行されているようなので近いうちに読んでみたいと思う

その後の市内散策では船見坂、啄木歌碑、水天宮、小樽運河、伝統的歴史建造物群、天狗山からの夜景などを見て回ったが、それにしても坂の多い(かつ傾斜のきつい坂が多かった)街であった

***************

最後に驚きのデキゴトをひとつ

天狗山で夜景を見た帰りにロープウエイ頂上駅にあったスキー資料館を見学しました

入り口に「北海道スキー史」という説明文があって、そこには「新潟県の高田でスキーを初めて日本に伝えた」レルヒ少佐の名前がありました(なので、高田は「スキー発祥の地」なのです)
c0187298_0115398.jpg

それに関連して小樽にスキーが伝わったころの写真が何枚かあったのですが、ほとんどが「上越市立総合博物館 蔵」となっていました

旅先で自分のまちの名前を見つけるのも楽しいものです
[PR]
by mm-nadachi | 2009-07-07 00:04 | 旅行 | Comments(0)

小樽のホタルブクロ

先日のブログでお知らせしたように3泊4日の旅行から無事に戻ってきました

またブログを書き綴っていきますので、どうぞご愛顧を…

ですが、さすがに今日は少しお疲れモードなので明日からということでよろしくお願いします

ということで予告編(写真)で暫時ご容赦ください

□小樽のホタルブクロ
c0187298_0152710.jpg

□羊ヶ丘展望台のクラーク博士
c0187298_0193095.jpg

□富良野のラベンダー畑
c0187298_016213.jpg

□旭山動物園のホッキョクグマ
c0187298_0164345.jpg

[PR]
by mm-nadachi | 2009-07-06 00:11 | 旅行 | Comments(0)

青梅マラソン“前日談”

c0187298_1342326.jpg青梅マラソンの前日、熱海に行ってきました。

熱海って聞くとどうしても温泉街っていうイメージで、初めて降りた駅前はそんな感じもあったんですが、熱海梅園に向かうバスが少しずつ海に近づくにつれ、あれっ?って感じで、熱海観光協会HPの「青い海と白い砂浜、立ち並ぶホテル郡(“群”の間違いです!)、ヤシの並木通り・・・外国の高級リゾートに似た雰囲気のビーチ」そのもの!c0187298_1311969.jpg

でも、なんだかあまりに“場違いな”感じの砂浜だったので、帰ってきてHPをよくよく見たら、昭和63年6月に全面オープンした人工ビーチということで、道理で(?)ビーチバレーしているオニーちゃんたちのすぐ横、“ヤシの並木通り”の下にあの“貫一・お宮の松”があるんですよ。
c0187298_1352266.jpg


それはさておき、「7分咲き」と駅前案内に出ていた梅園でしたが、やっぱり桜と違って、梅は木そのものにしても、そして花にしてもどうしても圧倒的な感じはなく、やや期待はずれの気持ちもなくはなかったのですが、梅園を歩いているうちに「澤田政廣記念美術館」と書かれた大きな看板を見つけました。
c0187298_1361433.jpg


どこかでその名前を見たことがあったような気がしていたのですが、ちょうどその日は26℃まで気温が上がり、おまけに歩き回って暑かったせいもあり、“涼を求めて”その答えも出ていないまま入館しました。

そして、最初の木像を見てすぐに思い出しました。

それは糸魚川市の谷村美術館に展示されていた木彫りの仏像と同じ優しさを漂わせていました。

谷村美術館へは3度ほど入ったことがありましたが、展示されている木像の素晴らしさとともに、美術館そのものがシルクロードの砂漠の遺跡をイメージした設計で、内部も石窟調になっていて、一つの洞穴に一つの仏像が安置され、振り返るとそこから次の洞穴と仏像が見える道順(ロード)になっていて、あたかも「長い旅路を経て仏像に出会うシルクロードの巡礼の道のりを追体験する」気持ちになり、「まさに彫刻と建築との微妙な調和」が心地よい感覚を与えてくれたことを覚えています。

c0187298_1381013.jpg
澤田政廣記念美術館は多くの木像に加え、絵画や書も展示してあり、力強さだけでなく木目のような繊細さややわらかさ、逞しさなど、あらゆる感情が形として表現されていて、絵画にはない生々しさを感じることができました。

そんなこともあって、帰ったら久しぶりに谷村美術館に行ってみようと思っていたのですが、さっきHPを見てビックリ。

そこには、「谷村美術館・玉翠園・翡翠園は1月末をもって閉園いたしました。」のお知らせが載っていました。

また、この地域からひとつの優れた文化が消えていってしまいました。
[PR]
by mm-nadachi | 2009-02-20 01:19 | 旅行 | Comments(0)

09冬・最後の“青春18切符”ひとり旅

長野市に日本画専門の水野美術館があり、善光寺へのお参りの帰りやなんにもない休日などにときどき訪れ、「橋本雅邦や、そのもとで育った横山大観・下村観山・菱田春草ら近代日本画を形成した巨匠たちの作品」や「杉山寧・奥田元宋・加山又造・髙山辰雄など戦後に活躍した作家たちや、上村松園・鏑木清方・伊東深水らの美人画」など「幅広い魅力をもった日本画の世界」を楽しんでいます。(*「 」は水野美術館ホームページから)

先日も“青春18切符”の帰りに「解読!日本画の世界~キーワードは「画題」」をテーマにした、「東洋画の三大主要画題といわれている人物画(歴史・神仏画)、花鳥画、山水画の作品」を鑑賞してきました。
どの作品も精緻な筆使いの中に、日本画特有の線の美しさとそこに描かれている奥深い世界にいつものように魅せられました。

見終わった後、次の展覧会の案内チラシなどを見ていたときに、“2009新春美術展”として新潟市内のデパートで開催されている「水野美術館コレクションの名品より 近代日本画 美の系譜 ~横山大観から高山辰雄まで~」の“特別招待券”(=無料券)を発見!

そして、昨日、その“思わぬお年玉”を手にしっかり握りしめて、今回の“青春18切符”の最後となる電車旅で新潟まで行ってきました。

会期終了の前日でしたが、連休直後の平日の夕方だったからでしょうか、会場は閑散としていて、私にしては珍しくちゃんとキャプションも読みながら、ゆっくりと見て回ることができました。

「約400点にものぼる水野美術館コレクションの中から近・現代日本画の名品60点」ということで今回初めて見るものもありましたが、日本画を見るときにいつも感じることなのですが、その中に描かれている“日本”の美しさを見ることで心静かな時間を過ごすことができました。


c0187298_15152235.jpgこれはお寺を訪れたり、仏像を拝んだりするときと同じような心のありようなのかもしれず、考えてみると、日本画を見始めるようになった時期とお寺や仏像に心惹かれるようになった時期はほぼ同じ頃のような気がします。

そんな思いも抱きながら今週末から休日を利用して“越後33観音札所”巡礼に出る予定です。


c0187298_1581465.jpg

*能生・白山神社…「昔は札所巡拝に旅立つに当っては、まずこの白山神社に参拝して、道中の無事を祈ったといわれている」(「越後巡礼33観音札所」倉茂良海編)
[PR]
by mm-nadachi | 2009-01-15 14:58 | 旅行 | Comments(0)

続・青春18切符ひとり旅~お礼状から~

c0187298_0594451.jpgこのたびは大変お世話になり、ありがとうございました。

ご母堂さまの四十九日法要の直後、またお寺の用務も控えているというご多忙なところにお伺いしました厚顔さを恥じるばかりであります。

“小坂産”コシヒカリ、美味しゅうございました。
貴重な伊勢芋、「関の戸」「小原木」など、たくさんのお土産ありがとうございました。
東海道53次の庄野(*45之次)や関宿(*47之次。写真)、伊勢形紙や鈴鹿墨などの優れた歴史や文化、そして、鼓ヶ浦海岸の穏やかな伊勢湾や鈴鹿峠降ろしの寒風などの豊かな自然にも触れさせていただきました。

そして、なによりもご夫妻の心温まるおもてなしが一番嬉しゅうございました。
そのお心遣いには到底及ばないものではありますが、お礼の気持ちとして当地の産物をお送りしましたのでご笑納ください。

引き続きの重責でこれからも大変でしょうが、お体に気をつけてお過ごしください。
機会がありましたらぜひ当地にもお出でいただければ嬉しく思います。

本当にありがとうございました。c0187298_10154.jpg

*“旅の友”…文庫本、ウオークマン、お茶&お菓子
[PR]
by mm-nadachi | 2009-01-14 00:54 | 旅行 | Comments(0)

3度目の青春18切符・ひとり旅

10日から2泊3日で3度目の“青春18切符・ひとり旅”に行ってきました。

昨年3月の奈良・京都が最初で、12月には東京・横浜・鎌倉に行き、今回は仕事していたときに大変お世話になったお二人との久々の再会を兼ねての名古屋・鈴鹿方面への旅でした。
名古屋駅での待合わせまで少し時間がありましたので、今回の旅のもうひとつの楽しみだった多治見市にある永保寺を訪ねてみました。

永保寺を知ったのは五木寛之さんの「百寺巡礼」(講談社文庫)の第4巻「滋賀・東海」に載っていたのを最近読んだばかりだったからなのですが、その中で、特にこのお寺を開いた無窓疎石が座禅(永保寺は臨済宗南禅寺派の禅寺)を組んで瞑想したといわれている「座禅石」に五木寛之さんが座り、永保寺の全景を見下ろしている写真に惹かれました。

永保寺までのタクシーの中で、平日のほうが参拝者が多いという運転手さんのお話のとおり境内には人影もまばらでしたので、先に国宝に指定されている観音堂や開山堂を見学した後で、永保寺のすぐ横の長瀬山にある座禅石を探してみました。

この座禅石については境内の案内図にもなく、私も文庫本を読んでいたにもかかわらず「あれかな?」っていうくらいの気持ちで結構きつい山道を足をすべらせながら登っていきました。
そして、その場に着いて、あの写真と同じ景色が眼下に広がっていました。

「私は疎石と同じように、その岩に座ってみたいと思い」、そして、「目がくらむような岩壁の先にあるその岩に座ったとき、私は一種奇妙な感覚を味わった。冷たいはずの岩の下から、なにか突きあげるようなエネルギーを感じた」と五木寛之さんは書いていますが、“どみそ”(私は使いませんが、この地域で“意気地なし”のこと)な私はとてもじゃないですが座禅岩に立つことなどできず、写真のようにへっぴり腰で恐るおそる下を覗き込んだのが精一杯でした。c0187298_055494.jpg

今回のひとり旅で読んだ本は五木寛之さんの「蓮如」(岩波新書)、「林住期」(幻冬社刊)、そして、松本駅で買った「松本清張短編全集05声」の三冊でした。
旅に出たなら本を閉じて流れゆく車窓からの景色を見ればいいものを、どうして本を読みたくなってしまうのでしょうか?
[PR]
by mm-nadachi | 2009-01-13 00:01 | 旅行 | Comments(2)