カテゴリ:旅行( 64 )

初めての只見線②~みんなの只見線~

昨日、相方さんが友だちと大糸線で白馬までの日帰り旅に出かけました
「紅葉と雪山のコントラストがいいでしょう」と自慢げに写真を見せてくれました
c0187298_22311020.jpg

大糸線沿線でも紅葉が進んでいるようですので、先日立ち寄った只見線では紅葉真っ盛りかもしれません

そういえば小出駅から只見駅に向かうにつれ、線路脇を流れる破間川(あぶるまがわ)の渓谷が深く、そして川の流れも強くなっていくとともに山々の色あいも濃くなっていきます
c0187298_22314857.jpg

新潟県最後の駅大白川駅を越えると六十里越トンネルに入ります
この長い(全長6,359㍍)トンネル(=県境)を抜けると田子倉湖が見えてきます
c0187298_22321689.jpg

間もなく只見駅着です
c0187298_22383978.jpg

只見駅からはタクシーを利用していくつかの観光コースが設定されていますが、1時間半後に小出駅に折り返すこの列車に乗らないといけないので、駅周辺で遅い昼食でも…と思ってお店を探しましたが残念ながらもう閉店です
c0187298_22325462.jpg

仕方なくスーパーであんまんと肉まんを買って駅の待合室でいただきます
この日はときどき雨が降る曇天で気温も低めでしたのであんまんの温かさが嬉しかったです

只見駅舎にはこんな大きな横断幕がかけられています
c0187298_22341141.jpg

2011年の新潟・福島豪雨による只見線の早期復旧を要望する署名活動を只見町商工会が中心になって行っているようです
只見線は「紅葉の美しい鉄道路線ベストテン」とか「雪景色のきれいなローカル線ベストテン」の上位に選ばれている路線ですし、福島県内には秘境駅と呼ばれるような駅もいくつかあり、地域のとっては貴重な観光資源です
その一方、現実的には(小出駅⇔只見駅に限っては)一日3往復のローカル線ですし、この日も乗客は決して多くはないにせよ、地域にとっては人々の暮らしを支えている大切な(公共)交通手段です

名立駅MS作戦もそうした同じような状況の中から始めた取組みであり、各地域(路線)で利用形態や地域事情、取組み内容が異なっているにしても、こうして地域による主体的な取組みを見聞きするとやっぱり元気づけられる気がします
c0187298_22345092.jpg

            *少し紅葉っぽい名立駅周辺です

「今度はなにしようかな~」
小出駅に戻る車内で暗くなっていく景色を眺めるともなく、そんなことを考えてました
[PR]
by mm-nadachi | 2013-11-07 22:40 | 旅行 | Comments(0)

初めての只見線①~紅葉を求めて…小出駅発~

畑仕事から帰ってきたらお向かいのTさん家の満開の菊が迎えてくれます
c0187298_2052488.jpg

菊には先客…冬に備えての蜜集めに忙しい(ミツ?)蜂です
c0187298_20533072.jpg

そんな小春日和の秋晴れですもん…タマネギ苗植え第2弾です

相方さんが使っているのが今年の灘立農園の“秘密兵器”の押し切り器です
c0187298_20541178.jpg

タマネギの苗は雪の下で越冬して、春の雪解けから大きく生長していくんですが、その間の苗の保護や保温、草の発生を防ぐために苗間に稲わらやもみ殻などを敷くんです
ですが、今年はこのように稲わらを細かく裁断して畝にまくことにしました
これだと草取りも楽ですし、腐れば堆肥にもなります
その前にこの苗がうまく冬越しをしてくれればですが…

こんなふうに灘立農園の秋は深まっていくんですが、ここではほどよい紅葉でした
c0187298_205526.jpg

只見線只見駅です

なぜ只見線か…っていうと、土曜日に都内であった東京事務所勤務当時の集まりに参加しての帰り、そう昨年は松山が会場だったのでしまなみ海道を(自転車で)尾道まで走ったパターンでいくと“茨城りんりん自転車道”を考えてもみたんですが、なんたって台風27号襲来予報です

そこで、いさぎよく(!?)諦めて、ちょっと遠回りですが(きっと初めての)只見線です
只見線は本来は新潟県小出駅⇔福島県会津若松駅の路線なんですが、2011年の新潟・福島豪雨の影響で、今も会津川口駅~只見駅間の運転がなく、バス代行輸送になっています
つまり我が新潟県からみれば小出駅⇔福島県只見駅の往復運行で、それも1日わずか3往復なんです
なので、運行時間を頭にいれて…いざ(!?)小出駅発です
c0187298_20584733.jpg

[PR]
by mm-nadachi | 2013-10-29 21:03 | 旅行 | Comments(0)

ふるさとは遠きにありて思ふもの②~由っちゃんと寅さん~

どうにも晴の日にはなんたらかんたらと用があって、しばらく農夫暮らしとは縁がない(?)日々です
そして、今日はまた雨
なので“足の踏み場もない”部屋の掃除です
といっても部屋の真ん中に散らばっている書類や本、雑誌などを壁際に移動させて“足の踏み場”だけ確保できれば…という程度のものです

ところがそれだけなのに半日もかかってしまい…
そりゃあそうです
前に使っていて不具合になったはず(たしか…)のパソコンが開けてしまったもんだから忘れていたようないろいろなものに“再会”して、とうとう1時間以上もコーヒー片手にパソコンの前にいてしまいました
なかにはちと思い出したくないものもあったりして…いやはやです

もちろんたまには思い出にどっぷり…というのが先日の『関東虎の会』、つまり関東地区在住の中学の同級会でした
c0187298_22523834.jpg

そんなとこまでわざわざ…それも越後ではあの爆弾低気圧⇔江戸は晴天の週末のことでした
6月末に名立にいる同級生の旅行で福島まで行ったときに関東在住の同級生に声をかけたら5人も参加してくれて、どうにもそのときに「関東でも集まってみるか…」となったようです
旅行の精算をしたら少し残額も出て、それを関東虎の会(寅年生まれなので…)の発足祝儀として届けたら…ということで幹事役だった私が出向いた…というわけです
c0187298_2258984.jpg

私を含めて9人だけの同級会でしたが40年ぶりに由っちゃんに会うことができて、中学生のころ私の祖母にいたずらを見つけられて「木刀でぶんなぐるぞ!」と二人で怒られたっけ…というような恐ろしい昔話が出てきました
いやはやです

それはそれとして久々の東京でしたのでいつものように輪行…は残念ながら少し時間が足らず、でもミニベロ(小径自転車)でのミニ輪行です
7:30に東京駅を出て、浅草寺~道を間違えて偶然のスカイツリー~荒川~柴又駅~帝釈天~江戸川までのコースです
c0187298_22591736.jpg

c0187298_2259493.jpg

c0187298_2301363.jpg

c0187298_2303747.jpg

c0187298_231415.jpg

c0187298_2313583.jpg

都内を自転車で走るのは2度目ですが、信号で止まってばっかりだし、車も人も多いし…でも、気がつけば東京マラソンのコースだったり、寅さんに逢えたり…楽しい4時間の往復でした
c0187298_2335941.jpg

中学の同級生も寅さんも“ふるさとは遠きにありて思うふもの”であるとともに“帰れる”場所のようです
いつでも待ってるでね…
[PR]
by mm-nadachi | 2012-12-18 23:04 | 旅行 | Comments(0)

ふるさとは遠きにありて思ふもの①~東京で名立を見る~

ちょっと大げさにいえば一週間くらい青空を見ていないような気がします
特に先週末からは強風と雪がなかなかやんでくれません
c0187298_2395587.jpg

            *これが「鉛色の空」…です

そして明日もそのようです

それなのに江戸はこの青空です
c0187298_22591584.jpg

*この写真は②にも…

「それなのに…」ではないですね
「越後が雪だから…」こその江戸の空の青さなんですね

でも、この青空を見上げるまでがなかなか大変で…
というのも土曜日は強風で信越本線もほくほく線も軒並みの運休です
なので長野まで普通電車で、そこから新幹線で久々の東京です

夜の銀座はクリスマス近しなのかいつもに増してのチャラチャラムードです
c0187298_2312259.jpg

なのでキムラヤで五色アンパンを買って早々に改装された東京駅丸の内口に向かいます
c0187298_23125071.jpg

こんなふうな東京駅を見るのは初めてなような気がします
皇居のほうからの風が冷たかったですが、このときばかりは冬でよかったなと思いました

ホテルに戻り、テレビを観ながら遅い夕飯です
そしたら…『土曜スペシャル「甲州~日本海330km!道の駅駅伝」』なんてのをテレビ東京でやってます
c0187298_23133552.jpg

               *谷浜の手前くらいです

番組内容をテレビ東京のHPから引用すると…
『北海道から沖縄まで、全国に996ヵ所ある「道の駅」。ドライバーの憩いの場としてだけでなく、新鮮な野菜が買える直売所、レストラン、温泉、さらには宿泊できる施設として存在し、観光客から地域の方まで多くのお客さんで賑わっています。
今回は、道の駅を走って巡る駅伝の旅を開催!挑むのは、にしおかすみこ・猫ひろし・川上直子という、いずれもフルマラソン走破経験のある“マラソン大好き芸能人”。』

ということで、途中から観たのでどこからどこへ…がよくわからなかったのですが、そのうちに…
『ルートは、山梨県中央市の「道の駅とよとみ」から日本海に面した新潟県上越市の「道の駅うみてらす名立」まで。
立ち寄る道の駅は17ヵ所、その移動距離は、330キロ以上!途中で臨む北アルプスなど、各地で出会う絶景。そして、起伏の激しい山間部を走る過酷な道のり。素朴で温かい地元の方とのふれあいに勇気づけられながら、3人は無事ゴールすることが出来るのか!?』ということが判明!?
ということでこの画面になるわけです
c0187298_23143155.jpg

まさか東京でこの風景を見るとは思ってもいませんでした
「ふるさとは遠きにありて見ゆるもの」になってしまいました
[PR]
by mm-nadachi | 2012-12-10 23:17 | 旅行 | Comments(0)

瀬戸内海を走る⑧~桃太郎の生きるまち・吉備~

とうとう雪になりました
まるで12月になるのを待っていたかのようです
c0187298_21204950.jpg

午後に高田木曜会合唱団の定期演奏会を聴きにいった会場近くの歩道もうっすら…どころかしっかりと積もっています
なので…寒いです
なので…こんな日はあの日の青空を思い出しながら…

瀬戸内海(周辺)を(ウロウロ)巡る旅もいよいよ最終日です

幸いにもとびしま海道の初日だけ雨で…この日も岡山駅前の桃太郎さんも陽の光が眩しげです
c0187298_2121546.jpg

                 *ハトはいつから“従者”になったのかしら?

岡山駅からは路面電車で岡山城に向かいます
c0187298_21221967.jpg

この日は写生大会でこんなにぎわいです
c0187298_21223970.jpg

岡山駅から吉備線で備前一宮駅に向かいます
ここから歩いて5分くらいのところに吉備津彦神社がありますが、駅前のレンタサイクル店でママチャリを借りて出発です
c0187298_2125031.jpg

前日までのロードバイクと違い、ゆるゆると吉備路自転車道を走ります

備前一宮駅近くの踏切を吉備線の電車が牧歌風に(?)走っていきます
c0187298_21234447.jpg

吉備津彦神社参詣の後は吉備津神社に向かいます
ここは吉備津彦神社とともに桃太郎の鬼退治神話のモデルとなった大吉備津彦命を祀っています
国宝に指定されている本殿、拝殿にもましてこの約400mの回廊が圧巻でした
c0187298_21242774.jpg

こんなふうにやっぱり岡山、いいえ吉備の国は桃太郎さんのふるさとでした

側溝のふたにも…
c0187298_21252286.jpg

岡山駅のポストにも…
c0187298_21262284.jpg

この日から約1か月半が経過して、越後は雪の季節になりました
まだ大根も白菜も収穫してないというのに…
そうそう
タイヤ交換もまだでした
でも、これが越後の冬ですもんね
[PR]
by mm-nadachi | 2012-12-01 21:29 | 旅行 | Comments(0)

瀬戸内海を走る⑦~尾道を歩く~

今日はお約束どおりの(?)雨です
これからの天気予報はどうにもお日さまよりも雪だるまのほうが多くなりそうですね
ということで今日は昨日収穫したネギの片付けや小豆、ササギの豆選りの家庭内農夫です
そしてこんな日こそ連載未了の続きです

***************************************

フェリーで尾道に着いてまず目に入ったのがこの景色
c0187298_23241875.jpg

いきなりの坂のまちです

ということで自転車や大きな荷物をホテルに預けて尾道を歩くことにします

尾道には江戸時代約80を超える寺院仏閣があったとかで、その名残りなんでしょうか、「尾道七佛めぐり」という形で由緒ある七つの寺院を回ることができるようになっています

最初にお参りしたのが石の山門の持光寺です
c0187298_23273234.jpg

ここは延命祈願のお寺なので「みんないつまでも元気で…」と祈願した後で…
c0187298_23291424.jpg

願いを込めながら粘土を自分の手でにぎり、その形をお祈りしている仏様の姿に作っていきます
(写真はご指導いただいたご住職から撮っていただきました)
そして、これが約1か月後に届いた“世界にひとつの”私だけのにぎり仏です
c0187298_23311969.jpg

持光寺の後もいくつかの寺院(や神社もありました)に参拝してからロープウエイで千光寺公園に上がります
c0187298_2331457.jpg

眼下には尾道のまち並み、尾道水道、そして向島ほか多くの島々の姿も見えます
c0187298_2332986.jpg

千光寺公園からは歩いて尾道のまちに下りていきます
坂の途中で腰を下ろして電車の通過を待ちます
c0187298_23322954.jpg

下から見上げても上から見下ろしても尾道は坂のまちです
c0187298_2333149.jpg

翌日、尾道水道の向こうから朝日が上がってきます
さて、今日は岡山~吉備を歩きます
[PR]
by mm-nadachi | 2012-11-29 23:34 | 旅行 | Comments(0)

松山・道後温泉から

予告(?)どおりに四国・松山に来ています

松山といえば・・・そう、道後温泉です

松山駅から市電に乗って道後温泉駅まで来たのはよかったんですが、そこからホテルまで輪行袋をかついであっちこっちですっかり汗をかいて・・・それをすっきり道後温泉の湯で洗い流してきました

明日は5時に起きて今治からしまなみ海道にチャレンジです

きっとまたいろんなハプニングもあるでしょうが、それはまた「とびしま~しまなみ輪行記」で・・・

それでは・・・
[PR]
by mm-nadachi | 2012-10-18 21:39 | 旅行 | Comments(0)

2012冬・関東遠征記③~越後にも雪です~

昨夜から関東方面は雪のようです
そう思えば先週の青空は本当にラッキーでした

3日目は昨年1月に亡くなった叔母さんの(一周忌の)お参りに横浜へ行き、その後、東京に向かい、今年も山種美術館への坂道をゆるゆると(歩いて)登ります
c0187298_18445360.jpg

平日の午後…そんなゆったり感はまったく(!)なく、汗ばむほどの人いきれです
こんなとき私は鑑賞意欲がまったく失せてしまい足早にひと回りして外のヒンヤリした風に当たります
でも、一つだけビックリがあって、それは“日本画家”小林古径唯一(という)の“洋画”が展示してあったことです
「静物」という絵でそんなに違和感(?)はありませんでしたが、それにしてもどんな経緯や意味があったんでしょうね

そうそう
もう一つのビックリがあって、それは「東京駅丸の内駅舎保存・復元工事~歴史的建造物と最先端建築技術の融合~」です
c0187298_18461693.jpg

これは施工会社のHPにあったもので、『1914年(大正3年)に創建された東京駅丸の内駅舎は、辰野金吾により設計され、その堂々たる姿で、多くの人々に愛されてきました。しかし、1945年(昭和20年)、戦災により南北のドームと屋根・内装を焼失。戦後、3階建ての駅舎を2階建て駅舎に復興し、現在の姿になりました。この度の「保存・復原工事」では、外観を創建時の姿に忠実に再現するのはもちろんのこと、さらに、未来へ継承するため、鉄骨煉瓦造の下に地下躯体を新設し、機能拡大の工事を行います。そして、巨大地震にも耐えうる建築とするため、「免震工法」で施工します』とあります
c0187298_18463895.jpg

                      *完成イメージ図

門外漢の私が言うのもなんですが…でも、どうなんでしょう?
「戦災からの復興による現在の姿」というのが東京駅の有する歴史的建造物としての意義であって、「創建当時の姿に忠実に再現する」ことがその“歴史性”を失くしてしまうことになるんじゃないのかな~?って思いましたけどね…

そして今日は越後も雪です
c0187298_1848363.jpg

それも久々のボタ雪です
c0187298_18483127.jpg

お弁当配達のSジーちゃんは除雪機で大忙しですし、二宮さんはこんな雪の中でも勉学に勤しんでいます
c0187298_18485597.jpg

c0187298_1849152.jpg

そういえば先日が大寒だったんですもんね
寒いわけです
みなさんもくれぐれもご自愛ください
[PR]
by mm-nadachi | 2012-01-24 18:51 | 旅行 | Comments(0)

春はもそっと先…みたい

「東京都心と横浜で初雪、夕方まで降り続く見込み」とネットにありますが、昨日はやや薄曇りの空模様だったので、なんだか雪を避けるようにして雪国へ帰ってきた(?)ような、ちょっとおかしな気持ちです

坂道の多いとこにお住まいの横浜の叔父さん、叔母さん
このたびは大変お世話になりました
どうぞ雪に足を滑らすことのないように気をつけてお過ごしください

こうして今年も冬の関東遠征が無事に終わりました
c0187298_13155584.jpg

ということで、今年もハプニングだらけの遠征記はおいおい綴っていくことにします
c0187298_1316223.jpg

とにかく今日はのんびりします
[PR]
by mm-nadachi | 2012-01-20 13:16 | 旅行 | Comments(0)

古都には猫がよく似合う

季語的には間違っているのかもしれませんが、今日はうららかな、つまり「空が晴れて、日が柔らかくのどかに照っている」一日でした
なので、午前は農園でしたし、午後は農園から家にもってきた味噌用大豆の“脱穀”です
といっても擂粉木(すりこぎ)で乾いた豆を叩いて莢(さや)の中の豆を出すっていう原始的なやり方で、もちろんそれなりの手間がかかるんですが、ま、灘立農園には分相応かと思っています
そして、取り出した豆を天日でもう一度乾かしてからゴミや不成熟な豆を除いていってようやくの味噌用大豆の“完成!”です

そんな豆の上になんとカマキリが…
c0187298_21404769.jpg

さて、カマキリ予報士さん、今年の雪はどうなんだいね?

それはさておき、そういえば今日は久々の農夫だったんです
というのも、先週末は金沢市で今からもう12、3年前になる東京事務所勤務のころの全国の“お仲間”との同窓会に参加してきました
c0187298_2150304.jpg

                   *ライトアップされた金沢城

今年で8回目になるん(だそう?)ですが、私は一昨年の旭川市以来の参加で、それでもみなさんの記憶の片隅にはまだ残っていたようで短い時間でしたがいろいろなお話をさせていただきました

いわき市のSさんからは200人以上の犠牲者があった震災以降の復興状況をお聞きしましたし…
長野市のKさんとは約10年ぶりで長野マラソンに参加したことを覚えておられて「まだ走ってるの?」って聞かれました
長岡市出身で横浜市のUさんは今は横浜スタジアムにお勤めとかで、さてモバゲーはどうなるんでしょう?
金沢市のMさんの奥さんからは「五色まんじゅう」なるものを紹介していただき、翌日駅ビルでお土産に買って帰りました
金沢市のお隣で今回の幹事役をされた白山市のTさんは今は数少ない現役で観光関係の部長さんです
岡崎市のFさんは前日にわざわざ名立駅を訪ねていただきました
ありがとうございました
四日市市のKさんには「渥美半島~伊勢神宮経由で輪行で行きたいな~」と“予約”しておきましたが、さて…
堺市のHさんからは府知事選や大阪市長選の裏話を…
呉市のOさんからはしまなみ海道のパンフをいただく約束をしました
大分市のIさんとは2次会でゆっくり大分事情(?)をお聞きしました

このほかに全国28市からの参集されたお仲間からいろいろなお話をお聞きすることができました
c0187298_2145156.jpg

そして、来年は四国・松山市での開催です
四国といえば…そう、自転車乗りとしては一度は走ってみたいしまなみ海道があります
まだ時期は不明ですがなんとか行きたいな~と思っています

そうそう
実は今回も自転車を積んで行って、翌日市内を走ろうと思っていたのですが、あいにくの雨です
なので、自転車はあきらめて車で卯辰山公園~にし茶屋街~室生犀星記念館を回りました
金沢といえば兼六園、金沢城、21世紀美術館、武家屋敷跡、ひがし茶屋街などがすぐに思い浮かびますが、そっちはこれまでも何度か行ったことがあるので今回はどこも初めてのとこばっかです

そしたらなぜか猫によく出会って…
c0187298_2145582.jpg

              *卯辰山公園のトイレベンチで寝ていた猫

やっぱり古い町並みには猫が似合いますね
c0187298_21464448.jpg

              *室生犀星が飼っていた猫です。それにしてもこのザマ…
[PR]
by mm-nadachi | 2011-11-01 21:51 | 旅行 | Comments(0)