カテゴリ:ボランティア( 51 )

ボランティア始め

世間的には今日が仕事始めです。
農夫としては実は昨日からやんわりと09年の農園仕事を始めたところですが、これも少雪なるが故なのでしょうが、こんなに早くから畑ニ出ルのは初めての経験です。
これも見方を変えれば“温暖化”ということなのでしょうか?

そして、今日は“ボランティア始め”となりました。
昨年、定年退職まで3年早く仕事を辞めることについてはもちろん妻とはなんども相談した結果であり、最終的には私の我がままを許してくれた妻には深く感謝しています。
そのとき妻から一つだけ“注文”があって、それは“自分や家族のためにだけ過ごすのではなく、どんな形でもいいから地域のために働いてほしい”ということでした。

このことは私の中でも強く意識していたことでもあり、その具体的な表れの一つがボランティアでした。
ただし、やはり生活の大半は農夫暮らしですので、せいぜい地元の社会福祉協議会が行っている“ふれあいランチ・サービス”の週一日の配達や介護施設等での楽器(サックスとフルートのアンサンブル)演奏のほか、100㎞マラソン大会や今年が本番の年になる国体のリハーサル大会での受け付けなどのボランティアをさせていただきました。

そして、昨年12月から新しく始めたボランティアがあります。
これはまったく“自分勝手な”ボランティアで、積雪地域の農夫にとっては“農夫でいられない”冬場をどう過ごすかはすでに4月頃からずっと気にかかっていたわけなんですが、いくらなんでも毎日、農園記録の整理じゃすぐに飽きちゃうし、本や雑誌などで散らかり放題の部屋を片付けるといっても一週間もあればいいし…、ということで少し焦り気味で悶々としていたときに目にしたのが「患者図書室ボランティア募集!」のお知らせでした。

c0187298_23325654.jpgということで、本日は外観からのみの紹介で、続きは(お得意の?)次回をお楽しみに!?
[PR]
by mm-nadachi | 2009-01-05 23:19 | ボランティア | Comments(0)