カテゴリ:灘立農園( 339 )

きゅうりキムチ

本題に入る前に今日もそうだったんですが、今年は本当に風の日が多くて…農園管理は大変です
雨なら降ったあとでも数日すれば畑は乾いてくれますが、風で倒された作物は“起こして”やらないといけません
下の写真は9日の風で倒伏したトウモロコシです
このあと一本ずつ起こして、根元に土寄せして…なのに、また13日にも風にやられ、そしてきっと今日の風でも…
明日も葡萄園アルバイトなので農園には行けず、明後日はどんな状態なのか心配です
c0187298_23231650.jpg

そんなこともありますが、できるだけ楽しみながら…というのが灘立農園のモットーなので、先日、初めてキュウリ・キムチづくりに挑戦してみました
もちろんこの冬の白菜キムチづくりが予想以上にうまくいったので“二匹目のドジョウ”を狙って…という、いたって単純な動機といってしまえばそれまでですが、せっかくのキムチづくりノウハウとあまるほど採れるキューリの活用といった一石二鳥でもあるんです

それではペンと紙のご用意を…

■キュウリの下ごしらえ
キュウリを洗い、塩をふり混ぜ、軽く重石をして2時間ほど漬けます
■材料準備
大根を千切りにします
c0187298_23235676.jpg












ニンニクと生姜を潰し切りします

c0187298_2325129.jpg












昆布と粉末だしでだしをとります(これがキムチづくりの大事な作業なんですが、今回は粉末だしだけで…)
キュウリは水気をよくふき取り、味が染み込みやすくするため、またすぐに食べられるようにサイコロ状に切ります
■漬け込み
だし、おろしにんにく、砂糖、粉唐辛子を混ぜます
大根の水気を切って袋に入れ、下漬けしたきゅうりと一緒に漬けんで、冷蔵庫に入れます
c0187298_2325364.jpg












これで一晩漬ければ食べられるんですが、やはり2日3日と少しおいたほうが“味がのってきて”いるようです
今回が初めてなのでまたいろいろ工夫してみようと思っています

今日はなんと36℃とか…
私の平熱がだいたい35.5℃なのでそれよりも暑かったわけで、道理でいつものようにドバーという感じではなくダラダラといったいつもと違った汗のかきかたでした
みなさんもどうぞ体調に気をつけてお過ごしくださいませ

ということで、遅ればせながらの…書中お見舞い申し上げます
[PR]
by mm-nadachi | 2009-07-15 22:54 | 灘立農園 | Comments(0)

トルシー効果!

火曜日から木曜日までの葡萄園アルバイトを終え、金曜日から待ちに待った農園仕事の再開です

逸る(「はやる」の漢字を恥ずかしながら今、知りました)気持ちを抑えきれずに6:00起床の早朝農夫でした

農園に着き、まずは全園チェックです
幸い数日前の雨で作物の生長具合に特に問題もなかったので、予定どおりタマネギ収穫から始めました
わが灘立農園だけではなくいろいろな人から「今年のタマネギはトウが立って…」という話を聞きました
残念ながらその理由が少雨のせいなのかどうかは聞けませんでしたが、「わが農園だけじゃないのか…」と気分的に多少は楽になったのは事実で、それでも黄色玉で260ヶ、赤玉で150ヶ(もちろん大小・硬軟(?)入り交ざっていますが…)の今年の収穫に感謝です

その後、土曜日(この日も6:30起床)、日曜日(なんと5:30起床)と、ジャガイモ収穫(第一弾)~畑打ち~味噌用大豆(エンレイ)苗定植、草刈りとほぼ予定どおりに進んでいます
*エンレイ定植後
c0187298_21144945.jpg

ただ、なんたることかズッキーニとカボチャの苗を間違えてしまい、土手近くに植えるつもりのカボチャが畑のど真ん中でツルを伸ばし始めているのを見るにつけ、「あーあ」というため息が出るばかりです
なんたって、そのツルの横には小豆やサツマイモが植わっているわけで、カボチャの威勢のいいツルの“侵食”をいかに防ぎつつ、カボチャも実をつけるか、これからの日課です

今年、長年“手塩にかけた”アスパラが春先に虫にやられてしまったことは前にも書きましたが、その虫が今はこのズッキーニやカボチャ、そしてキュウリのまだ柔らかい葉について、食い荒らしています
その虫を手で捕殺(まさしく、手で捕まえてグチャっとつぶす)するのがこれまた日課になっているのですが、コイツはなかなか身が軽くて、そーと後からしのび寄ってもすぐに飛んでたってしまう難敵なんです

ところが、昨日、灘立農園産のネギ苗を取りにきた農婦Tさん(妻の友人ですが…)から「この虫を取るシールあるんだよ」って教えていただき、なんと、その現物もいただくことができました
その名も「害虫捕獲粘着紙 ビタット・トルシー」というもので、小さいころわが家にもかかっていた“ハエ取り紙”の農園版といったものでしょうか
*ズッキーニの畝のビタット・トルシー(その奥に見えるコンモリしたのがそのカボチャです)
c0187298_211410100.jpg












その結果が写真のとおりで、期待どおりの捕獲結果でした
c0187298_21142710.jpg
ちなみにコイツらの名前はウリハムシといって、その名のごとく、キュウリやズッキーニなどのウリ科野菜の害虫ということらしい
もっと早くに知っていればあのアスパラも…と思っても仕方ないことで、ならばこれからの無農薬栽培の“金棒”にしていこうと思っています










ということで、今日も夕日を眺めながらの帰りです(写真は生で見るよりはかなり夕日色になっています)
c0187298_21162438.jpg

[PR]
by mm-nadachi | 2009-06-28 21:00 | 灘立農園 | Comments(0)

梅の十三年待ち遠い


桃栗三年柿八年ということわざがあります。
そのあとに「梅の十三年待ち遠い」と続く類義語があるということを(恥ずかしながら)今、ネットで知りましたが、灘立農園の梅は何年経っているのか、苗を植えた父が亡くなっているので正しくはわかりません(生きていても覚えているかどうか…。ごめん、親父)。
そこで、「同じころに植えてもらった」というご近所さんによると「30数年経っているはず」なんだそうですが、その真偽は別として、そして、ほとんど手入れらしいことや肥料もやっていないのに、今年もしっかり実をつけてくれ、今日、梅もぎをしてきました。c0187298_23294350.jpg

肥料が少ないせいか、はたまた剪定していないせいか、やたらとトゲの多い枝に成っていて、しかも年々高いところに成るようになってきているので、手の届くところはいいのですが、後は木に登って悪戦苦闘です。

梅の木は2本あって、品種ももちろんわからないのですが、1本は小梅でもう1本は少し大粒の実がなります。
今日はもいできただけで計量もしてありませんが、今年も梅干、梅酒、そして梅ジャムとしてありがたくいただくことにします。




c0187298_23314691.jpgこの中で私の担当は梅ジャム作りです。
昨年初めてやってみたのですが、軟らかくなるまで煮て、それを手でつぶし(これが熱いのなんのって…)、そして濾して出来上がりなんですが、結構手間がかかったことを覚えています。
このジャムは先日のイチゴジャムと同じように、自家製ヨーグルト(といっても市販されている牛乳で作るものです)にかけて食べるのですが、これがほどよい酸味があってなかなかでした。

ということで、梅ジャム作りのレポートはまた後日です。
[PR]
by mm-nadachi | 2009-06-14 23:27 | 灘立農園 | Comments(0)

イチゴジャムつくり

今日はニンニクの収穫です。c0187298_22401796.jpg

今朝、昨年の農事メモを確認したら6月2日の収穫だったのでちょうど一週間遅れです。
それというのも、今年はあまり生育がよくないようだったので今日まで“引っ張って”いたのですが、ニンニク収穫後の畑にカボチャの苗を植えようと考えていたのと、収穫したニンニクのほか、タマネギやブロッコリー、カリフラワーなどを詰めて、灘立農園ただ一人のお客さまに今年の初出荷をしようと思っていたからです。

それにしても今年はタマネギやニンニクなど、冬越しの(つまり、秋に植えてひと冬を越して収穫)作物の出来が悪いです。
苗や肥料のせいか、雨の少なさか?
農夫2年生にはなかなか難しく、そして厳しい結果です。

今日はイチゴも少し採ってきました。

イチゴは“山のギャングたち”(その姿は見たことはないけど、きっとタヌキやイタチ、ムジナ?)の大好物で、網をかけてもちょっとした隙間から侵入して美味いとこだけ食べて引き上げていくのです。
今年もこれまで3度くらい被害に遭ってしまって、収穫はほぼあきらめていたのですが、それでも今日は1kgちょっと収穫できました。

それで夜はイチゴジャムつくりです。

まず、泥を落とし、ヘタをとってから鍋に入れ(正味1,150gでした)c0187298_22421443.jpg、そこにハチミツとグラニュー糖を適量(字のごとく“適当に”)加えます。











c0187298_2242476.jpg












c0187298_22432016.jpg
そして後は弱火~中火で煮込むわけですが、途中でイチゴをつぶしたほうが早くできあがりますし、また灰汁(あく)取りもします。
煮込むこと約30分で完成。
c0187298_22434519.jpgパンなどにつけるジャムではなく、自家製ヨーグルトにかけるジャムなので少し汁っぽいですが、これで約700mlです。









甘みと酸っぱさの混ざった結構濃厚なジャムの完成です。
c0187298_22443630.jpg

[PR]
by mm-nadachi | 2009-06-09 22:33 | 灘立農園 | Comments(0)

未知との遭遇!?

昨日の疲れもなんのその…というふうにカッコよくはいかずに、まだフクラハギの痛みは残っていましたが、今日からまた気ままな農夫暮らしです

農園ではナスやピーマンの初もぎやらミニトマトが色づき始めたり…少しずつ夏野菜の空間になってきました
あとは“ときどきでいいのでの雨”ですc0187298_0131859.jpg



















c0187298_0134097.jpg

そして、今日から毎夕、自転車トレをすることにしました

昨日の久々のハーフマラソンは右足フクラハギ痛で最後はきつかったですが、それを除けばほとんどランの練習らしいものをしていなかったことを考えれば、これまでのハーフのときを思い出してもずいぶん楽に走れたように思います
ということは、自転車トレの効果がランにも…と思った次第です

そして、なんてったって、農園仕事後ということを考えればランより自転車のほうが楽です
“風とともに”、そして、夕日を眺めながらうっすらと汗をかいて走るのは本当に楽しいものです

ということで、今日もいつもの久比岐自転車道でしたが、その帰りのとんでもない光景に“遭遇”しました

前にも書きましたが、この自転車道はかつての北陸本線の線路跡なので何ヶ所かのトンネルの中も通ることになります
日没間際だったのでトンネルの中が見えにくかったのですが、なんだかトンネルの中に一台の車がとまっているような…
そして、なんだか音楽というか、トンネルに近づくにつれて“大音響”が…
なんと、車の後ろでは金髪のアンチャンがドラムの練習をしていたのでした!!
民家からは遠く離れているので“近所迷惑”にはならないにせよ、自転車乗りやランナーはやっぱりギョッっとするけど、それにしてもうまいこと考えたもんだと感心しながら、大音響に別れを告げました
(*残念ながらその決定的な写真はないのです)

今度は私もサックス吹いてみようかな
響くだろうな~
うまく聞こえるかな?
[PR]
by mm-nadachi | 2009-06-09 00:09 | 灘立農園 | Comments(0)

ジャガイモの花

「雪が解けたらなんになる?」という問いの正解が「水になる」なのか、それとも「春になる」なのかはわかりませんが、今日、農園で咲き始めたジャガイモの花を摘みながら同じようなことを考えていました

科学的には「優秀な子孫を残すため」なんでしょうが、詩情的には「きれいな花をみんなに見てもらいたいから」なんでしょうか?

それはさておき、以前はジャガイモの花は咲いてもそのままでしたが、最近は私も“花摘み派”です
ジャガイモは(今さらですが)土の中で育っていくのですが、咲いた花をそのままにしておくと花に栄養分がいってしまい、イモが肥大しないということです

そんな思いで“非情にも”ブツブツと手で摘んでいきましたが、薄紫色の花(奥のほう)がダンシャク(男爵)で白色の花(手前)はトウヤですc0187298_219469.jpg













今日は農園に行く前に久々に“三八市”に行ってきました
この市は3と8のつく日に開催されることからこの名前になっていて、近在の人に親しまれているもので、私も春先にはときどき行くのですが、この時期は夏野菜の植付けもほとんど終わっているせいか、苗よりも早採りキュウリやトマトなどのほか、ワラビやタケノコなどの山菜類も多く並んでいましたc0187298_2193078.jpg





今日は農園で育てているネギ苗の生育がよくないので、“保険”のために一把だけ買って帰り、早速植付けしました
数えたら90本ありましたが、あとは農園産のネギ苗の“健やかな生長”を祈るだけです
c0187298_21101250.jpg

[PR]
by mm-nadachi | 2009-06-03 21:07 | 灘立農園 | Comments(0)

お暑~うございます

今日も青空
おまけに最高気温は30.2℃で160km走ったときの倍!
こんな日に走りたかったなと思いつつ農園で汗を流していましたが、リーダーの「暑い日は水分補給が大変だから今日のほうがいい」という言葉を思い出しました
これが汗を流さないとどうしてもやってるという実感を感じることができない素人の悲しさなんでしょうか…

ということで今日の水分補給は午前と午後ともそれぞれ500mlのペットボトルの水とコーヒー2杯
夏になるとこれにペットボトルの水を凍らせたものを2本追加しなければ脱水症状になってしまいます
もちろん農園でキュウリやトマトをガブリとかじることもありますが、やはり冷たい水がイチバンです

さて、160kmから2日目です
いろいろな人に完走報告をしましたが、みなさん私の体調を気にしていただいています
ありがとうございます
でも、自分でも不思議なくらいなんでもないのです
ですので、昨日から即農夫に復帰(?)したばかりか、夕方には今度の日曜日の“天地人ロードレース”の久々のハーフマラソンに向けて毎日10kmのトレーニングまでしています
ある人からは「それは絶対におかしい」と言われましたが、そう言われても…というのが正直な思いです
健康に感謝です

今日の農園仕事は小豆の播種、インゲンやモロッコ豆の支柱立て、トウモロコシの追加定植などのほか、先日いただいたヒマワリの種まきもしました
c0187298_22543418.jpg夏には高速道路から灘立農園のヒマワリが見えるようにと祈りつつ・・・















そうそう
がんばってネギの畝も2列“掘り上げ”ました
明日は三八市でネギ苗を買ってきて定植ですc0187298_2254529.jpg
[PR]
by mm-nadachi | 2009-06-02 22:45 | 灘立農園 | Comments(0)

開墾畑にナス

先日のブログで「今年は風が強くて…」と書きましたが、今日もそんな日でした

この時期になるとトマトやナスなどの夏野菜は支柱に結んだりするので風による被害は少ないのですが、定植したばかりのカボチャや夕顔の苗をビニールで覆ってあり、それがときには風でめくられてしまうこともありますし、サツマイモの苗の根元も風に揺られてユラユラしてます

それよりも風によるイチバンの被害、というか影響は、とくに今年は雨が少ないこともあり、畑土が乾いてしまうことかなと思います

ということで、今日も一時間の水やりの後、“開墾畑”へのナス苗の植付けを行いました
開墾畑は今年、作付けを拡大しようと昨年まで果樹園的(つまり、なかなか実が成らない果樹園だったということです)に使用していたところを畑にしようと汗を流してきていたのですが、ようやく今日そこに知人からいただいたナス苗を定植することができました
c0187298_22381019.jpg*ススキがはびこっている開墾前












c0187298_22374869.jpg
この畑は灘立農園の中でイチバン上(高い場所)にあり、収穫時期はなかなか大変だと思うのですが、これも体力強化と思いつつ…

そんなこんなで160kmまであと3日!!
[PR]
by mm-nadachi | 2009-05-28 22:34 | 灘立農園 | Comments(0)

思わぬ休園

早朝トレーニング3日目の朝に一大事発生!

実は昨日の午後、農園でエンドウ豆の支柱にかけてあったシャツを着たらなんだかチクチクしていたので気になって脱いでみたら、右腕のヒジあたりに虫刺されのような痕がポツポツあって、家に帰ってきてから「カユミドメリン」(ふざけた名前ですね)とか「ムヒ」を塗っていたのですが、それが今朝みたらなんと右腕にかなり広がっていたのです

そこで、早朝トレは休止にして急きょ皮膚科に行くことにしました
でも、体調的にはまったく問題なかったので、(“病人”のすることではないでしょうが)早朝トレも兼ねて片道約18kmを自転車で行くことにしました

診察結果は「最初は部分的な湿疹だが、そのままにしておくとだんだん広がっていくから」と抗アレルギー剤の錠剤と塗り薬をもらってきました
残念ながらまだ回復というよりは逆に朝よりも範囲も広がり、湿疹も大きくなってきていますので、なんとか早く薬効が出るように祈っています(みなさんも祈ってください)

それはさておき、(昨日に続き)帰りに見つけた雑景をいくつか…

久々にイトーヨーカ堂に寄ってきました
目的は最近なぜか無性に食べたいと思っていた“大判焼き”を探しに行ったのですが、ありませんでした!
その代わりにパン屋さんでこんなのを見つけ(そして、買って、もちろん食べ)ましたc0187298_22545344.jpg
ここにも“天地人”です

その天地人博をやっている会場脇を通り過ぎたときに県外の大型バスが何台も停まっているのを見て、高田公園の観桜会以外にこんな風景に出会うなんて、これぞ“天地人”でした

今日の片道18kmのうち10km以上がいつもの久比岐自転車道なのですが、鍋が浦地区を走っていくと「鍋ヶ浦の三十三観音」という史跡案内板が設置してあります
c0187298_22555216.jpg案内板によれば、「昔からこの地区で信仰されていた33観音を修復して地区の公会堂に安置してある」とのことで、あれからなかなか進まない正統(?)の「33観音札所巡礼をいながらにして」できるという言葉に引かれて急な坂を上ってお参りしてきました
私の巡礼の旅も週末の160kmと翌週のハーフマラソンが終わったらけじめをつけに行ってくることにします

そして、この案内板から2つのトンネルを抜けたところで見えるのがこの滝です
公式な滝の名前は知りませんが、このあたりには“乳母岳神社”とか“乳母岳トンネル”があることから勝手に“乳母岳滝”と呼ぶことにします
c0187298_225787.jpg


午後は区内で会議が続き、結果的に今日は思わぬ休園になってしまいましたし、明日の早朝トレもこのカユミのおさまり次第です

大会直前に自分の不注意でこんなことになってしまい、なんとも情けない一日でした
[PR]
by mm-nadachi | 2009-05-27 22:48 | 灘立農園 | Comments(0)

3晴1雨

今日も暑かったですね

でも、いつものように農園にでかけ、今日も水やりから始まりました
最近は前日の最後の“仕事”として、ポリバケツなどに水をためて帰るのがほぼ日課になりつつあります

先日ある雑誌に「甘いトマトを作るには3日晴れて1日の雨」とありましたが、今年は本当に雨が少なくて、今日も隣の畑のオバーちゃんも曲がった腰でせっせと水やりしていました

そんな姿を見ていると切なくなりますが、畑仕事は身体的にはもちろんですが、それなりに“頭を使う”ので認知症予防等にはかなり役立っているのではないかと(この年齢になって初めて)思います

さて、今日の農園仕事はササギやインゲン、そして大豆(枝豆)などの播種が主なものでしたが、ササギは赤飯に、インゲンは煮物に、そして大豆はもちろんビール(私はショーチュウ派ですが)の友と自家製味噌にと“つつがなく”育ってくれることを祈っていますc0187298_22424544.jpg
*“開墾畑”にササギを定植








自家製といえば梅干や梅酒とか、また昨年はジャム(シロップ)も作りましたが、農園の2本の梅の木に青い実が成っているのが見えました

c0187298_22434894.jpg明日は雨の予報ですが…
[PR]
by mm-nadachi | 2009-05-21 22:39 | 灘立農園 | Comments(0)