カテゴリ:サックス( 35 )

第一ステージ《正善寺工房みょうがまつり》

正善寺工房みょうがまつりでの演奏は昨年に続き2回目なのですが、今年は昨年に比べ2つの“変化”がありました

ひとつはメンバーの変化で5人から4人編成になり、バリトン・パートがなくなってしまいました

そして、もうひとつは演奏する曲目でした

昨年は“インザムード”“マンボ№5”や“見上げてごらん夜の星を”など、スタンダード系の曲目でしたが、主催者側から「もう少しこどもたちも楽しめるような曲を…」という要望に応えるかたちで、今年は“星に願いを”のほかは“砂山”“夏は来ぬ”の童謡(唱歌)と“もののけ姫”“君をのせて”のスタジオ・ジブリなどの構成としました

しかし!!

私たちの前に地元の飯小学校5,6年生の金管バンドの演奏があって、その後暑い中、彼ら&彼女らが私たち“大人の演奏”を聴いてくれたのですが、“砂山”と“夏は来ぬ”は「一緒に歌いましょう!」と指揮をしていただいたサックス教室のK講師の呼びかけに「知らな~い!」との声が返ってきました
c0187298_9564695.jpg

それにひきかえスタジオ・ジブリの2曲はさすがによく知っていて楽しんでいたようで、「“夏は来ぬ”は上越市大潟区出身の小山作之助の作曲なのに、これはただ時代が変わったからということだけでいいのかな?」と思ったのですが、夜の打上げのときにはほかのメンバーもそう思っていたようです

でも、そういう私も2曲とも1番だけは歌詞を見なくても歌えますが、2番以下になるとまったくお恥ずかしいかぎりです

そうそう、演奏が終わった後でK講師が先生やこどもたちといろいろな話をしていた中でサックスに興味をもったこどももいたようですし、来年はジョイント演奏も…?

ステージは今年も正善寺工房の駐車場にセッティングされた大型トレーラーの荷台で、屋外はハプニング続出です

ときどき吹いてくる風はいい気持ちなんですが、楽譜がめくれ上がってK講師から楽譜を押さえていただいたり…

そして、この日最大の“危機”は…
先日、ブドウ園でのハチ刺され事件をお伝えしましたが、演奏の途中で虫(蛾?)が私をめがけて(というふうに私には見えたのですが)飛んできて、あの日以来やはり虫には警戒心(トラウマ!?)を持っているため、右手で虫を払いながらもなんとか吹きとおしましたが、みなさんからはきっと「なにやってんだろー!?」と見えたでしょうね
ともあれそんな中でなんとか全5曲を演奏することができました
c0187298_9581221.jpg


この日も35℃超の暑い日でしたが、多くのみなさんからお出でいただきました

とくにブドウ園で一緒にアルバイトさせていただいている“仲間”のみなさんからはご家族ともども大勢から応援にきていただき、本当にありがとうございました
楽しんでいただけましたでしょうか?
9月半ばからの収穫作業でまたお会いしましょう

そして、米山登山のK隊長も…
今回は奥さんが少し体調が悪いとのことでおひとりでしたが、くれぐれもご自愛ください
そうそう
いつか米山山頂で吹けたらきっといい気分でしょうね

ということでこの日の“第一ステージ”は無事に終了し、われらSBSEは次の第二ステージに向かうのであった…
(以下、次回に続く)
[PR]
by mm-nadachi | 2010-08-10 09:53 | サックス | Comments(0)

お詫びとお礼とお願いと…

皆々さま へ

昨日はお仕事中にいきなり押しかけ申し訳ありませんでした
そして、忙しい中にもかかわらず農夫のタワゴトにお付き合いいただきありがとうございました
本当に久々にお会いでき、またお話ができて大変嬉しゅうございました
私はかように元気でやっています

でも、前頭葉萎縮が多少進んでいるらしく、先日のブログに誤りがありました

正善寺工房のコンサートは・・・

【誤】8月8日(日)午前10時から
デハナク
【正】8月8日(日)午前11時から
デシタ

お詫びして訂正します
ノデ
ぜひお出でください
お待ちしてます

ということで、今夜の最後の合同自主練習の様子です
c0187298_23333919.jpg

ねっ、結構マジメニやってるように見えます…か?
[PR]
by mm-nadachi | 2010-08-04 23:29 | サックス | Comments(0)

サックスコンサートのお知らせ

8月8日(日)午前10時(チラシでは午後11時になっていますが、そんなことはありません!)から昨年に続き、正善寺工房「みょうがの里まつり」でわが“セハヤ・バフター・サクソフォン・アンサンブル”(SBSE)の30分くらいのミニ・コンサートが行われます

ご用とお急ぎでない方や(自己評価と違い案外不評な)私のヒゲ面を見たい方、ミョウガをお求めの方、SBSEの前に10:30から演奏する飯小学校金管バンドのほうを聴きたい方…エーイ、面倒だ!
とにかくどうぞお出でください!
そんでもって拙い演奏ですが、どうぞ聴いてやってください

そのほかの当日のメニューはこのチラシをよ~くご覧になってください
c0187298_2193267.jpg


そうそう、今年の演奏曲ですが…(まだ順不同です)
・星に願いを
・もののけ姫
・君をのせて(「天空の城ラピュタ」主題歌)
・夏は来ぬ
・砂山

この日に向けて7月は毎水曜日(シロート集団の)SBSEメンバー中心でヤイノヤイノいいながら合同自主練習を続けてきました
それでも最初のころに比べれば少しは聴けるようになってきたかなということで、私と同じアルトサックスのEさんの自己採点では「70~80点かな?!」
残り30~20点をどう積み上げていくかはこの後の練習次第なんですが、そこで今後の予定といえば…
7月31日(土)アンサンブル・レッスン
8月 4日(水)最後の合同自主練習
8月 7日(土)最後のアンサンブル・レッスン
8月 8日(日)コンサート本番!!

SBSEも今年で実は3年目になります
当初はソプラノ・アルト③・テナー・バリトンの6人編成だったんですが、昨年と今年ひとりずつ(二人とも若かったのにな~)抜けて今回はソプラノ・アルト②・テナーという4人のオジサンバンドになってしまいました

ということで、溌剌さや華やかさ、そして洗練さもないと思いますが、「聴きにきてやったぞ」のヒヤカシ半分、「がんばってるね」の応援半分でお楽しみいただければ嬉しいです

それではみなさんお待ちしてま~す!!
[PR]
by mm-nadachi | 2010-07-30 21:05 | サックス | Comments(0)

なめんなよっ!

少し長いですがまずは次の2009年12月20日付けの室蘭民報ニュースをお読みください

 ジャズトランペッターの日野皓正さんと室蘭市鶴ヶ崎中学校ジャズバンド部が共演するテレビ番組「SOUND+1」(NHK―BS2制作)の一般公開収録が19日、室蘭市文化センターで開かれた。日野さんと部員17人のセッションに、市民ら約千人が聴き入った。

 部員たちは6台のテレビカメラと聴衆の大きな拍手にちょっぴり緊張した表情で登壇。日野さんは1曲目「聖者の行進」のソロパートから登場し、部員たちの顔を一人一人見つめながらジャズの原点とも呼ばれる同曲を披露した。

 課題曲「STIlL BE BOP」のセッションでは、日野さんがフラッターを利かせた奏法やサックスのソロに合わせてステップを踏み会場を盛り上げた。部員と聴衆も体を揺らしたり手拍子を取るなどしてリズムに乗った。

 課題曲は、同校が平成23年度に室蘭市東中と統廃合することを聞いた日野さんが選曲。「いつまでも心の中にジャズを」と思いを込め作った同曲に「部員たちが鶴中ジャズバンドとしての誇りを忘れないように」との願いを重ねた。

 2曲のセッションを終え、石井亜由子部長は「会場とステージが一体になれた」と笑顔。日野さんは「部員たちのアドリブのニュアンス、音の出方は最高だった。ジャズのマチ室蘭のパワーを感じた」と汗をぬぐって笑顔を見せていた。

 番組の放送は1月22日午後10時から。

*****************************************

この放送をラッキー(でも、結果的にはそうだったのかな~)にも見ることができました

その中で日野皓正氏が中学生に向かって「なめてる!」と確か言ったような…

その本意は「ジャズはズンジャチャズンジャチャと音が上がったり下がったりしているように聞こえるが、その音だけ(安易に)上げたり下げたりすればいいものではなく、基本となる音があって、それをまずしっかり吹いたうえで次のステップとして上げたり下げたりすることが必要なんだ!」というようなことで、つまりは「音の正しい出し方をなめてる!」というようなことだったと思いますが…

この言葉がとても胸に刺さったのは発表会を翌日に控えた私に向けて発せられているような気がしたからです

これまでサックスがうまく吹けなかったたびに《基本に戻ろう!》なんて思いながら、一度としてちゃんとやってきたことはなく、そのことが特に最近の練習で嫌というほど思い知らされて、それをなんとかゴマカシテ…と思っていた発表会はやっぱり惨憺たる結果でした

これからどうしようかな~ということであの日以来サックスケースは部屋の片隅でひっそりといつくるかわからない次の出番を待っています
c0187298_2346838.jpg
[PR]
by mm-nadachi | 2010-01-26 23:40 | サックス | Comments(0)

One for All、All for One!

《雪》の話題は“我慢”して、今日は久々のサックスです

昨日も書きましたが私が通っているサックス教室の今年度の発表会が今週末23日(土)に予定されています

私にとっては今回が3回目になるのですが、これまで2回とも秋の実施で、会場はせいぜい40人くらいが入れる大きめの教室だったので、時期的には2~3ヶ月遅くなり、これはゆっくり準備(練習)できたからよかった(かどうかは当日の結果次第ですが…)ものの、会場はなんと市内で2番目に大きい400人収容可能な“コンサートホール”です!!
これには主催者側になんか事情があるようですが、これまでそのホールで仕事等の経験はありますが、もちろんこんなリッパなホールで演奏できるのは嬉しいですが…。

で、残り一週間を切った今日、アンサンブルメンバーから急な連絡があって夜2時間の合同練習をしてきました

以前にもお知らせしたことがあったかと思いますが、今回はみなさんもきっとよくご存知のグレン・ミラーのメドレーで、“ムーンライト・セレナーデ”~“茶色の小瓶”~“インザムード”の3曲を演奏します

One for All
All for One

これはよくラグビーのときに耳にする言葉ですが、アンサンブルでもこんな気持ちで楽しんで吹けたらいいなと思っています
[PR]
by mm-nadachi | 2010-01-19 23:56 | サックス | Comments(0)

野郎どもだけのジャジーなイブ

サックスの発表会は例年11月なんですが、今年は年を越した1月23日の予定です

なので考えてみればあと一ヶ月近くも(!?)あるのですが、なんといっても今週末にエレクトーンとの初音合わせが予定されていることもあって、今夜はアンサンブルの自主練習でした

よりによってクリスマス・イブにと思われるでしょうが、もうそんなことにあまり“ご縁のない”野郎ども4人だけで、それでもなかなか真面目にやってきました

みなさんどれだけ練習しているのかわかりませんが、なんだか私が一番“乗り”きれていないようで、ちょっと焦りです

ということで野郎どものアンサンブル模様を見せられてはせっかくのイブがダイナシでしょうから、今日は“はま子さん”に特別出演をお願いしました
c0187298_23584831.jpg

         *白菜、キャベツ、ネギ…の中にコンニャク芋を見つけました!!

彼女に会いたい方はどうぞ《うみてらす名立》までお出でください

お待ちしていま~す
[PR]
by mm-nadachi | 2009-12-24 23:57 | サックス | Comments(0)

君といつまでも…

私に二人の息子がいることはこれまで彼らの誕生日に“親バカ・ブログ”で紹介していますが、同じように(?)私には二人の兄妹がいて、それぞれ二人ずつの子どもがいます
昨日はその妹の長女の結婚式でした

その披露宴でサックス(私)、エレクトーン(兄の長女)、ギター(私の二男)、ボーカル(兄の長男、私の長男夫婦)、そして、指揮は花嫁の弟(妹の長男)という即席バンドを組んで、お祝いに加山雄三の《君といつまでも》を演奏してきました
c0187298_22123749.jpg

           *もちろん『幸せだな~』は花婿から花嫁に向けて…
といえばカッコイイんですが、指揮者を除いたメンバーが全員揃ったのは結婚式前日、というか前夜23:00です!!
それでも夕方までにはサックスと電子キーボードの音合わせが済んでいましたし、最後に加わった“ギタリスト”が予想以上の“凄腕”だったので《OK!OK!》なんてみんな気楽に構えていたのですが…
c0187298_2215054.jpg


やはり当日、披露宴前に会場で一度も音出しできなかったり全員で音合わせできなかったことが大きかったのか、みなさんからは大変喜んでいただいたり、驚かれたりして、それなりの好評をいただいたのですが、演奏者たちは一様になんかやり残したような、そんな顔つきで席に戻りました

私もその一人でしたが、年齢が離れた彼・彼女たちとわずか5分足らずとはいえ一緒に演奏できたことは楽しかったですし、実はサックス教室の発表会まで残り2ヶ月を切ったのになかなかソロもアンサンブルの曲もうまく吹けなくてかなり落ち込んでいるところだったのでした

でも、昨日の即席バンドでなんだかそのモヤモヤが少し晴れたような気がします
“うまく”なくても“楽しく”、そして“喜んで”もらえるように…
そんな気持ちで来年1月の発表会を迎えたいと思います

そして、残り3人となった独身者の結婚式で《また演奏しようね!》とバンマスの姪っ子と固く誓ってきたのでした

広美ちゃん!お幸せに!
c0187298_22175790.jpg

[PR]
by mm-nadachi | 2009-11-29 22:09 | サックス | Comments(2)

もしもピアノが弾けたなら…

「もしもピアノが弾けたなら…」というのはこどもの頃からピアノに触れることすらなかった私には夢のまた夢だったのですが、なんと昨日“電子キーボード”を買ってしまったのです

いかにも突然のような感じなのですが、実はそうでもなく…

以前にもお知らせしたように、今月末に予定されている姪っ子の結婚式で姪っ子&甥っ子たちと即席バンド(エレクトーン、ギター、サックス、そしてコーラス)をつくってお祝いソングを演奏することにしています
c0187298_0215288.jpg

       *もうじき結婚しちゃう広美ちゃんと相方(静子さん)と私が行くとほえ続けるチョコです

ただ、メンバーは香川、東京、新潟、上越、名立とバラバラなので事前練習は前日だけの予定で、それも全員が顔を合わせるのはなかなか難しい状況です
特にエレクトーンを弾く香川の姪っ子との音合わせが心配でした
そこで、誰かからエレクトーンを貸してもらうことができればたとえ遅くなってもわが家でズンチャカできるではないか!と思い立ったわけです

しかし、現実は厳しく、残念ながら私の周りにはそういった人はいなくて…
と、そのとき、私が通っているサックス教室を主催する楽器店の“楽器セレクトフェア”のチラシが新聞折込にはさまっているのを発見!
そこでなんとはなしに話した「安いのがあったら買ってきて、結婚式が終わったらその後はボケ防止に弾こうか…!?」で相方との“協議”が即決!

そこで“善は急げ”とばかり、というか気が変わらないうちに、ということで早速出かけました
ただし、「フェアに行く前にヤマダ(みなさんよくご存知の電器屋さんです)に寄ってからにしよう!」ということで入ったのが…よかったのか悪かったのかわかりませんが、なんとそこで値引き価格に魅入られたように買ってしまったのです
c0187298_0233360.jpg


これでピアノが弾ける環境だけは整いましたので後は練習だけですが、サックスも満足に吹けないのに…という非難・批判の声が四方八方から聞こえてくるようですが、いいんです!
このキーボードで伴奏を自分で演奏~録音して、それを流しながらサックスを吹く…そんなトテツモナイ夢を密かに描いているのです
[PR]
by mm-nadachi | 2009-11-10 00:19 | サックス | Comments(0)

サックス吹きの農夫をめざし!?

久々の“サックス”です

ということは、そーです
最近はほとんど吹いていなくて、せいぜい隔週ごとのレッスンの前にちょこちょこと吹いてみるくらいです
いくら自分を飽き性と自覚はしていても「こりゃ~、ちょっとひどいな~」とは思っているんですが、なかなかケースを開けようという気にならずズルズルと…

そこで「なんでかな~」と考えてみると8月初めのデビュー・コンサートで“燃えつきて”しまった、な~んてカッコよくに言えればいいですが、そんなわけないし、強いて言えば、次のはっきりした目標が見つけられなかったということなのかもしれません
本当はそんなときこそ初心者らしく基礎をしっかり練習すればいいのでしょうが、ついつい…でした

でも、今日、久々のアンサンブル・レッスンでようやく新しい練習曲の楽譜が渡されました
c0187298_024195.jpg

それは “Moonlight Serenade”~“Little Brown Jug”(茶色い小瓶)~“In The Mood”の3曲のグレン・ミラー・メドレーで、これが来年のサックス教室発表会でのアンサンブルの発表曲になるということです
今日は最初のムーンライト・セレナーデだけを合わせてみましたが、コンサート以来ずっと基礎練習をやってきていてアンサンブルでは久々の楽曲だったのでとても楽しく吹くことができました

そういえば姪っ子の結婚式まであと一ヶ月
そのときに“ITOKO&OJINバンド”でお祝いしようと計画していて、その(個人)練習もそろそろ始めなければいけないので、明日から秋の夜長を近所迷惑にならないように(相方からは“深~いご理解”をいただいていますので大丈夫なんですが…)“サックス吹きの農夫”をめざしてやわやわがんばりたいと思います
[PR]
by mm-nadachi | 2009-10-18 00:18 | サックス | Comments(0)

“半遊”のSW2日目

“半農半遊”のモットーに基づき(?)、今日は金沢まで(とってもお得な)“北陸おでかけパス”で出かけてきました

“北陸おでかけパス”はJR西日本のチケットで、「土・日・祝日限定でフリー区間内の普通列車が一日乗り放題で2,000円!」というもので、名立駅(ここはJR西日本エリアなんです!)から金沢までの往復料金が普通5,880円なので、ナ…、ナント3,880円もお得なわけです

そんなわけで行こうと思えばもっともっと先の敦賀の方まででも大丈夫なのですが、どうして金沢かっていうと、昨日から開催されている“金沢ジャズ・ストリート09”を聞きに行きたかったからなんです
c0187298_23114840.jpg


実行委員会のホームページによれば「金沢市はこれまで、芸術文化を活用したまちなかの賑わい創出にも取り組んできており、市内中心部のイベント空間では休日を中心に、ジャズを含めた様々なパフォーマンスが展開されて」きており、また、「1996年10月にオープンした「金沢市民芸術村」では…芸術文化活動の練習拠点として…ジャズの分野でも、大人から子供まで多様な方々が練習に打ち込んできており、ジュニア・ジャズ・オーケストラ「JAZZ-21」の誕生など、その裾野は少しずつ広がって」きている経験を踏まえ、「本年9月の秋の5連休を「金沢 JAZZ ストリート」と銘打ち」開催したとのこと

内容は香林坊ほか市内中心部の屋内外など18会場で全国の有名大学ビッグ・バンドやトップアーティストほか約60のバンドが19日から22日までの4日間演奏するというものです

今日は金沢も澄みきった青空で、屋外でのジャズ日和でした

商店街にある公園やその通り(ストリート)で大学生コンボや中高校生ビッグ・バンドの演奏を聞いた後、c0187298_2391128.jpgc0187298_2394127.jpg
c0187298_23104455.jpg











武家屋敷跡を少しブラーとして、
c0187298_2312437.jpg


その近くの“にぎわい広場”に設置されたステージで国立音楽大学ニュー・タイド・ジャズ・オーケストラの演奏を聞きました
c0187298_2313441.jpg



このバンドは国立音楽大学の管打楽器専攻生を中心に作られた伝統ある学生ビックバンドで、「“collage jazzの甲子園”とも言われる山野楽器主催の『山野ビックバンドジャズコンテスト』に今年で3年連続最優秀賞を受賞しました」と、MCの(とばっかり思っていたら、(続)なんと“サマー・タイム”ではシンガーになってしまった)吉田クンが言っていました

サックスを吹いているせいか、どうしてもサックス吹きに目がいってしまうんですが、バンド全体は若々しい中にも洗練された音で、聞いていて自然と“スウィング”していました
そうした心地よさは私だけでなくほかのみなさんもそうだったようで、(またまた)ナント、こうしたイベントでは珍しい(ですよね?)「アンコール!」の声がかかって…

でも、そのアンコールを最後まで聞いていたせいで(?)金沢駅まで汗だくのダッシュでした

このイベントは22日まで開催されていますので、興味のある方はどうぞ行ってらっしゃい!! (http://www.kanazawa-jazzstreet.jp/)

その金沢駅でも(これが最後の)“なんと”があって、「北陸カレー選手権」なるものが地下広場で開催されていました
c0187298_23151747.jpg
「北陸3県から人気カレー店13軒(予定)が集結!」とのとおり、地下広場に近づくにつれカレーの匂いがプーンとしてきて…
私はちょうどお昼どきの超空腹だったので空いているテナントから「ホテル日航金沢」のスープカレー(値段はどれも500円)をいただきました
スープカレーは7月の新千歳空港の食堂で食べた以来で、私にはちょっと辛い感じでしたが、それに柔らかな鶏肉とジャガイモの甘さがほどよくミックスされていて、とても美味しくいただいてきました
c0187298_23153998.jpg

ところで、どうして北陸カレー選手権なのでしょうね?
[PR]
by mm-nadachi | 2009-09-20 23:01 | サックス | Comments(0)