カテゴリ:山登り( 12 )

1年半ぶりの米山登山③~あー疲れた…~

この日は初めてのコースでしたのでスマフォのGPSで距離とか標高差とか調べるつもりがすっかり忘れていて、なので、帰り(下山)はしっかりオンしてから下り始めます
c0187298_23545773.jpg

紅葉は同じコースでも上りと下りではまた装いが違って…でも、どっちもきれいですけどね
c0187298_014956.jpg

その中でもブナ林にはただただ見とれるだけです

松之山のスラーっとした美人林とは対照的に日本海からの強風に長年耐えてきた雄々しさの美しさです
でも、中にはこうして風(または雪か?)で倒れたままコースをふさいでいる大木もあります
c0187298_23565177.jpg

ここまでなるには何(百?)年かかったんでしょうか?
そんな思いでしばし休憩です

上りに慣れた脚には下りはかなりのきつさでした
c0187298_23572862.jpg

              *ブナの根(株)が自然の足場になっています

そして、落葉が登山道を覆っているので下り(もちろん上りもなんですが)では足を滑らせてしまうことが多く、それだけならまだしも何度となくスッテンコロリンしてしまいました
尾根は狭いところでは1㍍くらいの幅しかなく、場所が悪ければ一気に谷底へ…です
なので坂ではことさらユルユルした歩みになり、結局上りとわずか30分しか違わない2時間半でようようスタート地点に到着です
c0187298_23585227.jpg

              *阿吽の狛犬がお迎えです

こうして1年半ぶりの米山登山は無事に終わることができました
今回も同行いただいたKさん、ありがとうございました!
腹も減ったし、脚も腰も疲れましたが、一面に広がる紅葉を満喫できた6時間でした
来年は同じコースでブナの新緑を…もいいんですが、まだ未踏コースがあるのでそっちかな~
どっちにしてもこれからの冬の過ごし方(体力維持=低下防止?)が問題ですね

おっと、その前に久々に晴予報の明日はサトイモ起こしです
[PR]
by mm-nadachi | 2013-11-14 00:03 | 山登り | Comments(0)

1年半ぶりの米山登山②~あー腹減った…~

まずはこれをご覧ください
c0187298_232061.jpg

午後1時過ぎにいきなりボツボツ(ボトボトかな?)って音が聞こえてきました
急いで外に出て見たら玄関先や車の上にも…
c0187298_23203663.jpg

お隣の畑の菜っ葉にも…大粒のアラレです!
c0187298_23205437.jpg

北海道や東北の大雪(!)だよりを遠くの話と思っていたらこれです
まだ11月12日だっていうのに今日でもう3日もこんな寒い日が続いています
明日もう一日は我慢のようですね

なのに今日もまた秋晴れの米山登山のご報告です

その前に…昨日「山頂まであと114㍍(ただし標高差)です」と書きましたが、間違ってました
正しくは(993-887=)106㍍でした
やれやれ

このあたりまで上ると紅葉の色も少し濃くなったり、木々の様相も変わってきます
c0187298_23215032.jpg

おっ、残り400㍍!
c0187298_2322537.jpg

下の方の山々の稜線がはっきり見えてきます
c0187298_23222491.jpg

おっ、残り200㍍!!
c0187298_23231793.jpg

Kさん、最後のひと踏ん張りです
c0187298_23235675.jpg

11時50分、ようやっとの頂上着!
お薬師さんにお参りしてから(お決まりの)記念写真です
c0187298_23241982.jpg

これまでのコースではだいたい2時間くらいで上っていたので3時間は初めてのこともあり、かなり前から空腹状態でした
なので、さっそくオニギリにパクついてひと休みです
頂上は風もなくポカポカといい気持ちです
c0187298_23251449.jpg

でも、これからが大変だったということは…はい、また明日です
[PR]
by mm-nadachi | 2013-11-12 23:26 | 山登り | Comments(0)

1年半ぶりの米山登山①~落ち葉を踏みしめて…~

今日はいきなりの寒さで、県内からも初雪のたよりです
明日も最高気温は10℃を下回るとか…
なのに明日からまた新聞配達です
寒さで寝過ごさないようにしないとね…

そんな昨日今日の空模様からは信じられないような青空、秋晴れの米山山頂です
c0187298_21415942.jpg

米山の登山コースは上越市柿崎区からと柏崎市からのそれぞれ4コースがあり、柿崎区からのコースはすべて上った(たぶん?!)ので、この日は初の柏崎市からの「野田コース」です
c0187298_2143895.jpg

同行のKさんによれば「このコースは尾根を歩くので距離は長いけど傾斜はそれほどきつくないはず…」とのことで、案内図でも3時間半となっています
c0187298_2145655.jpg

でも、上り始めてすぐにかなりきつい上り坂になります
「この坂を上ればきっと平なんだ!」と思い込んで1年半ぶりの登山の汗を流します
紅葉の盛りは過ぎたようで登山道は落ち葉で敷きつめられています
c0187298_21443598.jpg

サクサクと音を立て、歩くにはフカフカしていてなかなかいい感じです

お地蔵さんに道中の無事を祈ります
c0187298_21453627.jpg

柏崎市民の水がめ、赤岩ダム湖です
c0187298_21455986.jpg

しばらくはゆるやかな登山道なので紅葉を楽しみます
c0187298_21463218.jpg

c0187298_21465482.jpg

そうこうしているうちに柏崎市からのもうひとつのコース「谷根コース」との分岐点に到着
c0187298_21471520.jpg

ここまで約2時間半
山頂まであと114㍍(ただし標高差)です

さてこの先は…
[PR]
by mm-nadachi | 2013-11-11 21:49 | 山登り | Comments(0)

2012米山登山Ⅰ残雪の中の7,414歩③~笹の花~

「灘立農園だより」と冠している割りにどうにも最近はあまり主人公(?)になっていません
ということで今日の灘立農園の状況です
c0187298_22135977.jpg

ようやくジャガイモの1回目の土寄せが終わりました
c0187298_22141699.jpg

ブドウの新梢、そしてちっちゃな房も見えてきました
明日には味噌用大豆を播種しようかと思っています

さて、米山登山記はまだ続いているのでした

そんなこんなの登頂(!)後、おにぎりをパクついて下山開始です
c0187298_2214509.jpg

登山道がぬかるんでいるので慎重にソロソロとです
そうするといろいろなものに気づきます
それがこれ!!
c0187298_22151446.jpg

なんだかわかりますか?

笹の花です!

一説には「60年に一度しか咲かない」とか「笹の花は不吉」とか言われてますが、奇しくも(?)ちょうどこれまでの私の60年で初めて笹の花です
「次代につなげるために自らの命を絶つ」というほどの覚悟もなにも私にはありませんが、この紫の花にそんなメッセージを感じました

そして、米山登山の大きな楽しみはブナ林です
松之山の美人林のようなスマートさはありませんが骨太な木姿にいつも圧倒されます
c0187298_22163837.jpg

なんだかキリンのような恐竜のような感じです
どの木にもこうしたどっちりと大地に根ざした逞しさが鮮烈です

こうして無事に2012最初の米山登山は無事に終わりました
Kさんとは次回はこれまで登っていないルートで…と予定しています
c0187298_2217443.jpg

               *この尾根沿いに歩くのかも…

それまでにしっかりとした足腰(腰?)の鍛錬をしておきたいと思います
[PR]
by mm-nadachi | 2012-05-16 22:18 | 山登り | Comments(0)

2012米山登山Ⅰ残雪の中の7,414歩②~黄揚羽蝶~

45分ほど登ると避難小屋「駒ヶ岳(こまのこや)」に到着です
c0187298_22144632.jpg

4年ほど前に地元山岳会によって改修されたとのことで、Kさんのお話では地元山岳会はこのほか登山道の整備など献身的な活動をされているとのことです
小休憩と水分補給の後、そんなみなさんに感謝しながらさらに登ります
c0187298_22152492.jpg

   *33観音(石像)が新緑の木洩れ陽のなかで静かにたたずんでいます

新緑が一層鮮やかになってきます
c0187298_22154639.jpg

そんなときKさんが「あっ!」っと声を上げました
c0187298_2216283.jpg

なんと、こんなとこ、そしてこんな時期にキアゲハチョウです
ちっちゃなころからキアゲハは夏の蝶というイメージなのでびっくりです
まだ雪が残る米山の中腹に羽を広げている姿に感激しました

登りはじめて1時間半くらい、山頂までもう一息
このころになって向かいの山の全容が見えてきます
c0187298_22164542.jpg

こっちは北向きなのでやっぱり残雪が多いですね

そして下牧登山道の今回の最大の難所の大雪渓(!?)を登りきったKさんの向こうには気持ちのいいほどの青空が広がっています
c0187298_22171158.jpg

こうして約2時間で無事に山頂着です
このあたりでは残雪が多く新緑も淡い色合いで、まるで秋の紅葉みたいです
c0187298_22173651.jpg

スマフォの万歩計を見ると7,414歩です
「えっ、こんなに少ないの?」と思いましたが、されどの7,414歩です
[PR]
by mm-nadachi | 2012-05-14 22:18 | 山登り | Comments(0)

2012米山登山Ⅰ残雪の中の7,414歩①~白根葵~

ここ2,3日、雨の日もあったからかもしれませんが寒い日が続いています
でも、今日は朝から久々の青空です
ということで今年初の米山登山です
今回もKさんと一緒に登りますが、Kさんによればまだ雪が残っていて登れないルートもあるということで、今日は今回で3度目の下牧ルートです
c0187298_2361634.jpg

登り始めてやっぱりいつもより登山道が“ぎっちゃ”、雨や雪解け水でぬかるんでいます
c0187298_23113571.jpg

             *苔むしたお地蔵さんが優しげな微笑で迎えてくれます

そろそろ勾配がきつくなり始めたころ、登山道の脇にシラネアオイの紫色の花が咲いています
c0187298_2372046.jpg

そのほかスミレ、ショウジョウバカマ、イカリソウなど、灘立農園周辺と同じような山野草が色とりどりです
c0187298_237632.jpg

                 *道の左には白い花のイカリソウの群生です

そして、カタクリの群生!
c0187298_2394691.jpg

と、思ったのですが、残念ながら花はほとんどが終わっていて、もう種をつけていました
開花時期はGWころなのでしょうか?

このあたりから登山道に残雪です
c0187298_2310257.jpg

今までこんな雪道を登ったことがなかったのでなんかこどものようにちょっとハシャギ気味です
こうして足下に気をつけながら登っていきますが、ときどき顔を上げれば柔らかな新緑の緑です
c0187298_23105110.jpg

そして、この後、とても珍しいものに出合うことになる米山登山でした
[PR]
by mm-nadachi | 2012-05-13 23:13 | 山登り | Comments(0)

遅ればせながらの…今年初の米山登山

タイトルのとおりで、なんで今ごろ初登りかといえばやっぱり野球でしょうか…
どうしても試合とか練習が週末になってしまったことや野球にまつわる(?)ケガも多かったですしね

それなのに4:30に新聞配達に出かけたときは雨が上がったばかりといった空模様(もちろん暗くて見えませんでしたが、少なくとも星は出ていません)で、嫌~な予感もしたんですが、予定どおりに8:40に米山のお師匠・Kさんと大平登山道を登り始めます
c0187298_2225322.jpg

今年はアタタカナ秋という感じでしたが、それでも山に入れば錦秋の山模様です
c0187298_2233036.jpg

             *遠くかなたに見ゆるは名立・鳥が首岬

しかし、そんな彩りを味わう余裕もなくなるほどこのルートはきつかったです
c0187298_2241723.jpg

でも、初めて見るようなブナの巨木(それもそのはずで「ブナ原生林」の少し朽ちた看板もありました)や一番の激坂の途中にあった「ガンバレ」の巨石(!?)などに癒され、そして励まされていよいよ山頂間近
c0187298_2252471.jpg

             *美人林にはない雄々しさが…

c0187298_226538.jpg

             *余裕の表情はウワベだけ

そのときになんと心配していた雨がぽつぽつと…
そんなこんなで10:40山頂着!
c0187298_227627.jpg

山小屋で早々に着替えて、お昼もそこそこに11:10に下山開始です
c0187298_227279.jpg

             *下山の無事を祈ります

しかし、2時間半の登りを2時間の“早足”でかけあげってきたツケがここで徐々にでてきました
いわゆる“ヒザが笑う”一歩手前の状態です
そんな状態に加えて激坂の下りなので3回ほどコケテしまいました
ヤレヤレ
でも、なんとか12:40に無事下山
下りの難儀さは不動登山とどっこいどっこいです

自転車でもそうなんですが、どうも最近はその都度その都度にこれまでにない身体的な辛さを感じるようになりました
でも、この辛さのなかに楽しさが感じられなくなるまで(この感覚ってうまく言えませんが…)もう少しいろいろ楽しんでみたいと思っています
[PR]
by mm-nadachi | 2011-10-24 22:10 | 山登り | Comments(0)

も一つの日本一②~上越市最高峰の不動山~

テレビからは太平洋側の「大型で強い勢力」の台風6号による被害状況などが流れています
そっちのみなさんには大変申し訳ありませんが、そろそろ雨が待ち遠しい農夫です

そんな暑い中、昨日は名立区体育協会主催の不動山(1430.1m)登山に行ってきました
c0187298_22403747.jpg

どれくらい前かは思い出せないんですが、不動山には一度だけ登ったことがありました
そのときは地元(名立町)の人たちだけでしたが、不動山はいつの間にか(?)“上越市最高峰”になっています
c0187298_22413091.jpg

そのためか7:00の集合時間には地元と区外の参加者はほぼ半々くらいだったのでしょうか…
参加者は47人で“脚力”や登山歴などによってA、B、C班にグルーブ分されましたが、私たち3人のオジサンたち、私と横町いきいきサロン代表のHさん、そしてHさんの同級生のHOさんの3人はもちろんC班です
とはいえ、米山しか登ったことのない私に比べお二人は火打山とか富士山とかにも登っているようです

そんなこんなの開会式の後、マイクロバスに分乗して登山口近くの林道まで行きます
c0187298_22441845.jpg

ここから実質的な(?)登山口まで約30分くらい下ります
脚ならしにはいいのかもしれませんが、最後はこの長い下りを上ってこなければならないのです
確か前回は泣きたいくらいに嫌になった記憶があります

ともあれ8:30“マムシに注意”しながら登山道に分け入ります
c0187298_22464379.jpg

この登りはじめが短いですがいきなりの激坂になっていて、でも、これが「さー登るぞ!」っていう気にしてくれます

そんな中、私の前でときどきしゃがみこんで花の写真を撮っている女性がいます
c0187298_22485025.jpg

私も彼女の後を歩きながらいろいろ教えていただきました
c0187298_22515276.jpg

         *サンカヨウ

c0187298_2252255.jpg

         *ギンリョウ草

9:20 ブナ林の下で休憩
c0187298_22535644.jpg

実はここは登山ルートと芭蕉ヶ池へ迂回路(左方向)の分岐点になっていて、前回は下山のときにこっちを回ってきたんですが、地元のみなさんによる事前の登山道整備のときになんとスズメバチの巣が発見されたということで進入禁止です
池の名前のように水芭蕉が群生していたり、モリアオガエルも生息しているとか…
「この上にはもっときれいなブナ林があるんだけどね…」という地元の方のお話もありました
c0187298_2254453.jpg

これは休憩後に私たちC班の前でB班が激坂を登っている様子ですが、実はこれから先に最後の難関あって…
c0187298_2310261.jpg


10:20 残り40分!?
c0187298_9492185.jpg

これからが不動山の最大最長の激坂が40分(!?)続くわけですが、当然のことながらこの間は写真を撮るゆとりもなく、右手には杖、そして左手はロープを握りながら一歩ずつ前に、というより上に(!)登ります
c0187298_23113583.jpg

そして、案内標示のとおり、ジャスト40分で山頂です!!

11:00 2度目の山頂
「遠くに広がる日本海、目前に迫る妙高・火打・焼山の頸城三山など、圧倒的な景色」がこの登山のもう一つの楽しみです
でも、今回は少し雲が出ていて残念ながら360度の大パノラマとはいきませんでしたが、それでも火打山や焼山の雄々しい姿に感動です
c0187298_2303357.jpg

          *写真右から雲の中の焼山、火打山です

そして、まだ7月というのにアキアカネが群れをなして飛んでいます
c0187298_2315647.jpg

“避暑地”には最適なのでしょうが、ここまで登ってくることを思うとそれも…?

12:30 下山開始
お昼~休憩~記念撮影をしてから、またA班から順次下山開始です
あれだけの激坂ですので、下りもさらに慎重に…
c0187298_2323087.jpg

私はいつものランニングシューズだったので、踏ん張りがきかずになんども滑ってしまいました
次回(!?)はちゃんとした靴にしま…しょう?!

13:20 命の水!
下山開始から50分
激坂も無事に下り、また一気に汗が噴き出してきます
暑さはそれほど感じませんが、汗がとまることはありません
ここで沢からの湧水で水分補給です
c0187298_233646.jpg

ちなみにこのお二人が今回の私のパートナーです

13:50 振り返れば山頂!
ブナ林の中で休憩
木々の間から山頂へと続く激坂が見えます
c0187298_2344375.jpg

「あそこを登ったんだね~」

14:20 登山口着
約2時間で無事に下山終了
でも、これからが“第二の登攀”です
そーです、林道までの“激坂”を上らないと帰れないのです
でも、あーら不思議!
前回よりもなんだか楽に足が進みます
これも日ごろの鍛錬、いいえ“遊び”で鍛えた脚力のおかげでしょうか…

14:50 林道着
こうして私のずいぶん久々の不動山登山は無事に終了しました
もちろん体はかなり疲れているのでしょうが、流した大量の汗の中にはきっと体内の不純物もあったはずで、体の中はなんだかすっきりした気分です

お昼をしながら区外からの初参加者の「いやーこの山はきついですね~」という声が聞こえましたし、同行お二人も「火打のほうが(距離は長いけど)楽だわな」と…
そんな上越市最高峰を無事に登りきることができ、なんだか誇らしい気持ちです
それも今回のために事前に草刈りほか登山道整備をしていただいて地元の方々や体協のスタッフのみなさんのおかげとお礼申し上げます

先日は「名立には二つの日本一がある」って言ってましたが、ごめんなさい
もう一つありましたね
来年もがんばってこの“日本一の”不動山に登りたいと思います
[PR]
by mm-nadachi | 2011-07-19 23:15 | 山登り | Comments(2)

今週末は“強力まがい”や“修理工まがい”もあって最後は久々の自転車乗り①《錦秋の米山登山》

今日は立冬ということで、よく「暦の上では…」と言われますが、今週末はその言葉がぴったりのすがすがしい秋晴れでした

ということで、またまた自転車のり農夫の週末ライフにお付き合いください

11月6日(土)晴(最低6℃最高19℃!)
5:54 早朝の電話 
「今日はいい天気なんで予定どおり行きましょう!」
先週「米山に雲」で中止した米山登山でしたが、今日は雲はかかっていないようです
c0187298_21175320.jpg

             *Kさんの家の前から米山を望む

米山登山は昨年の春・秋、今年の夏に続く4回目になり、今まではKさんのお住まいの柿崎・下牧登山口から登っていましたが、今回は柏崎・大平コースを選びました
c0187298_21201192.jpg

             *右方向が本来の大平コース 我がパーティは左側の林道を行きます

ただ、前日までの雨で本来の登山道がぬかるんでいるだろうというKさんの判断で、途中までは林道を歩くことにしました
林道といってもほとんど舗装してありますし勾配もなだらかですし、なんってたって青い空が!錦秋の山が!見えるんです
c0187298_21213259.jpg

             *このあたりはまだ黄色が主役です

林道を歩くこと1時間半で「山頂まで40分」の登山道の入り口に到着です
実はここまでは車で上ってくることができるんですが、この日は2台、それも大阪と新潟ナンバーでした
c0187298_21233217.jpg

             *後ろに見えるのが山頂と山小屋です

ここからは落葉を踏みしめてのいかにも登山道って感じで、なんったって(その2)左右が崖になっているところもあってちょっと気持ちを引き締めて登ります
でも、ときおり歩みをとめて眺めるブナ林の紅葉が鮮やかです

10:30、案内標示どおり40分で山頂に着きました
林道を歩き始めてから2時間10分でした
c0187298_2126253.jpg

             *お約束の記念写真!!

山小屋で(これもお約束の)ビールで乾杯してかなり早いお昼にしましたが、しばらくすると手や体が寒さでかじかんできて、早々に外に出てみるとこんなに多くの人たちが…
c0187298_21271652.jpg

この日ばっかりはお天道さんの温かみに感謝です

そのため下山し始めは寒さをしのぐためにこんな強力(ごうりき)まがい(?)の格好でした
c0187298_21303648.jpg

             *後ろはブナ林です

下山も同じルート(林道)をゆっくり歩いていたのですが、途中で私たちを追い越していった(熊谷ナンバー!)の車から「乗っていきますか?」と声をかけられました

「熊谷から(わざわざ)ですか?」
「はい。こっちにお墓参りにきたついでに来てみたんです」

お誘いは丁重にお断りしてまた歩き始めたんですが
「(私たちって)そんなに疲れた顔してたんですかね?」って…

こうして4度目の米山登山は無事に、そうそう、クマにも出遭わず、そうそう(その2)、この日は多くの人がクマ除けの鈴をつけていて、もちろん我がパーティも二人ともチャリンチャリンと鳴らしながらの山登りでした
c0187298_21315117.jpg


次回は来年春、大平コースの“本コース”の予定です
このほかにもまだ4つくらいのコースがあって、完全走破(登攀!)までもう2,3年かかりそうですが、それぞれのコース、そして季節の違いを楽しみながら続けていきたいと思っています

(しつこいですが)一緒に登りましょ!!
[PR]
by mm-nadachi | 2010-11-07 21:12 | 山登り | Comments(0)

2010遅まきながらの初登山!

2010年初の米山登山は6:30に登攀(大げさ!?)開始でした
というのも、昨年は春と秋の2回で、夏、それもこの猛暑対策もあってリーダーからの提案で早朝スタートになりました

ということは、私は5:00に起床し、5:15に出発です
でも、4時くらいにいきなりの雨に起こされ、開けっ放しだった窓を閉めまわったくらいで「こりゃあ今日もダメかな…」と思いつつまた寝入ってしまったのですが、どうにもリーダーの柿崎地域は雨もなく、本当にこの時期はちょっと離れただけでも全然天気が違って戸惑ってしまいます

登り口の駐車場はさすがにほかの車もなかったのですが、それでも途中で下山する方にもお会いして、その方は5:00に登り始めたそうで、「ウワー、まだ明けきらぬこの山道をひとりで…」と思っただけで(臆病な私は)足がすくんでしまいます

今日が3度目ということもあり、またいずれもKリーダーとの登山なのでお互いのペースはすっかり承知していて、その分いろいろな話が弾みます
c0187298_0203135.jpg

                  *ブナ林を上るリーダー

そのなかでも今日は若かりしころの野球での活躍談、例えばKさんは俊足巧打の一番遊撃手で唯一の本塁打(私は結局1本も打てなかった!!)が満塁同点本塁打だった話とか、Kさんおのお父さんやお祖父さんが樵(キコリ)で小さいころには杉の木の皮むきの手伝いをした話なんかはとても興味深かったです

そして、今がちょうど山百合の旬の季節なのか登山道の脇にところどころこうして少し強い匂いを放ちながらも白い花を咲かせていました
c0187298_021215.jpg


そうこうしているうちに約2時間で涼やかな風が吹く山頂に到着です
c0187298_0214417.jpg

                  *二人のイデタチの違うこと!?

今回はお昼は持参しなかったので350缶(いわずもがなのビール!)で無事の登頂に乾杯し、喉の渇きを潤しながらびしょ濡れの上着だけ着替えてよーそろと下山開始です

先日、自転車の「上り(登り)は楽しく下りは怖し」と同じく、とくに今日は登山道が雨で少しぬかるんで滑りやすくなっていたせいか二人ともときどきズルーとしたりコテッとしたりしながらもなんとか下山完了です

その後、近くの温泉で汗を流し、そこの食堂でお昼して「それじゃ次は秋ですね!」と…

そうそう
その後、マイ・フェイバリット・ホット・スペース=私がゆったりした気分になれる樹下美術館でアイスコーヒーをいただいてから帰りました
これはそこに座っていたおじいさんです
c0187298_022429.jpg

みなさんもぜひお立ち寄りください
[PR]
by mm-nadachi | 2010-08-01 00:14 | 山登り | Comments(0)