カテゴリ:なんでも( 51 )

結婚35周年だったのに…

今日の運勢…57点

Yahoo!のトップページに星座による運勢コーナーがあって、今見たら山羊座は57点で、今日はやっぱりそんな感じの一日でした

そのわけは…占いのひとつに「失せもの」というのがありますが、今日はまさしく“失せもの”で右往左往した一日でした

まずはブドウ園での選定作業中にメガネと携帯ラジオをいつの間にか落としてしまっていたのです
c0187298_2336441.jpg

     *岩の原ワインの代名詞でもあるマスカットベリーAの棚仕立ての剪定です

これは私の不注意でしたが、剪定した枝や草の生えている中からふたつとも“奇跡的に発見”できヤレヤレと思っていたのでしたが…
c0187298_2337394.jpg

    *剪定された枝は細砕された後、堆肥化され翌年にブドウ畑にすきこまれます

バイトの帰り道に車の給油にいつものガソリンスタンドに立ち寄って、さて支払いを…という段になって「ゲッ!財布がない!」
バッグの中をひっくり返しても姿形もないし、中にあった手帳には2,000円しかありません

そこで恥ずかしながらスタンドのオニイチャンにそのことを話すと…
「免許証か保険証でもあれば…」とのこと

そこで②また言葉につまってしまい、つまり、免許証も保険証も財布と一緒だったのです!!(ということは免許証不携帯だったわけで…ごめんなさい)

そこで③仕事中の友人に「悪いけどカクカクシカジカ…」と電話してお金を持ってきてもらい、ようやく“釈放”されたというわけです

ということで今日は3つの失せもの&忘れものでヒヤヒヤヤレヤレの結婚35周年の一日でした

みなさんもどうぞお気をつけあそばせ!(って私に言われたくないですね。ごもっとも…)
[PR]
by mm-nadachi | 2009-11-10 23:41 | なんでも | Comments(0)

休園の日には自転車に乗って…

立冬翌日の秋晴れの今日は灘立農園を完全休園にして久々の自転車ロングライドと“えっ!?”というデキゴトで終わろうとしています

まずは久々のロングライドです

今日は来週の富山県入善のハーフマラソンに向けてのトレーニングと“所用”を兼ねて青海までの往復約65kmでした
前回は久比岐自転車道の終点から国道8号線を走ったのですが、今日は多少のリスクは承知で主に国道を走りました
2度ほど大型トラックがすぐ横をスピードも落とさずに走り抜けてヒヤッとしましたが、自転車道路を走っているときには感じない“磯の香り”を体いっぱいに受けて走るのはやっぱり楽しかったです

以下は青海からの帰りに見かけた“風景”です

バッターは“女子”です。もう“少年野球”とはいえない時代になっているんですね
c0187298_0343433.jpg

どうにも釣れたのはフグのようでした
c0187298_039231.jpg

“能生といえば…”の“とっとこ岩”です
c0187298_0351314.jpg

“能生といえば…その②”の“かにや横丁”です
c0187298_0352762.jpg

ガードレールに干された大根、だいこん、ダイコン…
c0187298_0355147.jpg


そして、“えっ!?”の午後に突入するわけですが、それはまた明日です

今週もみなさんにとって素敵な一週間になりますように…

ちなみに正直に言えば今日のタイトルは五木寛之の「雨の日には車をみがいて」のパクリです
[PR]
by mm-nadachi | 2009-11-09 00:28 | なんでも | Comments(0)

遅ればせながらの…芸術の秋

どうにも近ごろの天気予報は当てにならなくて困ったもんです
というのも、昨日の予報では「今日は終日の雨」ということだったもんですから、農園を休みにして県立近代美術館で開催されている「土田麦僊展」に行こう!と決めていたのに、今朝になれば雲の切れ間から晴れ間も見えているではないか!

とはいえ、昨日からの雨でぬかるんだいる畑ではどうしようもないし…とかブツブツ言いながらも、会期が11月3日までしかないのでともかく予定どおりに出かけることにしました

交通手段はもちろんの電車なのでコーヒー、ペットボトル、みかん、飴、チョコ(なんだかこどもの遠足みたいですね)のほか、北村薫の「ターン」と「ランニング・マガジン」をデイ・バッグにつめこんで春日山駅からくびき野3号に乗り込みました

県立近代美術館は何年か前にこれも新潟県出身の横山操展を観に行って以来でしたが、周囲の木々は色鮮やかな紅葉に染まり、そしてなんと青空です
c0187298_22101638.jpg


土田麦僊の絵はこれまでもいろいろな美術館で観てきましたが、「佐渡出身の土田麦僊(1887~1936)は、近代日本画の新しい可能性を追求し、平明で内なる美を秘めた作品を描きました。県内では28年ぶりとなる代表作等が出品される回顧展です。」と解説にあるように、ほぼ年代順に約200点弱の作品を一度に観るのはもちろん初めてのことでした

その中でも私のお気に入りは「罰」(1908年作)という「郷里の風俗に取材した現実感豊かな作品」で、「第2回文展に出品され、初入選で三等賞を受賞し、麦僊の実力を認めさせることになった作品。学校に遅刻し、廊下に立たされた3人の姿や表情を巧みに捉え、それぞれの子どもの心の動きまで見事に描き上げている」ものです
c0187298_22112674.jpg


そして晩年の菊や朝顔、芥子、蓮華、山茶花など、麦僊が好んだ草花の絵は「清らかで香気を含んだものが多く」、清々しくも穏やかな気持ちで展覧会を後にすることができました

そして、美術館の外は秋の青空と白い雲が広がる下、紅葉の並木が続いていました
c0187298_22115469.jpg

[PR]
by mm-nadachi | 2009-10-27 22:12 | なんでも | Comments(0)

主夫のコーヒー・タイム

今日は朝からすっきりとした秋の空です

絶好のブドウ園アルバイト日和…ですが、今日はボラ・デイなので涼しげな秋の風がいっぱい入ってくるように窓を全開にして、さっきようやく朝の主夫仕事(茶碗洗い~部屋掃除)が終了しました
で、今はちょっとコーヒー・ブレイクです

それにしてもきれいな青空が広がっています

午後は久々の農夫して、そして明日は今年2度目の米山登山です
紅葉がどのくらいまで進んでいるのかわかりませんが、“錦繍”の米山を汗流して登ってきたいと思っています
c0187298_940353.jpg

              *ブドウ園でもそろそろブドウの葉が色づき始めました


みなさんも明日からの週末をそれぞれの秋でお楽しみください
c0187298_9405065.jpg

              *収穫作業の“同僚”のみなさんと…
[PR]
by mm-nadachi | 2009-10-23 09:38 | なんでも | Comments(0)

がんばれ!ソフト少女たちよ!!

実は(というのもおかしいですが)9月26日から明日まで当市で国体のいくつかの競技が実施されているのですが、今日はソフトボール競技の成年男子、成年女子、少年女子の決勝戦が行われ、私は少年女子の試合を観戦に行ってきました
c0187298_2026535.jpg

(続)実は成年男子は初日にボランティアで少しお手伝いしながら観戦もできましたし、成年女子はあの上野由岐子投手が出場できっと大賑わいだろうと(勝手に)推測し…ということで少年女子になったわけで、決してヨコシマナ思いではありませんので…




その決勝は神奈川県と埼玉県の対戦になり、3対0で埼玉県の優勝で終わりましたが、成年男子の試合を見ていたからなんでしょうが、やっぱりスピード、パワーともちょっと違っていましたが、でも決勝戦とは思えないような、なんかみんなノビノビとゲームしていたように感じました
c0187298_20224479.jpg

           *成年男子の試合をゆったり観戦のみなさん

こんなふうにソフトボールの試合を最後まで観戦したのは初めてのことで、いくつか「アレッ?!」と思うことがあって…
そしたら、なんと(というほどでもないのですが)私の席の後に地元高校のソフトボール部員が並んでいて、“変なオジサン”と思われたかもしれませんが彼女たちに次から次へと質問攻めしてしまいました

嬉しいことにどの質問にもちゃんと答えてくれたし、そのほかの話もしているなかで彼女たちの先輩も成年女子や少年女子の選手としてこの大会にも出場していることがわかったので、「みんなの目標は?」って聞いたら
「千葉です!」
来年が千葉県開催のようです
がんばれ!ソフト少女たちよ!!

ちなみに質問は下記のとおりで…
Q1 どうして1塁には2つのベースがあるの?
Q2 選手は交替してもまた出場できるの?
Q3 DPとかDEFOってなに?
みなさんはいくつ正解できますか?

ソフトボール見てたらなんだか久々に野球したくなったな~

さて、明日からまたブドウ収穫アルバイトです
c0187298_2023363.jpg

             *今日の灘立農園のコスモスです
[PR]
by mm-nadachi | 2009-10-05 20:12 | なんでも | Comments(2)

走って、涙して、乗って…

おはようございます

ずいぶんのご無沙汰でしたが、みなさんお変わりなくお過ごしのことと思います

かくいう私は…

27日(日)越後湯沢秋桜ハーフマラソンを走った後に…
c0187298_8493227.jpg












28日(月)とくに浪人~学生時代に大変お世話になった横浜の叔父さんの葬儀に参列し…

29日(火)はレンタルサイクルで東京散歩して…
c0187298_8494794.jpg

                         *日比谷公園

そんなわけでした

そして、少し曇り空ですがこれから久々の農園です
[PR]
by mm-nadachi | 2009-09-30 08:47 | なんでも | Comments(0)

続・真夏の夜の…

私、こう見えても(?)自治防犯委員なる役割を委嘱されていて(といっても町内の副会長だからの“充て職”です)、今年の事業計画には
1 防犯思想の普及および高揚
2 青少年の健全育成
3 犯罪の未然防止
4 警察活動への協力 ほか
と、極めて重要な役割を仰せつかっている(ような)のですが、今夜、防犯委員になって初めての活動として防犯パトロールに参加してきました

20:00に約10人の委員がおそろいのジャケットと帽子で集合し、今は無人となっているJR駅周辺から海岸沿い、そしてコミュニティセンター横の児童公園の3ヶ所をパトロールしてきました
c0187298_0172140.jpg
*海岸沿いの道路に向かって地下道を渡る











毎年“夜遊び”が多くなる(と“大人だけ”が思っている)この夏休み期間に実施されているようなのですが、オニーちゃん、オネーちゃんたちはそろそろ夏休みの宿題に忙しいのでしょうか、今日は(だれかが言ってましたが)“猫一匹”いなくて、どこもいたって静かな夜のしじまの中でした
c0187298_0174633.jpg
*自動販売機の裏側にちょっと異変が…
[PR]
by mm-nadachi | 2009-08-19 00:11 | なんでも | Comments(0)

お盆雑景

今日は8月13日

午前は来客もあって少し遅れての農園でしたが、灘立農園の隣の田畑を耕作しているコーちゃん(同じ町内で、確か5歳くらい年下かな)とバッタリ
今日からお盆休みということで田んぼの見回りにきていたようで、
「今年の稲はどう?」
「稲の花が咲くときに日照不足だったから1週間遅れくらいだけど、どーかな…。雨ばっかりで畑も草だらけで…。」
c0187298_1728296.jpg

            *手前がコーちゃんの田んぼでその奥が灘立農園

彼は地元企業に勤めているので平日の仕事が終わってから草刈りや消毒などに来ているのですが、その時間帯に帰ることの多い私とはほとんど行き違いで、立ち話とはいえ久々の会話でした
周辺の田畑が高齢化により耕作されなくなっている状況ですが、以前彼とは「できるだけがんばろっさ」と“誓い合った”こともあり、私にとっては大切な農園仲間です

13日といえばお墓参りですが、わが家は夕方に家族が揃って出かけるのが毎年のことなんですが、どうにも怪しげな空模様に急きょ2時過ぎに繰り上げになりました
お寺までは歩いて5分くらいですが、わが家同様ほかの家も多くお寺に向かっていました
小さなころはローソクを点けた提灯を手にほの暗い墓地に向かったことが強く記憶に残っていますが、こんなに明るい時間ははじめてのことです
お参りしている最中に33観音札所回りでせっかく覚えた般若心経を読めばよかったなと思うもときすでに遅しでした
c0187298_17293442.jpg


幸い雨には遭わずにお墓参りを終え、その後で何年かぶりに親子3人でキャッチボールをしました
二男の“提案”で三角キャッチボールになって、51生まれ⇒76生まれ⇒79生まれにボールが流れていきます
c0187298_17301321.jpg

            *野球⇒テニス⇒ラン⇒自転車…の51年生まれ
c0187298_17305324.jpg

*野球⇒サッカー…の76年生まれ
c0187298_17331019.jpg
*野球⇒卓球…の79年生まれ

私もここ数年グラブを手にすることもなく肩の具合に不安もあったのですが、それなりに投げることもでき、“復帰”を目指そうかとも思いましたが、それは明日の肩の張り具合で考えることにします







間もなく妹家族も含めて久々にわが家に10人以上の顔ぶれがそろっての夕餉となります
その様子はまたにでも…

あいにくの天候ですが、みなさんもよいお盆をお迎えください
[PR]
by mm-nadachi | 2009-08-13 17:26 | なんでも | Comments(2)

同級生

中学時代の同級生が亡くなりました。

一ヶ月ほど前の夕方、ランニングして彼の家の前を走っていたとき、ちょうどビニールハウスの手入れをしている彼を見つけ「おーい」~「おう」という、これぞ男っていう“あいさつ”をしたばっかりだったし、彼の病気のこともまったく知らなかったのであまりにも突然の訃報に驚いてしまいました。

田舎の小さな町のため、ほとんどが小学校から(中には保育園から)一緒の中、彼は中学校から、そして高校も違ったので中学校3年間だけの同級生でした。
今日の葬儀で喪主の長男も話していたように、彼は寡黙なタイプでしたし、部活も私は野球部で彼はバスケ部だったかなというくらい彼に関する記憶は曖昧で、それもそのはずでう45年も前のことなんだなと彼の遺影を見ながら思っていました。

今日の葬儀には地元で暮らす同級生も多く参列していました。
この地域では例えば厄年のお払いとか、節目の年には同級生が集まって行う“しきたり”(伝統?)があって、あと2年するとなんと還暦を迎えるのです。
同じ町に住んでいてもこうしてときどき会うだけで、普段はあまり強く意識しないのですが、これが少し自我に目覚めたころの高校生時代とは違う小・中学校時代の同級生ってものなのでしょうか?

今、野山はヤマブキの可憐な黄色の花が満開です。
祭壇に飾られたいろいろな花より、このヤマブキの花を彼におくります。
c0187298_20443251.jpg

[PR]
by mm-nadachi | 2009-05-04 20:40 | なんでも | Comments(0)

世界に一本のワイン

このブログでは初めて明かすこと(というほど大袈裟なことでもないの)ですが、実は昨年の9月から12月まで市内の岩の原葡萄園でぶどうの収穫~剪定のアルバイトをしていました。c0187298_019411.jpg

岩の原葡萄園は今日の国産ワインの礎を築き、「日本のワインぶどうの父」と称され川上善兵衛が興した葡萄園で、この岩の原葡萄園で毎年開催されている「ぶどうの四季セミナー」を昨年初めて受講し、その縁でアルバイトをすることになりました。

わが家でもかなり前にブドウを栽培していたことはあったのですが、確か虫にやられて枯れてしまったことがあり、それ以来、ぶどうは農薬を使わないとうまく育たないという勝手な先入観があって、基本的に農関係は無農薬でやりたいと思っている私としてはなかなかまた栽培しようと思わなかったのですが、昨年の灘立農園オープンを機に基本から勉強してみようとこのセミナーに申し込んだわけです。

セミナーではぶどうの生育に合わせるように毎回(月一回)座学と実習の二本立てで、主にぶどう栽培の基本的な事柄を学びましたし、9月からのアルバイトでは栽培現場では“応用編”に加え、専門的なことも直接手ほどきしていただきながら教えていただきましたが、結果的には安定的な収穫と良質なワイン作りということから、“基準内の”農薬は使用せざるを得ず、やはりぶどうの完全有機栽培は難しいのかなと改めて認識したところでした。
でも、それ以上にブドウ栽培に関する基本的、そして技術的なことも含め多くのことを教えていただくことができましたし、ぶどうの栽培にかける熱意も感じることができ、貴重な経験をさせていただいたことに感謝しています。

そんなこともあって、灘立農園でも昨年4本新しく苗木を購入して植えてみたのですが、c0187298_0202742.jpgそういう意味では昨年覚えたことを今年実践できればいいなと思っていますし、6月からは誘引や摘芯、摘房作業にもアルバイトを募集するというふうにも聞いていますので、今年もまたそんな機会があればがんばって片道30kmを通おうかなと思っています。

そして、今日、セミナー受講の記念、というか“成果品”として、受講生が世話してきた(関わってきたぶどう畑のぶどう(マスカット・ベリーA)を使って作っていただいたワインが届きました。
c0187298_0205317.jpg
その“証し”として、壜のラベルはそれぞれ受講生がデザインしたもので、私はサックスの絵柄に“Vinum et musica laetificant cor.”というラテン語のことわざをつけて作ってみました。
自分が汗を流して栽培し、そしてラベルも自分で考えた世界に一本のワイン(これは大袈裟ではないと思いますが…)を手にすることができたことはとっても嬉しく、本当は少し飾っておけばいいのかもしれませんが、「手詰めで澱が析出する可能性があるので、なるべく早めにお飲みください」との送付文のまま、早速今夜飲んでみましたが、「そんなに渋くなく清々しい味ね」とワインも好きな妻が言っていました。

そうそう、先ほどのラテン語の意味は「ワインと音楽は心を喜ばせる」という意味なんですが、私の奏でるサックスの音色が熟成してこの言葉のようになるにはまだまだ時間がかかりそうです。
[PR]
by mm-nadachi | 2009-04-26 00:17 | なんでも | Comments(0)