カテゴリ:なんでも( 51 )

Avec vent ~風とともに~

わが家ではNHK紅白歌合戦が終わってからやおらお宮参りの準備を始めます
父親は必ずワイシャツ・ネクタイといった“正装”に着替えていったものですが、今どきの世帯主(私のことですが)はセーターの上にダッフルコートをひっかけるだけの軽装です
そして、懐中電灯を手に、おさい銭と剪定バサミ(なんに使うの?!)をコートの中に入れて出かけます

家からお宮さんまでは歩いて10分くらいで、天気さえよければ白い息を吐きながらも星空を眺めるゆとりもあるのですが、荒天だと海からの吹き寄せる強風、特に名立川を渡る橋の上が強く、帽子やフードを抑えても“下から降ってくる風雪”を防ぐことはできません
それが…それにしても今年の風はひどかった!!
風に背を向けて後ろ向きに歩いていかなければならないくらいでした
c0187298_23473857.jpg

           *写真下が海です。波が海から押し寄せているのがわかりますか?

そんなせいでしょうか、今年の参拝者は少なかったですね
c0187298_2348233.jpg

           *長男夫婦です。彼らにとってもよい一年になりますように…

お参りが終わったあとでいよいよ懐中電灯と剪定バサミの出番です
これもわが家のナラワシで、宮社の裏手から細竹を切って家に持ち帰り神棚に飾るんですが、雪でぬかるんでいる山道を懐中電灯で照らしながら滑って転ばないようにしながらめぼしい竹を探します
でも、これはわが家だけのナラワシではないようで、ときたま顔見知りの人と「やあーやあー」と暗闇で挨拶しながらやるのですが、今年はなんと中学時代の野球部のコーチとそのお孫さんと一緒でした

この強風は今日も一日吹き荒れていて、午前中にセブン・イレブンに買い物に行くときもいっこうに衰えていなくて…
そこで見つけたのがこれ!!
c0187298_23442624.jpg


《波の花》です

ここで輪島市HPから《波の花》の解説です
 「波の花」は、波高4m以上かつ風速13m/s以上で発生する可能性が大きくなります。
  発生予報を確認の上おでかけください。
 「波の花」は冬の能登の風物詩として知られ、厳寒の荒波にもまれた海中に浮遊する植物性プランクトンの粘液が石鹸状の白い泡を作って生成すると言われています。最初は白くきれいですが、時間が経つにつれて岩床の細かい粒などが混ざってうす黄色になっていきます。見頃は11月中旬から2月下旬の寒く海が荒れて波が高い日です。

この地域では波の花が観光資源になっているわけでもありませんが、それにしてもこんな大量な波の花を見たのは初めてです

この荒天はまだしばらく続くようです

東京マラソンまであと2ヶ月
わが家では昨日から東京マラソンに向けた「関東方面トレーニング合宿」の話が出てきています
といっても私が一方的に「どう?どう?」と相方さんを納得させようとしているだけなんですが…

ともあれ、元旦から荒れた一日になってしまいましたが、さて、今年はどんな風が吹くのでしょうか?

今年もよろしくお願いします!
[PR]
by mm-nadachi | 2010-01-01 23:33 | なんでも | Comments(2)

行く年来る年

今年もいよいよ大晦日です
昨夜から荒天で波浪警報が発令されているようで、今も強い風に雪が舞っています
c0187298_1332115.jpg

それなのにこんなふうにちょっとノンビリ気分でいられるのが大晦日なのでしょうか…

わが家の大晦日は父がまだ元気だったころは “男ショ”は大掃除で“女ショ”はおせち料理作りと役割分担が決まっていて、夕方までただただ慌ただしいうちに過ぎてしまっていたような記憶がありますが、最近はできるだけゆっくりしようということで30日までにあらたか年末仕事を終わらせています

ということで、今年は昨日(30日)に餅つきをしました

といっても先日ブログしたような臼・杵スタイルではなく、餅つき機であっという間の1時間です
c0187298_1341091.jpg

もち米をふかして~ついて、あとは雑煮用に伸(の)して、残りはお昼用に適当な大きなに丸げて、きな粉・大根おろし・アンコの3点セットのできあがりです
c0187298_1343520.jpg

これになぜかいつも白菜の味噌汁と白菜、タクアンの漬物がついて、わが家の餅つき日のお昼の定番メニューです
c0187298_1345329.jpg

そして、29日夜から続々と家族が集結し始めて、玄関はこんなアリサマになっています
c0187298_1355534.jpg

 母      大正11年1月13日生まれ
 兄      1948年5月生まれ
 兄の妻   (?)
 M       1951年1月1日生まれ
 妻      1951年9月16日生れ
 長男     1976年2月24日生れ
 長男の妻  (?)
 二男     1978年9月3日生まれ

こうして家族が今年一年健康で過ごせたことに感謝するとともに、来年も良い年になるように祈りつつ…

そして、今年一年ご愛読(笑覧?苦笑覧?呆覧?)いただいたみなさんにお礼を申し上げますとともに、新しい年が素敵な一年でありますようにお祈り申し上げます
[PR]
by mm-nadachi | 2009-12-31 13:01 | なんでも | Comments(0)

ハッピー・クリスマス

A very merry Christmas And a happy New Year
心からメリー・クリスマス そしてハッピー・ニュー・イヤー
Let's hope it's a good one Without any fear
願おうよ 良い年であることを 不安なんてない年をさ

ジョン・レノンの《ハッピー・クリスマス》のフレーズです

いきいきサロンと椿寿苑で何曲かクリスマス・ソングを吹きましたが、本当はこれが私のクリスマス・ソングで一番好きな曲です

静かなメロディと“普通の”の言葉で自分の、そして人々の願いを表しているように思えます

(かなり早いですが)みなさんにとっても来るべき新年がそうありますように祈っています
[PR]
by mm-nadachi | 2009-12-25 16:42 | なんでも | Comments(0)

豆腐づくり始動!?

来週の23日、冬至の日に給食配達ボランティアをしている椿寿苑で(今回で3回目になりますが)サックスとフルートのアンサンブルでクリスマス・コンサートを行うことになっています
クリスマス・ソングや冬の童謡メドレーなどを演奏することになっていて、昨日からの雪で周りの景色もそんな雰囲気になってきました

でも、南北に長い名立谷の山間部はそんなノンキなこといっている状況ではなく、
c0187298_16555847.jpg

ちょうどSさんにちに配達に行ったら、スノーダンプで玄関先の雪をがけ下に落としているところでした
c0187298_16553697.jpg

帰り際、話に夢中になっていて危うくがけ下(それでも5mくらいはあります)に落っこちそうになりました

今日もそんな寒い一日でしたが、いよいよ手づくり豆腐の始動です!!

といっても今日は午前中に750gの豆を水に浸しただけで、明日が実質的な作業日です
c0187298_16562193.jpg

さっき雪が“下から降ってくる”中、無謀にもランニングしてきて(途中で知り合いに「風邪引くなねや」とのアタタカイ言葉もいただきましたが、きっとあきれていたでしょうね)、これでなんの気兼ねもなく(?)勤めていたときのみなさんとの久々の懇親会にこれから電車で出かけます

そうそう

電車といえば,先日もお酒を飲んでも最終電車に乗ろうとしたら、なんと「ただいま電車のドアが開きませんので、しばらくお待ちください」ってアナウンスです
結局その電車の“代車”に乗り換えて40分ほど遅れて出発したんですが、スピードの出し過ぎよりはいいけど、よくよく考えてみれば、いまどきドアが開かない電車なんて…

今日も無事に帰ってこれますように…

では行ってきます!
[PR]
by mm-nadachi | 2009-12-18 16:53 | なんでも | Comments(0)

苦悩する農夫《雪編》

『降るぞ!降るぞ!』って今週は毎日のようにオオカミ少年ごとき天気予報だったんですが、とうとう降ってきました
c0187298_020437.jpg

       *午前9時ころですが、家の周りはすっかり雪模様です

そこで困ったことが二つ

ひとつはまだ農園の冬仕舞いが完全に済んでいなくて、特に耕運機を(ビニールシートを被せてあるとはいえ)まだ小屋に格納してないこともあり、ちょっと気になったので午後に晴れ間をぬって散歩がてら農園まで行ってきました
c0187298_0205772.jpg

  *雪の下にはネギ、白菜、キャベツ、カリフラワー、ブロッコリー、3月菜、5月菜、イチゴ…

当然のようにみんな雪の下でしたが、ネギや白菜、大根なんかは先日収穫したのでとりあえずは大丈夫ですし、ホウレン草やミズナ、チンゲンサイなんかはこの雪の下できっと甘みを蓄えてくれるだろうと期待しています
c0187298_0223141.jpg

        *雪の下にはタマネギ、ニンニク…

でもこの雪が根雪になることもないでしょうから、雪が融けたらまた“遊びに”行くことにします

今日も《ちなみに》編ですが“寝雪”って言葉もあって「雪が溶けずに路面に固まってること」をそういうらしいですね

フーン

そしてもうひとつは外でのランニングができなくなってしまうことです

もう耳にタコができたでしょうが、2月末の東京マラソンに向けた練習はこれまで屋外中心で雨のときだけ室内体育館にしていたんですが、さすがに雪ではいかんともしがたいのです
さりとてラン練習のためだけに体育館のある街まで車を走らせるのはいかがなものかなってことで、いざとなったら長靴はいて走ることにします

みなさんも車の運転にはくれぐれも気をつけてくださいね
[PR]
by mm-nadachi | 2009-12-18 00:19 | なんでも | Comments(0)

こどもみたいなことばっかりしている農夫の雨の一日

半日くらいは農園に行けるかなと思っていたのに、給食配達を始めたころからポツポツしてきて、帰るころにはすっかりの雨模様です
『あーあ、白菜干してあったのに…』と恨み節をつぶやきながら、左手薬指の先の“血に染まった”包帯を凝視してました

というのも、ボラ前に今冬第4弾のキムチ作りをやっていて、生姜を細かく刻んでいるときに押さえていた生姜が少し横にずれたはずみにそこを包丁で切ってしまったのです

直後にとりあえず包帯できつくしばってボラに出かけたのですが、なかなか血が止まらなかったので、結局ボラの帰りに診療所で診ていただきました
結果的には消毒~軟膏塗布~包帯処置で済んでヤレヤレだったんですが、これだけでもいろいろ不自由があって、例えば包帯を水に濡らしてはいけないので茶碗洗いとか手洗いには気を遣いますし、サックスも吹けない状態です
c0187298_2332562.jpg


なので今日は先日購入した電子キーボードでコード練習でした

ギターのときもそうでしたが、和音構成とか理屈よりも形(型)で覚えてしまおうとこんなふうにシールを鍵盤にベタベタくっつけて…こどもみたいです
c0187298_23335596.jpg


今、練習しているのは先日図書館から借りてきた『すぐに弾けるピアノ・レッスン』から《ちょうちょう》です
コードはCとGの2ヶなんですがそれがなかなか指が動かないんです!!

Lesson4には《星に願いを》とか《少年時代》なんかもありますが、2週間の貸出期間中に果たしてどこまで進むのでしょうか?
[PR]
by mm-nadachi | 2009-12-14 23:26 | なんでも | Comments(0)

大雪の日の霰

きっと初雪ではないのでしょうが、今日、ふれあいランチ配達に行った先で霙(みぞれ)が少し積もっている風景に出会いました
c0187298_0114745.jpg












c0187298_0121141.jpg
*こんなときにカメラを忘れていて、なのでこれはケータイ写真です

わが家は海岸線近くなので風が強い分、雪は少なく、今年はまだ家の周辺では雪は見かけません
それでも今日は二十四節気の大雪(“おおゆき”ではなく“たいせつ”)
いつ降られてもおかしくないので明日から少しピッチを上げて農園仕事を進めることにします
[PR]
by mm-nadachi | 2009-12-08 00:10 | なんでも | Comments(0)

初冬雑景②

22日(日)は穏やかな一日になりました

農園仕事に行く前に干し柿吊るしです
前日、知人からいただいたものなんですが、今年は灘立農園の柿が不作だったので大喜びでひたすらむきまくって…177ヶありました
さっそく朝日の当るベランダに干しました
c0187298_0404249.jpg

五葉松の“冬が濃い”、いいえ冬囲いとぴったりマッチした初冬風景…とお気に入りの一枚です

そして灘立農園に行く途中、サケ漁に多くの人が“群がって”いました
c0187298_0402675.jpg

サケ祭りは来週なのですが、例年のように荒天にならないように祈っています

農園は前日の雨やあられ(も降ったとか)の後なので、というより今の季節は収穫がメインなのですが、大根、白菜、ネギ、キャベツ、レタスなどを少しずつとって…

ふと、ソラマメの畝を見ると敷きわらの中に小さな芽が出ていました
c0187298_0411919.jpg

これからの雪の下でじっと春を待ち、その名の由来のように空に向かってしゃんと莢を立ててくれたらと願っています

午後は前日に続きまたもや“初挑戦シリーズ第2弾”としてコンニャクをやってみました
先日の講習会にいただいたレシピどおりにやってみましたが、なぜか少し水分が多かったようで、最後の“型を取る”のに難儀しました

でも、なんとかコンニャクらしくはできあがり、お昼のお汁粉(粒あん!)に続き、夕餉の食卓に刺身となって現れてくれました

次回は豆腐の予定です

そんでもって、ごめんなさい

奈良散策記は明日…にでも
[PR]
by mm-nadachi | 2009-11-25 00:37 | なんでも | Comments(0)

休日には粒あんを作って…

なんだか最近は似たようなタイトルが続いて恥ずかしながらボキャブラリー不足を痛感してます

それはさておき…

ただいま!

ということなんですが、お約束のお土産話は長~くなりそうなので、とりあえずは昨日と今日の“初冬の北国模様”をお送りします

昨日のトピックスはなんといっても“粒あん作り”でした

以前、ブログで載せたように今年は豆類を何種類か作ってみました
小豆もそのひとつで、初めてにしてはそれなりにできてヤレヤレだったのですが、その後の保存状態が悪かったのか、昨日壜詰めしようとしたら少し傷みがあるようだったので、《それじゃいっそ煮てしまえっ!》

これも前に書きましたが、私は“あんこ入り〇〇”が大の好物で、早速インターネットで粒あんの作り方を調べていざ“男子、厨房へ!”です

作り方は「煮て、灰汁を取って、砂糖を加えて、そしてまた煮て、潰して、ひたすら煮て…」と、一見簡単そうなんですが、結局あの妙なる甘さを舌に味わうことはできませんでした
それでも灘立農園産小豆使用の粒あんの完成です
c0187298_2273299.jpg

と、まだ22日だけですが、もう時間切れです
これから本日(23日)入荷の電子キーボードの開封(?)です

ではまた明日です
今週も元気にがんばりましょう
[PR]
by mm-nadachi | 2009-11-23 22:08 | なんでも | Comments(0)

“眼からウロコ”の豆腐作り

もうかなり前のことですが、某考古学者が調査すると必ず“考古学史上歴史的な”遺跡品等が発見されることから、彼のことを“神の手”を持つ男ともてはやしていたことがあって、でも、実はなんと彼が自分で仕組んでいたことということが後で判明しましたが…

冒頭からどうしてこんなこと書いたのかといいますと…(私は大会前日は基本的には走らないことにしていますので)夕方、明後日の富山・入善ハーフマラソンに向けた最後の練習ランをしていたときのことです

立冬を過ぎたせいかいまどきの夕方は体感的にはけっこう寒いんですが、それでも30分ほど走ればかなり汗をかくくらいになって…今日もそんな感じで額の汗を手でふいたとき、汗ではないなにかの匂いが漂ってきました

それは…豆腐の匂いでした
そういえば、昨年のキムチ作りから味噌、コンニャク、そして今日の豆腐と灘立農園産野菜での加工品を作るたびに手にその匂いがしみてきて、(それでようやく冒頭の話に戻るんですが)ようやく私の手も農夫らしい“野菜の手”になってきたな~と最近感じるようになってきました

という長い前置きでしたが、さて、お待たせしました!
“豆腐作り”講座報告です

会場はもちろん(!)いつもの正善寺工房です

実は豆腐も(ということはほかにもなんかあるわけですが、それはまたの機会にしましょう)以前家で自己流で作ってみたことがあったのですが、なかなか“にがり”(凝固剤)の加減が難しくて、そんなこともあっての受講です

今日は木綿豆腐作りで、昨夜から水に浸してあった750gの大豆はなんと1850gまで“水ぶくれ”になっていました
c0187298_21513920.jpg


これに水を加えてミキサーでガーガーとかき混ぜます
このかき混ぜ具合が豆腐の出来と同時にオカラの出来にも大きく関係します
つまり、時間をかけてかき混ぜればなめらかな豆腐になりますが、オカラは少し歯ごたえがなくなります
逆に少し粒々が残る程度のかき混ぜ方だとオカラ的にはいい具合ですが、豆腐的には少しブツブツ感が残るとのことです
c0187298_21542628.jpg

これは個人の好みですが私的には後者のほうでしょうか…

次にかき混ぜたものを大鍋に入れて煮ます
c0187298_21523059.jpg

このときのポイントが3つ
まず、大鍋は具材を入れる前に水を沸かして温めておくと具材を煮ているときに鍋が焦げつかないとのこと
そして、具材が温まるにともない多量の泡がでてくるので“消泡剤”を入れること
最後は“一気に沸騰させ”ことで、最長でも25分以内でということでしたが、今日は約15分で沸騰しました

それを“こし袋”に入れて絞るのですが、これがアチチで大変なんです
どなたかうまい方法をご存知でしたら教えてください
今日は“すりこぎ棒”のような棒をその袋に巻きつけて熱さに耐えつつ手早くゴシゴシ押し続けます
c0187298_2153812.jpg


さて、次が豆腐作りのキーポイントである凝固剤の注入です
ここで“眼からウロコ”でした
さっきも書いたように今日までは具材(絞った豆乳)の中に凝固剤を入れると思っていたし、そのようにやってきたのですが、今日はまったくの逆でした
c0187298_21533154.jpg

つまり、凝固剤を溶かした入れもの(今日はポリバケツ)に豆乳を入れたのです
しかも、豆乳を入れたボールを少しずつ高くしていくことで自然と凝固剤とかき混ざるという“理屈”でした

ポリバケツにふたをして約10分もすれば固まっています
今日は主にオボロにしたのですが、
c0187298_21553687.jpg

その固まったものを敷布を敷いた型箱に入れて落とし蓋をしてしばらくすると…あーら不思議、木綿豆腐の出来あがりです!!
c0187298_21563032.jpg


いつの講座でもそうなんですが、ここで教わったことが家でいかにうまくできるかが問題で、まずは消泡材と凝固剤をJAで購入し、型箱もどこかで見つけて(これもご存知の方教えてください)きてからのチャレンジです

こうしていつものことですが大豆から豆腐を考案した先人の知恵に敬意と感謝を示しながら…夕餉にオボロ汁と冷ヤッコがでてきました

ごちそうさまでした!!
[PR]
by mm-nadachi | 2009-11-13 21:31 | なんでも | Comments(2)