2016年 12月 06日 ( 1 )

2016初冬旅①~静御前に迎えられ、寅さんに見送られ…~

週末は天候にも恵まれ、予告どおりに(?!)に利根川~江戸川~柴又のサイクリングに出かけました
c0187298_22485086.jpg

とはいえ6:00過ぎの越後は重たい雲に覆われていましたが、スタートの栗橋駅(JR宇都宮線)の10:00ころにはこんな青空です
c0187298_22492124.jpg

自転車を組み立てながら周りをキョロキョロしてると「静御前の墓」という文字が見えます
c0187298_2251427.jpg

『源義経の内妻であった静御前が、義経の後を追って平泉に向かう途中、この地で悲恋の死を遂げたことから…』とのこと
私は輪行先で“悲運の死”を遂げるわけにはいきませんから、なにはともあれ旅の無事を祈願して…いざ、利根川!

さすがに利根川堤防自転車道は風が強い!
c0187298_22513610.jpg

            *奥は利根川橋

でも幸いに(!!)予想どおりの追い風なので…いい塩梅です
平日のせいか、はたまた場所的なせい(?)か、自転車乗りはほとんどいなく、ゆったり気分でゴールの柴又を目指します
c0187298_22523031.jpg

いつの間にか利根川から江戸川に分岐していて、この宝珠花橋からだと東京湾まで約50kmのようです
でも、私が目指すのは柴又の…です
c0187298_22525820.jpg

         *初冬の日差しが川面に煌めいています

その「…」にお付き合いいただいたのが松戸にお住いのSさんです
c0187298_22532148.jpg

Sさんは私のように「目的(地)に向かって一目散派」ではなく「エンジョイ・サイクリング派」で、ルート沿いの景観地に寄り道をしたり、美味しいものを食ったり…

Sさんは松戸から20㎞超を走ってきてくれて、野田橋上流で合流します
そこから柴又までの1時間半くらい、周辺のさまざまな情報を教えてもらったり、お互いの近況交換をしたり、写真を撮ってもらったり…一人輪行とは違った楽しい時間でした
c0187298_225522.jpg

そんなこんなで13:30前に柴又に到着
c0187298_22572615.jpg

まずは帝釈天でお参り…が正しい順番ですが、ふたりともお腹ペコペコです
そこで向かったのが…
c0187298_22583546.jpg

これが今回の目的①の川千家のうな重です
Sさんはひつまぶしでしたけど、二人とも満喫してから帝釈天に向かいます
c0187298_2259410.jpg

そして、帝釈天参拝のも一つの目的は…
c0187298_22593330.jpg

帝釈天にはなんどもお参りしていますが、この彫刻ギャラリーは初めてです
先日、たまたま「五木寛之の百寺巡礼」といテレビ番組で初めて知ったというテイタラクなので入館券からざっくりご紹介しますと…
「総檜造りの帝釈堂は昭和4年に完成。この堂をめぐる外壁の木彫は法華経説話より取材し、当時の名人により彫られ、重要文化財的価値がある」とのこと
Sさんはこどものころ家族でお参りにたびたび来ていたようですが、そのころはまだこんなギャラリーみたいではなく、この彫刻も雨風にさらされていたとか…
c0187298_2302680.jpg

こうして二つの目的を見事(!?)達成して、寅さんがさくらさんに見送られて旅立つ柴又駅から輪行袋を担いで御徒町に向かいます
[PR]
by mm-nadachi | 2016-12-06 11:47 | 旅行 | Comments(0)