2010年 08月 22日 ( 1 )

一夜限りの避暑~松之山滞在&食べ歩る記~

金曜日の午後から松之山の友人T氏宅(といっても彼も今は上越市内に暮していて、春の連休や夏休みなどにこの生家に戻っているんですが…)に自転車で“一夜限りの避暑”に出かけました

上越市内を出発したのが13:00前
これからが一番暑くなるって時間帯なんですが、表向きは約40kmを3時間の行程で16:00松之山着ということなんですが、実はその後の《温泉~ビール~夕寝~》を見込んでの時間設定です

前半は国道253号を“わけいって”行きます
この道を走る楽しみはこのジェラート(ソフトクリーム)です
c0187298_23482839.jpg

甘さ控えめのさっぱり味で喉の渇きと糖分を補給して再出発です

と、じきに国道253号に別れを告げ、いよいよ松之山に向けた上り道になってきますが、ここでもう第二のエイドです

ここ大島区には「日本一うまいトコロテン」屋さんがあって、やっぱりこの時期は外せません
ここの特徴は一本箸でトコロテンをいただくんですが、その由来は「弘法大師の一本杖」らしく…興味のある方はぜひ!!
c0187298_23492239.jpg


なんだか「食べ歩る記」的な様相になってきましたが、これからが本番の“わけいってもわけいっても”です

実はこのルートは何年か前に“逆走”したことがあって、おおよそのイメージはあったのですが、イメージだけでは坂は上れません
標高が高くなるにつれますますの暑さです
c0187298_23505487.jpg

そこで車が少ないことをいいこと(?)に、道路上の木陰を求めて“右往左往”です

そうこうしているうちに大体予定どおりの時間に友人宅に無事到着し、挨拶もそこそこに温泉です

「湯につかれば体中が良質の乳液をつけたようにスベスベに。心も体も美人になれそう」という松之山湯田温泉です
美人になれるかどうかは別として本当にスベスベした湯質で、この外から丸見えの露天風呂でゆったりしてると浮世の雑事を忘れさせてくれます
c0187298_23513092.jpg


そして、19:00ころに後発隊の二人(二人とも仕事してから車で松之山に向かってきました、お疲れさまでした!)が到着して、ようやく昔の野球仲間4人(プラスT氏の長女)による宴の始まりです

ここの標高がどのくらいかはわかりませんが、湿気がないせいか夜風は寒いくらいです
日付が変わるころにはまだ宴たけなわの4人を後に毛布にくるまって寝込んでしまった元ショート~キャッチャー~でも本当はサードが一番好きだった私でした

なので翌朝も
c0187298_2353542.jpg
涼しさに目が覚めたというほどで、一応T氏宅前での記念写真です

T氏の話ではこの家は約90年くらい経っているようで、「夏場はサイコー、でも冬がね~」って納得です

朝食後はみんなと別れて、GF糸魚川の練習も兼ねて松之山を走ってみました
ここは野球部の夏期合宿以来、なんども来ているので大体の道はわかりますが、こうして自転車で走るのはもちろん初めてです

でも、この日は美人林で森林浴したり、松之山温泉にゆったりつかったり、スタミナとろろ丼食べたり…
c0187298_2354538.jpg

そして、帰りには星峠というとてもロマンティックな地名に広がる棚田も見たり…
c0187298_23551037.jpg

松之山に今も残る素朴な原風景にすっかり癒された避暑でした

でも、帰ってきたらまたこのむし暑さです
でも、ここが私の暮す場所です
もうしばらくこの猛暑に負けずにがんばることにします
[PR]
by mm-nadachi | 2010-08-22 23:46 | 自転車 | Comments(0)