2009年 08月 15日 ( 1 )

真夏の夜の…

「灘立農園だより」を開設してからまだ1年にも満たない、しかも“ブログ向上心”のない初心者なので、正直、いまだによくわからないことが多いのですが、最近の不可思議現象の最たるものが「訪問者数」です

これは文字どおり「灘立農園だより」に“訪問”していただいた人の数(ただし、ある人が一日に何回訪問しても一人でしかカウントしませんが…)で、私のブログは一日おおよそ平均5~6人くらいです
訪問者のみなさまにはいつまでたっても拙いブログをお読みいただいていることに感謝するとともに恥じ入るばかりなのですが、それが先日、な~んと一日で48人のカウントがあったのです!!

でも、翌日はまたいつもの平均的な訪問者数で、あの日のあの数は一体なんだったのでしょうか?
おわかりの方はどうぞご教示ください

さて、今日8月15日は…

“今日は地獄の釜も休む日だ!”と薮入りに行くたびに言っていたのが(今日、お墓参りに行ってきた)妻のお父さんでした
“だから仕事のことなど忘れて、今日はゆっくり飲め!”とまだほとんど飲めなかった私にはこの日はある意味“苦行”でした
でも、そこで“鍛えられた”おかげでそれなりのお付き合いができるようになったものと今は感謝です

なのに、早朝農夫をしてきました
c0187298_2112749.jpg

といっても菜っ葉類や夕顔、カボチャなどの収穫だけでしたが、お義父さんはきっと草葉の陰から怒っているだろうなと妻と話しながら帰ってきる途中、灘立農園の近くでもススキの色が秋めいてきているのを見ました
c0187298_211916.jpg

そして、64回目の終戦記念日です

11時からいつもの自転車道路を走っていたのですが、ちょうど正午、通りかかった筒石(あの水上勉の名著「越後筒石親不知」の筒石です)地域の防災用屋外スピーカーから「終戦の日の黙とうを…」という放送が聞こえてきました
考えてみればこの日のこの時間は仕事していたときは職場で、そして休みの日は高校野球観戦中とかが多かったのですが、こうして屋外で黙とうを捧げるのは初めてのことだと思います

お盆といえばなにかと蓮(ハス)を連想される方も多いと思いますが、高田公園には「その規模と美しさから東洋一といわれる蓮」(上越観光ネットHPから)があり、明日(16日)まで「はすまつり」が開催されていますが、夕方には市内のもう一ヶ所のハスの名所でその名のとおりの「蓮池」(直江津地区です)の横を自転車で通りかかったときの一枚がこの写真です
c0187298_2115939.jpg

こんなふうに今年のお盆も過ぎようとしています
[PR]
by mm-nadachi | 2009-08-15 20:57 | ふと思うこと | Comments(2)