みかんジャム作り

どこの空かと思うような透きとおった冬空です
c0187298_2037023.jpg

左の石仏は「西国霊場順礼供養塔」と読めるんですが、いつか謂れを聞いてみたいと思うことにして、この日はumeさんの入院日ですので、なにはともあれ「信神が第一」のご神託どおりに早速お参りさせてもらいます

これがたった2日前のことなのに昨日からいかにも越後の冬が続いています
こんな荒れた日は以前は灘立農園産の大豆やコンニャク芋で豆腐とかコンニャクとかを作っていたもんですが、最近はキムチだけという怠惰ぶりです

そんなときに『みかんジャムを作る』なんて新聞記事を読めば、そして、いかにも簡単にできそうだったのですぐにその気になってしまいました

皮はむくんですよ
c0187298_20375136.jpg

果肉を半分にして
c0187298_2038758.jpg

ミキサーにかけます
c0187298_2038235.jpg

これに20%の砂糖を加えて(新聞では砂糖だけでよかったんですが、相方さんが粟飴とか蜂蜜も入れたら…とか言って加えられてしまいました)
c0187298_20385884.jpg

あとは中火で煮るだけ
c0187298_20391035.jpg

「10分強煮詰めれば…」とありますが、なかなかジャムっぽくなってくれません
結局20分ほど煮詰めて初の(ちょっとゆるめの)みかんジャムつくりの完了です
c0187298_20392736.jpg

お昼にパンとヨーグルトとにかけて食しましたが、やさしい甘さでとても美味しゅうございました
相方さんによればまだみかんはいっぱいあるようなので、また作ってみることにしましょう
c0187298_20395776.jpg

みなさんもどうぞやってみてください

そうそう
むいた皮は窓辺で干していて、「乾いたらお風呂に浮かべてみようかな…」と言っています
こんな寒い冬の夜はあったかいお風呂ですね
[PR]
by mm-nadachi | 2017-01-12 20:40 | 灘立農園 | Comments(0)


<< マエダマ作り ごちそうさまでした >>