いろんな畝

今日で2016ジャガイモ植えが終わりました!
ダンシャク、トウヤ、そして今日のキタアカリと・・・3品種を各10㎏
さすがに腰と腕に疲れがたまってますが、春祭りまでに終えることができてやれやれです

これは今日のキタアカリを植えた畑ですが、いちばんの右の黒マルチの畝はなんなんでしょう?
c0187298_2281337.jpg

時間を遡ることにしましょう
c0187298_22105242.jpg

この畝の上に黒マルチを覆ったんですが…おわかりですか?
c0187298_22113862.jpg

そう、これも(!)ジャガイモの畝なんです
通常のジャガイモ植えは溝を掘った中に種イモを置き、施肥した後で土をかぶせるんですから、真逆な植え方なんですが、これは実はumeさんから教えてもらった栽培方法なんです
「なんじゃそりゃ・・・」と思ってみたものの、図書館から借りた本にもちゃんと(?)載っていて…

「逆さに植えられた種イモから強い芽だけが出て…、芽が出てマルチが押し上げられたらマルチを破き、芽を外に出して…、あとはそのまま放任状態で…」いいらしく、「普通2,3回行う土寄せもいらない“省力栽培”も可能になる」とのことですし、極めつけは「通常栽培に比べ、収量が断然多く、マルチフィルムをめくると掘ることもなく大きなイモが並んでいるという劇的な結果にびっくりします」

そこまで言うんなら…と、今年はひと畝だけこうして試行してみたというわけです
栽培経過は適時お知らせしていきますが、さてさて、“劇的な結果にびっくり”となるかどうか…乞うご期待!?

今日はもうひとつ畝を作りました
c0187298_2217101.jpg

ここにはネギの種を播きました
c0187298_22181819.jpg

12月の収穫まで9か月の長~いお付き合いの始まりです
[PR]
by mm-nadachi | 2016-04-01 22:20 | 灘立農園 | Comments(0)


<< 春寒に咲く やれやれな農夫ふたり >>