ごまんさんにはオハギ

月曜日から“もったいない”くらいのお天気が続いて、毎日ルンルン気分で農園に向かいます
とはいえ、そろそろ畑終いの時季ですので昨日はネギ、今日は白菜…です
c0187298_22381297.jpg

            *手前はタマネギで、ネギは奥のほう…ですよ
c0187298_22392567.jpg

            *冬のお天道さんをいっぱいに浴びてもらいます

今年はありがたいことにどっちも豊作なのですが、そこで問題が…
いくら雪が少ない地域とはいえ植わったままでは雪をこざいてこないと収穫ができません
そこで家に持ち帰って軒下や床下などで冬越しするんですが、それにも限度があります
ということで暫定的に山小屋に置いておくことにしたのですが、となれば、その前に片づけです
c0187298_224231.jpg

2日かけてようやく小屋の中をすっきりさせてネギと白菜をしまいました
c0187298_22422338.jpg

このお天気も明日までのようです
明日は伸び放題のキウイの剪定…かな

家に戻れば灯くんも手伝ってみんなでオハギつくりです
c0187298_2243330.jpg

「ちょっと遅れたけど、ごまんさんのオハギ…」とのことです
相方さんはまささんからちゃんとこうしたことを引き継いでくれています

ごまんさんはそもそもは御満座といい、親鸞の命日「御正忌」の(旧暦の)11月28日のこと…のようですが、となればちょっと疑問が…
わが家は禅宗なので浄土真宗の行事をすることはないのですが、なぜ?

推察するにですよ、これは宗派を問わずこの地域全体で昔から行われてきたことなんでしょうね…多分
そういえばまささんは神仏ともに信心深い人でした

そしてもひとつ
「なぜオハギか?」については親鸞は小豆が好物だったからとか…
こればっかしはなんともいえませんが、久々のオハギは美味しかったですね
ごちそうさまでした
[PR]
by mm-nadachi | 2015-12-09 22:47 | 名立に生きる | Comments(0)


<< キウイ剪定記 名立の冬、深まる >>