桃栗3年シイタケ3年?

umeさんちのマリモです
c0187298_2251744.jpg

寒くなってきて、どうやらここに落ち着いた…とか
c0187298_22513113.jpg

気持ちよさそうですね~

ということで今日は彼んちの林でキノコのほだ木にする木の伐採です
c0187298_22521550.jpg

              *林への途中、干し大根が初冬の日差しを受けていました

今までほとんど管理してなかったらしくいろんな種類の木が茂ってますが、ほだ木に適したコナラやサクラ(と思しき木)を切ります
c0187298_22534854.jpg

とはいえ、ほどよい太さがありますし、“ほどよい”といっても小型チェーンソーではなかなか大変そうです
c0187298_22545294.jpg

そうです
木こり役はumeさんで、私は彼の補助や下草刈り程度で、田植えや稲刈りと同じパターンです…ね

で、なぜ二人でこんなことやってるかといえば…ですが、彼の家では以前キノコを作っていたことがあったんですが、そのときはお父さんがやっていたので、久々に、そして彼としては初めてやってみようか…ということですが、やはり“ひとり木こり”は大変だ…ということでの応援です

そして、私も5,6年前からシイタケやナメコなんぞを作っていて、今年は昨春にコマ打ちしたシイタケが少しずつ採れ初めていますが、ナメコのほだ木用に少し分けてもらおうかな…ということで共同作業です

ただ、今日の作業は8本くらい切り倒すだけで、来春に1㍍くらいのほだ木サイズに“玉切り”してから駒打ちします
それから2,3年してようやくキノコが採れるんですが、それもつかの間(?)、ほだ木は5年くらいしかもたないので、その間隔で更新する必要があります

「じゃ、今度は5年後のちょうど70歳のときだし、キリよく75、80歳の15年計画でやるか…」
「お前、そんなに生きるつもりか…」
「そのくらいは生きたいよ。そのためにもそんな目標があればいいじゃん」

来年1月に同じく65歳を迎える二人の会話です

午後は灘立農園で本職です
ブルーベリーやイチジク、キウイフルーツ、柿、カリンなどの畑の草刈りをしながら、かなり放任状態だったのでちゃんと手入れしてやらなきゃ…と、反省しきりの農夫でした
c0187298_22573929.jpg

カリンはジャムにして、ありがたくいただくことにします
[PR]
by mm-nadachi | 2015-11-12 22:58 | 灘立農園 | Comments(2)
Commented by saheizi-inokori at 2015-11-13 21:41
10年やそこらすぐですよ。
72・7歳です、よろしく。
Commented by mm-nadachi at 2015-11-13 23:41
はじめまして…。
でも、umeさんからお噂はかねがね…でした。
昨日の会話はどっちがどっちかおわかりですか?
ともあれ、まずは「目指せ、2020!」からにします。
これからもよろしくです。


<< カリン・ジャム作り バージョン... 第55回名立区駅伝大会④~祝・... >>