関西紀行記⑤~そりゃないぜ、人力車!~

高雄から嵐電に乗るにはバスでいったん仁和寺まで下りて、そこから歩いて5分ほどの御室仁和寺駅に向かいます

そんなに急ぐ必要もなかったし、せっかく仁和寺前のバス停だったので、京都の三大山門のひとつ(ですよね?)の仁和寺の山門(二王門)をくぐります
c0187298_2332161.jpg

二王門から金堂までまっすぐ伸びる参道の両脇の樹木も紅葉の盛りです
それもそのはずでここは桜の名所でもあるんですね
c0187298_23321790.jpg

御室仁和寺駅から嵐山に向かいます
c0187298_23323790.jpg

2つ目の鳴滝駅と宇多野駅間には約200mに渡り、約70本のソメイヨシノの桜並木があって、春にはさぞや『桜のトンネル』の名にふさわしい景色が広がっているんでしょうね
そんなこと言ってたらシーズンごとに来なければいけなくなっちゃいますけど、名立駅だって…
c0187298_233397.jpg

ほらね!

途中、帷子ノ辻(かたびらのつじ)駅で乗り換えですが、なんとまーこの人混み…
c0187298_23332546.jpg

ところが嵐山はそんなもんじゃなく、人ひとヒト…
c0187298_23334719.jpg

考えてみればなんの不思議でもなく、嵐電だけでもこんなに運んでいるんですもんね
c0187298_2334564.jpg

そんな喧騒から早々に逃げるように…と、向かったのがトロッコ嵐山駅です
途中の「竹林の小径」もご覧のとおりで、風情を感じるどころではありません
c0187298_23342730.jpg

ところが、この人混みの中に人力車が“通りま~す”って入ってくるのには呆れましたね…
通行人は壁際に追いやられて、その真ん中をたった2人の客を乗せた人力車が走っていくんです
こんな時期くらいコースを変更するとか、時間制限するとか…ちょっと考えてほしいもんですね
[PR]
by mm-nadachi | 2014-12-10 23:36 | 旅行 | Comments(0)


<< がんばれ、名立っこ!~二十四の... 寒中に農夫する >>