関西紀行記③~薬師如来のご加護を…~

小さいころは甲子園って大阪にあると思ってました
そんなわけで兵庫から大阪は素通りして、奈良に向かいます

それにしてもまだ早かったので西ノ京で降りて、薬師寺に向かいます
c0187298_20114971.jpg

が、なんかいつもの景色と違って、こんなとこにこんな高い建物あったっけ…?
c0187298_2012179.jpg

その前に修学旅行のオニーちゃん、オネ―ちゃんたちで心静かに参拝…というわけにはいきません
c0187298_2012358.jpg

で、謎はこのとおり
c0187298_2013713.jpg

国宝の東塔が3年前から解体修理中で、その間はこうしてすっぽりと覆われているとのことで、完成にはもう4年ほどかかり、平成31年春なんだそうですが…
この年齢になるとこのくらい先のことでも「大丈夫かな~」なんて思ってしまいます

その後、4年ぶりに会った91歳なった叔母は今春に家の内で転んでから膝の具合が一層悪くなって、「もう、あかんわ…」の繰り返しです
「これが最後って言わないでね。また来るからね…」って叔母を励ましてきましたが、これは自分に言いきかせていたのかもしれません
みんなに薬師如来さんのご加護がありますように…
c0187298_20195148.jpg

                 *こっちは1981年に復興された西塔です

そんなことを願いながらまた近鉄に乗り込んで奈良に向かいます
c0187298_2023576.jpg

[PR]
by mm-nadachi | 2014-12-02 20:23 | 旅行 | Comments(0)


<< 関西紀行記④~初めての高雄散策~ 『冬の華』in名立 >>