コスモスのち稲刈り

久々の灘立農園では“人の気も知らない”コスモスたちが開花のスピードを上げています
c0187298_2362875.jpg

この勢いだと1ヶ月も先のコスモス・コンサートまでは持ちそうもないので、せめて週末の『駅からウォーキング』のためにと待合室に活けます
c0187298_2371485.jpg

さて、いきなりですが…稲刈りです

ふり返れば…ちょうど4か月前の5月23日に田植えをしたIさんの田んぼで稲刈りのお手伝いです
c0187298_23105821.jpg

とはいえ、なんの役にも立たない農夫のほかに今日は強力な助っ人、Iさんの長男のSくんがコンバイン操作をします
c0187298_23113289.jpg

ただ、これがときどき“言うことを聞いてくれない”で、こうして親子で「あっちかこっちか…」とかまいます
c0187298_23135285.jpg

Sくんがコンバインしている間に私たちはこうした刈残しを手刈りしたり、“落穂拾い”したり、昔話したり…
c0187298_23141641.jpg

コンバインにいっぱいになると乾燥機にモミを運びます
c0187298_23144246.jpg

久々の稲刈り(といっても50年も前のわが家の稲刈りはすべて手作業でしたが)で稲独特の匂いをかいだり、田んぼの中をずんずん歩いたりしてるといろいろ昔のことが思い出されました

そして、Iさん親子の姿を見ていると微笑ましいやら、うらやましいやら、懐かしいやら…
c0187298_2325547.jpg

今度“彼ら”が帰ってきたら…うーん、せめてキャッチボールでもしっかな
[PR]
by mm-nadachi | 2014-09-24 23:22 | ふと思うこと | Comments(0)


<< 第16回全日本選抜還暦軟式野球... 第16回全日本選抜還暦軟式野球... >>