穀雨の恵み

昨日は『田畑の準備が整い、それに合わせて春の雨の降るころ』を意味する(二十四節気のひとつの)穀雨でした
その字のごとく『穀物の成長を助ける雨』のことなんでしょうが、幸い一日ずれてくれたおかげで昨日はお花見を楽しむことができました

今日は朝から冷たい(穀)雨です
お弁当配達に向かった奥山は残雪と新緑のコントラストが雨の中で霞んでいます
c0187298_21115361.jpg

枝垂れ桜がそろそろ見ごろになってきました
c0187298_21123416.jpg

恐竜もちょっと寒そうな顔に見え…ませんね
c0187298_2112579.jpg

夕方、名立駅の清掃に行ったら「新潟から…」という撮り鉄さんがいました
c0187298_21132187.jpg

駅前では桜と菜の花の花びらが雨に濡れていました
c0187298_21135584.jpg

明日からはまたお天気が続くようです
穀雨の恵みが灘立農園にも降っているように願いながら春作業に汗することにします
[PR]
by mm-nadachi | 2014-04-21 21:14 | 名立に生きる | Comments(0)


<< 農夫ハ畑ニ居マス 2年ぶりのお花見会 >>