妙なる音への遠き道のり

今夜は2014篠笛講座の初回講座です
3月21日の発表会の反省(サックスでもそうですが、発表会の後は毎々の反省ばかり…)から、「一に練習、二に練習、三四がなくて、五に度胸」という奇妙奇天烈な決意を固めたわけで、その度胸を支えるためには(つまり、「健全なる精神には…」)健全な身体が必要…と、“らくらく体操教室”に初参加です
c0187298_2221487.jpg

“らくらく”とあるように「横になったり座ったりして行う痛みを和らげる体操」で、理学療法士のKさんの指導で1時間半ほどゆったりと身体を動かします
毎月2回開催予定の教室の運営を今年から運動普及推進員が中心になって進めていくことになり、私も今回から参加したというわけです

今日だけで効果が望めるわけでもありませんが、冬から(今も!)肩や膝の痛みが消えない状態なのでちょうどよかったといえば…になるように次回からも(黒一点の男子ですが)皆勤賞目指して参加しようと思ってます

らくらく体操の身体への効果がどうとか…ではなく、篠笛はまったくの練習不足のせいで発表会のときよりも退化していました
c0187298_2254946.jpg

              *みんなは楽しげに吹いてるけど…な~

あー、妙なる音への道のりは遠く…けわしい
c0187298_2263192.jpg

          *講師のTさん(左)から教わっているのは今日が初参加のHさん(右)
[PR]
by mm-nadachi | 2014-04-08 22:08 | 篠笛を吹く | Comments(0)


<< 春うららな一日には… 今日の花たち >>