2014福祉の名立(まち)づくりフェスタ~おあとがよろしいようで…~

いつだったか「福祉まつり」についてちょっと触れたことがあったかと思いますが、昨日の午後、予想を大きく超えるおおよそ150人のみなさんから集まっていただき、笑顔と笑い声の絶えない半日となりました
c0187298_211644100.jpg

             *実行委員長開会あいさつ

会場は昨夏に開館した公民館を全館借り切って開催です
これまで2回開催した高齢者福祉関係の集いは体育館が会場で、しかも真夏と真冬の開催でとても苦労したことがあったので、ここは“パラダイス”です

また、今回は高齢者福祉に限定せず、こどもから高齢者までのだれもがが安心して暮らすことができる「福祉の名立(まち)づくり」をテーマに開催しようと考え、区内の4つの福祉施設と老人クラブ、いきいきサロンほか多くの福祉関係団体で構成する実行委員会での実施です

13:30:横町いきいきサロンでもおなじみ(?)の椿寿苑Nさんの指導のよる健康づくり体操でオープンです
c0187298_2118945.jpg

イスに座ったままでできる簡単な体操でしたが、みなさんの熱気でこれだけでも汗ふーふーです

14:00 第一部:落語で学ぶ『福祉のまちづくり』
柳家喬の字さんは12:22名立駅に到着
「雪があるからと思って完全装備で来たのに…」とアッタカなコートとゴッツイ靴で12月以来の再会です

喬の字さんは2004年に柳家さん喬師匠に入門され、現在二つ目の落語家なんですが、(入門前の)高校卒業後の8年間は福祉施設で勤務するとともに通信教育で福祉系大学を卒業され、その間に介護福祉士やケアマネほかの資格を取得している経歴をお持ちです
c0187298_21183326.jpg

そうしたことから寄席や落語会のほか、全国の学校や高齢者福祉施設などで介護予防や福祉、認知症などに関する講演(口演)なども行っています

そんなことで昨日の演題も「落語で学ぶ『福祉のまちづくり』」でお願いしていたのですが、さすがに落語家ですね
一見(?)堅苦しそうなにテーマをわかりやすく、そして笑いを織り込んで話を進めます

「福祉は強いものが弱いものに与えるものではなく、お互いが支え合いながら…共助が基本です」
「だれにもいきがいを持って質よく生きていくことが大事であり、そのことがなんかの役に立つことになる」
c0187298_21192552.jpg

そうした話のなかに落語をはさみます
ブラックライオンとホワイトタイガーの壮絶な戦い(?)の『動物園』は生きがいをテーマに…
そして悪ガキにいいように手玉に取られる親が滑稽に描かれる『真田小僧』(さわり部分だけ)は家族の絆がテーマになって…いるのでしょうか?

このあたりでは生の落語を聴くことなんてほとんどないので、もっともっと聴いていたかったのですが、「おあとがよろしいようで…」ということで少し休憩に入ります

廊下では福祉施設の事業紹介や福祉団体の活動紹介を展示してあります
c0187298_21202056.jpg

また、別の会議室は「ちびっこルーム」としてバルーンアートと紙粘土細工の創作や紙芝居でここもにぎやかな声が響いています
c0187298_21204087.jpg

15:20:認知症の理解を深める寸劇~お茶飲み編・信号無視編・ゴミ出し編~
4つの福祉施設の職員による『劇団福四』の寸劇です
c0187298_2121440.jpg

いつもはネクタイやジャージ姿の男性職員の女装だけでも笑えるんですが、ちょっとした仕草にも大きな笑いが湧きます
でも、寸劇の内容をわが身や家族、地域のことに置きかえて少し考え込むような顔になるなど、だれもがこれから直面するかもしれない認知症についての理解が少しでも深まったのではないかと思います
c0187298_21221643.jpg

16:00:フェスタ終了
「よかったでね」
「おもしろかったでね」
「いっぱい集まってよかったねかね」
多くの声をいただきました
みなさん、ありがとうございました
c0187298_21213792.jpg

              *参加のお礼は社会福祉協議会特製の大判焼きです

こうして今回も関係施設・団体や地域のみなさんのご理解とご協力で無事にフェスタを終了することができました
c0187298_21225941.jpg

              *スタッフによる打ち上げ終了後の一枚です

「おあとがよろしいようで…」とは「おあと(の演者の準備)がよろしいようで(私は終わりにして引き継ぎます)」という意味です
今、私たちがこうしてみんなで取り組んでいることで次の世代に「だれもが安心して暮らせる名立」をしっかりと「引き継ぐ」ことができるようになるにはまだまだ時間がかかりそうですが、これからもゆるゆるでもじわじわやっていくことにしたいと思います
[PR]
by mm-nadachi | 2014-03-03 21:24 | 名立に生きる | Comments(4)
Commented by さわしー at 2014-03-06 22:25 x
盛況だったようで、大変お疲れ様でした(^^)
Commented by mm-nadachi at 2014-03-07 09:33
いつもありがとうございます

写真でもおわかりかと思いますが今回の参加者も大半が高齢者層(60歳代以上で約7割)でした
「おあと」を引き継ぐ世代はこうしたことをどのように考えているんでしょうね?
次回への課題です

ということで、これからもよろしく…です
Commented by さわしー at 2014-03-08 19:27 x
お疲れ様です(^^)
多分、前の世代の方々も、そのように思っていたのかもしれません(笑)
その世代になれば、考えることなのかもしれませんネェ
でも、もうちょい若い世代から、60、70代の生活や福祉を考えてもらう努力は必要でしょうね
微力ながら、何かお手伝いできれば幸いです(^^)


Commented by mm-nadachi at 2014-03-08 22:45
歴史は繰り返す…なのか
歴史から学ぶ…なのか

ともあれ、今の自分ができることを…でいきたいと思っています
ので、これからもよろしく…です


<< がんばれ、名立っこ! 倉敷もいいけどな~ >>