怒り忘るるべからず!

午後に来春に植え付けるジャガイモの種イモが届きました
c0187298_23124360.jpg

         *左:とうや      右:ダンシャク   

これからひと冬を裏小屋で過ごして来春を待ちます

その前、3月初旬に『福祉まつり』を開催しようと社会福祉協議会やいろんな福祉関係団体のみなさんと計画しています

以前にも何度かお知らせしたことのある『名立に特別養護老人ホームの整備を!』の取組みは多くのみなさんからご理解とご協力をいただきながら進めてきましたが、最後の最後になって大どんでん返しをくわされてしまいました
c0187298_23175718.jpg

あれから4か月になりますが、“そいつ”への怒りや悔しさは今も消えていません
でも、そろそろ次に向かわなければならないと思っています
でも、やっぱりそんなに簡単にこの怒りや悔しさを忘れることはできないのです

ということで、「それはそれとして…」というふうに自分に思い込ませることにし、この取組みの間にいっそう意を強くした「みんなが安心して暮らすことができる地域づくり」をちょっと違った視点から取り組んでみようと考えたのがこの「福祉まつり」です

その詳細はまたいつかお知らせするとして、その福祉まつりのオープニングを飾ってもらうのがHe is 柳家喬の字さんの落語です

柳家喬の字さんは介護福祉士やケアマネージャーほかの資格を持ち、福祉施設での8年間勤務の後に落語の道に入ったとのことで、そうした経歴から落語のほか高齢者施設や福祉事業所、病院ほかでの講師や講演など幅広く活動されているようです

これまで開催した「高齢者福祉の集い」の参加者は高齢者が大半を占めていて、なんとかもっと若い世代からの参加を…という思いがありましたので、今回はそうした世代にも関心を持ってもらえるようにと考えた結果のHe is 喬の字さんです

16:00すぎに喬の字さんと東京駅近くで打ち合わせをして、その後またBD-1を組み立てて夜景を眺めながらホテルに向かいました
c0187298_23192973.jpg

[PR]
by mm-nadachi | 2013-12-12 23:20 | 名立に生きる | Comments(0)


<< ピーヒャラ…ふにゃふにゃ… そこのオニーちゃんとオネーちゃ... >>