祇園祭に名立を歩く~2013江野神社祇園祭②川端~横町その1~

旬刊かと思えば2日連続の祇園祭です
なぜって…早くしないと祇園祭が終わってしまいます

その前にどうして旬刊になってしまったか…というと、実は母が今月初めから急に弱々しくなっていまい、つまりは悲しいことですがもう介護ではなく看護状態になってしまったんです
そのためデイサービスや外来診療は中止して訪問診療や訪問看護に変わりましたし、これまで週2日のペースで介護にきてくれていた妹は毎日看護にきてくれています
それでもやっぱり相方さんが朝から夜までいちばん大変です
そんなこんなで時間的にも気持ち的にもなかなか落ちつけなかったんですが、この数日は割に“元気”にしてますし、「読んでますよ!」って今年の祇園祭で数人から聞かされてビックリするやら嬉しいやらもあったのでそろそろ…でした

***************************************

2時間余りをかけて新井町内を巡行したお神輿は名立川を渡り川端町内に入ります
c0187298_2152149.jpg

日曜日のせいか道路上には若い衆や町内のみなさんであふれています
宮司ほか神主さんたちがお休み場所で昼食している間に私たち氏子総代も近くの宮司宅で急ぎのオニギリです
まだまだ先は長いので「腹が減っては…」です

川端町内の次が我が(!)横町になるのですが、実は5つの町内の中で最長距離の巡行になります
というのも昔は“みんなの顔が見える”ほどよいエリアだったんですが、新しくできた団地や北陸本線の移転に伴う住宅街の延伸などで往復約2㌔の道を往復するしなけれならない“苦行”が待っているのです

横町に入ってすぐにわが家が近づいてきます
c0187298_2154917.jpg

おっと、玄関先には灯くんとTくんがハッコに頭をガブリとやられた直後のようで…泣くのも忘れて茫然自失の様子です
c0187298_21543843.jpg

その後でお祓いも受け、二人ともきっと元気に成長していくことでしょう
c0187298_21552224.jpg

ご近所のHさん家のSちゃんとTくん兄弟です
c0187298_21554330.jpg

二人は祇園祭になると実家に帰ってきて…今年はお餞米の担ぎ手です
そして今年はHさん家が横町最初のお休み場になります
c0187298_21562969.jpg

さて、横町も祇園祭もまだまだ先は長いんです
ということで、明日は氏子総代の役割なども紹介しながらお伝えしていきます
[PR]
by mm-nadachi | 2013-07-12 21:57 | 名立に生きる | Comments(0)


<< 祇園祭に横町の半世紀の移り変わ... 名立を歩く~2013江野神社祇... >>