ふるさとは遠きにありて思ふもの①~東京で名立を見る~

ちょっと大げさにいえば一週間くらい青空を見ていないような気がします
特に先週末からは強風と雪がなかなかやんでくれません
c0187298_2395587.jpg

            *これが「鉛色の空」…です

そして明日もそのようです

それなのに江戸はこの青空です
c0187298_22591584.jpg

*この写真は②にも…

「それなのに…」ではないですね
「越後が雪だから…」こその江戸の空の青さなんですね

でも、この青空を見上げるまでがなかなか大変で…
というのも土曜日は強風で信越本線もほくほく線も軒並みの運休です
なので長野まで普通電車で、そこから新幹線で久々の東京です

夜の銀座はクリスマス近しなのかいつもに増してのチャラチャラムードです
c0187298_2312259.jpg

なのでキムラヤで五色アンパンを買って早々に改装された東京駅丸の内口に向かいます
c0187298_23125071.jpg

こんなふうな東京駅を見るのは初めてなような気がします
皇居のほうからの風が冷たかったですが、このときばかりは冬でよかったなと思いました

ホテルに戻り、テレビを観ながら遅い夕飯です
そしたら…『土曜スペシャル「甲州~日本海330km!道の駅駅伝」』なんてのをテレビ東京でやってます
c0187298_23133552.jpg

               *谷浜の手前くらいです

番組内容をテレビ東京のHPから引用すると…
『北海道から沖縄まで、全国に996ヵ所ある「道の駅」。ドライバーの憩いの場としてだけでなく、新鮮な野菜が買える直売所、レストラン、温泉、さらには宿泊できる施設として存在し、観光客から地域の方まで多くのお客さんで賑わっています。
今回は、道の駅を走って巡る駅伝の旅を開催!挑むのは、にしおかすみこ・猫ひろし・川上直子という、いずれもフルマラソン走破経験のある“マラソン大好き芸能人”。』

ということで、途中から観たのでどこからどこへ…がよくわからなかったのですが、そのうちに…
『ルートは、山梨県中央市の「道の駅とよとみ」から日本海に面した新潟県上越市の「道の駅うみてらす名立」まで。
立ち寄る道の駅は17ヵ所、その移動距離は、330キロ以上!途中で臨む北アルプスなど、各地で出会う絶景。そして、起伏の激しい山間部を走る過酷な道のり。素朴で温かい地元の方とのふれあいに勇気づけられながら、3人は無事ゴールすることが出来るのか!?』ということが判明!?
ということでこの画面になるわけです
c0187298_23143155.jpg

まさか東京でこの風景を見るとは思ってもいませんでした
「ふるさとは遠きにありて見ゆるもの」になってしまいました
[PR]
by mm-nadachi | 2012-12-10 23:17 | 旅行 | Comments(0)


<< ストーブ列車には負けるけど… 恵みの名立 >>