ミゾレの日には映画を…~人生の特等席~

11月にミゾレってのは早いような、そうでないような…
c0187298_22425897.jpg
 
          *名立谷の山々にも冠雪です

どっちにしても今日は100%の悪天候予報でしたし、こんな日は畑仕事も外遊び(?)もできないので、昨夜は少し遅くまでがんばって、そして午前中にはあっちこっちで事務局用務を終わらせてから久々に映画館に向かいました

クリント・イーストウッドの4年ぶりの主演映画、「人生の特等席」です
私はどっちかというと日本映画派(?)なんですが、さりとて「北の…たち」や「踊る…線」ではちと…
ということで「人生の特等席」に決めたんですが、それも主人公がメジャーリーグのスカウトという野球関連だったのと、先日の新聞でこんな記事を読んでいたからなんですけどね…
c0187298_22443538.jpg

そんなことはどうでもいいくらいに心に沁みる映画でした
それはやっぱりクリント・イーストウッドの演技です
スカウトとしては一流であっても社会人、そして娘にとっての父親としては問題が多い人物として描かれていますが、その揺るがない“生き様”に魅かれました
「ストーリーとそれぞれ葛藤を抱えた登場人物たち、この二つが映画出演を決意する要素」という新聞記事のままの映画です

そして、この映画の中で私の“野球眼力”が証明されるシーンがありました!
それを言いたくて言いたくてしかたないのですが、これから観る人もきっといるでしょうからネタばれになってしまいますのでガマンしますね

だから映画はオモシロイ!
[PR]
by mm-nadachi | 2012-11-27 22:46 | 映画 | Comments(0)


<< 28日和 神社でアベ・マリアを奏でる >>