横町町内会自主防災組織避難訓練~みんなで支えあって…~

最近のこの暑さはいったいなんなんでしょうか?!
梅雨が明けた(らしい)といってもなんか素直に喜べないような暑さです

そんな中、横町町内会自主防災組織の初めての避難訓練が行われました
横町町内会自主防災組織は4年ほど前に設立されたんですがこれまであまり組織的な取組みがなされていませんでした
というのも、本部長と3人の副本部長という組織のトップが毎年変わるという“摩訶不可思議な”体制になっている…からなんです
というのは、本部長などには4つの町内会長が順繰りに就くという規約になっていて、しかもこの4つの町内会ではどこもおおむね2年単位で町内会長が変わっていくという形になっているから継続的な組織体制が望まれる自主防災組織であるにもかかわらず毎年そのトップが変わっていく…ということです

なので、これまでなかなか継続的な取組みができなかったわけで、「それじゃいかん!」ということで昨年から少しずつ見直しを図るとともに具体的な取組みを進めています
昨年は「災害時における緊急連絡、避難誘導、安否確認等の基礎資料として使用する世帯調査表」を作成し、そして今年が初の避難訓練です

前置きが長くなりましたが、今回参加したのは全世帯の約6割、人数でいけば約3分の一110人のみなさんでした
初の避難訓練ということで今回は“初歩的な”内容とし、避難訓練と消防署による初期消火・搬送訓練の2部構成です

9:00に震度6の地震発生のよる避難指示が各世帯に設置されている防災行政無線放送があったとの想定で避難開始…のはずでしたが、9:00直後には3ヶ所の避難所には多くの“避難者”が…
c0187298_22481792.jpg

         *90歳の母も手押し車を押しながらの参加です

これがいかにもこのあたりのみなさんの行動パターンで、毎月の横町いきいきサロンでも送迎バス集合時間の15分も前からみなさん集まってますもんね

それはさておき、各避難所で安否確認を行い、避難訓練としては一応これで終了です
c0187298_22492016.jpg

その後、本部として位置付けた北地域生涯学習センターに全参加者が集合して初期消火訓練と搬送訓練です
初期消火訓練では消火器の適切・効果的な使用方法について教わりましたが、でも、一番最初にすることは「火事だ!」と消防署や大声で周囲に伝えることなんだそうです
c0187298_22493467.jpg

「そしてその後で消火活動に入るですよ」と…
納得!

搬送訓練では家にある毛布と竹ざおを使って担架をつくり、足腰の不自由な人の避難や負傷者等を搬送する方法を学びました
c0187298_2250161.jpg

初期消火訓練に参加したTさんは「『一人暮らしだからやってみたら…』と近所の人に言われて消火器を使ってみたが、とてもいい訓練になった」との感想を言っていました

そして最後にアンケートにご協力いただいて全日程の終了です

先日は長野県北部を震源とする地震がありましたし、九州北部では経験のないような大雨で多くの犠牲者や被害が出ています
こうした災害が発生しないことを祈るだけではなく、災害発生に備えて日ごろからの準備がますます重要になってくるわけで、そうした意味からも今回の避難訓練が少しでも今後の役に立つものであればと思います
今回は初の避難訓練でしたのでその中でわかった課題等については今後自主防災組織で検討し、安全安心な地域づくりに活かしていければいいなと思っています
[PR]
by mm-nadachi | 2012-07-18 22:52 | 名立に生きる | Comments(0)


<< あのころ君は若かった~横町いき... ヒマワリが咲いた! >>