いつの間にかの“山野木”

今日の灘立農園上空は終日の雷です
なので午前中は小屋へ約30分の自主退避(!?)でしたし、お昼過ぎの雨で午後は15:00前にようやくの畑仕事開始です
畑仕事しながらいつも聴いているラジオは雷の影響でガーガージージー(ビービーか…)と、それでなくても普段から受信状況がよくない場所なのに…

西の方からゴロゴロと鳴ってきたかと思うとしばらくしてポツリポツリ
この繰り返しです
それでもなんとか踏ん張って味噌用大豆エンレイを播種したり、サニーレタスやブロッコリーなどを定植してきました

そんな灘立農園の周辺ではいつのまにか山野草の姿が消え、“山野木”が目立つ時期になりました
こうした木々の優しい色合いも春を告げる彩りのひとつです
c0187298_231413100.jpg

     *今までウツギという名前でしか知りませんでしたがハコネウツギという種類のようです
c0187298_23142350.jpg

     *何年も前から無人となった民家の庭のコデマリとサツキです
[PR]
by mm-nadachi | 2012-05-17 23:15 | 灘立農園 | Comments(0)


<< 3,500株の躑躅に100本の... 2012米山登山Ⅰ残雪の中の7... >>