秋葉神社代参記・寄り道編①~不思議のちゃちゃカフェ~

こうして雪舞う秋葉神社上社をあとにして一路越後へ…という予定だったのですが、そう簡単には(?)“問屋は卸さない”わけで、JR飯田線の東栄駅に向かいました
c0187298_0331100.jpg

いつかはまったく覚えていませんが、「人生の楽園」というテレビ番組でこの駅舎に併設されている建物で地元の女性が始めたカフェが紹介されました
こうしたカフェ的なものについては名立駅MS作戦の検討の中でも話題になったこともあり、また、東栄駅のある東栄町は名立よりは少しだけ大きなまちなのに、どうしてこんなカフェが営業できるのか…ともかく現場をいちど見てみたいというわけで往復1時間超の寄り道はかなりきつかったですが、がんばって行ってきました

東栄駅は愛知県東栄町の南の外れにあり、中心部からはかなり離れている場所にあるJR飯田線の駅で、「利用客は少なく無人駅」です
c0187298_0125894.jpg

どれだけ「利用客が少ない」のか、ウキペディアに載っていた東栄町・駅のデータと名立(町)・駅のデータを比較してみます(ただし、おおよそですから…)
1999年(平成11年)の東栄町の人口は4,717人で東栄駅利用者が167人です。単純に利用率は約3.5%になります
そして同時期の名立は人口3,388人で名立駅利用者は179人、5.3%です
これは10年も前のデータですので今はさらに人口も利用者数も減少していると思いますが、おもしろいことに東栄町・駅と名立(町)・駅では人口と利用者数・率が逆になっています
それはカフェ、そうそう正式なお店の名前は「ちゃちゃカフェ」といいますが、お店の方からも同じようなことをお聞きすることができました
c0187298_0141965.jpg

「名立駅(の利用者)は100~120人くらいで、ほとんどが高校生ですよ」
「一日の利用者数がそんなに多ければ(こんなカフェも)できるんじゃないですか?」
ということはやっぱり東栄駅より名立駅のほうが利用者が多い!?
「ずいぶん車が駐車してありますが、勤め人が多いんですか?」
「新城とか豊橋とかに勤めている人が駅まで車で来て…」
ちなみに新城までは約45分、豊橋までは1時間半くらいかかります
道路状況はよくわかりませんが、通勤エリアとすれば車よりも電車なんでしょうか…
c0187298_0154850.jpg

薪ストーブが暖かいカフェにはほかに2組ほどのお客さんがいますし、あとからも2人連れが入っきてなかなかのにぎわいです
ますますこの場所、この駅、この時間でどうしてこんなにお客さんが…不思議です
でも、こんな不躾な質問に対して、お店の方は忙しいのに笑顔でとってもていねいにお答えくださいました
c0187298_0161397.jpg

ただ、やっぱりテレビ放映の影響はとても大きくて、入り口のドアにはこんな張り紙が…
c0187298_018025.jpg

        *なんだか私もそんな一人のような気がして、ちょっと恥ずかしくなりました

少しお昼を過ぎていてかなりの空腹だったのでモーニングセットを頼みました
c0187298_0312013.jpg

これでなんと350円です!

その秘密はまた明日!?
[PR]
by mm-nadachi | 2012-03-21 00:31 | 名立駅マイ・ステーション作戦 | Comments(0)


<< 秋葉神社代参記・寄り道編②~な... いきサロとMS作戦のコラボその② >>