種まきじいさんはどこに…

まだ早いのかもしれませんが、雪国では雪解けが始まると「種まきじいさん」がどこからともなく現れます
雪解けが始まると山の斜面にいろいろな雪形が現れ、それを古来から農事暦として農作業の開始や豊凶を知る目安として利用されてきたとのことです
そして、この雪形の中にちょっと腰の曲がったじいさんが種をまいているようなのが見えたらそれが田植えの時期ということから「種まきじいさん」と呼ばれています

名立の山にもそんなじいさんが現れているのかもしれませんが、残念ながら私は見たことはなく、なので、私は毎年いつも“適当暦”で種まきを始めます
c0187298_21352668.jpg

ということでなんの根拠も“神のお告げ”もなく今日が2012年灘立農園の種まき始めで、とはいえ畑への直まきはまだ無理なので、とりあえずポットにサヤエンドウ、キャベツ、ブロッコリーの種を落としました
c0187298_2136632.jpg

さっ、今年も農夫やるぞ!
[PR]
by mm-nadachi | 2012-03-08 21:36 | 灘立農園 | Comments(0)


<< 秋葉神社代参記①~椿匂う浜松城... たまには近況報告 >>