明日から“気更来”

毎々の雪だよりです
今日もお弁当配達で“雪深き!”山間部へ向かいます

ここは海岸部から約7㌔ほど入った地区です
大屋根に3人も上がっての雪下しです
c0187298_2225621.jpg

            *大人の背丈より高い雪です

道路のカーブ・ミラーも雪に埋まってほとんど役に立っていません
c0187298_2232140.jpg

ひとり暮らしのSジーちゃんの家はもうちょっと入った約10㌔のところにありますが、こうして自分で除雪機を運転します
c0187298_2234380.jpg

こんなふうにして雪から自分の家や暮らし、そして命を守ります
「おい、雪、持って帰れや!」とジーちゃんはいつも言います
「持って帰れるんならいくらでも持って行くけどさ…」と答えるしかない自分が申し訳のないような気持ちになります

夕方には少雪なわが家の周りでもブルがガッガッっと道路圧雪を押しのけていきます
c0187298_224167.jpg

              *屋根雪の量の違いが一目瞭然です

でも、明日から氷点下42度以下(以上?)の“最強寒波”のため「3日にかけて日本海側で大雪」の予報です

明日から2月
小さなころから「2月が過ぎれば…」と聞かされてきました
穏やかな如月になるように祈ります
そういえば如月の言葉の由来は下のように諸説あるようです
 ・寒さで着物を重ねて着る⇒着更着
 ・気候が陽気になる季節⇒気更来、息更来
 ・草木が生えはじめる月⇒生更木
 ・草木の芽が張り出す月⇒草木張り月
「着更着」しながら「気更来」や「生更木」を心待ちにしたいと思います
c0187298_225947.jpg

先日、写真を撮っていたときに会った中学生に夕方またバッタリです
こんなに寒くてもみんなでハシャギながら帰ります
彼らの後ろ姿は…「生更木」です
[PR]
by mm-nadachi | 2012-01-31 22:10 | 名立に生きる | Comments(0)


<< 風に向かう 雪道には長靴です >>