雪道には長靴です

これは今朝の新聞に載っていた上越地域3市の積雪量一覧です
c0187298_2230888.jpg

最深で438㌢!?
これに対し、最浅(?)が16㌢ですが、上越市内では24㌢の名立区総合事務所です
その差なんと18.25倍です!!
そして、この名立区総合事務所はわが家から歩いて5分
ということは私は市内でいちばん雪の少ない地域に住んでいる…ってことです
なので(?)先日こんな“謂われなき誹謗”を受けました
「Mさんのとこ、ぜんぜん雪ないんだね!」
これは私の責任でも因果応変(?)でもなんでもなく、ただこの地が日本海に飛び出た場所であり、風が強いため雪が山間部に吹き上げていくためなんです
だからこその「灘立つ」⇒名立なのです
c0187298_22313367.jpg

              *これは積雪320㌢の名立区不動観測所周辺です
                お弁当配達の軽車両の3倍以上の高さです

そんな少雪なわが家周辺ですが、それでも足下には気をつけます
c0187298_2235421.jpg

4足の長靴が並んでいますが、この底はこんなふうになってます
c0187298_22354168.jpg

わかりにくいですね
c0187298_22355988.jpg

これが雪に残る足跡です
おわかりでしょうか?
最近買ったのがいちばん左の長靴で底には無数の(!?)イボイボみたいなのが出ています
これで雪(や氷)をしっかりと踏みしめられるようになっていて、これはなかなかのスグレものです(が、履き心地には若干の難あり…)
特に早朝の新聞配達のときは凍った雪道を歩くには効果抜群です

週末にかけて“最強の寒波”(ってどういう意味?)来襲のようです
なので、このイボ長靴はこれからも私の頼りになる相棒ならぬ足棒です
[PR]
by mm-nadachi | 2012-01-30 22:40 | 名立に生きる | Comments(0)


<< 明日から“気更来” 家族団らんの秘訣は… >>