味噌の寒仕込み

今日はお弁当の配達ボラです
c0187298_1750414.jpg

山間部に進むたびに雪が深くなるとともに降りようも激しくなってきます
c0187298_17502412.jpg

先日、配達の帰りに雪道にタイヤをとられて少しズルーっとしたのでスピード・ダウンで走ります

まだこの先一週間以上も雪模様とか…
わが家周辺は雪おろしをするほどでもないので、こんな雪の日は4年目の(手前)味噌作りです

毎年この時期に味噌を作るのは1~2月(の厳寒期)は雑菌が繁殖しにくいためで、昔から「寒仕込み」と言われているのはこのためです
ただし、いくらこの時期に仕込んでもその後の管理がおかしいとどうしようもなく、なかなか“生きもの”を扱うのは大変です

ということで今年も作業経過は省略で成果品だけご覧ください
c0187298_17514026.jpg

そうそう、場所はいつもの正善寺工房です
ちなみに今年の材料は…
灘立農園産大豆10㌔+糀10㌔(大豆と同量)+塩4.5㌔+水⇒42㌔の味噌!!

約1時間の味噌作りを終えたらさすがにちょっと腕が(材料を混ぜたり味噌玉を作ったりで…)重くなりました
なので今日のお土産は元気つけの(でも、ちょっと甘さ控え目の)たい焼きです
c0187298_17524718.jpg

[PR]
by mm-nadachi | 2012-01-27 17:54 | 名立に生きる | Comments(0)


<< 家族団らんの秘訣は… 名立のチビッコたちとアンチャンたち >>